« 1/16「ミストマントル・クロニクル Ⅱアーチンとハートの石」 | トップページ | 1/18 庄屋の湯 »

2008/01/17

1/17「スイ~トスイ~ツショコラ」

スイ~トスイ~ツショコラ 』(ゆうきりん著 徳間書店)を読みました。この作者の本は初めて。 思わず「ムテキング」を口ずさむ私(笑)わかるかなぁ?
51nnmjhon8l
表紙のかわいらしさとタイトルで選んだ本。当たりでした。面白かったよ。ショコラシエ?ショコラティエールを目指している智代が主人公。でも6つある章の2つ目と4つ目は違う人が主人公。2つ目が違ったのでオムニバス形式化とおもったけど、違うみたい。もともと本を借りた時はお菓子の作り方とかが載っているか、スイーツにまつわるエッセイかとも思ったけどそれも違って、小説でした。
2つ目の主人公は智代が勤めている「洋甘」といケーキ屋の売り子のバイトをしている女子高生の愛子の話。 美味しいものを食べたい!と思ってそれに一生懸命な今時の女の子の話。昼休み外出禁止はわかっていてもまずい学食に耐え切れず友達3人でランチ巡りの毎日。 今日は「焼き芋」!ってことになり軽トラを追いかけて、追いかけて授業サボって夕方になっちゃうの。 でもおいしーーーーの! 私も食べたい。久しく光ってるカライモ食べたことないよ~ あの蜜が染み出たような・・・とろーんとしてめっちゃ甘いサツマイモ! あーーあ゛ーーたべだ~~い゛!!
そして4つ目は「洋甘」で売り子の正社員優花の元夫の話。なんで優花が結婚し、離婚したかが描かれているの。 意外だった~でもしっかり食べ物が主体の話になっていた。 最後、智代がお父さんのために自分のしたいことを我慢して、我慢して結局胃潰瘍になって、でもこれからはお父さんとはいい仲のまましっかり自分の道が歩めそうでよかった。 うー、私も食べたいよおいしいチョコ。 でも智代と違って質より量の人だもんね、私。ただマジパンは苦手なので、「洋甘」のバレンタインチョコはやだなー フランスの本場のショコラ、食べてみたいけど、カカオの苦味より私はミルクチョコの甘さとか口溶け感が好き、ホワイトチョコが好き なんてーのは論外だろうなぁ(笑) いい素材のものもきっと美味しいのだろうけど、むかーーーし駄菓子屋でくじ引いて当たりで食べたチョコもどき(としか例えようがない)、好きだったのよ。また食べてみたいなぁ。もう売ってないけどさ。あ、そう言えば冷蔵庫にゴディバのチョコクッキーがあった。 ニューカレ帰りに免税店で買ったまんまだよー うーんいつ食べよう!
bk1の内容説明は「28歳の智代は「洋甘」のショコラティエール。理想のショコラを作りたくて、店を移ろうと思っている。でも、事故にあった父親を養うため辞められず…。女子高生の愛子、バツイチの優花。それぞれの歯がゆくも愛おしい物語。 」となっていました。

今朝は寒かった~ とにかく手首は痛いし、寒くて体が縮こまり、肩に首に背中に違和感というか凝りまくりできついです。やっぱ夏がいい! 暖かくなってくれー

じゃあね

« 1/16「ミストマントル・クロニクル Ⅱアーチンとハートの石」 | トップページ | 1/18 庄屋の湯 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/17728703

この記事へのトラックバック一覧です: 1/17「スイ~トスイ~ツショコラ」:

» ゴディバドリンク [,1/17「スイ~トスイ~ツショコラ」]
ゴディバドリンクの情報です。 [続きを読む]

« 1/16「ミストマントル・クロニクル Ⅱアーチンとハートの石」 | トップページ | 1/18 庄屋の湯 »

無料ブログはココログ