« 1/3「私家版」 | トップページ | 1/4「バーバー」 »

2008/01/04

1/4「ファンタージエン 言の葉の君」

ファンタージエン 言の葉の君』(ペーター・デンプフ著 ソフトバンク クリエイティブ)を年末から読んでいて、今日読み終わりました。51glz0y5vl_2
うーん・・・
『はてしない物語』のオマージュとして色々な作者が書き連ねていくファンタージエンシリーズの第5弾なのですが、残念ながら私にとってはイマイチでした。 このシリーズ、どうもしっくりこないのかなぁ? 多分一番気に入ったのは『愚者の王』だったと思うけど、よく覚えていないの。
今回の主役は霧小人のキーライという少女。「幻想の紡ぎ手」と言われるほど語りに長けたグルン家の跡継ぎなのに、キーライはどもってばかりでうまく話すことすらできないの。そんな彼女がアトレーユに頼まれて言の葉の君を探しに行くと言うお話し。 うーん・・・ なんか寓話、というか説教臭い部分が後半出てきて、またそれまでの話も今ひとつ隠しすぎで、単に先送り先送りしているような気がして、だらだらと話を長くしているだけ、に思えてしまったのでした。でも読んでいて眠くなることはなかったということはそれ程駄作でもなかったはず。 私の読みたい物語からちょっとずれてしまっちゃってたのかな? 多分ファンタージエンのシリーズはまだまだ続くよね。 うー、ここまで来たから頑張って続きが出ても読もう。 作者が違うから今度出る本はびっくりするほど面白いかもしれないし・・・
bk1の内容説明は「大いなる探索の旅の途中、霧小人の村に立ち寄ったアトレーユ。村の偉大な語り手の子孫キーライ。ふたりが出会い、新たなる探索の旅がはじまる…。ドイツの人気作家が紡ぐ「ファンタージエン」シリーズ第5弾。」となっていました。

今日は仕事始めでした。 のんびりと、でも暇暇せず仕事をすることが出来ました。 会社からケーキとシュークリームも出たので、ラッキー(笑) あ、そういえば端末の調子が悪くて、マウスやバーコード読み取り機が反応せず、3回か4回、起ち上げなおしました。 マウスが動かないと半分以上の仕事が出来ないもんねー あれには参りました。忙しい時、お客が待ってる時でなくて本当によかったです。 明日はまた休み。 うれしいなぁ。寒いけど天気は良さそうですね。 でも寒いってのはホントやだなー 今日も帰ってきて少し仮眠を捕ろうと思ったのに、足の先が冷たくて冷たくて温もりきれず、結局ベッドに入ったのに30分無駄に過ごしてしまったよ。 残念。

じゃあね

« 1/3「私家版」 | トップページ | 1/4「バーバー」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/17576754

この記事へのトラックバック一覧です: 1/4「ファンタージエン 言の葉の君」:

« 1/3「私家版」 | トップページ | 1/4「バーバー」 »

無料ブログはココログ