« 7/22「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | 7/24「ZOKU」 »

2008/07/23

7/23「東京物語」

小津安二郎監督のとっても有名な映画、『東京物語』を見ました。BS2で放送されていたのを録画していた奴です。
51mkoxnnhwl
うーん、この映画もよかったけど、私は『麦秋』の方がより好きかも。
笠智衆がなんと前回は親子役をしていた女優さんと夫婦を演じていました。びっくり! 調べてみたらこのとき笠智衆は49歳くらい。『麦秋』の時は47歳くらいとしてもすごく老け役でしたねぇ。 まぁそれが似合っているんだ!
特に奥さんを亡くした後の笠智衆の演技は秀逸だったと思います。 一回りも二回りも小さくなってしまったようで、丸めた背中がめっちゃ哀愁でした。
老夫婦が20年ぶりくらいに東京に住む息子、娘の所を訪ねていく話なんですが、実の娘のなんとまーおどっぱすなこと! まぁ悪意はないのかもしれないけど、ちつとも優しさが感じられなくてさー 私みたい(笑) 美容室やって先生って言われる人はあんなしゃきしゃきした人が多いのかしら?とつい思っちゃいました。知っている美容室の先生って言われる女性はそんな性格の人ばっかだから。 末の娘のきょうこさんも言っていたけど、亡くなってすぐ形見分けにあの着物とあの着物が欲しい、なんて言い出したり、危篤の電報に「喪服、持ってく?」なんて まぁさばけてて合理的ってのは解るけど・・・ 見ていて気持ちのいいもんじゃーなかったですなぁ。でもあの女優さんには合ってたー(笑)
次男は戦争で亡くなっていて、でもその未亡人とはまだ付き合いがあって、というか結局はその未亡人である紀子さんが一番優しかったですね。 末の娘はまだ学生なのかと思っていたら、学校で先生をしてたんですね。 教室のシーンが映るまで完全に誤解していました。
台詞の言い方とかこの前の『麦秋』と一緒な感じでしたが(特に子供とか)まぁあの笠智衆のとつとつとしゃべる感じは嫌いではないです。 『男はつらいよ』に出ていた頃(特に後半)ってめっちゃ年取っていたんですねー でも今回の映画とあんまり変わんなかったりして。 『麦秋』の時は「わ、若い!」と感動したのに(笑)でも安心してみていられました。


さー、これで録画した映画は全て見終わりました。週末のためにDVD借りてくるか、それともそろそろ映画館に行こうかなー

じゃあね

« 7/22「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | 7/24「ZOKU」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/41952439

この記事へのトラックバック一覧です: 7/23「東京物語」:

« 7/22「ホテル・ルワンダ」 | トップページ | 7/24「ZOKU」 »

無料ブログはココログ