« 1/4「バーバー」 | トップページ | 1/6 山伏 »

2008/01/05

1/5「アイ・アム・レジェンド」

見に行ってきました。 『アイ・アム・レジェンド』。 最後にとった主人公の行動がタイトルの元になっているんだろうなぁと思いつつ、うーん・・・ ちょっと思った以上に突っ込み所満載でした。 なんか設定と言うか脚本と言うか甘すぎる感じ。 かと言って見に行って損したって訳ではなかったです。今日はネタバレ全開でいきますので、見ていない方はご注意を327925view004


主人公のロバート博士はNYでたった一人の生存者。相棒はサムというシェパードだけ。3年くらい前ガンに効く薬を発見した!と思ったらその薬が突然変異を起こしたのか、それとも単に副作用なのか、とにかく人を凶暴にするウイルスに変わってしまい、そのウイルスの蔓延で人類は死滅してしまった、という設定。ロバートも有能な科学者だったのだけど、そのウイルスは彼が作ったわけではないの。でも彼にはたまたま免疫があって凶暴になるのを逃れたの。 でもそれもねぇ。 単に免疫があったったのが彼だけってのは無理がない?だってNYってすごーく人、多いんでしょー 後で出てくるサンパウロからの船にも5人の免疫を持った人がいたというのに。 それから人類滅亡って死に絶えたのかと思っていたら、ウイルスで凶暴化して日の光がダメで夜のみ活動し、人間としての理性が無くなり人を食べるみたいな化け物に変わっているって設定。ロバートはそれをなんとか治すワクチンを作ろうとしているの。 動物は空気感染はしないみたいで、サムはおりこうな相棒だし、町には鹿の群れが走り、ライオンが狩をしているの。 でも噛まれたら感染してしまうって設定みたい。
やっとマウスでの実験に成功が出て、次は人間に試そうとして人を罠にかけてさらってくるのだけど、そのさらった時に1人の男が日の光の中まで追ってくるの。それを見て私は「あ、今捕まえられたのは彼の大事な人、娘か奥さんなんだ・・・」ってすぐ思ったのだけど、映画のロバートは日の光に出るとダメだってのもわかんなくなるほど退行していってるって思うの。まぁ今までがそうだったのかもしれないからそれはいいとして、翌日全く同じ罠に自分がかかった時に、あ、あの化け物たちにも知恵があるんだ、リーダーが居て、計画を持って動くことが出来るんだってことに気づけよなーと思っちまいました。 まぁサムが傷ついたため動揺したってところなんでしょうが。
あと、その流れで化け物が家まで来て地下室の捕まえてきた女のところまで追い込まれて、リーダーの男が強化ガラスに何度も何度もぶつかってきて、割れた模様がチョウチョになった時こそ「あ、この化け物は父親なんだ、この捕まえて治りかけている女は子供なんだ!」と思えよ~と思ってしまいました。 そこで自爆すりゃそりゃ伝説にはなっても、可哀想じゃん、あの化け物の親子(夫婦)が。それと、まぁ神かかりねえちゃんが言っているのでどこまで本当なのかわかんないけど、生き残りの村ってのは山の上でウイルスが寒さで死んでしまい、感染者が出なかったというのであれば、「復活の日」みたいに南極とかもしくは北極、ツンドラ地帯にアラスカみたいなところの人は完全に生き残っちゃうよね~ それに感染してないからってすぐ村の中に入れていたけど、本人は免疫があってOKでも体にウイルスがくっついていたら、村にいる免疫無しの人々にあっという間に感染者が出ちゃうんじゃない? って最後の最後まで思ってしまいました。
それでも見に行ったことに後悔はしてないんですよ。それなりに怖くて面白かったです。

今日は3時ごろからお出かけ。 会社に行く時用のバッグを買って、ついでに売れ残っていた1050円のアクセサリーの福袋を買ったの。 もちろん入っているのはちゃちーーい奴だと重々承知の上ね。 帰ってきて開けてみてびっくり! 安物のちゃちいものとは言え43個も入っていて、少なくとも付いている値段を足すと35000円分くらい! びっくりだよ。 そのまま使えるものもあれば、部品取りとしていいのもあり 得した気分でした。
それからフランス菓子トワグリュでケーキを買って帰ってきたのでした。 映画は8時半から出かけたの。レイトが安いものねー。
明日もまたうろうろするぞー

じゃあね

« 1/4「バーバー」 | トップページ | 1/6 山伏 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/17591590

この記事へのトラックバック一覧です: 1/5「アイ・アム・レジェンド」:

« 1/4「バーバー」 | トップページ | 1/6 山伏 »

無料ブログはココログ