« 3/27 春の嵐? | トップページ | 3/29 ニュ~カレドニアと南の海の水族館 »

2008/03/28

3/28「渇きの海」

クラークが亡くなったので追悼読書をと思い読んだこの本渇きの海』(アーサー・C・クラーク著 ハヤカワ文庫)うーん、やっぱり私この作品が大好き!クラークの中では一番のお気に入りです。
月世界の塵の海の上を行く観光船セレーネ号が突然の地殻変動で塵の中に沈んでしまい、それを助ける人々と閉じ込められた22人の人間ドラマの話です。
次から次に危機的な状況が起き、それを克服したかと思うとまた次に難題が押し寄せる。
最初に読んだ時に「まだこんなにページが残っているのは何故? まだ何か起こると?!」と思ったものでした。飽きさせずハラハラドキドキさせて、尚且つトラブルは理論整然と回復されていく様子が好き。技術者の活躍がいいし、船長も提督もそしてあの天文学者も新聞記者ですら自分の仕事に誇りを持って頑張っている様子がいいよねー
この本が書かれたのは1961年?私が生まれる前のことだと言うのに月の描写のなんと克明なものよ! インターネットの概念はさすがに無くてラジオやテレビに限られているとしても すごいぞ!アーサー・C・クラーク!!
なんでこの作品、映画化されないんだろう? もしかしてされた?されてないよねぇ。
うーん、見てみたいよ。
クラークの作品では他にも『2001年宇宙の旅』とか『宇宙のランデブー』とか色々あるけど、次は残念ながらまだ読んだことの無かった『楽園の泉』を読む予定です。 早く手に入らないかなぁ・・・・今図書館リクエスト中。

今日はみおちゃんの誕生日だったのに身の回りのどたばたですーっかり忘れていました。なんて薄情な私!
いかんなぁ。3月は贔屓目に見てもちっともいい月ではなかったけど、もうそれも月曜まで。
新年度の4月はもうそこまで来ています。4月はいい月にするぞーーーー

じゃあね

« 3/27 春の嵐? | トップページ | 3/29 ニュ~カレドニアと南の海の水族館 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/40670531

この記事へのトラックバック一覧です: 3/28「渇きの海」:

« 3/27 春の嵐? | トップページ | 3/29 ニュ~カレドニアと南の海の水族館 »

無料ブログはココログ