« 12/2「M:i:Ⅲ」 | トップページ | 12/4「バックパッカー・パラダイス」 »

2007/12/03

12/3「龍のすむ家Ⅲ 炎の星」

前回の「冬の龍」はその前の本と和物つながりで今回の龍のすむ家(3) 炎の星』(クリス・ダレーシー著 竹書房)とは龍つながり(笑)
516aizgzqhl
今日読み終わったのですが、いいじゃん! とにかく1巻の印象が悪すぎて、今回も最初は読むのどうしよう・・と思ったけど、手にとってよかったよー。せめて2巻の感想を読み返した後読めばよかったーと今になって思います。シロクマの伝説や、ガウェインの伝説をほっとんど忘れてたもので・・・ もったいなーーい>私  なんとなく途中まで斜め読みっぽく読んじゃった。
ただ、この巻で終わりだと勝手に思い込み読み終わったのに、あとがきを読んだらまだ続きがあるみたい。 こりゃあ楽しみ。
最初は公園のリスの話メインだったこの物語、前の本そしてこの本はすごく舞台が広がり、北極どころか宇宙にまで広がっていきそう! なんてったって今回は宇宙生命体まで出てきたもの! ルーシーの父親がの秘密がわかり、他にも色々な謎が解かれていきました。ただ私の悲しい記憶力ではその「謎」がなんだったかをほとんど覚えていなかった(爆) 隣のベーコンさんは嫌な奴ってのは覚えていたけど、今回はいやーーーな奴ではなくまーまーいい人っぽかった。 記憶力がダメダメなのは読んでいる最中でもすごく発揮されていて(笑)龍の名前が全てGで始まるので、グレーテルとガズークスそしてガレス以外はいちいち裏表紙見ないとなんの龍なのかわかんなかったよ。ちったー覚えなさいよ、って自分に突っ込みいれてました。
次に4巻を読むときにはまた細かいところをさっぱり忘れてしまっているんだろうなぁ・・・・ 今回は1巻に出てきた(覚えていないけど)りす結構活躍したのよ。せめて2巻から読み返してから4巻を読むべきかな? うーん・・・
bk1の内容説明では「デービットはガウェインが石となって眠る北極で、新たな物語をかきはじめる。一方、魔女グウィラナは復活の星が地球に近づく時を待っていた。ルーシー出生の秘密、氷のクマたちの歴史…すべての謎がとけはじめる! 」となっていました。

今朝ね、起きてすぐ天気予報見てたら熊本は雨のち晴れだったの。 まあ雨とはいえ晴れるならいいかーと思って洗濯物をかごに詰めベランダのカーテン開けたら! どっぴゃーベランダは水浸し!! 生ごみ処理の植木鉢もきっとびしょびしょよー(行って確かめる気にもならなかったので事実は知らぬまま) どうも夜中は嵐だったみたい。 サッシを閉めて寝ていると防音効果抜群で、カーテン閉めていると遮光効果も抜群なので雨も風も雷も気付きませんでした。 へなへなと気が萎えて洗濯は中止(笑) 明日の朝がんばりましょー
今日は寒くなったの。ということは昨晩は寒冷前線が通過したんだろうね、きっと。 ついこの前まで結構ぽかぽかで ニューカレ行く時の国内での服装、心配するほど寒くないかもーなんて思っていたけど、来週はもっと冷えるらしいので苦しいぞぉ。 寒いだろうなー でも防寒服はかさばって荷物になるから着て行きたくないのよねー
まあ、なんとかなるべ。

じゃあね


« 12/2「M:i:Ⅲ」 | トップページ | 12/4「バックパッカー・パラダイス」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/17264515

この記事へのトラックバック一覧です: 12/3「龍のすむ家Ⅲ 炎の星」:

« 12/2「M:i:Ⅲ」 | トップページ | 12/4「バックパッカー・パラダイス」 »

無料ブログはココログ