« 7/9 55歳は早すぎる | トップページ | 7/11「女王の百年密室」 »

2008/07/10

7/10「麦秋」

以前通勤時に聞いている「武田鉄矢の朝の三枚卸」の中で小津安二郎監督の映画の話があり、見てみたいと思ってレンタル屋に行ったけどなかったの。 でも先日BS2で放送されたので録画して見ることが出来ました。
今日見たのは『麦秋』です。
51814tpuzbl
敗戦後6年目くらいに出来た映画とは思えなかったです。
最初におじいさんが鳥の餌を作っているシーンがあったのですが、何故かその部屋がとってもおしゃれに見えたのです。なんだろう?清潔感があってすごくすっきりしてモダンに見えたのにびっくり。ちっともどろどろしてなくて、そう 黒澤明監督の戦後の日本とは全然違うなぁと思っちゃいました。 1つ1つをとって見ると、例えば子供の服、例えば蛍光灯ではなく裸電球、男性のズボンの裾、女性のくびれの無いウエストにでっかい尻なんて昔なのよねー
でも映像で、画面でまとめて見るとちーっとも古臭く感じないの。不思議だったー
そうそう、笠智衆がちょ~~若くてびっくり!(笑) 顔より話し方で「あ、笠智衆だ!」と見分けました。まぁ顔もよく見れば笠智衆。髪が黒々とした笠智衆がとても新鮮でした!!
若い(といっても30歳前だ)ねーちゃんたちが「ねー」「ねー」なんて言い合ったり「ございますでしょー」なんていう言葉遣いがとっても面白かったです。 まねして遊びたい~ あと、ショートケーキ、子供が来たらテーブルの下に隠すってシーンもとっても好き(笑)
淡々と日常が語られていくこの映画。私は好きだなぁと思いました。
あ、でもひとつわかんなかったのが、(多分)主人公紀子の両親、紀子が結婚して家を出たらヤマトってところに帰っていったの? なんで笠智衆一家と一緒に住まないの? たまたま両親が長男の一家のところに来ていたって訳ではないよね? うーん、なんかそこだけよーわかんなかったです。
『東京物語』も録画したので楽しみ。

じゃあね


« 7/9 55歳は早すぎる | トップページ | 7/11「女王の百年密室」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/41799410

この記事へのトラックバック一覧です: 7/10「麦秋」:

« 7/9 55歳は早すぎる | トップページ | 7/11「女王の百年密室」 »

無料ブログはココログ