« 3/11 春の陽気? | トップページ | 3/13「カサブランカ」 »

2008/03/12

3/12「トンネル 上」

トンネル 上』(ロデリック・ゴードン ブライアン・ウィリアムズ著 ゴマブックス)を読み終えました。
510ux9h4vol
司書さんお勧めの本。
体調がイマイチの時に読んだせいか最初はなかなか進まなかった。
主人公のウィルは真っ白い髪の穴掘りが趣味の男の子。お父さんと穴を掘っては遺跡発掘を目指しているのかな? お父さんは博物館の館長。といってもどーでもいいような博物館。こんな偏屈なお父さんでも奥さんがいてもっと変な人。家事も何もせずずーーーっとテレビ見続けてるの。家のことはレベッカという妹が全て切り盛りしているとにかく変わった一家。 ある日お父さんが行方不明になり、地下室を掘っていたあとをみつけウィルは友達のチェスターとともに父親を探す為掘り進んでいくの。そんな話。
うーん、穴を掘るのは楽しい? 私も子供の頃社宅の広場や庭を掘ってみようとしたことがあったけど、移植ゴテ並のスコップでは30センチの深さにも達することが困難だったんよねー 情けない。 大きな穴を掘ってみたい気はするけど、でも洞窟みたいなところに入っていくのは怖いなぁ。 
下巻はどーなるんだろう?
bk1の内容説明では「ロンドンで家族と暮らす14歳のウィル・バローズ。ある日、忽然と姿を消してしまった父親が密かに掘り進めていたトンネルを発見する。親友のチェスターと、故意にふさがれたトンネルを掘り直し、父親の捜索に乗り出すが…。 」となっていました。

口の中が苦い~ 胃がムカムカする~
でも天気がよくてあったかだからよしとしよう!

じゃあね


« 3/11 春の陽気? | トップページ | 3/13「カサブランカ」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/40478345

この記事へのトラックバック一覧です: 3/12「トンネル 上」:

« 3/11 春の陽気? | トップページ | 3/13「カサブランカ」 »

無料ブログはココログ