« 3/23 昨日の失敗 | トップページ | 3/24「村上かるたうさぎおいしーフランス人」 »

2008/03/23

3/23「ソラチルサクハナ」

薬屋探偵怪奇譚 ソラチルサクハナ 』(高里椎奈著 講談社)を読み終わりました。
41snzrkscsl
図書館で見かけて「おっ、新刊!」と思って借りてきたのだけど、2つ間違い?が。
まず、私が読んだ続きではなかった。間に2冊出ていたみたい。そして「薬屋探偵綺妖談」と思って借りたらなんと新シリーズで「怪奇譚」だったということ。主人公がリベザルになっていたということ。 よかったよ、先にあとがきを読んでさぁ。あとがき読んでなかったらきっと最後まで気付かなかったよ、私。
今度図書館で読みそこなった2冊をリクエストせねば。
で、この本ですが、またタイトル、変よねぇ。いつもだけど 意味わからん。まぁこだわらないけどね。
今回の事件はリベザルが請け負った事件。桐という男がスリで女から掏り取った財布に怨みの札が入っていて、それを手にしてから不幸が起こる、どーにかしてくれ!という依頼。
でも最後の謎解きは結局 秋。ザキは本当の姿でしか出てこなくて残念。
ただ、次巻からはまた出てきそうで楽しみ!この作者の本、あまり合わない気がするけど、でも読んじゃうのよね。乗りかかった船なら最後までって感じでさ。 私も変だねぇ。
bk1では「桜の樹の下で、ある女性から盗んだ紙切れは死をもたらす呪いのお札だった!? 会社員の桐がお札を盗んで以来、転落死、白薔薇が撒かれた殺人、死体消失と同僚が次々不可解な殺人事件に巻き込まれていく…。 」と内容説明されていました。

明日からまた仕事。 今日は一日雨だった。 明日はどうだろう?止んでくれたら嬉しいな。

じゃあね

« 3/23 昨日の失敗 | トップページ | 3/24「村上かるたうさぎおいしーフランス人」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/40614249

この記事へのトラックバック一覧です: 3/23「ソラチルサクハナ」:

« 3/23 昨日の失敗 | トップページ | 3/24「村上かるたうさぎおいしーフランス人」 »

無料ブログはココログ