無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/31

12/31 大晦日なのに温泉へ

今日は8時に目が覚めた後、洗濯機を回してまた寝ました。9時に起きて曇り空の中ベランダに干しました。
今日も寒い一日。 大掃除、とうとうやる気なし。 と言うわけで、10時過ぎには温泉に行くことにして散らかったままの家を出ました。
露天は寒いだろうと、菊池の湯の倉へ。 大津あたりでご飯を食べようとして、カレーハウスCoCo壱番館へ。 牡蠣フライカレーを頼んで食べました。美味しかったけどめっちゃお腹いっぱい! ハーフサイズでよかったかもー 食べる前はお腹ぺこぺこだったのになぁ。 はっきり言ってもうすぐ6時だけどまだお腹減らないくらい。
お風呂は今日は檜風呂1300円に入りました。 いつもは熱いから石のお風呂に入る事が多いんですけどね。
のんびりはいろう、と思っていたらうーん、もしかしたら湯あたりしたかも! なんか目の前に滲んだ模様画浮かびだしてふらふらになってしまいました。バカばい、私。
その後はパティスリーミュールでケーキを買って、カラオケに行こうとしたけどこんな時に限ってお店の前を通らず(笑)、不知火海倶楽部に寄っておせち料理を取って帰ってきました。
今からみんなですき焼きです。
今年も一年が終わるんだなぁ。 いい一年でしたよ、ニューカレにいけたもんね。(もう最近のことしか覚えていないところが・・・・)

来年もよろしく!   じゃあね

2007/12/30

12/30「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」

今夜は映画に行く予定。
朝は8時には起きたけど、その時は天気よかったのにあれよあれよという間に雲が出て雨が降って風邪が吹いて・・・
とにかく年末のしなきゃならないであろう事を何一つしたくない気分です。年賀状は昨日で終わったので、あとは投函するだけ。今までずっとニューカレの旅行のことを書き込んでました。写真のサイズが今日書いたぶんは小さいけど、やり直す気力なし。 まぁ興味のある人は12/14からの日記を見て下さい。
後は映画から帰ってきてから書こうと思いまーーす。


行って来ました。 『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』です。Main_logo
 予告編でナルニア国物語のカスピアン王子が見れて幸せ。あの4兄弟はどうも好みの顔とは言い難かったけど、カスピアン王子はいい男じゃーないか! 5月24日から? 楽しみです。
さて、『ナショナル・トレジャー』ですが先日見た1の方がドキドキわくわく感が大きかったような・・・でも今度のも十分楽しめました。悪者役(?)にエド・ハリスが出てきて、なかなか嬉しかったです。 アンジェリーナ・ジョリーのお父さんはどーしてあんなにへちゃむくれな顔なんだろー お母さんとして出てきた女優さんは、なんか若々しかったです。 「クイーン」見たいです。 そうそう、後半部分でダンジョンの中での冒険はドラクエやFFを思い出させる仕掛けが出てきてほほーと思いました。 ライリーくんはもっといい思いしていいのにーー好きなのに~と思ったのさ。 セダスキー(FBIのおっちゃん)はなかなかいい奴じゃったです。

じゃあね

2007/12/29

12/29「セレンディピティ」

映画館で予告を見て「あ、このセレンディピティってこの前読んだ本に出てきたなぁ」と思いなんとなく見たかった映画『セレンディピティ』がBSで放送されていたので録画して今日見ました。 読んだ本は多分『私立探偵ムジョー・シックスミス 幸運を招く男』だったと思うけど、違ったかな? ハヤカワミステリーだったのは間違いないと思うんだけど・・・・519qktth0plクリスマス前のデパートで黒のカシミアの手袋を偶然取り合った男女がその時はお互い恋人がいたので別れたけど、忘れ物して再会したり、夜のスケートリンクで滑ったりするうちに恋の始まりを意識しだすの。でもすんなり付き合おうと言い出せず、5ドル札に男の名前と電話番号、本に女の名前と電話番号を書き込み、古本屋に売るからもしどこかでその本をまたはそのお札を手にしたら幸せな偶然が運命にの恋に変わるのよ・・みたいでその晩は別れたの。そして数年たってお互い結婚間近になり またまた気になりだし・・・・ってお話です。
まぁ映画なので絶対再会するはずなんだろうけど、最後の出会いはちょーーっと私が想像していたのとは違ったかも。もっとロマンチックなもしくは激しい出会いがよかったなぁ。 ただ、男=ジョナサンが女=サラを必死で捜し求めるところはなかなかよかったです。デパートの売り子のおっちゃんがおかしかったー でも個人情報保護法はもうアメリカでは施行されていたようなのに、めちゃめちゃやなぁ、と思いました。 そこがちょーっと気になったの。
古本に女の名前と電話番号を書き込んでいて、変な電話はかかってこなかったのかしら? お札に名前と電話番号書き込んで、詐欺に利用されたりしなかったのかしら?とおよそロマンティックには無縁な心配をついついしてしまった現実的な私でした(笑)
あ、でもセレンディピティ3というカフェであのフローズンホットチョコレート、食べてみたい気がします。めっちゃ甘そうで気分が悪くなりそうだけどね(笑)

食料の買出しに行きたいけど、着替えたたり化粧するのが億劫だなぁ・・・ 化粧無しで出かけたらみんなに迷惑かしら?とついつい考えてしまいます。 うーん・・
今日の目標の1つ、洗濯と録画の消化は終わった。年賀状の宛名の印刷も終わった。後は年賀状の裏の印刷、一言の付け加えなんだけど、うまく印刷できないよ~ 困ったなぁ。
家にいるとホント何か食べたくなっちゃいそうで(朝からついついミックスナッツとレーズン入りのマフィンを焼いてしまった) やっぱ出かけるかなぁ。

じゃあね
 

2007/12/28

12/28「ナショナル・トレジャー」

映画を見に行く予習として『ナショナル・トレジャー 特別版511zy5c6y1l
を見ました。以前映画館で見たのですが、この前DVDを買ってきていたのです。見る前は2箇所ぐらいしか覚えてなかったけど次第に思い出してきて、それでも宝が何だったかは最後の最後まで忘れていました。 我ながらつくづく便利(?)な脳みそです(笑) 2度も3度も楽しめますぜ。
覚えていた以上に謎解きや追いかけっこがわくわくして面白かったです。 私はやっぱりライリーのようなちょっと脇役のにーちゃんが好きだなぁ。今度の映画にも是非出て欲しいけど、どうかしら?321200view004

ところで今日は仕事納めでした。 午前中ねみんな大掃除してたけど、私は何故か忙しく(いつも暇なのにさ)掃除は帰り間際にトイレをちょこちょこってしたばっかり。 エヘヘです。

今日はこれから録画の消化もしなきゃなんないし(今、ロボコン見てる)、年賀状も書かなきゃなんないし、ニューカレのブログもアップしたいのに・・・うー、会社よりずーっと忙しいや(笑)

じゃあね

2007/12/27

12/27 燃えないゴミの日

今日は燃えないゴミの日。というか資源ごみってのかなぁ? 私の地区では早朝に出さなきゃなんないので、6時15分頃起きて、6時半より前に持っていきました。 もちろんまだ真っ暗。 そして私、油断したことに特に防寒に気をつけず家を出てしまったの。 ゴミ出すところには地区の係りのおじちゃんたちが複数いて、軽トラのライトで照らしつつ仕分けの手伝いしてくれるの。 缶や割ってしまった茶碗ねダンボールなどを出して帰ってきたけど耳が冷たかった~ 空がものかごく晴れて星が綺麗だったから、冷えたんだろうねぇ。 でも日中は20度近く。嬉しいけど明日からどんどん天気が崩れていくって今日の天気予報でも言ってたよ。 かなしいなぁ
しかし、明日で仕事納め。 それはとっても嬉しいぜ!

じゃあね

2007/12/26

12/26「ジュリーの秘密」

今日は昨日の続き、ジュリーの秘密』(コーラ・テイラー著 小学館)を読みました。51941vzjj2bl
この本、今年の9月に出ているみたいですよ~>Titmouseさん
でもこんな事件が出てくるとは思いませんでした。でもね、ジュリーってもっとお父さんを早く信じて自分の力のことを話してよかったろうにな。そしたら随分楽になったろうに。 お母さんにはこのタイミングがベストだったろうけど。 続けようと思うとずっと続けられるシリーズかも。ここで終わって欲しいけど。
bk1の内容説明では「だれにも見えないものが見える、不思議な力をもつ少女ジュリー。トラクターの大事故から父さんの命を救ったのはジュリーの不思議な力だった。そしてまた、クリスマスの日に何かが動き出す。「ジュリー」の続編。」となっていました。

今日もあったかでした。20度近かったらしいです。ただ、室内はひんやりで暖房してなきゃダメでした。車は窓開けて走るくらい暑かったらしいけどね。ただ、週末から天気は崩れ、寒気もやってくるらしくて あぁ今年も大掃除は寒さのために断念するかも(笑)

そうそう、ニューカレで知り合ったリサちゃんて子からメールの返事が来ていたです。嬉しいなぁ。
彼女は前に1週間日本に来たことがあるらしく、日光や鎌倉に行ったって言ってました。
ニューカレの日記はなかなか進みません。ぼちぼちあげていきますがー 忘れそうで怖い(笑)

じゃあね

2007/12/25

12/25「ジュリー 不思議な力をもつ少女」

ジュリー―不思議な力をもつ少女』(コーラ・テイラー著 小学館)を読みました。51zvd8d1n6l先日図書館の新刊コーナーで見かけて借りてきたのはこの後の巻だったの。それですぐ読むのを止めて返還したんだけど、今回新たに図書館に入っていたので、第1巻となるこの本を借りてきたのです。
やっぱり佐竹美保の絵はいいなぁ。
ジュリーという予知能力とかあるいは人に見えないものが見える不思議な力を持ったジュリーという少女の話。7番目の息子の7番目の女の子みたい。だから力があるのかな?
でも子供の頃からこの力をもてあまし、親にも言えず誰にも言えずにもんもんとしていたみたい。 きっとよき理解者になったであろう、同じ力をもったゴードリッチおばあちゃんとは母親が会わせたがらず、かわいそうだったな。この本の最後の事件でやっと母親が娘の不思議な力を認め、向き合っていけるようになった感じなのは嬉しいことです。これで2巻にあたるジュリーの秘密を読んで大丈夫だぞ。
bk1では「だれにも見えないものが見える、不思議な力を持つ少女ジュリー。不思議な力にとまどい、恐れながらも受け入れて、強く成長していく少女ジュリーの物語。カナダのブック・オブ・ザ・イヤー、カウンシル児童文学賞受賞作。 と説明されていました。

早速2巻にも取り掛かろうかな。

じゃあね

2007/12/24

12/24 聖夜

今日はクリスマスイヴです。 でも今年は特にクリスマスに思い入れがないのでありました。
でも晩御飯は一応鶏肉のソテー、その後ケーキを食べました。 ケーキ食べ過ぎて気持ち悪いくらいです(笑)
今年はツリーとうとう飾りませんでした。
11時ごろから買い物に行き、ちょっと出かけるときに引っ掛けられるジャケットを買うつもりで予算を10倍くらいオーバーする服を買ってしまった・・・・ 頑張って10年着よう(笑)

明日から仕事。でも4日頑張れば今年の仕事はおしまい! がんばるぞー

じゃあね

2007/12/23

12/23「くるみ割り人形」

じゃ~ん! 今日は祝・熊本市民会館ムリニューアルオープン キエフ・バレエ~タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立バレエ~チャイコフスキー作曲バレエ『くるみ割り人形』~全幕~に行ってまいりました! 綺麗だった~ 優雅だった~ 美しかった~  でも肩凝った(笑) Kurumi1
4時開場で5時開演だったので、終わったのは7時。事前にもらっていた血裸婦には終演の時間が書いてなかったので、全幕でもあるし何時間あるのかわかんなかったの。 だから帰りも相当遅くなると思っていたからびっくり。50分X2、間に20分の休憩でした。
びんぼーだし(笑)、ただ単にミーハー的に好きなだけなので、席は一番易いCで6000円。2階の後ろから2番目だったのですが、会場が小さいので結構く見えました。単眼鏡を持っていったので、それを使うと顔の表情までしっかり見えました。ただ、開演5分前まで前の席は空いていたのに、寸前にやってきた男の人の座高が結構高くて頭が邪魔だったー 1幕の間は右隣が空席だったので体を傾けて隙間から見てました。だからめっちゃ肩凝ったの(笑) 2幕はおとぎの国のもてなしでスペイン、アラビア、中国、ロシア、あし笛の踊りをしっかり見たかったので後ろのおばちゃんには悪いと思ったけど、しっかり姿勢を正して背筋を伸ばして見ました。そのうえ前の男性が深く席に座って低めになっていたので右の席に人が来たけど自分の席からしっかり見えました。よかったーアラビアの踊りの女性は日本人じゃなかったかなぁ? パンフレットとか買ってないので誰が出てるかもちーっとも知らないの。 まぁ名前見たって誰が誰だかわかんないアンポンタンな私だけどね。ミーハーついでに言うとロシアの踊りの男性の顔が好みだった(笑)背は低めだったけどね。
バレエの衣装っていいよねー もちろん自分で着てみようとは思わないけど、好きだなぁ。マー者がパ・ド・ドゥを踊った時のチュチュもかわいかったーーー
見終わったあとは阪神デパートに行って明日食べるためのケーキを買ってきました。 なんとなく気がせいていたためあまり熟考することなくモロゾフのカップケーキに決めてしまったけど、お金払った後「あ、あっちのがよかったかも」とか「あ、これがよかったかも」「そういえばモロゾフなら八代で買えたんだったー、別の店にすればよかったー」と思ってしまいました。思わず「やっぱキャンセル!」と言いそうになりましたが、流石にそんなことが言えるわけも無く、もらった箱を抱えてとっととデパートを後にしました。 そこから市電で駅まで10分なんですが、電車が来ない! 対面の電車が3台も通り過ぎた後、回送の看板?を掲げ、後ろに熊本駅行きの空の電車が通り過ぎ、その後河原町行きの電車が来たのは待ちだして20分も経ってから。なんてこっだい!でした。河原駅までなんて誰が乗るんだい!と多分誰かが言ったのでしょう「熊本駅まで行きまーす」と運転手さんがマイクで言ったのでやっと電車に乗ることが出来ました。 家に帰ったのは8時半過ぎでした。 疲れた~ でもあまり寒くなくてよかったです。

じゃあね

2007/12/22

12/22 次はどこに・・・

朝、6時に起きたときは雨。 洗濯、無理だなぁ・・・
用事を済ませ、昨夜の『彩雲国物語』の録画を見たあと8時に二度寝へ。結局10時過ぎまで寝てました。 ところがその頃、外はめっちゃいい天気! お日様きらきらでね。焦って洗濯しましたよ。そしたら干す頃はどん曇り! がっくりです。結局夕方になっても乾ききれず、干しっぱですだ。
昼からは買い物。この前福岡で家の鍵を無くしたので、合鍵を作るために宇土シティまで。ついでにジャスコで食料品の買い物。旅行前に買い物を控えていたので、食材がほとんど底をついていたの。 その後もいつものスーパーに寄って更に食料を買い足し、図書館に行って本を買って帰ってきました。

ところで、また海外旅行に行きたいなぁ・・・と思っているのですが、今からこつこつとお金を貯めるので目標は3年後! 今度はどこに行こうかなぁ・・・・ ニューカレドニアはもう満足。 オーストラリアも1度行ったし、本当はヨーロッパに行きたいけど、5日でいけるところとなると限られてくるのよね~ 今日も宇土シティに行った時旅行のパンフを数枚取って来たけど、ハワイ?グアム?サイパン? ラスベガスにドバイ・・・ うーん・・・ 早く目標決めて、百均の店で500円の貯金缶買って、節約して貯めなきゃなぁ(笑) 3年じゃ足りないかしら? お勧めのところ、ありますかねぇ? 10日くらい休めたらなぁ。 やっぱり定年退職後しか遠いところは無理なのか?

明日はバレエに行ってきます。 寝ないよう気をつけなきゃ(笑)

じゃあね

2007/12/21

12/21「はじめの一歩」

図書館からの本は読んでしまったし、昼休みに読む本何も持たずに会社に行ったらうまい具合にマンガ本が4冊、届きました。 その中でもはじめの一歩 82 (82) (少年マガジンコミックス)』(森川ジョージ)はいいっすねーー51qysct4h6l
 もー一歩のまじめさ、そして鴨川会長への信頼、師弟の絆・・・・ 読んでいてもううるうるきちゃいました! がんばれ一歩!! あー、続きを早く読みたい。 一歩の勝利を早く見たい!です。

そうそう、昨日13日の日記をアップしました。 明日から3連休になるのでぼちぼち続きもアップする予定です。
今日は今から先週分の『彩雲国物語』と今週の『アグリー・ベティ』を見なくっちゃ!
明日はまた6時起き。 でも7時からは暇になるので二度寝の楽しみを満喫する予定(笑)

じゃあね

2007/12/20

12/20「ネクスト」

今日もなんと残業しました。 まぁいいか、たまには。
で、今日は特に何も無かったので、この前(12/13)飛行機の中で見た映画『ネクスト』の話でも。
主役はニコラス・ケイジ。自分に関することなら2分後がわかるという男を演じていました。ただ、何故か一人の女性に関しては2分どころかずーーーっと先のことでもわかるようで、なんとか彼女に会いたいと思ってて、やっと出会えて・・・・ でも彼の2分後がわかるという能力に気付いたFBIの女捜査官が大量殺人を防ぐために彼を捜査に巻き込もうとするの。 なかなか面白かったです。ただ、吹き替えがね、どーもお粗末でした。あと、FBI捜査官がジュリアン・ムーア。この人が出るだけで私はテンションが落ちてしまいます。ふにゃららら~ってね(笑)
まぁ 予知能力があるってことでちょっぴりSFしていたので、私的にはありの映画でした。ただで見れたのだからよかったとしましょう。あ、多分最初のほうで刑事コロンボ、えーと、ピーター・フォークが出てたと思うんだけどなぁ。

じゃあね

2007/12/19

12/19「マグマ大使」

図書館でハードカバーのマグマ大使 (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)』(手塚治虫)を読みました。21r08xez97l

そっかー、メインの敵は人間もどきだったのかー あ、もちろん敵の親玉はゴアだけどねー
こんなストーリーだったんだ。テレビドラマは見ていたけど、とにかく小さかったからなぁ(年がバレるぜ(笑))
テレビでは岡田真澄さんやフォーリーブスの一人がやってたよね? よくお絵描きしてたよ。ガムとかのね。
マンガを読んでみてテンポの早さが新鮮でした。 また、敵が子供好きとか、なんか意外な展開でした。

旅行のまとめ(笑)したいけど、年賀状の準備もしなきゃ。 あー、パソコンが壊れてなければ住所録入れなおす必要なかったのに~ というか5月末に壊れたのに今頃ばたばたすんなよねーって感じ?

旅行先で知り合ったリサちゃんにメールを送ってみました。写真を添付して。 返事が来ればいいなぁ。

じゃあね

2007/12/18

12/18 またまた

いやー トラブルって続くんだ~

今日、久しぶり残業して帰りにマッサージに寄ったの。で、終わってお金払おうとしたら無いの、財布が!
ボロいバックだったので財布だけポケットに入れて来たはずだったのにーーー、と店のねーちゃんに言って車まで探しに行ったら無いのよやっぱり車の中にも! ありゃありゃと探したけど無い! こりゃー車から出る時落としたばい、と思い 駐車場に隣接している店の人(調理っぽい格好してました)に聞いたら(もう店は閉まっていたのに)聞いてきます、と言ってレジのところに聞きに行き、「落し物あったそうです。商店街の事務室に届けてあるそうです」って言って「あ、待ってください」って言って走り出したの。 何だろ?と思ったら 事務所の人の車で、聞いてみたら今、警察に届けに行くところだった、とのこと。 ひや~でした。もうすこーーーし遅ければ大事になってましたよ! もうだだあやまりです。 でも、でもあってよかったーーーーーーーーーー
誰が拾ったかしらないけど、とにかく中身もばっちりで、本当によかったです。 
あぁ トラブルは続いたけど全ていいように解決! よかったよかった。

仕事は流石に忙しかったです。 明日までちーーっと引きずってます(笑)

じゃあね

2007/12/17

12/17 帰ってきました!

夜の7時45分頃、無事家に帰り着きました。
今回のニューカレドニアの旅行は最初の最初からトラブル続き!
それでも無事に帰りついたので、今は楽しい思い出です。 これからぼちぼち書き込んでいきます。

じゃあね

12/17 日本での移動 withニューカレドニア

9時前に関空へ到着。あーあ、とうとう戻ってきちゃったよ日本に。外は9度だって!真冬だよぉ。
荷物受け取り、すぐ福岡行きにチェックインして荷物預けて身軽になって、空港内をぶらぶら。暖房が効いてて寒くは無いの。お土産買ったり、プリン食べたり機内食だったジュース飲んだり・・・・12時50分搭乗開始だったから時間余ってねー 結局最後は本屋で立ち読みしてました。
1時過ぎに関空を離陸。ゆずジュースを無理して飲んだけど、Aは爆睡してました。福岡から車を運転してもらうんだから、寝ていてもらわないとねー今。
福岡について荷物を受け取り、その場で冬服に着替えたりetc.
2時半に駐車場について車に乗り込み、まずは南風苑という海水魚・熱帯魚のお店へ。いつも12月になると年末セールやってて安くなってるのです。いつもは車の中で待っていることが多いのですが、今日はコイン駐車場に車を停め、私も中に。おぉ海で見た魚が水槽の中で泳いでいるよー でも見れば見るたび海の中の魚は大きくて太っていたなぁ。 ここで2万円分くらいの魚、餌を買いました。 デバスズメにシリキルリスズメ、そしてメインはスミレヤッコDic_502
とフエヤッコDic_503
かな。
そして弟の職場に土産を持って行き、渡しました。そっかー、こいつには無事いけることになったって報告はしてなかったんだー、とその時気付いたのさ。ごめんね、弟よ(笑)
それからどこかでご飯食べてーとなったけどなかなか見つからず、結局とんかつ浜勝でたべました。日本の米は美味しかばい!
植木の湯~庵でお風呂。まだ5時なのにもう暗いよー 久しぶりに来た湯~庵はめっちゃ変わってました。 ネットの家族風呂の投票でいつも1位だったせいかお客が多いとでしょうねー りっぱな建物が幾つも出来、陶芸のコーナーもすごくいいのになってました。 3人で1600円の風呂を選び入りました。Dic_497
 日焼けは流石に日焼け止めを塗っていたので前回のように日焼け止めが足りなくなり日焼けしまくって風呂に入るのに苦しむって事は私は無かったけど、1人はやっぱりひーひー言ってました。結構ぬるめのお湯だったのにね。
なんやかんやで家に無事着いたのが7時50分ごろ。 出だしがすごいトラブルで、その後も色々とあったので実は帰りに交通事故とか遭いはしないかと不安だったのですが、無事帰りつけて本当によかったーーー
いろいろあった分、より思いで深い旅になりました。 この3人で海外旅行に行くのはこれで最初で最後になると思うけど、有意義な日々でした。

じゃあね

12/16 ヌメア最後の夜inニューカレドニア

さて、ヌメアのマジェンタ空港に着いたのは8時10分頃でした。アルファインターナショナルのお姉さんが待っててくれました。 待ち長かったろうなぁ。すみません。 すみませんといえばBはフランス語版ブリーチ(マンガ本だね)を欲しかったのに買いそびれていたのでなんと朝から電話して買っててくださいと頼んでわさわざ買いに行ってもらっていたのです。 ほんとに余計な仕事までさせてしまって申し訳なかったけどありがとうございました。 おかげで本人は大喜びでした。
荷物をとってアルファの車に乗り込みカサ・デル・ソルまで。でも途中で「寄り道します。」って言うの。 えー、ご飯の時間がー なんだよー何の私用があると?とマレ島感覚に浸っていたら なんとわざわざ今のシーズンの夜にしか見られないサンタクロースの家ってところに寄ってくれたの! 住宅街で完全に個人の趣味で電飾とかしてて、あまりに見事なもんで近年、観光スポットになってるらしいです。 車で前をゆーっくり通ってくれたのですが、写真は上手に撮れなかったです。 Dic_462Dic_459想像して見て下さい。
さて、カサ・デル・ソルに着いたのは8時半。10時15分にまた迎えに来るので、それまで荷物を預け、とにかくお腹ペコペコなので晩御飯を食べに出かけました。シトロエン湾のショッピングセンター内店の中からどこか選んで入ろうということに。ここのお店はありがたいことに日本語メニューがほとんどの店であるんですよねー でも全部見てからチョイスするほど気持ちに(お腹に)余裕が無く、手前から2件目くらいの店に決めちゃいました。ベラージオというイタリアレストランだったみたい。スタイルのいいウエイトレスさんやかっこいいウエイターさんがきびきび働いている感じのいい店でした。 やっぱりここでも雨が降ってきたので、途中でテントの壁を出して雨をしのぐ作業とかもあってお店の人は大変そうでした。繁盛もしてたしね。雨はすぐ止みました。
お腹ペコペコな私らはカンガン注文。 両替した現金が10000XPFくらい残っていたので、こんだけ分食べよう!ということに。注文したのはセブンアップ2杯、牛肉のカルパッチョ、Dic_470
牛肉のステーキポテト添え、Dic_466
ウサギ肉のリゾット添え、Dic_467
仔牛のミラノ風カツレツスパゲッティ添えDic_468
、ハムときのこのピザ、Dic_469
そしてカシスやチェリーが入った特製デザートアイスDic_471
です。どれもめっちゃ美味しかった! ただ、あまりの空腹によくメニューを見なかったのですが、私が頼んだ仔牛には赤い小さな蓋付きの入れ物がさらにのってきて、これなんだろーとわくわくして開けたらなんと、日本人には大不評のスパゲッティでした。 だからメニューにちゃんと書いてあるしー(笑) 逆にこれもいい体験とみんな一口ずつ食べてみましたが、いやー評判どおりのぶよぶよさでした。ゆでたスパゲッティにあまり油とか絡ませずにおいて、翌朝食べた時のような感じ。 まぁ晩御飯に余ったスパゲッティを翌朝食べたりしたことある私なら食べれないことは無い感じでしたが、たまたま多く注文しすぎたってのもあってとーとーこのスパゲッティだけは残してしまいました。 ごめんね、店の人。 隣にカップルが座ったのですが、その人たちは男性がピザ、女性が山盛りパスタを頼み完食していたのをみると このパスタ地元の人のうけはいいようですねー その女性の人、ちょーっと日本語がわかるらしくて、私らがデザート注文したくてメニューを頼もうとしているのを見て「すいませーーん」とでっかい日本語で店員さんに声かけてくれました。 「すみません」やら「こんにちは」やら「さようなら」私がフランス語で言えるくらいの日本語は本当に普及してるなぁと思いました。
料理は比較的速やかに出てきたため、食べ終わったのは9時50分過ぎ。 お勘定すると9400XPF。計画通りですなぁ。 そうそう、注文する際、メニューを紙に書いてウエイターの人に渡したのですが、その際添え物を何にするか(フライドポテトとかマッシュポテトとか)を書き留めるのに私のペンを借りて書いてそのまんまだったよー 今でもあの会社名と商品名のロゴが入った私のボールペンはあの店で活躍しているのかなぁ? 
ホテルに戻ってトイレに行ったり、服を着込んだり、バックの中身を詰め込みなおしたりしていたら10時15分になり、アルファーの迎えの人が。来た時と同じで大型のバスに乗って他の色んなホテルに泊まっていた日本人観光客とともにトントゥータ国際空港へ。 あぁもうニューカレもこれでさよならなんだー 空港の傍に今回大ファンになったスーパーU があったのがなかなか印象的でした。
空港に着いてすぐチェックイン。 そして出国検査。時間はたっぷりあったけど、混むからと言われ早くに検査を受けたせいで空港のキヨスクにちょっとしか寄れず、友達に書いた葉書を出しそびれてしまったBはとっても機嫌悪くてね。 まぁ中に入って免税店はあってもたいした面白いもの売ってないもんねー。 結局お土産買ったり色々して41XPFのみ現地通貨が残りました。 その時になってどーしても葉書をニューカレで出したいとBが言い出し(まぁここから出さなきゃ意味ないよね)誰か現地の人に頼むしかなかろうと銀行の窓口に行って1000円両替してそのお金全部(617XPF)を銀行の係りのおばちゃんに渡して葉書出してくれと頼もうとしたらあっちの隅に郵便局があるからあっちで出せ、とのこと。 えー、郵便局あると? 知らなかった~ 言われた方向に向かったらエア・カランの日本人従業員(チェックインカウンターに座っていた人)を見かけたので聞いたら場所わかりました。 キヨスクの対面にあった郵便局と同じ場所でした。(ていっても私はキヨスクに行かなかったから存在を知らなかったのだけど)切手1枚110XPF。 2枚出したから220XPF。空港に来てすぐだったらそれくらいの現地通貨あったのにーバカなBでした。 1000円の両替ってめっちゃ損よねー まぁでも無事葉書も出せて、残ったお金で自動販売機でジュースやコーラを買って飛行機が出るまでぼーっと待ってました。最終的に38XPF残ったのかな。
飛行機に乗り込んだのは1時半。36のABCの席。今回も窓際から2列と通路挟んで1つといういい席でした。ただしくる時はすかすかでやろうと思えば座席に寝ん転がることも出来たけど帰りはほぼ満席。狭くてきつかったなー
でもね、私らの前に座った幼い姉弟(何故か子供が多かった)の弟のほうの食事風景がめっちゃ面白かったらしく、C席に座ったAの実況解説聞いてて和みました~
フランスパンをナイフでたてに切ったり、2枚におろしたり、パンくずをはらったつもりで自分にかぶってみたり・・・フルーツポンチに砂糖入れたり、水にクリープ入れたり(溶ける訳ないじゃん)、とにかく面白かったよーちなみに出た料理はこんなんでした。Dic_486
これが2時半頃でこっちが日本時間の7時半ごろ来た朝食です。Dic_488_2朝食の時、Aの隣に座っていた外人のおじちゃんが「「ショコラ」って言ってたの。えー、コーヒーと紅茶だけでなかったんかい! 私もココア飲みたかったー
ただし、その時点ではお腹は満腹でもう無理。ジュースもお持ち帰り状態でした。

あぁもう17日、日本だよぅ。

じゃあね

2007/12/16

12/16 シュノーケリング・シュノーケリング マレ島編inニューカレドニア

Dic_434
寝る時にクーラーを切って寝たせいか、心の重みのせいか、夜中に何度も目が覚める。クーラーつけたり切ったり窓を開けたり閉めたり・・・ 最後はみおちゃんにお金を払おうとしたら財布の中身が空で「あー、セーフティボックス・・」という寂しい夢で目が覚めてしまいました。 夜中に思いついた海外旅行保険でキーの紛失の保障があるんじゃ!っていう奴を起きてすぐチェックしたのですが、「ただし次のものは除きます。セーフティボックスのキーならびにルームキー・・・」と書いてあり、またがっかり。
天気もよくなくて 今にも雨が降りそう。風邪もある。 7時40分ごろフロントに行くけど男性が来るまで待って、と言われとぼとぼと部屋に戻りました。もしかして打ち上げられてはいないかと海辺を歩いてみるけど、やっぱ奇跡は起こりません。部屋に戻ったらノックの音。男性従業員のおっちゃんが鍵の束を持ってやってきました。何個か試して、やったー!セーフティボックスが開きました!! 嬉しいの何の!サンキューに、メルシーにありがとーと言いまくり(笑) で、昨日フロントでもらったルームキーに付いていたセーフティボックスのキーを今開けたキーと付け直して帰っていきました。 え?いいの?それで! きっと帰りに清算だー
とにかく開いたので中身を取り出しました。 財布にパスポート、うーん、なんて懐かしい顔ぶれよ!もう二度とセーフティボックスには入れんぞ、フロントに預けてやるぞ、とこの時は思いました。
安心してレストランの朝食ブッフェへ。昨日ちらっと見たときとてもいいように思えたので、高いと思ったけど思い切って行ってみました。Dic_347 7時半からだったのに遅く行ったからかな?2つ3つの皿が空。 きっと補充はしないよね~と話しながら料理を取りました。ちょっと残念。1500XPFなんだよね。 面白かったのが出ているハム、サラミなんてのが薄くスライスはしてあっても包んであるビニールはついたまんま! はがしながら食べました。 パンはクロワッサンやデニッシュ等の他に長いままのフランスパンがでーんと置いてあって好きなだけパンナイフで切るようになってるの。 面白いねぇ。 衛生とかあーんまり考えないとよねー それでいいけどさ。 ジャムはこのホテルの手作りって聞いていたけどアプリコットのとてもおいしいジャムでした。 フルーツも色々とあったけど、スイカにたかったショウジョウバエを見て いいかー別に食べなくてもーって感じ。 代わりにヨーグルトや果物のペーストとかに手を出してみました。なかなか美味しかったです。今日はまた海でシュノーケリング三昧の予定だったので、昼ごはんに時間が取られないように朝食べれるだけ食べようという作戦(笑) そんなんで海に入れるのか? アホよねー
部屋に戻って準備して海へ、と思ったらすごい雨。海に入れるのだろうか? うー しばらくすると雨、止んだようなので雲がどっぷりあるけど海へ。 昨日より左側の海に入りました。 たまに日が射したり、やっぱり雨が降ったりとはっきりしない天気。でもま、いいかー 魚は昨日以上に色々と見ることが出来ました。写真では解りにくいと思うけど、デバスズメの巣になっているサンゴ。Dic_352いやーでっかいサンゴにみのすごく沢山のデバスズメ!すごかったです。
チョウチョウウオも昨日よりたくさん見た感じです。
10時半には上がったのですが、なんとなく天気が回復してきた感じ!いいぞー
一応チェックアウトが11時なので荷物をまとめてフロントへ。チェックアウトを告げ、鍵を返します。でもなーにも言われないの。 いいのかなぁ・・・・ 荷物を専用の部屋に置かせてもらい、半日の自転車のレンタルを申し込みました。1台600XFPです。しかしその自転車、乗りにくいの! ペダルが前にしか回らないタイプの自転車には乗ったことがないため、女二人はよろよろ。 まぁそれでも乗り出したらなんとか大丈夫になりました。しかし、さっきまで雨とか降っていたのに 今度はまぁ偉い天気がいいこと! 日差しが痛いぜ! 一応日焼け止めは塗ったものの、なんとなく朝は雨だったので塗り方に力が入ってなくて、今頃になって心配。もっと塗ればよかったーーーってね。 特にハンドルを握る手の甲、見る間にシミが浮き出そうな勢いでじりじり焼けていくのよ! どーしましょ(笑)後で思い出したのが手袋。海の中でサンゴや岩で手を切らないようにそれようの手袋持ってたんだったよーーー気付いてはめた頃はまた曇ってきてました。 おいおいだよ~(笑)
さて、一応目標はぺテビーチってとこ。ただ昨日の島内観光の説明は車で走りながら指差して聞いただけなので本当にそこが噂のぺテビーチなのかは疑問です。ここかな?と思ったところに行ったけど、どーも違うみたいな気がするー 柵があるのよねー なのでそのまま先に進んでみることに。結構進んでみたけどうーん・・よくわかんない。 でちょっと戻って海に下りて行けそうなところを見つけてそこの海に入ることにしました。これは乗ってきた自転車ですね。Dic_408
前に誰かが魚をさばいて食べたらしく、でっかい鱗が飛び散っていて ちょっと生臭いよ、岩場。 ただ、海に下りていくのには丁度いい感じ。さー、海に入ってみると・・・ いやー凄いです! チョウチョウウオがいっぱい。 ただここは沖との境が何もないので、気をつけないと危ないという気がする。でも 沖の方に行かなくても海岸に沿って
泳ぐだけで十分! サンゴの塊が点在し、そこには魚がいっぱいでした。 ミカドチョウチョウウオもいたし、ぷっくり太ったテングカワハギも。Dic_447
 ものすごーくでっかい魚も見ました。 サンゴもとっても綺麗でした。Dic_437
これって日本で買おうとするとものすごく高いんですって。 買うより海で見るほうがいいよねーそうそう、綺麗なレモンピールも見ました。 ただ、1つ。お魚は少し離れて見ないと真上からじゃ平べったすぎて何の魚だかちーっともわかんないの。魚見つけてはすこしバックして何の魚か確認してまた見に行くって感じでした。
途中岩場に上がって持ってきたパンをチョコクリームにつけて食べたり、ポテトチップスを食べたりして、雨にも負けず、日差しにも負けず(とにかく変な天気ではあった)海にはいりました。2時半頃に底から上がって、さっき「ぺテ?」って思ったところに行ってみました。そこでは広場と道を使って地元の人たちがバレー?サッカー?とにかく遊んでいて、「ビーチ?」と聞くと自分の親戚の海だけど、入っていいよー ってなことを話したみたい。多分。それで柵を越えて(横から行きなさいと教えてもらった)下っていくとビーチがありました。 でもそこは泳ぐにはいいけどシュノーケリングするには平凡すぎる海だったのでちょっとしかいませんでした。 帰るときにはそこにいた人々「こんにちわー」「さようならー」「どうもありがとー」「すみませーん」と日本語で私らに向かって言うので、私らも「ありがとー」「メルシー」「ボンジュール」と手を振りながら大声で叫びつつ、後にしました。 ほんと、陽気ないい人たちでした。ホテルへ戻り、Aはまたホテル前の海に入りましたが、私とBはプールサイドにあったシャワーを使ってこそこそと頭をシャンプーで洗ったり、体を洗ったりと帰る準備。 なるべく体を拭いてトイレでも着替えよう、としていたらホテルの従業員のおばちゃんが更衣室があっちにあるよ、と教えてくれました。 げー、早く言ってよ~って私らがうまく聞けなかっただけですけどね。 使われてるのかどうかわかんないような(少なくとも電気は止めてあった)シャワー室に戸が無い更衣室に行き着替えてもう一人が海から上がってくるのを待ちました。その時もまた雨だよ。みんなの準備が整ったのが5時。その後ぼーっとソファーでくつろいでいたら 「何か飲まない?」と聞かれ、コーヒーを頼んでみました。 エスプレッソで美味しかったけど、後で清算を見たら300XPFでしたよ。
5時10分過ぎにカウンターに行って清算。 なんて言おう、と考えるまでも無くすぐ察してくれて、カードを出して料金の支払い。 明細を見せて「OK?」と言うので「OK」と答えてじっくり見たけど、ルームキーについては結局何も無かったみたいでした。 めっちゃ安心。 よかったー でも次からは本当に気をつけよう!と心に誓いました。
5時半にホテルを出発。ワゴン?マイクロバス? いつもの車です。私ら3人のほかに男性ペアと、若いおねーちゃんの3人。おねーちゃんは確か昨日もう一人のおねーちゃんとホテルにチェックインしてたみたいやったけどなーと思ってたのですが、もう帰るの?なんか孤独にずっと爪を噛んでました。空港に着いても時間はたっぷり。Dic_454
 なので勇気をだしてさっきのフランス人のお姉さんにしゃべりかけてみました。もちろん片言の英語、というか単語(笑)
彼女は今はヌメアに住んでいて、マレには遊びで行って、友達はまだ泊まってるって。2年位前にフランスからヌメアにやってきて、学生さんかと思ったら仕事していました。ただ、年とか聞けなかった~ 以前東京に1週間来たことがあって、その時は日光と鎌倉に行ったって言ってました。 いいなぁ。 で、写真を撮って送るから住所教えてって言ったらメルアド教えてくれました。 そっかー、今は郵便でなくe-メールなんだなぁ。
6時50分にマレ島を出発の予定となっていましたが、切符をちぎって待合室に入ったのが6時45分。6時55分に飛行機に乗り込みだしたけど、乗り込んだ後がね、とても長かったの。 何度も何度も数を数えて、とーとー7時15分ごろには一人一人名簿とチェックまで始めて、うーん、誰か居ないの? 結局訳がわかんないまま7時25分頃離陸しました。 腹減ったよ~ 食べに行く時間、あるのかよーって不安。 ま、なるようになるさ。 料理さえ出たら食べる時間の早さには自信あるからね。

じゃあね

2007/12/15

12/15マレ島・ホテル前シュノーケリング編inニューカレドニア

今日のアクシデントは午後起こった。
昼ご飯は日本から持ってきたカップラーメン。 ラーメンと黒パンのスライスを食べた後、雨が止んだのでいよいよ一番の目的であるシュノーケリングに!
まずはホテル前の海に入ってみることに。
白い砂地にサンゴの塊が点々と存在し、遠くのほうにサンゴ礁と外海との区別がはっきりつくゾーンがあるため、そこから先にさえ行かなきゃ安全!っていう地形。
前回初めてニューカレドニアにきて、イル・デ・パンの海に入ったとき、あまりにチョウチョウ魚の多さにショックだったのですが、今回は残念ながらそれを考えると肩透かし。
魚は結構いるけど、ほとんどがクロスズメダイで地味~な感じだったの。うーん・・やっぱり今回もイル・デ・パンにしたほうがよかったのかなぁと正直思ってしまいました。
サンゴ礁も点在しすぎて範囲が多すぎて移動するのに時間がもったいない感じ。
でも、でもですね、じっくりサンゴの塊を見ていくといるよ、やっぱ!Dic_271
クロスズメだけでなくルリスズメ、シリキルリスズメ、デバスズメに色々なベラたち、クマノミにテングカワハギ。チョウチョウウオも何種類もいて、ペアで仲良く泳いだり食事したりしたんの! Dic_296
 まぁその魚達のまるまると太って元気のいいこと! もちろんサンゴも花盛り。ケヤリやイソギンチャク、シャコガイなんかも色々といてね、やっぱいいわぁ。 Dic_287

天気がたまに崩れて雨が降ったり、太陽が雲に隠れたりしたものの、いやーーー来てよかった! 体が冷えまくって限界になるまで海に入ってました。さすがに1時間半くらい入っていると寒くて寒くて。 トイレにも行きたくなったので一旦上がってフロントで鍵をもらって部屋に行き、トイレを済ませて熱いシャワーで少し体をあっためてまた海に戻りました。そのとき、あぁ濡れた水着のままでフロントに行くのはしのびないなぁと思い、部屋の鍵をチャック付のビニール袋に入れて、水着の上に着ていた半ズボンのポケットに入れて、そして借りたカヌーでよろよろしながら(まだすこーし寒かったの)みんなの所に戻っていったのです。 途中Bが自分もトイレに行きたいといったので、鍵を渡し、手に持って泳ぎだしたのでつい「ポケットにいれな」と言ってしまったのでした。
トイレから帰ってきたBに「鍵は?」と聞くと「あ、無い」・・・・がーーーん! 彼女が履いていた半ズボンは泳ぐための仕様ではなかった為、ポケットにチャックもジッパーも何もついていなかったのです。海に入るまでは間違いなく鍵はあったと言うので、泳いでいるうちに海の中に落としたに違いありません。 2人して探すけど見つかるはずも無く・・・ くー、私のミスです。ちゃんと面倒がらずにフロントに鍵を預けていれば・・もしくはしっかり握ったまま泳がせていれば・・・・ もーガーンガーン!! 結構凹んだものの、「どうせ探しても見つからんけん諦めろ」と言われ、一旦諦めてまたシュノーケリングを楽しみました。 嫌なことは先送り・・・・
その後、既に時刻は 4時20分頃、もうさすがに寒さに体が耐え切れなくなり、Aだけ残して私とBは上がることに。 めちゃめちゃ覚悟してフロントに行き「アイムソーリー。キー、ロスト」と言ったら(なんとまー素晴らしい英語ざんしょ)「(ルーム」ナンバー?」と聞かれ「イレブン」と言うと掛かっていた鍵をほい、と渡してなんのおとがめもなし。 えぇぇぇ! 逆に驚いてしまいました。 キーには木のホルダーだけでなく、黄色いチップも付いていたので、最初に渡された鍵と区別してあるのは確かだと思うんです。 なのに簡単に渡してくれて、いいのか?それで。と逆に心配。でもここでくよくよしても仕方ないし、きっと清算の時罰金取られるんだろうなんぁと思いつつ部屋に行ったのでした。
シャワーを浴びて着替えて、体はさっぱりしたものの、心はやっぱりうじうじ。
今夜の晩御飯は昨日ヤシガニとイセエビの大きいものを予約していたので本当は心ウキウキの筈なのに・・・
その後、ぎりぎりまで海を楽しんでいたAが帰ってきたのが 5時半過ぎ。場所を少し左手のほうに移したらそっちの方がよかったと言っていたので、明日の朝はそこに行く予定。ちっこいけどミノカサゴもいたって。Dic_323
なかなか綺麗に写真が撮れてました。そうそう、今回はでぶねこさんに教えてもらったデカパックがたーーーーーいぎゃな役に立ちました!前回、イル・デ・パンにはチャック付きのビニールやジップロックに入れて持っていったため、ほとんど海中の写真というのが撮れず、次回は写るんですの水中OK版でも買ってこうかなぁなんて思っていたのですが、おかげで普通のデジカメでもなかなかいい映像が撮れました。天気がいまいちだったので、フラッシュ無しだとダメでフラッシュたきまくったので電池切れが心配だったけど、さすが   
帰宅するまでバッテリー、もちました!すごい。
晩御飯にレストランに行くと、今日はこのホテルのオーナーという白人男性がいて、私らにも挨拶をしてくれ、メニューの説明をはじめました。 う、ごめん、昨日予約済みなんだよーってのをしどろもどろでやーっと伝えて、厨房のほうにも連絡が通じ、出てくるのを待つことに。厨房の方からすごい音が聞こえてきたので「おー、あれはきっとヤシガニをぶったたいている音ばい」と話していました。 実は私その時もイマイチの体調。
出てきたヤシガニはうーん・・なんか思っていたのとはちょーっと違う。というのが、食べやすくしてくれたのでしょう、結構小さく砕いてあって、原形が全くわかんないのです。 Dic_340_2
特にレストランの照明はほんわか薄暗いし、うーん・・・って感じ。ただ、味はね、カレーマヨネーズ味にしてもらってて、美味しかったよ~ はじめは殻ばっかで、どこ食べるの?と思ったけど、身の部分を探し当てた後は(笑)とても美味しくいただけました。でも、ザ・ヤシガニって感じはあんまりなかったなぁ・・・あ、でもなんかココナッツの味がした。ソースのせいか?それとも身がヤシの味してるのかなぁ? あぁ、それは考えなかったなぁ。バカな私。それからイセエビ。これは昨日の味付けのほうが好きだったDic_339_2
で、やっぱり焼き過ぎ。生で食べる習慣がないからかなぁ? でもね、2匹きたなかで1つは大きかったよ~ というか昨日予約した時、ヤシガニ1匹とイセエビの大3匹と言ったら係りのおじちゃんが 「おい、そりゃ~無理だよ!」って言った(みたいだった)ので、ヤシガニの中とイセエビ大2匹ってしたのですが・・・どうみても大1、中1.捕れなかったのかな?(笑)大3でもOKだったかも。ただし、付け合せのライスは日本の米と違うあの細長い米なので誰も手をつけなかったけどね。ただ、食べるのに疲れてしまいました。手で掴んで引きちぎって食べれればそうでもなかったと思うのですが(笑)
その後デザートを頼んだの。 ネンゴネのアイスがとーーっても美味しいとはなさんが言っていたのをネットで見たから。 メニュー見て、ネンゴネとla glaceという文字を頼りに頼んでみたのですが、来たのはこれ。 Dic_346_2
うーん・・・アイスとクリームだけと思っていたので、フルーツがこんなにあるとはなんか残念。ただアイスはココナッツ味でめっちゃ美味しかったです。このアイスだけでよかったのにーと思いました。 今夜のディナーは15200XPFでした。フロントで明日のチェックアウトの時間と空港に行くために集合する時間(5時半)の打ち合わせをして部屋に戻りました。
さて、レストランから帰ってきて、またアクシデントは起こりました。
明日の準備をしていた時、自転車で海に出かける時のバッグをセーフティボックスの中に入れている奴を使おう、って話になってセーフティボックスを開けようとしたら・・・・もらった鍵では開かないのです! どんなにしても鍵が合わない! どーして? もうマジな話泣きそうでした。すぐフロントに行ったけど、もう閉まっていて、10時だから明日にしてってオーナーに身振りで言われてしまったのでした。 うー、すぐ開かずもしセーフティボックスを壊すことになったらどーしよう?いくら位かかるの? 明日、日曜で鍵屋が休みだから、月曜まで待ってとか言われたら・・・ お金もカードもパスポートもヌメアまでのチケットもぜーーーーーんぶあの中だよー!と大ショック! テンションだだ下がり。あぁ私の指示ミスだよ~
でも考えても無駄なので早く寝ることにしました。  明日はどうなる?

じゃあね

12/15マレ島・島内観光編inニューカレドニア

夜中に何度も目が覚める。3時半、4時半、5時、6時。諦めて6時25分には起き、外に出てみる。
いい天気! 日差しが強い。鳥の鳴き声が本当に素敵。朝一番にバンガローから海を写した写真がこれDic_172
ちなみに海側から見たバンガローはこうなっています。 Dic_173_2

7時前にはみんな起きてきて、朝食。 今日は買ってきたものを食べて、ホテルのレストランには行かずに済ませました。フランスパンを缶詰のカスタードクリームにつけて。美味しかったー 昨夜買ったサラダ缶はめっちゃすっぱいの! Dic_177
上のほうに野菜の角切り、下のほうにはツナが入っていたのだけど、これにめっちゃレタスとかポテトとか合せないと酸っぱすぎて辛い感じ。 と言いつつ、パンにのっけてほとんど私が食べたけどね(笑)残してもしょうがないやん。
昨日の晩、島内観光を予約していたの。8時半にフロントに集合とのことだったけど、行くのは私ら3人だけでした。ちなみに一人2600XPFです。現地人のドライバーのおっちゃんと、その子供のエミリくん。おっちゃんは英語ダメなんだってー。まぁどーにかなるでしょ。私も英語ダメだし(笑)天気はまだまだOK! ドライバーさんもエミリくんも結構無口。 CDを大音響でかけて車を走らせます。 そのCDですが、なんちゅーかあきっほ゜いのかいちも曲の最初のほうですぐ違う曲に変えていって、全部ちゅーと半端(笑) まぁいいんだけどね。 ただ半日聞いていたので終わりの頃はてきとーな歌詞にして口ずさめてました(笑) 昨日の空港からのドライバーさんも大音量でかけていたけど、サービスのつもりなのかなぁ?ま、いいけどね。 子供は途中車に酔ったのか気分悪そう。大丈夫?と心配していたら眠かっただけのようで、途中爆睡してました。
最初にマレの地図をくれたのだけど、マジックで印しつけてドライバーに渡して意志の疎通をはかっていたら、そのまま返してくれなかったので実際どことどこに行ったのか、特にビーチとかの名前はよくわからなかったのですが・・多分、チュンゲイテを出発し、ワバオのビーチを見ながら進みペトエンの洞窟には行かず、空港方面に進み、勇士の跳躍では車を降り、写真を撮って(同行者Bはここでお気に入りのハンカチタオルを落としてきた)また空港前を通り、このへんで雨が降り出しました。でも通り雨。すぐ止んだのでラッキーだよ。それから、のらニワトリ(?)のいるビーチに下りて写真。 Dic_225
うーん・・ペネロビーチとメモには書いているけど、今地図見てもそんな名前のビーチはないなぁ(笑)パトスとクリネのビーチあたりかなぁ?また空港方面に戻ったのでそこの雑貨屋で車を停めてもらい、本当はトイレに行きたかったけど言葉が通じなくて面倒になり諦めてアイス買ってまた車に戻りました。 Bはアイスキャンディーを買ったので、半分エミリくんに分けてあげたのだけど、彼は舐めていたチュッパチャップスの方が美味しかったのかなかなかアイスに口をつけないの。とけるよ~ 挙句、食べる時反対をまた開けようとしてこぼれまくってました。えっとその後ボンヌの穴を降りて見学。深い! Dic_227

飛んでいるのはトンボなんだろうか?なかなか神秘的な雰囲気のするところでした。そしてローってところから どこかを見ました。 リフー島?多分そうだと思います。ネチェでどらいばーが「2ミニッツ」と言って車を降りていったのはトイレかなぁ? タデェンヌでは港を見ました。船が入っていたので、あぁ飛行機だけでなく船でも行き来してるんだなぁと当たり前のことなのになんか感動。それから天然水族館に。天気がイマイチのせいか思っていたほど綺麗ではなかったけど、魚は結構いたみたい。Dic_263
実はここで初めてエミリくんの名前を聞いたんだよねー その後ペジェビーチの横を通って帰ってきたの。 明日、着てみようと思って場所を覚えたつもりだったけど、降りたわけではなく通りすがりになんとなく聞いたので本当にあそこがペジェビーチだったのかはイマイチ確信もてず。ホテルに戻ったのは12時25分頃。 また雨が降ってきて、まぁ観光の間は日が射したりもしたのでラッキーだったかもね。感じたのは学校(だと思う)はとっても整備されてるなーってことと、人々の家の境がはっきりしてないなぁってことと、お墓には花が溢れてるけど、どこで栽培してるんだ?ってことと、バレーボールのコートが多かったこと! サッカーコートも多かったけど、バレーも多かったねー。 あとね本当にみんなおおらかで親しみやすくて、手を振ると振り返してくれるし、ドライバーさん、みんな知り合い?ってほど手を上げて合図したり声かけたりして走ってました。 ひとつえぇぇぇって思ったのが、飲んでいた2リットルの水のペットボトルを飲み終わったとたん走ってる車の窓からポーンと投げ捨てたこと! ぎゃぁ!ペットボトルって自然には自然に戻らんとばい! びっくりしたよー 
折角綺麗な島なんだから、ゴミには気をつけてね。 

午後のことはまた改めてアップします。

じゃあね

2007/12/14

12/14「ヌメアからマレ島へinニューカレドニア」

さて、ランチの後は買い物した荷物をホテルに預けて水族館へ行きました。その途中、新しく出来たアンバスタのラ・プロムナードの1階に移ったAQUAとかお土産屋とか雑貨屋とかを覗きながらホテルに戻りました。 何か買いたいと思っていたけど、ほとんど買い物しなかったなぁ。
買い物袋をホテルに預け、徒歩1分?くらいの水族館へ行きました。大人1000XPFだったのですが、カードで支払おうとしたら一緒に行った者が「16歳までは500XPFだったよ」と言ったので係りのおねぇさんになんとかその旨伝えようと頑張ったらファミリー料金で、3人で2000XPFにしてくれました。 わーい。そんな料金設定があったとは知らなかったなぁ。
水族館はDic_124
さすが9月にリニューアルしたばかりとあって 綺麗でした。 一昨年来た時は工事中で閉まっていたのよねー
でもしっかりじっくり見たつもりでも30分で見終わっちゃった。 とても綺麗だったけど、日本で行く水族館の規模を思うと小さいね。 海が綺麗だからわざわざ水族館に行かなくてもいいんだろうなぁ。 ただ、ナポレオンフィッシュはでっかかったー 福岡のマリンワールドのナポレオンの1.5倍くらいあったかも。
30分で終わるとは思ってなかったので、時間がとっても余っちゃいました。あぁこんなことなら午前中水族館見て、ランチしてそしてスーパーに行けばよかった!今 思いついたんだけどね(笑) 水族館の後にスーパーUまで行くには時間なさそうで、もっと遠い(笑)ヌメア市内までバスで出ることにしました。Dic_126
 今回の旅行ではバスに乗るのは初めてです。 ただ、待っててもなっかなか来ない! バス朝から1台しか見てなくて、もしかして今日休みちゃうかーと思ってしまいました。15分くらい待っていたらちゃんと来ました。200XPFを運転手さんに払ってカードをもらい、カードを読み込ませて席に。 失敗した~こっち側は日が当たるよ~ 焼けるよぉ、まぶしいよぉ(笑)20分弱でヌメアの市街地に。懐かしいなぁ・・・・ ココティエ広場に行ったのですが、前回行ったときに出ていた出店みたいなのが全然無くてちょっとさびしかったです。前回来た時に行った本屋にまた行ったのですが、マンガのコーナーがとても小さくなっていて、そこで買おうと思っていた同行人Bはショック。 結局3時50分ごろまでうろうろしたけど特に何も買うことなく、バス停へ。 乗りたいバスは1番なのになかなか来ない。 でもそのもてあました時間でバスのチケットの自動販売機を発見。あ、写真撮るの忘れてた。 とにかくそこでチケット買うと170XPF。わぉ30XPFもお得じゃーん!3人で90XPFも得しちゃいました。
やっとバスが来て、ホテルに戻ったのは4時25分ごろ。アルファーが迎えに来るまでの間に荷物の整理。でもこの頃からまた頭痛信号。 早めに薬を飲んでおかねば・・・ アルファが来たのは4時45分ごろでした。 現地人のドライバーさんだけだったけど、何も考えず車に乗り込み空港へ。 途中でドライバーさんに電話が入り、私らに代わってと言う。 何?と思ったら「運転手だけで先に出てしまってすみません。空港で待っていますから心配しないでください」とのこと。はへーなーんの心配もしとりませんでした。よく考えるとマレ島へのチケットとかアルファーの人がいないとどーしようもなかったのよね。 まぁ お気楽なこと、私たちったら(笑)
マジェンタ空港に着いたら女性の日本人のアルファの係りの人が待っててくれまして、飛行機のチケットとホテルのチケットをもらいました。チェックインすると紫色の厚紙でできたようなチケット。 懐かしいよ、このチケット。 手荷物にはシールを貼られ、でも何のチェックもせずスルーで飛行機へ。Dic_138
席も決まってないので早いもの順。前から1番目と2番目の席に別れて座りました。でも窓際に座った同行人Bは最後は熟睡してせっかく綺麗に見えたラ・ロッシュの教会見損ねてやんの!
6時半過ぎにマレに到着! やったー とうとう来たよ、マレだよ。天気もまだいいぞ。
飛行場に着いて中で座って荷物が出るのを待っていたら、現地の男の人が近づいてきて、外で荷物出すから外で待ちなさい、と教えてくれたの。 (なんとなくそー言ってるみたいだった)で、6時50分ごろ外で荷物を受け取り(むかーーーしの国鉄の荷物を送るとこみたいだった。)ホテルからの迎えのワゴン車に乗ってホテルへ。ホテルに泊まらない3人のお客も同乗。 途中のスーパーまで乗せていって降ろしてました。 マレには公共の交通手段が無いらしいので、そんなことが日常茶飯事なんだろーね。 ドライバーの小遣い稼ぎかと思ったけど、無料で乗せてってたみたいです。 車が出る頃には日も沈み、すっごい勢いで飛ばしていくってどこかのホームページで読んでいたので覚悟していたのですが、いやーあんな直線ならスピードも出しますでしょ。 がんがん音楽かけて快調に飛ばしていきました。20分くらい走ったところでどこぞのスーパーに止まりました。私は頭痛信号が治まってなかったので一人車の中に残ったのですが、そこで降りた3人と、ドライバーも席を離れ、同行者A.Bも降りて5分だけ時間もらってスーパーへ。 後で聞いたら「来ればよかったのにー」と相当面白いスーパーだったようです。マレにはまともな店が無いって聞いていたのに、あるじゃーーん。 行かなくて損しちゃったようです。 そこでコーラとか、サラダの缶詰とか買ってきてました。 ホテル、ネンゴネ・ビラージュに着いたのは7時半ごろ。早速オレンジジュース(底のほうは赤かった)のようなウエルカムドリンクを作って渡してもらい、チェックイン。ぬるかったけど美味しかったです。ノンアルコールでよかったー
部屋は11号室。Dic_157
海側のバンガロー(?) なかなか綺麗です。ベッドも3つある~(笑)
最初クーラーがつかずびびったのですが、ちゃんと動いてラッキー。クーラーつけたまま早速レストランへ。(後で気付いたけど、冷房でなく送風になっていたので結局ちっとも冷えてませんでした)
8時にディナー。日本語のメニューがあるという話しだったのですが、ホテルのおねえさんは日本語メニュー無いというので仕方なくフランス語のメニュー。 はっはっは、ちーっともわからんです。 一応英語で説明してくれたのですが、面倒になり本日の料理を頼むことに。ただ、ロブスターを1人前追加で取りました。
本日の料理は前菜がエビとウインナーのどっちかを選びます。 ロブスター頼んだからとエビを1人前、ウインナー(とおねえさんは言ったけど、ハムでした)を2人前頼みました。Dic_163
 でも結果としてエビにしとけばよかったーーー いや、ハムも美味しかったのですが、エビがめっちゃぷりぷりで美味しかったの!Dic_162

メインは肉か魚。肉2人前、魚1人前とってみました。 これもどちらもおいしかったけど、でも肉が軟くてめっちゃ美味しかったーーーー!ソースも最高!Dic_166
 イル・デ・パンの料理というかドレッシング類が口に合わなかったので今回はマヨネーズと醤油とわさびを日本からわざわざ持ってきて、レストランに行った後思い出してわざわざ部屋まで取りに行ったのに、全く必要なし。 魚も塩コショウが効いてて美味しかったです。Dic_165
付け合せのライスってのはイマイチだったけど、まぁ米を日本のと比較するほうが間違ってるよね。パンも実はイマイチ。ただ、イセエビは最高! 大きさで言えば小さかったので「え?ザリガニ?」なんて言ってたものの、食べたら美味しいの!味付けが最高。小さいせいか4匹も乗ってて、1人前でも3人で満足の一品でした。Dic_164
デザートはフルーツのカクテルとイチゴのムース。フルーツのほうはぼちぼちとして、Dic_167
イチゴのムースを2人前頼んで正解。周りのラズベリーソースが甘酸っぱくて、めっちゃ美味しかったです。 Dic_168
うん、ここの料理は最高ですね。 よかったー ちなみに個々の値段は忘れたけど、本日の料理3人前、イセエビ1人前で11400XPFでした。
それからビーチのほうへちょっと出て、空を見上げると逆立ちしたオリオン座。あぁ南半球に来たんだなぁ・・・・と感慨深かったです。 天気もいいんじゃない? 頼むよ、明日は午前中島内観光して、午後はシュノーケルするんだからね! 部屋に戻って荷物を開いて色々と整理しようとしたのですが、部屋、ぱっと見は綺麗なのですが、埃に虫にゴキブリに・・とちょーっと掃除がずさんすぎじゃないかい?って感じ。トイレにゴキブリの死骸が浮いていたのさ。コップとかコーヒーカップとか一旦綺麗に洗わないと使うのが怖いです。ポットも使っても大丈夫だろうか・・・と思いつつ、まぁ一応洗って使いました。冷蔵庫も霜が張ってて冷えがイマイチ。 一旦氷を溶かしてから使うことに。 うーん、残念ねぇ。食べ物は全て冷蔵庫やセーフティボックスに入れて今夜は寝ることにしました。ふっふっふ、こんな感じだよ。Dic_169Dic_170
就寝は11時少し前かな。 明日、晴れますように。

じゃあね

12/14 ヌメアの半日inニューカレドニア

まぁ今回の旅行のトラブル続きのことよ! 
ただ、今日のトラブルは他人事で済ますことが出来るトラブル(?)でした。

朝、やっぱり5時台には目が覚めてしまい、その後ゴロゴロ、うとうと。7時を待って備え付けのネスカフェをいれ、ベランダに出てみると、まーなんと天気のいいこと!Dic_037天気予報は杞憂でしたねぇ。鳥の声も本当に多くて素晴らしい環境です。
残りのメンバーを8時に起こし、身支度をし、8時40分過ぎに一応チェックアウトしました。でも荷物はそのままフロントの後ろの部屋に預かってもらいます。Dic_052これが泊まっていたホテルです。
今日は午前中はぶらぶらアンバスタの辺りを散歩がてら歩くつもり。 前回来た時はアンバスタ方面に行った時はまだ身の振り方が決まっておらず、回りを愛でる余裕、なかったのよねー。Dic_054
鳥の声もすごいけど、花も多いの。とっても綺麗でした。 スーパーマーケットに行きたかったので(楽しそうでしょ!)歩くには距離があると思いつつ、 カプリソの近所にあるスーパーUまで行ってみました。Dic_066
 結果・・・スーパーU最高!! ずーっと入り浸っていたかったです!チーズとか色んな種類があって、野菜も色々と日本とは違っていて、肉も、缶詰もねお菓子も!! マレで食べるものを仕入れていこうと思い色々と見ていたら見知らぬ(あたりまえじゃ!)おばちゃんが「あんたたちー、これがおいしかばい! こっば買いなっせー ほら、私も買うとよ!」とばかりに薦めてもらったり。 あ、もちろん 多分そんな風に言ってるんだろうな~と憶測しただけですが・・・ 多分進めてくれたのはクレープ。試してみたかったけど、要冷蔵っぽかったのでこれからまだまだうろうろする身には無理。 購入はしませんでした。 買ったのは缶詰のライスプティング(でも私以外は不気味だと言い、お土産として渡した弟は「作った人はバカじゃないだろうかと思いました。」という感想のメールをよこしやがった(笑)家に帰ってから食べたけど、私は好き!)、缶詰のカスタードクリーム、チョコクリーム、ココナッツとバニラのコンポート(これも結構不気味。でっかい瓶しかなくて、随分迷ったよ、買うの)あとはりんごジュース、お土産用の塩、ポテトチップスにチョコ菓子を数種類、ティムタムも1つ買って、コーヒー豆やコーヒー豆チョコもお土産として購入。あ、冷蔵しないでうろうろするから心配だったけど、クリームチーズも1瓶買ってみました。全部で6795パシフィックフラン! 楽しかった~ それから隣接の文房具兼本屋をのぞき、日本のマンガコーナーが作られているのを見て、さすがフランス!と思っちゃいました。 ドラゴンボール、ワンピース・・・ブリーチとか色々と充実してましたよ。 その隣は薬屋で、その隣はホームセンターしてたのですが、これからまた歩いてル・ミレッティ・ガスコンまで行ってランチするつもりだったので時間が無かったの。ランチ、予約してなたからオープンと同時に行かなきゃ!って考えてたのね。 それから昨日空港で手に入れたピクニックという日本語フリーペーパーに載っていた炭焼きパン屋ラ・メゾン・デュ・パンに寄ってフランスパンを1本と細長いパン3本買ったの。ゴマ、チーズ、ケシの実のトッピングの奴ね。それと、私の前に買っていたおばちゃんが買ったパンを千切りみたいに細くスライスしてもらってたのを見て私もしたーーーい!と思い、四角い黒パンを買ってカットしてもらいました。 こっちで言うところのサンドイッチ用の食パン並の薄さです。あの機械、面白かったー。 で、あっちの人ってフランスパンはほとんど裸で持つんだね。 10センチ幅も無いくらいの紙でくるっと巻いて終わり。他のパンは紙袋に入れてくれたけど、なんかとっても不思議。日本って過剰包装なんだなー それとともに湿気が少ないからいいのかも。 でもフランスパン、食べるまでにガスコンの壁、カサ・デル・ソルのソファー、飛行機の頭上の収納棚なんかをこすりまくり。 ばい菌もなんもかんも知ったこっかい!の世界でした(笑)そう、スーパーで買い物したままレストランに行ったのよねー。 パンとか袋からはみ出ていて、ちょーっち恥ずかしかったです(笑) 一応、エコバックを1つ持っていってたけど、入りきれずスーパーでくれた袋も使って2袋プラスパンの紙袋でうろうろしたのですが、レストランの後ではスーパーの袋は破れてきて一緒に行った人がシャツを脱いで、それを風呂敷のように使ってくるんで持って歩いてました。 何でもありだなー(笑)
さて、ランチですが、とにかくシーフードプレートを食べる!と出発前から決めていたのです。 カリプソとガスコンどっちにするか当日まで迷っていたのですが、ル・ミッティ・ガスコンに行ってみました。Dic_0741時オープンの店に着いたのが11時。 まだ私服のおっちゃんに声掛けて中に入れてもらったの。
日本語のメニューを持ってきてくれて、頼んだのはシーフードプレート、テンダーローインステーキ、鴨肉のプレートにカシスシャーベット。 実はこの少し前から私の胃、ちょっとしたきっかけがあれば胃痙攣起こしそうな雰囲気だったのよー かといって食欲が無いわけではなかったのだけど。だから大事をとってシーフードプレートカキ抜きにしてもらいました。まず来たのがシーフードプレート。待たされるかなぁと思っていたけど案外早く出てきました。Dic_078
これで1人前。伊勢海老半身、うちわエビ(?)半身、エビが10匹にカニの剥き身が甲羅いっぱい、タコのカレー風味のサラダに、魚の煮物。 エビ、美味しかったよーーー カニ、むいてあるので食べやすくって!一人前だけど3人で食べてもOKでした。これで5900XPF。ちゃんとカキ代は引いてありました。パンは一人1個ずつきて、それからです、事件が起こったのは!! なんと、ボヤ騒ぎが起きまして、店、停電しちゃったのよ。野次馬な私たち、代わりばんこに外に見に行ったのですが、私が行った時は既に煙すら出てなくて、多分厨房の辺りからちょろっと出火しちゃったんでしょうね。 でも消防署の人やDic_081帰る頃には電力屋さん(?)まで来ちゃってました。トイレにはロウソクが灯してあったよ。次の料理はちょっと時間かかったけど、鴨肉もステーキもおいしかったーーーDic_082Dic_083
外はちょっと焦げ気味だったけどね(笑)電気が消えたり、ボヤ騒ぎで焼きすぎたっばいねーと話してました。まぁ中はとてもジューシーだったので 全然OKだったけどね。Dic_087
カシスのシャーベットは実がたっぷりで濃厚で、でもブランデーっぽいアルコールが注いであったので、アルコールダメな私らはなるべく溶けないうちにとガツガツとかっ込んで食べてしまいました。 とにかく満足した食事でした。ステーキが2100XPF、鴨が2000XPF、カシスが780XPFでした。お会計の時がちょっとドキドキ。 電気が止まっているので全て手作業。明細も、カードきるのも。一瞬カードが使えないのでは!とびびったけど、昔ながらのガジッてスライスさせてカードの番号を写し取る奴で処理してもらい、無事支払いを済ませることができました。 でもボヤ騒ぎのガスコンに居合わせるにーなんてめったに無いアクシデントよねー 今回の旅ったら~

長くなったので 午後についてはまた今度。

じゃあね

2007/12/13

12/13 ニューカレドニアへの道

まぁ今回の旅行のトラブル続きのことよ! 
ことの始まりは早朝の福岡空港から。
前回のニューカレドニア行きは冒険の島さんが福岡空港から関空までの国内線も含めて航空券の手配をしてくれたんだけど、今回は国内の航空券は自分で手配しなきゃなんなかったの。 それで、JALの便を超早で手配していたので安くはあがったものの時間がちょーっと不便。 行きは朝7時5分、帰りは12時50分の便しかないのよ。関空で随分時間ができたんだわ~
まぁそれはいいとして、朝早いため前日から弟のところにお泊り。そして空港前に車を預け、クレジットカードでチェックイン。 ここまではスムーズだったのよ~
係りのお姉さんに荷物を預けようとしたら、乗り継ぎなら次のチケット見せてもらえばもしかしたらわざわざ受け取ることなく次の飛行機に荷物を渡すことができますよ~って言うの。 じゃあ、と言う事でヌメア行きのチケットを見せようとしたら・・・・無い!無かっです! どこ見ても無かったい!!! もう真っ青ですよ。 弟に電話したけどやっぱり無い、もしかして・・・と家に電話して見てもらうと・・・・机の上に置いてあるてたい。 ひゃ~ ひゃ~ 飛行機の時間までは30分、家に帰るには片道1時間半!
もう、お先真っ暗でした。 JALのカウンターのおねーさんに色々と調べてもらうにもあまりに時間が早すぎて、次の航空会社エアカランに連絡がつかないの。どうしよう!こんなに楽しみにして、色々と計画立てて、休みも取ったのに行けないの?! どうにか方法はないかと聞いてみると、JALだったら二重発行する形になり、正規の料金で航空券を購入しなきゃなんないらしく、チケットがあればその後払戻にはなるらしいけど・・・
今回は3人で旅行するんだったけど、3人分の正規の料金はいくらなんだろう? いくらかかっても行くしかないよなぁ、支払は財形下ろすか?積立金を払い出すか?なんて頭の中はぐるぐる。 チケットを持ってるはずの人を責めることだけはしまいと思い、とにかくどーにかなるかもしれないから、関空までは行こうぜ、ってことになりました。 考えてみればいつもは出かけるときに最低限のもの、今回の旅行で言えばパスポートとチケットとお金とカード、とにかくそれだけあればあとは何とかなるさ、ってのを確認するのに、事前に調べたマレ島の天気が全部「雨」っていうことでテンション下がってうだうだ思ってて、確認しなかったのよ。 それが敗因ね~
まぁとにかく・・と飛行機に乗り込み、7時過ぎに福岡を飛び立ちました。 関空に着いたら荷物を受け取り、旅行会社から指示のあった4階のGカウンターへ。でも実はGカウンターでなく、Cカウンターに変わってました。 係りの人らしき人がいて声をかけたけど、エアカランの人は9時20分頃にならないと来ないとのこと。まだ8時15分頃なのよ。 旅行会社である冒険の島さんにも電話するけど、まだまだ連絡つかなくてね。どうにか方法が無いかと4階の案内カウンターに1人が聞きに行ったの。 そしたらエアカランはキャセイ関西ってとこが担当なので、と電話番号を教えてくれ、そこにかけてみたのでした。 8時半過ぎかな。 そしたら電話繋がったの。 で、名前や旅行会社を告げて調べてもらったら・・・・ やった~!! e-チケットなのでパスポートがあれば大丈夫ですよ、ですって!!もー嬉しさ、嬉しさ。 踊りだしたい気分でした。 チケットが送ってきていたので、e-チケットとか考えてもみなかったし、実際それがなんなのかも未だによくわかってはいないのです(笑) もしかしたら最初からe-チケットってわかっていたら福岡のJALのおねーさんのアドバイスも違っていたかもね。
でもとにかく、とにかくニューカレに無事にいける事が判って、それ以上の幸せは無いって感じ~ よかったーーー 折角のチャージ休暇が大阪スーパーホテルの旅にならなくて(笑)
安心したら3人ともお腹すいて、朝ご飯を食べることに。 うろうろしたけど、カレーの香りが鼻をくすぐり、そういえばいつかも空港でカレーの香りがよくて、その時は食べそこなったよねーという話になりカレーを食べました。CURRY Hot & Hotってお店。
モーニングカレー480円です。 ただ、女二人は1人前食べる自信は無く、お店の人に確認したら二人で1つを頼んでもOKとのこと。2杯注文しました。 カレーに温泉卵みたいなのを乗せてくれるのだけど、女2人はその卵が苦手、「すみません、卵はいいです」って言ったら「ほうれん草かチーズに代えましょうか?」と言ってくれ、わーざわざ厨房にひっこんでほうれん草をトッピングしてくれたのです。 Dic_005
すごーく嬉しかったです。 いいこともちゃーんとあるじゃん!(たんじゅーーーん)
9時20分過ぎにチェックイン。 カウンターにいた係りの人は電話を受けた人だったようで、とにかく無事チェックインできてよかったーー9時45分過ぎには出国検査を受け、免税店へ。私はすこーし頭痛がしたので、薬を飲んでおきました。
暑い国に行くので、防寒着は邪魔になるだけと薄いシャツを重ね着て、足元は白いサンダル。そーとートンチンカンな恥ずい格好でしたが、寒くなかったのはよかったです。暖房がよく効いていたのと、今年は一昨年ほど寒くなかったのがよかったよ。前は雪だったからねー
搭乗口の前で待っている間に200円出してマッサージチェアーに座ってしまいました。いつも電気屋さんではただで座ってるよなー、とかこんなとこでマッサージしてるなんて私くらいだよー、でも知ってる人もいないし、いいかーね頭痛で悩むより・・・なんて色々思いつつ、気持ちよかったです(笑)
11時25分くらいに飛行機の中へ。16ABCの座席。 それがね、すごーーくすいていて途中座席をいくつも使って横になって寝てる人もいたよ。ありゃ楽だろねー 私もやりゃーよかった、と後で思いました。ちなみに16Dは空席でした。
楽しみにしていた飛行機の中の映画、新作映画では「ダイハード4.0」、「幸せのレシピ」「ハリー・ポッター5」「シュレック3」うーん、全部見てるよ。「眉山」とか邦画は見てないものばっかだったけど、見る気がなくて、日本語があって唯一見ていない『ネクスト』ってのを見ました。ニコラス・ケイジ主演なのでそんな変な映画ではないだろう、と思ってね。 ジュリアン・ムーアが出てきたのであっちゃーと思ったけど、まーまーでした。これについては別の日に書き込みます。
そして お楽しみの機内食Dic_017
まずコーラをもらって、昼食のメニューは「パスタサラダ、ハム&ソーセージ、小エビ」「牛肉のマスタードソース、野菜添え」「パン」「チーズ」「パイナップルムース」「紅茶」「水」です。 牛肉、おいしかったよー それに添えてあるパスタはおいおいねだったけどね(笑)あと、パイナップルムースもおいしかったです。 幸せ(笑)パンはおかわりもあったけど 入りませ~ん。 でもさ、なんでパン、あっためないのかなぁ。外国ってあったかいパンって観念はないのだろうか? うーん・・
冷えたパンに生ぬるい水ってのが定番みたい。変なのー
その後は映画に集中。終わってダイハードを途中から見たり、寝たりクッキー食べたりしてました。日本時間で7時ごろ、軽食が出ました。Dic_023
メニューは「ミックスサンドイッチ」「ミックスサラダ」「フレッシュフルーツサラダ」「コーヒー」でした。飲み物としてその前にコーラももらってたです。ミックスサンドイッチがおいしかったですね。ただこれもよく冷えていましたわ(笑)
食べてしまって少しするともうニューカレドニア、ヌメアです。飛行機が降りだしたとたん同行してた一人に激しい頭痛。 もう、血管切れちゃうんではなかろうかと大変心配しました。 ヌメアの病院に直行なんてやだよーーーって。
ただ、なんとか無事に着陸し、飛行機から降りてしばらくしたら治まってきたらしいので一安心です。しかし、今後飛行機に乗るたび、気圧が変わるたびそんななったらどーしよう。どこにも行けなくなっちゃうじゃん! うーん・・・・
ま、それはさておき、着きましたぜ、ヌメアに。外は夜、そしてあったか!というか流石に長袖3枚は暑いです!すぐ両替に。 4万円、両替して手元にきたのは2671XPF(パシフィックフラン)すごーーく損した気分です。手数料に536XPF引かれた後の手取りです。 ニューカレって物価も高いし・・・心細いなぁ。まぁメインはカードで支払う予定ですけどね。
今回はアルファインターナショナル(現地の旅行会社)の窓口に行っても「ストで・・」なんてこともなく、明日はマレ島に行けますよ~
専用のバスでヌメア市内まで50分くらいのドライブ。 あぁ景色が懐かしいよ。
初日のホテルはカサ・デル・ソル。この前と同じところです。 404号室。既にバスの中で鍵までもらっていて、チェックインの紙をフロントに渡したら直接部屋へ。エレベーターから降りると暗いよ。 節約してるなぁ(笑)部屋に入っても最初は電気もつかずすこーし焦ったものの まぁOK。 Dic_036
今回はシャワーも浴びて荷物広げて明日の準備して現地時間で1時過ぎ、寝ました。しかし1つのベッドに3人は狭いよ~ 枕や布団は3人分用意してあったけど、1ベッドだよ。一人はソファーで寝なきゃなんなかったのかな。
そうそう、心配していた天気ですが雨は全く降ってませんでした。 ずっと晴れならいいのに~

じゃあね


2007/12/12

12/12「ガラスの鍵」

ガラスの鍵 (創元推理文庫 130-3)』(ダシール・ハメット著 創元推理文庫)を読み終わりました。51yxqbp53ql多分図書館からもらってきた本です。最近のかと思っていたら1960年に日本で初版が出てます。ひゃぁ!賭博師のネド・ボーモンが主役。探偵ではないけど事件を解決したのはこいつ。 上院議員の息子が殺され、関係者のもとへ変な手紙が舞い込むの。その手紙を出しているのは誰か?殺したのは誰か?ってのが事件なんだろうけど、うーん・・・なんか・・・
ハードボイルドってことだけど なんかちょーっとイメージが違いました。あんまりかっこよさが感じられなかったし、事件を解く!って感じではなかったです。 で、ネドのやりたいことがよくわかんないです。彼はどこまでわかっていてやったのだろう?

今日は事務研で昼は飲茶コース。おいしかったよーーー
みおちゃんからお土産にもらった芋きんとん、おいしかったーーー!

さ、もう少ししたら出かけます。 今夜は福岡の弟の所に泊まり、明日は一番の便で関空へ、そしてニューカレに行きます! しかし、ずーっと雨みたいなの。もーがっくし。テンション下がるです。

と言う訳で月曜まで更新なしです。

じゃあね

2007/12/11

12/11 明日からのこと

今日はなんと20度もあったそうです。でも室内は寒かったよ~ 電気ストーブ大活躍でした。
明日は事務研で熊本へ。普通だったらランチどこで食べよう?と色々と調べて すごく楽しみなんですが明日は会社がご馳走してくれるって。 ラッキーだねぇ。 ホテル日航熊本の中華らしい。
晩はくるくる寿司の予定。 そしてその次からはいよいよニューカレです。
あー、楽しみ。
しかし、この微妙な気温、明日何を着ていけばいいんだーー 冬のコートだとあんまりだよね? 皮のハーフコートも考えるなぁ。 でも帰り、ホームで待つことになったら寒いだろうし、それ以外だとそこまで寒くなさそうだし・・・うーん、困った。 まぁでも仕方ない、ある奴を着ていくしかないよね。いつも同じ服だよ(笑)

じゃあね

2007/12/10

12/10「処女の泉」

この前アカデミー賞の本を読んだ時、気になっていた作品がBS2で放送されたので録画して今日見ました。 『処女の泉』です。21vjq3mcfql中世の北欧伝説を基にした話らしいのですが、16世紀のスウェーデンの片田舎でお金持ちのお嬢さんが遠く離れた教会にロウソクをささげに行く途中森で羊飼いの3兄弟に襲われて、犯された上殺されてしまうの。殺した後は身ぐるみはいて、その着物や靴を持ち去り、その後宿を求めて訪ねた家がその殺した娘の家で、死んだ妹のものと嘘ついて服を売ろうとして親に気付かれ、父親から殺されてしまうって話。最後にね、父親が神様に向かって「娘が殺されるのも、自分が復讐するのも神様はただ見ていただけなのか~何故だ!」みたいに言うシーンがあって、多分その辺とその後それでも父親は神を信じ、娘の亡骸の上に木造ではなく石とモルタルの教会を建てます!って言うあたりがこの映画が訴えたいところだったと思うのだけど、思わず無信仰の私は父親が訴えるところで「そりゃ神様なんておらんけんたい」と言ってしまったのでした。 ダメだよねーそれをいっちゃーこの映画が成りたたんですたい。 
最初、身重の女が火を起こすシーンから始まったので、この女が産んだ娘が大きくなってそして殺されて・・・って話かと思ったら全然違いました。 甘やかされて能天気に育てられた金持ちの娘より、このオーディンを信じる身重の召使いの方が私は好みでした。 まぁでもだからと言って犯されて殺されなくてもよかろーもん、と思ったけどね。 3兄弟の末の弟はかわいそうだったな。 あんな兄を持ってなきゃ、もっとまちもな家に生まれていたなら・・・とつい思ってしまいました。 あと、お父さんが風呂に入るから準備せよ、私は枝を集めてくる、と召使いの女に言った後、木を倒して枝を切り取っているのを見て「おいおい、生木は燃えんどもん」と思ったら、サウナでしたねぇ。そうかー、北欧だもんね。 風呂って言ったらサウナで、枝っていえば燃やすだけでなく体をぴしばし叩く奴に使うんだねー 文化だねぇ と思いました。

さぁ、これで鶏溜めた映画は終わりです。 11時からは予定通りアグリー・ベティを見ようと思っています。
あ、そうそう! 途中から『処女の泉』を見出したので見損なったけど、浦和レッズ、勝ったね!! 1点目を入れるところはしっかり見ていましたが、素晴らしかったです!! よかったー これでACミランとですね。

じゃあね

12/9「野いちご」

夜遅くに録画していた『野いちご』を見ました。名誉博士号を受け取る為式典に向かうイサクはそれまで他人との交流を避け孤独に生きてきた老人。 頑固じじいで、その日も本当は飛行機で行くはずだったのに変な夢(自分が死んで棺おけから出てくる)を見たせいで車で行く!と言い張るの。 奥さん亡き後ずーっと使えてきたお手伝いのおばちゃんは式典に行く旅をすごーく楽しみにしていたのにお構いなし。 一人で車で行くというイサクに同行したのが息子の嫁のマリアン。 でもそのドライブ中に昔のことを思い出し、人生を振り返るの。 イサクがもし弟に恋人を取られずそのまま結婚していたらこんな孤独な老人にならなかったのかなぁ? でも野いちご摘んでいた彼女の話だともともとが変わった人間だったみたいだもんなぁ。 今更だけど人生を振り返って、もっと人とつながりを持とう、人の話を聞いてそして手を差し伸べようっていう気になって終わった・・・と信じたいねぇ。 きっと朝目がさめたら物分りのいいじいちゃんになってると思うよ。 まぁそんな簡単に70年以上続いた人格は変わんないだろうけどね。
ひとつ驚いたのはドライブの途中イタリアに行くと言う若者たちの格好。 女の子はいいとして、男二人は上半身はジャケットとか着てるのに、下は半ズボンなの。 私最初に気付いたのが二人がケンカするシーンだったので、わざわざズボン脱いでトランクス姿になったのかと思っていたらそうではなくてぴちぴちで短い半ズボンが旅姿だったみたい。 びっくりしたなぁもう(笑) 『夏の夜は三たび微笑む』よりも好みでした。

じゃあね

2007/12/09

12/9「魔物の闇」

オオトリ国記伝〈1〉魔物の闇 (オオトリ国記伝 1)』(リアン・ハーン著 主婦の友社)510f5sv9kvl
を読み終わりました。うーんと、舞台は架空とは言え間違いなくモデルは日本。そして時代は戦国時代。 作者は外国人。イギリスからオーストラリアへ移り住んだ人らしい。別名で多くの児童書を出しているって、誰なの? うーん・・・
主人公は隠者の村で育ったトマス。 村がイイダに滅ぼされた後、シゲルに助けられ、養子となりオオトリ・タケオと名乗るようになるの。しかし、うーん、どうしても出てくる名前に違和感が・・・ 舞台は戦国時代っぽいのにジュンコとか片仮名のイチロウとかマコトとか めっちゃ違和感ありました。 外国の名前を日本人が使おうとしたらやっぱり外人からしたら違和感ありありなのかなぁ・・・・
3部作らしいけど、2部以降は部族のタケオと薄幸の美少女カエデ姫がこのまま主役を張っていくんだろうな。
クマモトっていう地名も出てきたよ。アライの地元としてね。
隠者が信じているのはどうもキリスト様みたい。でも直接キリストの言葉は出てこないの。だからもっと日本の固有の神であってほしいな。部族ってのは忍者っぽい集団。外人が見ればこんな感じに見えるの? まぁ忍者の能力だけでなくすごくいい聴力を持っていたり、姿を消すことが出来たり残像を残すという特殊能力を生まれながらに持ってるって設定だけどね。bk1の内容説明は「【ピーターパン賞】時は封建時代、舞台は日本によく似た架空の国。ひとりの少年が、重い宿命を背負ってこの世に生を受けた?。イギリス・フランス・ドイツで空前のヒット! 世界20カ国以上で翻訳刊行された、話題のサムライ・ファンタジー。」となっていました。

今日はとうとう一歩も家から出ませんでした。 昨日の夜から頭痛がして、朝からも頭痛に背中から首にかけて痛くてねぇ。 マッサージに午後から行こうかなぁと思っていたけどなんとジャミンは日・祝日休みだったので諦めて寝てました。 今はまーまーです。風呂に入って早めに寝ようと思っています。

じゃあね

2007/12/08

12/8 平家の郷

今日は買い物に出かけた。帰りにちょっとした祝い事で食事に3人で出かけた。一人はファミリーバイキングっぽい店がいいと言い、一人はTIGER MANがいいと言った。 私もTIGER MANがいいなぁと思ったけど遠いからなぁ・・なんて思ってそれでもそっちへ向かっていた。 熊本動植物園のちょっと手前で平家の郷のことを思い出した。 ハンバーグのおいしい店として以前テレビで見たことがあったし、TIGER MANがいいと言っていた奴が行きたいと言っていた店だった。NAVIで検索してなんとか引き返すことなくその店に着いた。 おぉ こんなに近代的な店なんだ~とまずびっくり。 以前宮崎出身の人に平家の郷は宮崎ではファミレスっぽい店って聞いていたことあったので想像と違っていた。 名前からして日本家屋っぽいのを想像していたけど、マンションの1階だった。
で、もちろんハンバーグを頼んだ。 熱くした鉄板にまん丸のハンバーグと水でさらして癖が無く食べやすくなったたまねぎの薄切りがたっぷりと、ブロッコリーとニンジンが運ばれてきた。 炭火で焼いて美味しさを閉じ込めたというそのハンバーグ、係りのお姉さんがやってきて半分に切った後 なんと形が崩れまくるのは全く気にせずにぎゅーぎゅー鉄板に押し付けて火を通していた。 牛肉100%なので生でもいいですよーと言われたので生ってのは気にならなかったけど、食べてみてなんだかぼそぼそした感じが否めなかった。 うーん、あのハンバーグ、せめて半分に切った後は食べる人に任せてほしかったー。 火が通りすぎてるとこや生のとこが混ざってたんだよね。で、肉の味もあんまり感じられなかった。 一人は美味しいって言ってたけど、二人は同意見。 ただ、デザートとして頼んだシャーベットは美味しかった! マンゴーと白桃とココナッツ。 ココナッツは500円もしたのだけど一番滑らかで一番美味しかった!3人で6155円でした。
帰りにハニークイーンでケーキを買って帰り、コーヒー入れてケーキを食べました。
あぁこれで太らなきゃうそですよね。 全く困ったもんだ。

じゃあね

2007/12/07

12/7 また予約失敗

この前思ったのよ、「THE OC」ちゃんと予約が利いているか確認しておかなきゃって。それも何度も何度も思ったのに結局し忘れて、結局録画されていなかったの。 なんでなんだろう? それで新たに録画予約しようとすると「予約が重なっています」ってエラーなのよね。 うーん・・・何か原因はあるんだろうけど・・・
と言うわけでツタヤに走ってDVD借りてきました。 今、2話分(来週分も)見終わったところです。 もーライアン、マリッサなんて逆にふっちゃえばいいのにー あの女いけすかーーーん!(笑)
しかしツタヤはやっぱり高い。旧作1本320円っていつも使ってるレンタル屋半額の日を思うと・・・ねぇ。

そうそう、旅行のチケットが送られてきました。来週の今頃はマレ島のはず! 今度こそストなんてしてないでよね! 今は寒い日々だけど、来週は真夏だぞ~ 楽しみです、ホント。

じゃあね

2007/12/06

12/6「夏の夜は三たび微笑む」

先日読んだアカデミー賞の本に載っていてなんか見てみたい!と思っていた作品がBS2で放送されるのを知った。それで録画してみてみようと思っていたけど、実は今年の夏に亡くなったスウェーデンの映画の巨匠イングマール・ベルマイン監督の追悼特集ってやつだった。 それで折角なのでいくつか見てみようと思い録画したのがこの夏の夜は三たび微笑むです。51zcxzx3yhl1955年の作品なので白黒です。 コメディらしいのですが、笑うシーンが私には無かったです。BGMを聞くと喜劇なのよねー でもそのシーンのどこで笑っていいのかわかんなくて・・・・ 弁護士のフレデリックというおっちゃん(最初の妻は亡くなっている)と幼な妻のアン。そして女優で元カノのデジレ。デジレのパトロンの伯爵そしてその妻。フレデリックには見た目いい年の息子もいるの。それらの人の恋愛模様なんだけどーー
見終わって思ったのは アンって奴はめっちゃひどい奴!ってこと。 多分少数意見だと思いますが。 16で結婚して既に19歳になろうかというのに いつまでも幼稚で、まだご主人と寝てもいないの。 フレデリックも妻が死んだ後デジレと付き合っていたってのはあるけど、アンを愛しているのにさー あと伯爵はまたまたこれが嫌な奴。あ、そうそうフレデリックの息子もまたこれが軟弱な男でゲーッと思いました。
昨日から見出して途中意識飛び飛びで3.4回に分けてみました。 

そうそう、何でだろう!いきなりアカギレが!
昨日右の中指の爪の下のほうがパッカ開いていて、朝、左の中指の爪の先のところが開いて、昼ごはん食べながら本読んでいたら本に血がついていて(ごめんなさい!)ん?と思ったら右の親指の腹が割れてました。
痛いよーーー めっちゃ痛いです。なんでまた急に? チョコレートの食べすぎ?(笑)違うよねー

じゃあね

2007/12/05

12/5「クリスマスローズの殺人」

クリスマスローズの殺人』(柴田よしき著 原書房)を読みました。51q0kvcczzl
図書館でクリスマスの作品を集めたコーナーに置いてあってやっぱり表紙に惹かれて(笑)借りてきた本です。この人の本は初めて読みます。 読み出して解ったけど、ちーーっと変わった本でした。 ヴァンパイアが存在していて、政府にもその存在は公にされているって設定だったの。私立探偵のメグが主人公。もちろん彼女はヴァンパイア。
年末にかけて予定外の出費ににっちもさっちも行かなくなってもーちょっと大きい探偵社をやってる咲和子のところにお金を借りに行くの。この人もヴァンパイア。 で、浮気の素行調査頼まれて太郎というこれもまたヴァンパイアでミステリー作家と一緒に見張りするんだけど、そこで殺人事件に巻き込まれていくって話。
警察にいる糸井ってのもヴァンパイア。どーも前作があって この糸井とかと関係あるみたいだけどわかんない。調子よく一日で読み終えました。まぁこの殺人事件を推理して解けと言われても無理だろうけど、私は犯人探しをしながら読むことはもーずーーーっと前に放棄しているので、ただの物語として楽しめました。チャンスがあれば他の本もよんでみたいです。
bk1では「さびしい年末の懐をあっためようと引き受けた、なんの変哲もない浮気調査のはずが交換殺人? 死体消失? ミッシングリンク? 軽ハードボイルド+コージー+本格推理。ヴァンパイア探偵シリーズ。」となっていました。 ほー、ヴァンパイア探偵シリーズなのかい!

今日は仕事を早めに終えて、美容室に行ってきました。 パーマをかけました。結構短くしました。でもいつものことながら「こんな髪型にしたい!」というポリシーが無いのでなされるがまま(笑) 今日は最後のブローの時になって「あ! 前髪がうざったく垂れてこないよう、逆向きにパーマかけてって言おうと思ってたんだった!」と思い出しました。 もちろん後の祭りです(笑) 今はなかなかナイスな髪型ですが、明日の朝になればもー手に負えない単にボサボサの頭になってることでしょう(笑) いつものことさ。 まぁ大分すいて髪の毛の量を減らしたので、髪が乾きやすくはなったと思います。

じゃあね

2007/12/04

12/4「バックパッカー・パラダイス」

昨日の晩から今日にかけて読んだのがこのバックパッカー・パラダイス〈2〉楽園の暇』(さいとう夫婦著 旅行人)です。バックパッカー・パラダイスの続きです。51a6155dx6l
 今回は前回のこぼれ話や、子供が出来てからの話や、マンガではなく文章ってのもあって早く読めました。
さいとう夫さんが最初に外国に行ったのがインドで、ヒマラヤに上った時にアサハラ夫婦ってのに出会い、悟りをひらくのどーのこーのって話が出てきたの。 絶対それってあのオウム真理教のアサハラだよーーー びっくりしました。 この本の発行が古いので、オウムにもサリン事件にも触れてなかったけどね。
あと、グァテマラのユキさんという禅レストランをやってた人の追悼のマンガが結構沢山載ってました。
bk1の内容説明は「涙と感動の世界一周漫画に続くさいとう夫婦の第2弾。ヒマラヤ、グァテマラ、メキシコ、シンガポール…犬のファーファに好かれた話、金環食に感動した話、怖い話、幽体離脱の話など胸躍る旅の話あれこれ。」となっていました。

しかし寒い! 寒くなったです。12月になったからといって律儀に寒くならなくてもいいのに・・・

今日はマンガ本が4冊来たので頑張って読まなくっちゃ(笑)

じゃあね

2007/12/03

12/3「龍のすむ家Ⅲ 炎の星」

前回の「冬の龍」はその前の本と和物つながりで今回の龍のすむ家(3) 炎の星』(クリス・ダレーシー著 竹書房)とは龍つながり(笑)
516aizgzqhl
今日読み終わったのですが、いいじゃん! とにかく1巻の印象が悪すぎて、今回も最初は読むのどうしよう・・と思ったけど、手にとってよかったよー。せめて2巻の感想を読み返した後読めばよかったーと今になって思います。シロクマの伝説や、ガウェインの伝説をほっとんど忘れてたもので・・・ もったいなーーい>私  なんとなく途中まで斜め読みっぽく読んじゃった。
ただ、この巻で終わりだと勝手に思い込み読み終わったのに、あとがきを読んだらまだ続きがあるみたい。 こりゃあ楽しみ。
最初は公園のリスの話メインだったこの物語、前の本そしてこの本はすごく舞台が広がり、北極どころか宇宙にまで広がっていきそう! なんてったって今回は宇宙生命体まで出てきたもの! ルーシーの父親がの秘密がわかり、他にも色々な謎が解かれていきました。ただ私の悲しい記憶力ではその「謎」がなんだったかをほとんど覚えていなかった(爆) 隣のベーコンさんは嫌な奴ってのは覚えていたけど、今回はいやーーーな奴ではなくまーまーいい人っぽかった。 記憶力がダメダメなのは読んでいる最中でもすごく発揮されていて(笑)龍の名前が全てGで始まるので、グレーテルとガズークスそしてガレス以外はいちいち裏表紙見ないとなんの龍なのかわかんなかったよ。ちったー覚えなさいよ、って自分に突っ込みいれてました。
次に4巻を読むときにはまた細かいところをさっぱり忘れてしまっているんだろうなぁ・・・・ 今回は1巻に出てきた(覚えていないけど)りす結構活躍したのよ。せめて2巻から読み返してから4巻を読むべきかな? うーん・・・
bk1の内容説明では「デービットはガウェインが石となって眠る北極で、新たな物語をかきはじめる。一方、魔女グウィラナは復活の星が地球に近づく時を待っていた。ルーシー出生の秘密、氷のクマたちの歴史…すべての謎がとけはじめる! 」となっていました。

今朝ね、起きてすぐ天気予報見てたら熊本は雨のち晴れだったの。 まあ雨とはいえ晴れるならいいかーと思って洗濯物をかごに詰めベランダのカーテン開けたら! どっぴゃーベランダは水浸し!! 生ごみ処理の植木鉢もきっとびしょびしょよー(行って確かめる気にもならなかったので事実は知らぬまま) どうも夜中は嵐だったみたい。 サッシを閉めて寝ていると防音効果抜群で、カーテン閉めていると遮光効果も抜群なので雨も風も雷も気付きませんでした。 へなへなと気が萎えて洗濯は中止(笑) 明日の朝がんばりましょー
今日は寒くなったの。ということは昨晩は寒冷前線が通過したんだろうね、きっと。 ついこの前まで結構ぽかぽかで ニューカレ行く時の国内での服装、心配するほど寒くないかもーなんて思っていたけど、来週はもっと冷えるらしいので苦しいぞぉ。 寒いだろうなー でも防寒服はかさばって荷物になるから着て行きたくないのよねー
まあ、なんとかなるべ。

じゃあね


2007/12/02

12/2「M:i:Ⅲ」

昨日映画の帰り、ツタヤでDVD3枚で3000円だったためついつい買ってしまいました。その中の1つ『M:i:III31jlbjnawl
を今日見ました。 このシリーズ、2はイマイチ私の好みではないのですが、3は面白かったよね。アクションもCGとか使ってあるにしてもギクシャクはしていないのでスリルがあって見甲斐があります。 スパイが結婚して自分の仕事を偽るってのはよくあるのでしょうが、現実に例えばCIAに勤めている人とか家族は知っているのかな? スパイ業でなく例えば事務員とか、この写真に出ている本部(?)からは出らずに324026view007仕事している人も家族には交通局に勤めているとか、水道局に勤めているとか、アニメーションのセル画を売ってるギャラリーに勤めているとか言ってるのかなぁ?と物語には地直接関係の無いことを考えてしまいました。 そう、この映画を見るのは2回目なんですが見事にストーリーを忘れていたため(部分部分は覚えていたのよ、スーパーカーが吹っ飛ぶとか、敵役の人の顔マスクを作るとか)裏切り者が誰だったのか最後近くまですっかりだまされてました。本当に幸せな人間です。 2度目でも新鮮に映画を楽しめるって意味で(笑)
また 忘れた頃に見直せば その時もしっかり楽しめることでしょう(笑)

今日は朝7時に起きてテレビ見たあとそのまま10時近くまで寝てました。休みってそれが出来るから幸せよね。でもそれから洗濯をしたらトレーナーが1つ乾かなかったよ。 残念。

そういえば今スケートはNHK杯やってるんだね。 もー最近は見逃してばかり。 グランプリシリーズになってからはNHK杯も重みがなくなっちゃったもんなー 

じゃあね

2007/12/01

12/1「ベオウルフ」

今日は映画の日。1000円で見られる日なので、張り切っていってきました。
見たのは『ベオウルフ-呪われし勇者-』です。 アンジェリーナ・ジョリーがすごく妖艶な役をやってました。 でも帰って散らし見るまでアンソニー・ホプキンスが328545view003出ていることも、ジョン・マルコビッチが出ていることも気付かない大バカな私です。
CGが駆使されていましたが、怪物の母親であるアンジェリーナ・ジョリーの部分以外はうーん・・・ 特にグレンデルと戦うところとかはうーん・・・・でした。 イギリスの最古の英雄叙事詩の映画化らしいですが、呪いの連鎖が続いていくってのがなんとも。 しかし、最初の怪物は相手が年寄りだったからあんな結果になって、次は壮健な奴が相手だったから立派に竜までなれて、なのに次はまた年寄りを狙うなんて、狡猾に見えてあの魔物は本能だけで動いてんの? なんて思っちゃいました。あと、王女が、かわいそう。もったいない一生を過ごしてたんだなぁなんて思っちゃったです。
あとね、「豚の丸焼き食べた~い!!」(笑)でした。
でも 期待していたほどではなかったです。残念。

ユニクロで部屋着用としてフリースを買いました。1290円もしたので、5年くらいは着続けようと思います(笑)

そうそう、午前中こりもせずまた原チャリで図書館に行きました。今日は30キロちょい出すことが出来ました。道路に「減速」とか「徐行」と書いてあるのを見て「言われんちゃ減速せんば行ききらんたーい」と一人思いながらとろとろと進みました。全くもって車にとってはめっちゃ邪魔な存在でしょう。 まぁであった車が10台以下だったし、対向車が来ているときに同方向に進む車がいる、という状態には1度も遭遇しなかったので良しとしましょう。 のどかよのぅ。

じゃあね

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »