« 5/15 tutti | トップページ | 5/16「ナイトミュージアム」 »

2008/05/15

5/15「冷たい密室と博士たち」

おやおや、読んだのに書き込むのを忘れてました。
冷たい密室と博士たち 』(森 博嗣著 講談社)です。
21qv73sx31l
S&Mシリーズ第2弾です。
犀川が勤めている大学の極地研究所で密室殺人が起こり、たまたま居合わせた犀川と西之園がまたまた事件を解決するって話です。
といっても犀川は事件解決にそこまで乗り気ではないけど萌絵が興味深々で調べていくの。それに極地研の助教授で犀川のダチの喜多も今回は出てきます。
うーん、最初は木熊先生が怪しい!と思ったんだけどやっぱりいつものように頭を使ってなんとか解こう!という意欲もなく単に物語として謎解きも含めて楽しみました。 水柿助教授に出てきた橋を越えたら話が通じなくなる話とかちらちらと出てきて、あー、あのシリーズ読んでてよかったなぁと思いました。
続き、どんどん読みたいね!
bk1の内容説明では「衆人環視の実験室の中で、男女二名の院生が死体となって発見された。完全密室の中に、殺人者はどうやって侵入し、どうやって脱出したのか。研究者たちの純粋論理が導き出した真実は何を意味するのか。」となっていました。

じゃあね

« 5/15 tutti | トップページ | 5/16「ナイトミュージアム」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/41231378

この記事へのトラックバック一覧です: 5/15「冷たい密室と博士たち」:

« 5/15 tutti | トップページ | 5/16「ナイトミュージアム」 »

無料ブログはココログ