« 10/9 新米 | トップページ | 10/11「フェリーニのローマ」 »

2008/10/10

10/10「崖の国物語9 大飛空船団の壊滅」

崖の国物語 9大飛空船団の壊滅 』(ポール・スチュワート著クリス・リデル絵 ポプラ社)を読み終わりました。
517qzi9na7l
もう9巻になりました。 1巻は7年まえかー  なので前の話を覚えていないのだよ。
そして読み終わったあと以前の読書メモを調べていてわかったこと。私8巻を読んでいないよ! ネットで見た表紙に全く見覚えがなかったもん。が~んだねぇ。明日借りてこよう!
(しかしお気楽な奴だ あたしって)
9巻はトウィッグのお父さん雲のオオカミことクウィントの話でした。といっても風のジャッカルといわれたお父さんが奥さんとクウィント以外の子供を殺されたタルボット・スミールへの復讐の話ですね。
しかし前の話、後の話をあまり覚えていないのがとても悔しいです。手元に本を置きパラパラめくりながら読めればいいのでしょうが・・・(特に8巻、読んでいなきゃ覚えてるはずもないのよねー 知らないんだから!)
しかしいつ読んでもこの崖の国、よく出来てあがっていますねーー
チスイガシとかシズノキとか浮遊石とか。 ストーン・パイロットとかもよく出来てるよね。 しかしゲイルライダー号の乗組員が一人、また一人と居なくなっていくのがとても哀しかったです。ソウ・ダガースラッシュに乗っ取られなかったことだけが救いかも。
しかしトクゥイントとマリスはなんでトウィッグをウッドトロルのところに棄てなきゃなんなかつたっけ?うー、思い出せない・・・
やっぱりシリーズ物はその時旬で無のもいいけど、ぶっ通して読んだほうがこんな鶏頭には向いているのかも!あと1冊で完結するらしいのでいつか読み返すべきかなぁ。
まずは8巻だろうけど(笑)
bk1の内容説明では「憎き仇敵タルボット・スミールが生きていた! 怒りと復讐心に冷静さを失っていく父・風のジャッカルを前に、クウィントは言いようのない不安を感じていた。スミールの目的はいったい? 英国異界ファンタジー、第9部。 」となっていました。

さー3連休だぞ! といっても何の予定も無し。またテレビ三昧かねぇ。

じゃあね

« 10/9 新米 | トップページ | 10/11「フェリーニのローマ」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/42746869

この記事へのトラックバック一覧です: 10/10「崖の国物語9 大飛空船団の壊滅」:

« 10/9 新米 | トップページ | 10/11「フェリーニのローマ」 »

無料ブログはココログ