« 9/11お出かけ | トップページ | 9/13「ナンバー23」 »

2008/09/12

9/12「水のしろたえ」

水のしろたえ』(末吉暁子著 理論社)を読みました。
51mjdb8buzl
表紙は好みではなかったけど、末吉さんの本なので借りてみた。
坂上田村麻呂や薬子の乱があった頃の話。
天女の羽衣伝説を水底の国(みなそこのくに)から来た水のしろたえにアレンジした物語でした。
でも私、ラストで真玉が水底の国に戻らずラブストーリーに走ったのはちょっとがっかり。恋愛に走らないで欲しかったなぁ・・・
坂上田村麻呂絡みなのでエミシのアテルイとモレも出てきた。あぁ月神の統べる森だぁ・・・と思った。 日本人、倭の人々は何故戦好き? なぜ権力・征服欲が出るの? みんなで幸せに暮らせばいいたい。いつからそうなったの? 大和らへんの人々、豪族と言われた人々はどうして農耕民族なのに気が荒かったの?となんだか変な風に考えが暴走してしまった。
主人公は真玉という女の子。お父さんは若くして国守になった貴族の子になるのかな。お母さんに当る女性が水底の国から姉3人と地上を見に来たときにお父さんに水のしろたえを取られて水底の国に帰れなくなって地上で暮らすことになったの。名前は玉藻。父は伊加富。
でも玉藻は真玉を生むときに亡くなり、父もエミシ征伐に行った際、エミシの女性をかばって死んでしまったの。
真玉にしか姿を見せないギョイという水の生物がいて、普段は河童みたいだけど龍にもなるのよねー
真玉が心惹かれた高丘親王を怨霊から守るために戦ってくれたりしたの。
しかし うーん・・・あまり好みではなかった、この話は。
bk1の内容説明では「水底の国から来た母と、エミシとの戦の最中に敵前逃亡したとされる父。その娘・真玉が、運命に弄ばれるように流されながらも、苦難の果てに自分の道を自分で選ぶまでを描く。「羽衣伝説」を下じきにした、平安朝歴史ロマン。」となっていました。

久しぶりに会社に行ったら夕方めっちゃ疲れた。
お腹が減ったから?(笑)

この前子宮ガン検診の予約を入れたらなんとその日は事務研の日だった。 こりゃいかん、明日取り消しもしくは変更の電話を入れておかねば。
3連休に浮かれて忘れないようにしなきゃ。

じゃあね


« 9/11お出かけ | トップページ | 9/13「ナンバー23」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/42454839

この記事へのトラックバック一覧です: 9/12「水のしろたえ」:

« 9/11お出かけ | トップページ | 9/13「ナンバー23」 »

無料ブログはココログ