« 7/3「四季 春」 | トップページ | 7/4「四季 秋」 »

2008/07/04

7/4「四季 夏」

昨日から今日にかけて四季 夏 』(森 博嗣著 講談社)を読みました。
41115qperwl
四季が叔父さんの子を身ごもり、両親を殺害するまでの話。
今回は遊園地に行った時に保呂草や各務に会うの。そうそう、そのときに林や祖父江にも。おぉ、学生さん以外オールキャストやん、Vシリーズの。
そして紅子と萌絵の関係がちらりと解ったような・・・多分高校生くらいの犀川が喜多とともにちらりと出てきた。犀川は紅子と知り合いでそれがどーも林ともなんか関係があるみたい。 だって林、四季に聞かれて「犀川」って名乗ったもん。 犀川ににーちゃん、おったかいな?
妃真加島の研究所は各務たちの組織の力で作られていたみたい。
しかし四季は何故そこまで新藤清二叔父さんに執着したのかしら?ちょっとそこが謎。
bk1の内容説明は「米国から帰国した真賀田四季は13歳。すでに、人類の中で最も神に近い、真の天才として世に知られていた。叔父と行った遊園地で四季は何者かに誘拐される…。「すべてがFになる」で触れられなかった真相が今、明らかになる。」となっていました。

このまますぐ「秋」へ!

じゃあね

« 7/3「四季 春」 | トップページ | 7/4「四季 秋」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/41734592

この記事へのトラックバック一覧です: 7/4「四季 夏」:

« 7/3「四季 春」 | トップページ | 7/4「四季 秋」 »

無料ブログはココログ