« 9/4 枯れてきた? | トップページ | 9/6「小説以外」 »

2007/09/05

9/5「ダブル・フェイス」

今日届いたのが『ダブル・フェイス』13巻(細野不二彦)。それで昼休みはまずそれから読みました。ごみ屋敷にプロ野球の奥様方にひったくりに生保の情報流出。なかなか読み応えがありました。特に最後のなんかはね。 今読んでいる本の方は恩田さんのなんですが、恩田陸さんも会社勤めしていたのは生保だったとこの本で知って(だから『ドミノ』は生保のことが色々と出てきてたのかー)興味深かったです。

帰ってきてぼーっとしながら録画していた『コマネチ数学科』を見ていたらとても眠くなって・・・・ 寝たかったのについパソコンしている私でした。 寝ちゃえばいいのにねぇ(笑)

じゃあね

« 9/4 枯れてきた? | トップページ | 9/6「小説以外」 »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/16351798

この記事へのトラックバック一覧です: 9/5「ダブル・フェイス」:

» ダブル・フェイス 13巻 [マンガの本質]
ダブル・フェイス 13 二軍の女帝 ビッグコミックス 細野 不二彦  税込価格 : 530 (本体 : 505)  出版 : 小学館 街金『月影ファイナンス』に勤務する平凡な社員「春居筆美」。 その正体は、影のオーナーであり、謎の組織「黒淵機関」と接点を持つスーパーマジシャン「Dr.WHOO」。 マジシャンとして、悪を成敗していく。 勧善懲悪ものです。 ただし、基盤になるのが街金なので全てが正義というわけじゃない。 画に個性のある作者なので好き嫌いがわかれるところ。 私は、そこそ... [続きを読む]

« 9/4 枯れてきた? | トップページ | 9/6「小説以外」 »

無料ブログはココログ