« 4/27 のんびりして温泉へ | トップページ | 4/29「羅生門」 »

2008/04/28

4/28「工学部・水柿助教授の日常」

今読んでいるのが工学部・水柿助教授の日常』(森 博嗣著 幻冬社)です。
51f7g9crfxl
実際に読んでいるのは新書版。表紙のイラスト、どこかでみたような・・と思ったら柳沢教授の山下和美さんでした。なるほどー
森さんの本はほとんど読んだこと無いのですが、図書館の本棚にたっぷり並んでいるのを見て手を出してみることにしました。ミステリとはいえほのぼの系。 殺人も恐喝も起こんないけどなんとなーく楽しいです。 この水柿くんって森さんのこと?なんて勘ぐっちゃいます。 大学の学会のことや、大学受験の問題作りや採点の裏話っぽい話が興味をそそります。 奥さんの須磨子さんもなかなかに魅力的な方じゃありませんか。
というわけでなかなかいい本に手を出しました。 これを読んだら次は逡巡を読むべく借りてきています。楽しみ。
今回の内容説明はbk1ではなく「BOOK」データベースからです。
「水柿君33歳。のちにミステリィ作家となるが、いまはN大学工学部の助教授である。専門は建築学科の建築材料。しばしば独身と間違われるが、須摩子さんというミステリィ好きの、2つ年下の奥さんがいる。水柿君は、いつしか自分の身の回りで起こるなにげない細やかな不思議を、須摩子さんに披露するようになっていた。水柿君の周囲には、ほのぼのミステリィがいっぱい。今日もまた、あれが消え、これが不思議、そいつは変だ、誰かなんとかしろ!と謎は謎を呼んで…。 」となっていました。

明日はまた休み。 録画していた映画を見る予定。 昨日録画したローザンヌのバレエコンクールも見れたら見よう!

じゃあね

« 4/27 のんびりして温泉へ | トップページ | 4/29「羅生門」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/41024668

この記事へのトラックバック一覧です: 4/28「工学部・水柿助教授の日常」:

« 4/27 のんびりして温泉へ | トップページ | 4/29「羅生門」 »

無料ブログはココログ