« 2/14「バビル2世」 | トップページ | 2/16「ガス燈」 »

2008/02/15

2/15「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ 」

図書館から借りていた最後の本を今日読み終わりました。[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ (奇想コレクション)』(シオドア・スタージョン著 河出書房新社)です。
51zefsed4ql
「海を失った男」に続くスタージョンの中編集でした。
「帰り道」家出して町を出ようとしていた少年が将来のことを妄想し、でも結局は家に帰る話。
「午砲」 えーと ちょっと解りづらかった。鈍っぽい男が彼女と店に入って他の男におびえたけど、彼女の弟の話を聞いて店に戻りお金を取り返した話。うーん・・・彼女の弟はなぜあんなことをしたの?
{必要」人が必要とすることがわかる男とその知り合いの人のいい万屋の男と、カモ(?)の男が奥さんを取り戻すまでの話。 なかなか好きかも。
「解除反応」ブルドーザーの運転士が事故で意識不明になっていた間に行ってた異世界の話
「火星人と脳なし」まず主人公の父親の話。ラジオみたいな機械で火星からの通信を受信しようとして狂気の寸前まで行った話し。その後時代は流れ主人公の男が好きになった女が実はめちゃくちゃノータリン女で・・・って話。
「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ」この言葉が何を意味するのか本当のところはよくわかんなかったけど、異性人が地球人を観察してちょっといじってやる話。 下宿屋にいる男女がその力によりよりいい人生を生きるようになるようで よかったよかった、っておもっちゃった。
どの話もなかなか。正確には何のことやらわかんなくても、大筋では面白かったです。
火星人ってのが時代を感じる?今ならせめてシリウスとかアンドロメダとか太陽系の外の星にしてほしかったね。「帰り道」はなかなか好きかも。
bk1の内容説明では「超反射〈シナプス・ベータ・サブ16〉の調査に地球にやってきた探検隊は、ある下宿に人類のサンプルを集めて観察を始めるが、彼らは皆それぞれに問題を抱えていて…。スタージョン的テーマが展開される表題作他、全6篇収録。」となっていました。 ほー、シナプス・ペータ・サブ16ってそんなんやったんかー(笑)

今日、ぐるナイのゴチ見ていたら「おみや」の紹介の時のBGMがスタートレック・ヴォイジャーでした。 ひゃー懐かしい!とちょっとうるうるきちゃいました(笑)

じゃあね

« 2/14「バビル2世」 | トップページ | 2/16「ガス燈」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/40137737

この記事へのトラックバック一覧です: 2/15「[ウィジェット]と[ワジェット]とボフ 」:

« 2/14「バビル2世」 | トップページ | 2/16「ガス燈」 »

無料ブログはココログ