« 1/11「ミストマントル・クロニクル Ⅰ流れ星のアーチン」 | トップページ | 1/13「アース」 »

2008/01/12

1/12「晩秋」

11日から12日にかけて録画していた『晩秋』を見た。 ほぼノーカット版でNHKでCMなし。やっぱり安心して見られていいねぇ。
とてもいい映画でした。 ただ、私はきっと絶対ジョンのようにはできないだろうなぁと思いました。
ニューヨークのウォール街で働くエリートのジョンは母親が心臓発作で倒れたと聞き、故郷に帰ります。命に別状はないもののしばらく入院するため家には年老いた父親が一人。妹夫婦は少し離れたところに住んでいるため父親の面倒をみるため2~3日仕事を休むの。父親は今までものすごーーーーく母親が世話を焼きすぎて何も出来ない人になってるの。最初見たとき私は卒中か何かの後遺症があるのかなぁと思ったくらい。 でもそんな父と暮らすうちに休みを延長して母親の退院まで一緒にいることにするの。 で、母親が退院してきたら今度は父親のほうが倒れてしまい・・・・今まで仕事一筋で家族も省みず自身も離婚して子供が一人いるけどじっくり話したこともなかったの。でも父親の看護をしていてだんだんと家族の絆を取り戻し、愛情を再確認していくって感じのお話でした。
いやー、あの最初の医師はあかんもん。とっても嫌な奴だった。 ジョンの息子は大学1年生で、今回も知らせを聞いて飛んでくるの。いいこだよ。 でも最初に出てくる風景とか途中で思い起こされている風景が父親の若い頃の風景でなかったのには驚いてしまったです。 ホント、ジョンも言っていたけど、あんな口うるさくてひねくれ屋の奥さんと長く平和に暮らすには父親はああいう手段を取るしかなかったんだろうな。 ただ、死ぬ間際とは言え本当の自分を取り戻し、そしてその老人パワーであの奥さんすら変えて、最後は近所の人からも慕われて去っていったお父さん、いい人生、幸せな人生だったろうよ。 2番目のお医者さんはとってもよかったなぁ。掛かるならあんな医者がいいなぁと思わせる医者でした。
しかし、実際自分が親たちを介護する立場になったら・・・もうそれってそんな遠いことではないだろうけど、どうしたらいいんだろう? 出来ないなぁきっと私には。 まだ考えることが出来ません。その時になったら その時に考えよう。あぁとっても逃げてる私。

じゃあね

« 1/11「ミストマントル・クロニクル Ⅰ流れ星のアーチン」 | トップページ | 1/13「アース」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/17660790

この記事へのトラックバック一覧です: 1/12「晩秋」:

« 1/11「ミストマントル・クロニクル Ⅰ流れ星のアーチン」 | トップページ | 1/13「アース」 »

無料ブログはココログ