« 9/20「善き人のためのソナタ」 | トップページ | 9/20「ウィズ」 »

2008/09/20

9/20「乱鴉の饗宴」

数日前から読んでいた『乱鴉の饗宴 上 氷と炎の歌 4』(ジョージ・R・R・マーティン著 早川書房)を読み終わりました。
513wqmxu5dl

待ってました! 氷と炎の歌の第4弾です。
かろうじてまだストーリーを覚えてました。もちろん細部は無理だけどね。 最後まで思い出さなかったのがサンサのこと。そっかー、リトルフィンガーにアリンに連れてこられて自分の私生児にさせられてたんだー ティリオンはどうなったんだっけ? 父親を厠で殺したんだったよね。 などなど。ティリオンの名前は山のように出てきたけど、この上巻にはとうとう1回も出てこなかったよ。
今回はサーセイ、ブライエニー、サムウェル、アリアそしてサンサにジェイミー、そして鉄諸島の王争いが主な話、語りででした。つまりドラゴンの女王も出てこなかったです。
サーセイがどんどん暴走しだす様子が書かれてるのね。あいつ、いつやられるんだろう?
しかし、次から次によくもまぁ騎士の名前が出てくるものだ!
ブライエニーはティリオンの従士だったポドリックと共にサンサを探す旅をしているのだけど、彼女の部分の話は好きだな。ただ、とっても不細工な設定なのについまともな女の顔を想像しつつ読んでしまうよ。ジェイミーもだんだんサーセイに手を焼きだしてかな? 新しい王トメンは妻となったマージェリーからうまく操られだしたね。タイレル家、これからどんどん躍進していくんだろうよ。サーセイがいつまで対抗できるだろか? アリンはまた新たな場所で新たな名前で動き出すみたい。次の巻では貝売り娘かいな?
鉄諸島の新王はどうもクロウズアイに決まったようで、アシャはどうするんだろ? この鉄諸島は今後どんな動きをするのか? 壁からジリたちを連れてオールドタウンに向かう船に乗ったサムは今後どうなるんだろう?
ところでこの巻の表紙は誰なんだろ?ジェイミーなのかな?
あー、とにかく下巻を読まなきゃ始まんないなー
読み応え満タンです。
bk1の内容説明では「七王国の覇権を握るラニスター家の体制に翳りが見え始めた。その機に乗じて鉄の玉座を狙う各地の諸公が跋扈する。七王国は新たな戦嵐の時代を迎えつつあった…。至高の異世界戦史シリーズ第4部。」となっていました。

じゃあね

« 9/20「善き人のためのソナタ」 | トップページ | 9/20「ウィズ」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/42537218

この記事へのトラックバック一覧です: 9/20「乱鴉の饗宴」:

« 9/20「善き人のためのソナタ」 | トップページ | 9/20「ウィズ」 »

無料ブログはココログ