« 9/27「ウォンテッド」 | トップページ | 9/29ポール・ニューマン »

2008/09/28

9/28「夏から夏へ」

今日は午後中読書をしていた。読んだのは夏から夏へ』(佐藤多佳子著 集英社)です。
311logrvjql
『一瞬の風になれ』の佐藤多佳子さんのブログでこの本の存在を知り、すぐ図書館にリクエストして昨日借りてきたのです。
大阪の世界陸上から今年のシーズン当初まで、日本代表の4継チームの選手と、その周辺を取材してノンフィクションとして書き下ろしたもの。
読み始めてすぐこの本ではまだ触れられていない北京オリンピックの4継の銅メダルを思い出しウルウルしてしまいました。
読みながらもなんかウルウル。
大阪の4継の様子、選手一人一人についての話。全てよかった。
ちょっと文章表現に?って感じなところもあったけど、でもこの本を沢山の人が読んで、もっと陸上に興味盛ってくれるといいねーと思った。陸上って足の遅い私にとっては練習ってきついばっかりで何が楽しいんだよーって思わなくは無いのだけど、父がやっていたので結構身近だったのね、子供の頃は。まぁ短距離でなく長距離のほうだったのでこの本で取り上げてある短距離やっている人って周りにはいなかったけどさ。あ、そうそう読んでいてへぇ~って思ったのがマック式っていう腿を高く上げて走る型は日本人には向いていないって話。古武道の流れからすり足みたいな走り・・とかいう話は武田鉄也の「朝の三枚卸」で聞いていたけど、中学の体育の授業でやらされていたあのきつかった腿上げって違ったんだー(笑) 実際今はどうなんだろう? 腿上げとかしないのかなぁ?それともやっぱりするのはするのかなぁ?
とにかく色々と選手のことが読めてよかった。 北京の4継についての話も早く読みたいねぇ。
bk1の内容説明は「北京オリンピックの栄光に向けて、それは大阪世界陸上から始まった?。「一瞬の風になれ」の著者が、アスリート達の熱きバトンのドラマを、400mリレーを実際に取材し書き下ろしたドキュメンタリー。 」となっていました。

天気は下り坂。また台風が変な位置からやってきそう。 今夜から雨になりそうだし・・・やだねぇ。
今から茶碗洗ったら「ボキャ天」見よう。録画してたからね。

じゃあね

« 9/27「ウォンテッド」 | トップページ | 9/29ポール・ニューマン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/42624722

この記事へのトラックバック一覧です: 9/28「夏から夏へ」:

« 9/27「ウォンテッド」 | トップページ | 9/29ポール・ニューマン »

無料ブログはココログ