« 8/7 休み前 | トップページ | 8/9今日のオリンピック »

2008/08/08

8/8「ブレイブ・ストーリー 上」

ブレイブ・ストーリー(上)』(宮部みゆき著 角川書店)を読みました。
41tb8prc5tl

森さんの作品をちょっと休憩して、宮部さんを読んでみることにした。一昨年アニメ映画化された「ブレイブ・ストーリー」に手を出すことに。
主人公の名前は三谷亘。でも幻界に行ってからはワタルって表記されるの。ワタルといえば魔神英雄伝ワタルなので映画で松たか子がやったワタルよりヒミコやトラちゃんが出てくるサンライズのワタルの方が浮かんできちゃうんだよなーあのアニメ好きだったし。

第1部は小5の亘がこの世の中で生活している話。ちょっとだけ魔法じみたものに触れるけど、学校の友達、両親のこと、父方の叔父さんのこと幽霊ビルの話などなかなか面白く読めた。 私は亘の母さんが死に掛けて、それを助ける為に異世界に飛び込んでいったのかと映画の予告を思い出して勝手に思っていたけど、そうではなく、に捨てられ子供を道連れにガス自殺しようとしたんだね。 うーん・・・だけん見捨てられるとじゃ? まぁ男女の間は色々とあるじゃろーけど、そこは5年生の亘の目から見られた描写なので踏み込んではないの。
その後、幻界へ旅することになりそれが第2部。上巻の半分と下巻の全てが幻界の話みたいです。
ウエンツが声をしていたミツルっていう少年がワタルより先に幻界に行き、魔導師として旅をしているようだけど、彼はすごい才能の持ち主みたい。勇者目指しているワタルとレベルで行ったら20くらいは軽く違いそう(笑) そう、第2部はほとんどRPGの世界なのよね~ ワタルは水人族のキ・キーラとネ族のミーナとともに女神の塔を目指すのだけどミツルと一緒に旅がしたくて探すのよね。1巻の最後はギロチンになりかけたところをミツルに救ってもらったものの、吹っ飛ばされておしまいです。 パム所長ってやなやつ。差別主義者は誰だってやなやつだけどね。 幻界には人間の姿をしたアンカ族だけでなくワニっぽい水人粟ネコっぽいネ族、鳥っぽいカルラ族など色んな姿かたちの人々が住んでいるの。でも北の大陸からアンカ族至上主義の思想が入ってきてやだねーって感じ。
さて、今のところ玉を1個だけ手に入れたワタルだけど、下巻では無事女神の塔にたどり着き、両親の離婚を阻止することができるのかねぇ?まぁできるんだろうけどさ。 楽しみ~ ばってんオリンピック見ながらどれくらい読めるだろうか?
bk1の内容説明では「東京下町の大きな団地に住み、新設校に通う小学5年生の亘は、幽霊が出ると噂される建設途中のビルの扉から、剣と魔法と物語の神が君臨する広大な異世界?幻界(ヴィジョン)へと旅立った…。時代の暗雲を吹き飛ばす大長編。」となっていました。 ホント、この本厚いんだよねー


さーてね待ちに待った夏期休暇がいよいよ始まります。
今夜はオリンピックは開会式だけなので見なくていいのだけど、明日からは早速ウエイトリフティングに体操に柔道に、えーと、水泳にライフル?朝方の自転車ロードレースはむりだろうなぁ・・・・
明日はでも乳がん検診の予約を取っているので、病院へお出かけです。 その帰りどこかでランチして図書館にも寄ってこなきやなぁ。 色々といそがしいぞー(笑)

じゃあね

« 8/7 休み前 | トップページ | 8/9今日のオリンピック »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/42107109

この記事へのトラックバック一覧です: 8/8「ブレイブ・ストーリー 上」:

« 8/7 休み前 | トップページ | 8/9今日のオリンピック »

無料ブログはココログ