« 6/29「朽ちる散る落ちる」 | トップページ | 7/1 はなみずき »

2008/06/30

6/30「バティニョールおじさん」

昨日見たのが『バティニョールおじさん』です。
51gjjw92bnil
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
『パリの天使たち』のジェラール・ジュニョ監督、脚本、主演による最新作。ナチス占領下のフランスを舞台に、ユダヤ人の子供との交流を通し、周囲に流されることなく自分の尊厳を守り抜こうとする主人公の姿を時に可笑しく、感動的に描いた秀作。
だそーです。
主人公のバティニョールおじさん、肉屋をやってるんだけどなんか体型からしてすごーくぴったり。 奥さんうるさくて娘の婚約者の男はすげーーーやなやつ。娘はいいこなんだけどね。そのすげーーーー嫌な男のために隣に住んでいた医者の一家、スイスに逃げようとしていたのに密告されて捕まってしまうのね。そう隣の一家はユダヤ人だったの。 ひょんなことでその一家の末っ子をかくまうことになったんだけど、よくもまぁばれなかったねぇ。
最後にはバレてしまい 男の子の従姉妹の2人の女の子も含めて3人をスイスに連れて行くたびに出るのだけど、捕まったフランス警察にぐわーっとしゃべるシーン、最初にシモン(ユダヤ人の男の子)が訴えたことそのものだったのね。うわー このおじちゃんはなんやかんやでシモンの気持ちがめっちゃ分かるようになったんやーとなんだかジーンときました。
哀しい終わりでなくてよかったです。それでもやっぱりナチスが許せないなぁ。

今日は午後から暇になる予定だったのに4時20分過ぎまでみっちりとやることが・・・・め、珍しい。
明日はどうだろう?ちょっとは暇になるのかな?

じゃあね

« 6/29「朽ちる散る落ちる」 | トップページ | 7/1 はなみずき »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/41696508

この記事へのトラックバック一覧です: 6/30「バティニョールおじさん」:

« 6/29「朽ちる散る落ちる」 | トップページ | 7/1 はなみずき »

無料ブログはココログ