« 1/12「晩秋」 | トップページ | 1/14「ロレンツォのオイル」 »

2008/01/13

1/13「アース」

本当は今日見に行く予定だったのですが、行きがかり上昨日の夜、いつもとは違う映画館で見てきたのが『アース』です。328907view014
チケットを買うときに「吹き替え版ですがいいですか?」と言われ、だって字幕版、この辺じゃどこもやってないじゃーん!と思いつつ、「いいです」と答えたのです。 ナレーション(コンダクターとなってるけど)は渡辺謙さんがやってるの知っていたし、それ以外は想像も出来なかったから。 というかその時初めて「あ、そっかー、もともとは英語かなんかなんだよなー。監督とかが解説すんのかなぁ」なんてお気楽なこと考えちゃいました。でも 映画の本編が終わり、黒いスクリーンに白い文字が出てきて、何の気なしに読んでみる・・「ぱとりっく すちゅわーと。ん?誰だっけ?聞き覚えのある単語・・・」 ぎゃぁ!パトリック・スチュワート! ピカード艦長やん!! しまったー彼の声だったらオリジナルを聞きたかったーーーー! 残念です。ただどーせ聞いても理解は出来ず、字幕読む形になってしまうのでしょうけどね。 いつかDVDを借りることがあれば 字幕にして見よう!と思いました。
がー 本編は期待が大きかったせいか ちょっと「あれ?」となってしまいました。 『ディープ・ブルー』の方がよかったー(これは残念ながら映画館では見ていない) とは言いつつも、やっぱりあの動物の大移動などを見るのはテレビの画面よりでっかい映画館のスクリーンですよね!
北極に始まり、どんどん南下していって、最後は南極までの命のドラマはやっぱり素晴らしかったです。ホッキョクグマの赤ちゃんのちっとも可愛くない声が新鮮(笑) アフリカ象の親子の姿も、ザトウクジラの親子も命って素晴らしいなぁと思いつつ、アフリカの動物たちってなんでずっと湿地帯に居ないんだろう? と昔から思ってる疑問が沸いてきました。 水のあるところに動物が集まりすぎると食料の草が足りなくなるから? でもそれにしても数週間もかかる程離れなくてももーちーっと近いところを行ったり来たりしてれば移動で命を落とすこともないのでは?と思っちゃうのよねー ザトウクジラのほうの7000キロくらいの旅はまぁ餌と出産のための水温と考えれば仕方ないのか?なんても思うけど。
しかし、鳥たちの移動なんてのはまぁ本当に数が多くて圧倒! そりゃー昔の人があんなん見たらちっとそっと殺しても減りはせんたーい、なんて思って乱獲して絶滅させた動物がいっぱいいるんだなぁと思わず納得してしまうほどの数でした。 スクリーンが埋め尽くされていたものね。 あと印象に残っているのは湿地帯にたどり着いた時の水の中を進んでいるキリンや、踊りながら歩いている猿。328907view004
別に踊ってるわけではなくバランスをとるためなんだろうけど、盆踊りしてるみたいでおかしかったー
そして何度見ても綺麗な鳥の求愛ダンス。その前の枝を雑巾掛けしてるシーンには感動! こりゃ明日は私も部屋の掃除をサボるわけにはいかんばいねと思ってしまいました(笑)
ヒマラヤ山脈を越えるツルたちの格好も飛ぶというより本当に風を受ける、って感じの翼の広げ方に思わずくすっとなってしまったし、くすっとなったといえばゴリラが熟れていないイチヂクの実を口に5個以上詰め込んでいるところにも笑ってしまいました。 それから、ホオジロザメのでっかさには圧倒されました。 ありゃー人間も一噛みじゃー! 最後はちょっと地球温暖化にストップをかけよう!的なメッセージを出しまくりでうーん、って感じにはなったけど、今のご時世仕方がないのか? 素直に小さな事から一歩一歩、地球温暖化をストップする為に協力しましょうか。 なるべく灯油を使わず(まぁ高いし)、ペットボトルと食品トレーと牛乳パックはリサイクルに今日忘れずに持っていこう。で、エコバックを忘れずに持っていかなきゃ。
見たことアル映像だなぁ・・・ってのがいくつかあったものの、まぁやっぱこういうものはスクリーンのでっかい画面で見て正解だなぁとは思いました。

さ、次は何の映画を見ようかな? 明日は1000円なんだよねー 見なきゃ損なんだけど、見たいのあったっけ?

じゃあね

« 1/12「晩秋」 | トップページ | 1/14「ロレンツォのオイル」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/17677128

この記事へのトラックバック一覧です: 1/13「アース」:

» 『アース』 [風模様Days]
23.5度の奇跡映画館での予告を観て、そのダイナミックさに圧倒されて観に行くことを決めた『アース』 ほんとにどうやって撮影したんだろう?という映像が次から次へと。上空、地上、山、海、宇宙。あらゆる角度と視点から撮られた映像に目が釘付け。昔の「野生の王国」という番組のように、何も足さない、何も引かない、ありのままの地球と動物たちの姿に感嘆するばかり。 『ナヌー』のように、動物をメインにしたものではなく、あくまで主役は「地球」。だからこそ、ミクロの美しさと引きの美しさがそれぞれ際立ってくる。... [続きを読む]

» アース(2007年、独英) [泉獺のどうでも映画批評]
 この映画は、USENの株主総会の後に行われた試写会(会場は中野サンプラザ)で観 [続きを読む]

» 取り戻そう! 英語力 ~ 第218号 - 2週間毎 [取り戻そう! 英語力,1/13「アース」]
英単語の「biweekly」。あなたにとっての意味はどちらですか? [続きを読む]

» EARTH 〜アース〜 [HAPPYMANIA]
主演、地球、46憶歳地球って凄い、素晴らしい。こんなに素敵なホシに住んでいるんだと 改めて感じた壮大なスケールで描かれている 大自然や動物たちを見ていると人間ってなんてちっぽけなんやろと思った自然をありのままに受け入れて 状況に自分たちが合わせて生活し...... [続きを読む]

« 1/12「晩秋」 | トップページ | 1/14「ロレンツォのオイル」 »

無料ブログはココログ