« 12/8 平家の郷 | トップページ | 12/9「野いちご」 »

2007/12/09

12/9「魔物の闇」

オオトリ国記伝〈1〉魔物の闇 (オオトリ国記伝 1)』(リアン・ハーン著 主婦の友社)510f5sv9kvl
を読み終わりました。うーんと、舞台は架空とは言え間違いなくモデルは日本。そして時代は戦国時代。 作者は外国人。イギリスからオーストラリアへ移り住んだ人らしい。別名で多くの児童書を出しているって、誰なの? うーん・・・
主人公は隠者の村で育ったトマス。 村がイイダに滅ぼされた後、シゲルに助けられ、養子となりオオトリ・タケオと名乗るようになるの。しかし、うーん、どうしても出てくる名前に違和感が・・・ 舞台は戦国時代っぽいのにジュンコとか片仮名のイチロウとかマコトとか めっちゃ違和感ありました。 外国の名前を日本人が使おうとしたらやっぱり外人からしたら違和感ありありなのかなぁ・・・・
3部作らしいけど、2部以降は部族のタケオと薄幸の美少女カエデ姫がこのまま主役を張っていくんだろうな。
クマモトっていう地名も出てきたよ。アライの地元としてね。
隠者が信じているのはどうもキリスト様みたい。でも直接キリストの言葉は出てこないの。だからもっと日本の固有の神であってほしいな。部族ってのは忍者っぽい集団。外人が見ればこんな感じに見えるの? まぁ忍者の能力だけでなくすごくいい聴力を持っていたり、姿を消すことが出来たり残像を残すという特殊能力を生まれながらに持ってるって設定だけどね。bk1の内容説明は「【ピーターパン賞】時は封建時代、舞台は日本によく似た架空の国。ひとりの少年が、重い宿命を背負ってこの世に生を受けた?。イギリス・フランス・ドイツで空前のヒット! 世界20カ国以上で翻訳刊行された、話題のサムライ・ファンタジー。」となっていました。

今日はとうとう一歩も家から出ませんでした。 昨日の夜から頭痛がして、朝からも頭痛に背中から首にかけて痛くてねぇ。 マッサージに午後から行こうかなぁと思っていたけどなんとジャミンは日・祝日休みだったので諦めて寝てました。 今はまーまーです。風呂に入って早めに寝ようと思っています。

じゃあね

« 12/8 平家の郷 | トップページ | 12/9「野いちご」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/17321485

この記事へのトラックバック一覧です: 12/9「魔物の闇」:

« 12/8 平家の郷 | トップページ | 12/9「野いちご」 »

無料ブログはココログ