無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/31

7/31「すっぴん魂 カッパ巻」

図書館で借りた『すっぴん魂 カッパ巻』(室井滋著 文藝春秋)を読みました。
この手の本はサクサク読めてとてもいいですよねー
また中身もとっても面白い。 bk1の内容紹介では「夜中に水着で歩くオカマ君、町で出会った奇天烈な三婆などコワイ話もホロリとする話もムロイ・ワールドはいつでも面白い。ピリッとサビきき、歯ざわりシャッキリ、いつも元気なカッパ巻。室井エッセイ「すっぴん魂」第2弾。」となっています。 ほー これは2巻にあたる本だったのだね。
まぁ何巻から読んでも楽しめる本だと思います。あと2冊、借りてきているのだるへへへー

朝から首がいつも以上に変でした。寝方がおかしかったかな?
実は今、わが市に全日本の男子柔道の方々が合宿してらっしゃるのですがー、 きっとその中にはとっても腕のいいトレーナー、もしくは柔道整骨師がいらっしゃるんだろうなーと思うと 「うー、私の体も見て、ほぐしてくれーーー 体の歪みを治してくれーーーーー 」とマジ思っちゃいます。

さて、 そんな言いつつもビデオ見るのやめられない。 今からミス・マープル見るのだ!

じゃあね

2007/07/30

7/30「ミス・マープル 7」

『ミス・マープル 完全版 VOL.7 ポケットにライ麦を』を見ました。
久しぶりのヒクソンさんが主役のミス・マープルです。 先日見たNHKで放送されたミス・マープルのマーブルさんがいかにもおしゃべり好きって感じでイメージはあるのだけど、このヒクソン版マーブルも上品で嫌いではないです。
みんなに嫌われていた社長が毒殺され、ポケットにライ麦が入っていたの。 その屋敷にメイドとして勤めていたグレイスをミス・マープルが知っていたことからマーブルの出番になったけど、最初はやっぱり警部が相手にしなかったので、3つ目の殺人までおこっちゃっのよね~
今回もイギリスの雰囲気がたっぷりで なかなか楽しめました。

じゃあね

2007/07/29

7/29 九州国立博物館

朝はやーーーくから福岡に出かけました。
2組に分かれてマリンワールドと九州国立博物館に行ったのです。 マリンワールド組は海ノ中道公園でコンサートがあるため、車がすごーく多くて、(8時半頃だったけど)香椎からJRで行ってもらいました。 そして3時半ごろマリゾンで待ち合わせ。帰りは船で帰ってもらったの。
私らのほうはその間、大宰府にある九州国立博物館へ。Jun_044
 17年に出来てから1度は行ってみたかったのさ。
420円という入館料がいいよねー じーーーっくり見ました。9時40分くらいから、11時半まで。で、レストランでランチ。 ホテルにユー・オータニ直営店というので期待していたけど、まぁぼちぼち。 ウエイトレスの対応とかはとてもよかったけどね。 1680円だったけど、うーん・・・ パン、スープ、サラダにメインがハンバーグ、そしてデザートにストロベリーアイスにコーヒーでした。Jun_047そして、裏にあった池みたいなところでハスの花やトンボを見ました。Jun_061これって変わってるよねー
それから、全然知らなかったんだけど、あの学問の神様で有名な太宰府天満宮までトンネルがあって、歩いていけたので行ってみました。 大宰府は多分2度目。最初は記憶無し、2度目は中学の修学旅行。 なんとなーく歩いてみて、とーくから(笑)お祈りして、Jun_071
焼きたての梅が枝餅を食べました。いつもラップに包まれてぺっちゃんこの餅しか食べたことなかったのですごく感動! それから あまりにも暑かったので また博物館に戻り、残りを見ました。 縄文・弥生時代の出土品を始め、陶器とか、書物とか いやーなかなか見ごたえありました。 でももう行くことはないでしょう。というかきっと無いと思ったのでじーーーーっくり見たのでした。

合流した後は、海水魚の店によって、高速に乗って帰ってきました。 菊水ICで降りて、家族風呂椛によって、Jun_087
三四郎という店でご飯食べて帰ってきました。味はうーん・・・いまいち。天丼セット750円を食べたのだけどね。Jun_088

9時半ごろ帰り着きました。 疲れたけどまぁ満足のいく1日でした。

じゃあね

2007/07/28

7/28「見えざるピラミッド 下」

読み終わりました! 『見えざるピラミッド 赤き紋章の伝説 下』(ラルフ・イーザウ著 あすなろ書房)です。bk1の内容説明は「波動のたびに交錯する3つの世界で、「赤き紋章の戦士たち」は、無事その任務を果たすことができるのか? 3という数字にかくされた壮大な謎がついに明かされる! 究極の多重ワールドファンタジー。」となっています。
なんと、゜暁の円卓」のディビットがマジで登場しました。ちょっとだけど、重要な助言を与える役でね。
最初はフランシスコの話なんだけど、日本がちらっと舞台として出てきたの。
この作者はなかなか日本が好きなんだなぁと思ってしまいました。

実は頭がとっても重くて、何も考えられないよー 目も疲れた。でも実はダイヤモンドシティでマッサージ機に座った後からかも。 もみ返し? 座っている時はめっちゃ気持ちよかったのになー 首の周りが腫れぼったい感じで、そこからどんどん頭痛に発展してしまったです。
あねツタヤにLOSTを返しに行ったら、海外ドラマまだ半額で借りられたので、ついつい「ミス・-プル」を3枚借りてしまいました。 家に帰って確認したら、その中の1つは見たことあった話なのでした。 ただ、主役が違うし、演出とかも違うだろうから、ま いいか。160円だし。

明日は福岡に行くことになりました。 頭痛は多分治っているはず。
じゃあね

2007/07/27

7/27「LOST シーズン2」

とうとう見てしまいました。 『LOST シーズン2』
いやー、1よりもいい終わり方。 飛行機が墜落した謎も解けたしね。 しかし また色々と亡くなりましたねぇ。
しかし謎はまだまだ。 フラッシュバックで過去を見るシーン、色々と伏線になっているけど、シーズン1のシーンを見直してもやっぱ後ろにいたりしてるのか? とか色々と思っていたのですが、ボーナスでvol.12に付いていたディスクによるとまた新たに撮り直したようですね。 ふーん
さて シーズン3がDVDになって1週間落ちするのはいつのことか。 そうそう、本国では2010年に最終回をむかえるらしいよ。 私が見るのはその何年後になるんだろう?

夜、また玉名の竹乃香に行きました。 1500円の風呂。 めっちゃゆっくり出来て気持ちよかったです。 クーラーがタダで使えるのはいいねぇ。夏はやっぱりあるといいです、風呂上りのクーラー

じゃあね

2007/07/26

7/26「帰り行く処」

今週のスタートレック・ヴォイジャー第169話『帰り行く処でした。
いよいよ最終回が近づいてきているなぁ・・・と寂しくなります。
ニーリックスがいなくなっちゃったー でもお別れのシーンでは 汗と涙とでぐちゃぐちゃになってました、私。 トゥボック、いい! やっぱトゥボックは好きだなぁと思いました。
ナオミも大きくなったなぁ。 でもニーリックスにトレスの子供の世話をしてもらいたかったなぁ、とも思いました。

その後はLOST2。 今日は10巻のはずなのに、あまりの終わり方についつい11巻まで手を伸ばし、今3時間分ぶっ続けで見てしまったです。 そして尚且つあと1話も続けて見たい気分! ただ 既に目がしばしばして 首、腕がものすごーく疲れているので、せめて風呂に入るべきだなぁと思っています。

今日は仕事、ひっさしぶりに忙しくて、充実した1日でした。 帰りに弁当を2個もらったので、晩御飯はそれでおしまい。 おかげでスタートレックにLOSTと見ることが出来ましたよ(笑)

みおちゃんにフランス土産をもらってしまいました。 今日のタイトルは「フランススウドク」にしようかなねと思っていたくらい。 フランス語は出来なくても数独はできる(笑) もう1冊のパズルもフランス語知らなくても出来そうで楽しみです。 ありがとーーー
Jun_040

じゃあね


2007/07/25

7/25「見えざるピラミッド 上」

『見えざるピラミッド 赤い紋章の伝説 上』(ラルフ・イーザウ著 あすなろ書房)を読みました。ちなみにイラストは佐竹美穂さんです。
「暁の円卓」の作者の本だなぁ、と強く感じられる本でした。ちらっとデービッドも出てきたのよ、タイム誌の記者だった頃の事でね。
3つの世界に生まれた「均衡の守り手」の少年たちの話。
現代の地球(フランシスコ)、古代エジプト文化を祖とする近未来世界アンクス(トプラ)そして戦乱の中世ヨーロッパ的世界のトリムンドス(トレヴィル)が舞台そして、主人公。アンクスは古代と衛星とかが一緒に存在するとっても奇妙な世界だと思う。3つの世界が干渉しあってて、波動が重なりそれらが強くなる時期があり、その時は世界が重なるというか、少年たちが1つに重なる感じなの。青いオーラをまとってね。
敵対する勢力みたいなのも現在の地球では少しまだ弱いけど、トレヴィルやトプラの世界ではしっかりと出てきていて、なかなか緊張感もあり、続きが楽しみです。
bk1の内容紹介は「同じ日に、別々の世界に生まれ落ちた3人の少年たち。彼らの肩には、同じ形をした不思議な赤い紋章が刻まれていた。選ばれし戦士たちの壮絶な戦いの幕開け! 究極の多重ワールドファンタジー。」というもの。下巻も手元にあるので、早速読みます。

テレビではサッカーをやってます。 日本は1点負けてるの。 ぐーー 頑張らんかい!
LOSTは9巻を見終わりました。 順調に計画通り消化中です。 

今日も全くもって暑い一日でした。 夏だねぇ。

じゃあね

2007/07/24

7/24 キエフ・バレエ

梅雨が明けたとたん、本当に真夏になりました。
ココログがメンテナンスだったんだねー 知らなかったよ。

オフィス・ムジカからダイレクトメールがきておりまして、12月にキエフ・バレエが「くるみ割り人形」の公演をするらしいです。 熊本市民会館で、おぉ日曜日じゃん! あ、連休なんだ! ということで後ろから2番目という安い席ですがほぼ中央の席が空いていたので予約してしまいました。 6000円なり。
あ、でも今チラシをよく見ると 全幕ってなってる。 やったー んでもって「クリスマス・ファンタジー」って書いてある。そっかー12/23っていえば世間様はクリスマスしてるんだー
こりゃ~いい買い物(?)ばしたばい。 今から楽しみです。 

じゃあね

2007/07/23

7/23「スラムダンク」

この前急に「スラムダンクが読みたーーい!」と思ったため、今の朝のちゃりんこのおともは『スラムダンク』です。一度しか読んだこと無かったので、まーまーしか覚えていなくて、面白く読めてます。 才能を秘めた主人公が最初はめっちゃ素人なのにずんずんうまくなっていくっていうストーリー、好き~

で、 LOST 2、今日はvol.8を見ました。 ありがたいことに「つ、次が見たい~」という終わり方じゃなかったので、今日は2話見て終わり。 残りは明日にします。

で、ついつい昨日読んだ「大峡谷のパピヨン」の面白いところ読み直してます。 ジャスミンの活躍が気持ちよくって!(笑)

そーいえば今日は朝から夏!してました。青空に強い日差し。 嬉しいなぁ~

じゃあね

2007/07/22

7/22「大峡谷のパピヨン」

出ているのを知らず、今になってしまいました!3月に出ていたのに~ 『クラッシュ・ブレイズ 大峡谷のパピヨン』(茅田砂胡著 中央公論新社)、今日読みました。今回は金銀黒は全く登場せず。
ジャスミン大暴れでした。 めっちゃ楽しかったよ!
クインビーが盗まれ、それを取り返すためにフライヤーになってガンガン勝ち進んで・・・って話。 もー ほんにジャスミン、よいわぁ。 もちろんケリーもいい男。 きっと次巻はケリーとダイアナが活躍するでありましょう。
ちなみにbk1の内容説明では「「生き別れの相棒」(注:生物ではない)の消息を求め、パピヨンルージュは命知らずどもが集う峡谷競争(キャニオン・レース)に出場するが…!? クラッシュ・ブレイズシリーズ。」となっていました。

えーと、今日はLOSTvol.6まで見ました。というか あと1話で6が終わります。あと1話見たら我慢して寝ます。明日続きを見なきゃ! でも目がしぱしぱで、肩と首が死に掛けてます。
じゃあね

2007/07/21

7/21 仙寿の里

今日はお見舞いに行かなきゃなんなくて 出かけました。 でもツタヤがレンタル半額というCMを見て、LOST2を借りよう!とまずダイヤモンドシティへ。vol.8まで一気に借りてきました! 頑張って見なきゃ!それから友達から本を借り、見舞いが済んだのが3時半ごろ。
ちょっと遠出したついでに温泉にでも行こう、と思ってね、随分昔に1度行った大口の温泉に行こう!と思ったのよ。大体30分くらいで着くかなーーと思って車を走らせていたけど、無いの! 20年位前に1度行ったけど確か道沿いだったから見つからないわけ無いのに~とずんずん車を走らせるけど ソレらしきものは無し!
結局そこは諦め道沿いにたて看板がいっぱいあった「アルプス」ってところを目指しだしたの。 なのについつい「ラムネ温泉」ってのに目がくらみ寄ってみたら家族風呂1時間800円というところだったのでそこにしちゃった。仙寿の里とかいうところ。 家族風呂だけでなくログハウスみたいなのもあったみたい。 家族風呂の建物は結構新目に見えたけど・・・・ 中はまーびっくり! ラムネ温泉なので仕方ないけどさぁ・・・こんな感じ。まぁいいけどねー Jun_029_1深さはあってお湯も豊富だったからね。 鉄臭かったけどまぁなかなかでした。 しかし扇風機だけだと上がってすぐは暑くて暑くて! すぐ車に乗って冷房ガンガンにしちゃいました。 しかし、それからちょーっと行ったところに目指していたアルプスってのがあって、そこは50分で500円だったの。 しかも広さは変わらない感じで新しそう・・・・・ あーあ。
でもね、はっきり言って鹿児島の家族風呂は古い。 熊本の特に県北もしくは阿蘇の家族風呂温泉に慣れているとがっかりです。 まぁ二度行くことはないので いいかー だってさ、実はそこってもう鹿児島空港は目と鼻の先くらいの場所だったのよ(笑) まぁドライブということて゛(^^)
もう6時半頃になっていてお腹すいていたので空港の傍ならなにかいいとこあるだろうとうろうろと店を探し、なんかフランスの国旗がかざってあるカフェレストランをみつけ、コンビニでUターンして向かったら、おっちゃんが門を閉めるところでした。 がっくり。
結局かごしま空港ホテルってところで食べました。 黒豚ロースの岩盤焼き。 スープ、サラダ、ライスにメインはJun_037でコーヒーとデザートJun_039がついて1890円でした。 味はとってもよく、満足でしたよる
帰りは結局高速道路を利用。 ETCは偉い!1350円くらいで八代まで帰ってきました。
帰ってLOSTの1話と2話を見ました。 明日は一日LOST漬けの予定(笑)

じゃあね

2007/07/20

7/20「ニコチアナ」

連休明けから読んでいた『ニコチアナ』(川端裕人著 文藝春秋)を今さっき読み終わりました。なかなか変わった小説でした。 メインは「タバコ」 無煙タバコの売り出しに絡んでタバコの神の呪い・魔法などの話も出てきて楽しめました。 私はタバコ吸わないし、煙は嫌い。まぁ身近に吸う人がいるので嫌いでもたっぷり吸わされているんでしょうけどね。 だからもしこの本に出てきた無煙タバコが売り出されたらとっても嬉しいんだけどる 数年前に煙の少ないタバコがJTから出たけど、ちっともそんな感じではなかったさ、非喫煙者にしてみれば。 ただ不思議なことにいつも周りで吸われているピースの臭いは結構我慢できるのに、他のタバコじゃもーめっちゃ臭くて嫌なのよねー  そうそう、そういえば私、火をつける前のタバコの葉の匂いは嫌いじゃないのよねー。短大の頃そばに専売公社(笑)があったけど、そこから漂ってくる匂いは嫌いじゃなかったんだ~
この本を読んでタバコについて色々と知ることが出来ました。 ただどこまでが真実でどこからがフィクションかは不明。まぁ 気にしないけどさ。 日本で最初にタバコを栽培しだしたのが鹿児島、指宿ってのはなんかかんどー 言われてみれば「花は霧島、タバコは国分」っていう歌、あったよねー そっか だから指宿に近い国分がタバコの産地なんだ。 うちの家のそばにもタバコ農家はあるなぁ。 もしそこに秘蹟が起きたら大変だろうなぁ なんて思いながら読みました。 しかし、タバコってなんで害があるってわかっててやめられないのかねぇ・・・・

さて、週末です。なんかほんとーーーに早いです、時が過ぎるのが。 
せっかく続いていた好天も明日は崩れるのかな? 今日も曇っててめっちゃ蒸し暑かったもんねー
明日はお見舞いに行かなきゃなんないみたい。 くー行きたくねー でも仕方ないので行って来ます。
その後、本を借りたり温泉に行ったり出来ればいいなぁ。

じゃあね 

2007/07/19

7/19「原始惑星の人々」

今週のスタートレック・ヴォイジャー第168話『原始惑星の人々でした。
副長とセブンがバリアで守られた地域に不時着し、そこに住む原始人達との触れ合いの話、なのかな? ワープ技術を持たない文明への関与バリバリですよねー いいのかい! 早速チャコティの刺青を真似たり、セブンの目の周りのボーグの名残を真似たりする人たちが続出しているのが笑えました。でも 以前ヴォイジャーが神話になったように ここの人々にもセブンやチャコティの影響は深く残っていくと思うんだけどなぁ・・・・
どうにかこうにかセブンがバリアを外すことに成功したとたん、惑星に住む他の人々(ワープ技術を持つ人々)がさっとやってきて色々と調査をしだしたのにはぞっとしました。 私はバリアを張りなおしたほうがいいと思ったので、ヴォイジャーの取った行動にはほっとしました。
しかし、いつも運転には自信を持っているパリスが運転指導を受けるっていうサイドストーリーはには笑いましたね。キムやトレスたちも意地悪なんだからー(笑)

今日も天気、よかったみたいです。 今日は日中外に出なかったから正確な天気は知らないんだけどね。 まぁ朝と夕方はいい天気でした。
今月はパソコンの請求が来ていて、27日には大金が(笑)引き落とされます。ちゃんと残高は足りるのだろうか・・・ちょっと心配だよ。

じゃあね

2007/07/18

7/18 羽根布団

二日続けて晴れ。 明日も多分晴れ。 めっちゃうれしい。
今日は人に頼んで日中布団を干すことが出来た。 これでやっと冬の羽根布団を片付けることが出来るぞ! でも朝とか寒くなかろか(笑) いまだに羽根布団とタオルケットきて寝ていたのに、いきなりタオルケット1枚では心配です。 まだまだウォーターベッドの中の水は温まっていないので、ひんやりして暑くないのですよねー
でも、今を逃すと片付けることが出来なくなりそうなので思い切って片付けます! 
Jun_022

みおちゃんは今頃フランスだよなー いいなぁ。めっちゃうらやましいです。 ブログに写真がいっぱいアップされてて楽しいわぁ。 でも同じ会社でも働く場所が違うと全然違うね。 営業所勤務だと7月に休むなんて考えられないもんね! でも その分普段がハードだから めーいっぱい楽しんできて欲しいな~と思っています。

じゃあね

2007/07/17

7/17「綴り字のシーズン」

明日返却しなきゃなんないので慌ててみたのが『綴り字のシーズン』です。323419view016
リチャード・ギアが大学教授でお父さん役で出ているの。 あのね、実はちっともわかんなかったよ。綴り字コンテストに出てどんどん勝ち進んでいく女の子、それを応援するお父さん、なのに何故かどんどん行動が変になって、精神科に入院するお母さんに宗教にのめりこんでいくおにいちゃん。 少女は全国大会で優勝できたのにわざと間違うの。そのの間違ったことで家族がまたよくなるの? わかんなーい!
少女が自分が勝ち進むから家族がおかしくなるって考える根拠がわかんないし、お父さんがワンマンで自分の考えを押し付けるような感じにも見えないの。だから余計わかんない。 もっと身勝手さが表に見えていたらまた感じ方が違ったかな? 
でも少女がスペルを言ってる所、特に難しい字の時の映像は好きでした。

今日はいい天気。なんとなくカラッとしていて 久しぶりにるんるんって感じでした。
明日もいい天気らしいけど、布団とか干せるのかなぁ・・・

じゃあね

2007/07/16

7/16「コール」

昨日の晩遅く見たのが『コール』です。href="http://kori.air-nifty.com/photos/uncategorized/2007/08/14/241747view015.jpg">241747view015

自分で選んで借りてきたのに、内容は全く忘れていて、登場人物も誰?の状態で見始めたのですが・・・
シャーリーズ・セロンにダコタ・ファニング、ケビン・ベーコンとなかなかの顔ぶれでした。
誘拐犯の話なんですが、その誘拐が一風変わっていてね、犯人は3人組。子供の母親に対応するのがケビン・ベーコンの演じるジョーって奴。誘拐する子供の家にしのび子供を連れ去り、その連れ去った子供を一晩面倒見るのがいとこのマービンっていう太ったちょーーーーっと頭の弱い男。で、ジョーは家で母親に対して一晩付きあわせ、その間にセックスまでしちゃおうっていう魂胆。で、ジョーの奥さんは子供の父親担当。 一晩預かった後、翌朝奥さんが金を銀行から下ろし、ご主人に送金し、ご主人は銀行からお金を下ろし犯人の奥さんに渡すっていうやり口。今まで4回成功しているらしいのね。 でも5回目の今回はちょっとづつ歯車がずれていくの。 子供が実は命のかかわるような喘息もちだったの。調査不足でそのこと知らなくてね。その上奥さんも気が強く、子供も6歳なのに気が利くの。ご主人もただ言いなりにはならず・・・・
なかなか楽しめましたよ。 シャーリーズ・セロンもこの前見た「モンスター」と同じ人とは思えないほどの美しさ。ダコタのかわいらしさ&演技の上手さ。ケビン・ベーコンの不敵さ。 いやー よかったよかった。 ただ、ラスト付近がね。アクションシーンってのは要ったか?なんて思っちゃったです。 あのまま結構静かなトーンで最後まで突っ走ってもよかったような。FBIも ねぇ。
でもま、期待以上の出来に満足でした。

昨日は青空見えていたのに今日は雨や曇り。 予報では小雨だったのに 朝方土砂降り! 時間は短かったけど飛び起きて窓閉めたりしなきゃダメなほど降ってました。 とはいえ その後も寝て、珍しく10時までベッドでごろごろしてました。
ちょっと午後に出かけたものの、ただ単に頭が痛くなっただけでね帰ってきてミスタードーナツとコーヒーでおやつした後 薬飲んでまた寝ていました(^^)

あ、そういえば 地震! ひどいことになってるようですね。みおちゃんは無事フランスへ旅立てたのだろうか?
台風に地震。やっぱり自然の力ってのは凄いです。 人間ってなんてちっぽけ。

じゃあね

2007/07/15

7/15「またたび」

昨日の夕方から今日にかけて読んだのが『またたび』(さくらももこ著 新潮社)です。いつものことながら さくさくと読めました。 bk1の内容説明では「またまた世界中のいろんなところに行ってきたよ! ハバロフスクやチベットに旅をした時の爆笑エッセイ。雑誌『富士山』連載を単行本化。イラスト・写真多数。」となっていますが、もっとイラストや写真があってほしかったよ。私に言わせればさ。
行ってみたいのはやっぱベニス。ローマも心惹かれるけど そうかー 有名観光地って結局混んでいるんだね。アイスクリームを食べるわけにはいかないんだー などとなかなかためになることもわかった(笑) ハバロフスクってどこよ?とトイレに貼った地図で確認し、なんとなく行ってみたい気分に。ただあとがきを読むとそうでもないかなぁと思ったり。 まぁとにかく取材と称して色々なところに行けるとはうらやましい限りであります。 私も色々なところに行ってみたいんだよ~~~

今朝は7時半には起きて洗濯を2回分。 台風の準備の片付け(笑)をして、まだ11時前ですよ。台風が過ぎたら普通晴天になるはずなのに、曇ってるよねぇ。 寒い。風が冷たい。鼻水が出る。 寒いと感じるのは多分私だけだろうけどね。 休みなのに台風は来るわ、体調は崩れるわでは悲しすぎるなぁ。 午後からは温泉にでも行こうかなぁ。

じゃあね

2007/07/14

7/14「ナイロビの蜂」

午前中、雨の中買い物と図書館を済ませ、午後からはDVD鑑賞。 台風はちょっと風が吹いていたけど、ベランダのサッシは開けてても全くOK状態でした。雨すら止んでいたよ。 こんなことなら映画に行くべきだった? 今日を逃すとなかなかタイミングが合わず、8月になってからかも、ハリ・ポタ見るの。
で、今日見たDVDは『ナイロビの蜂』です。 JUNeKさんのブログで読んでいたけど、確かにこのタイトルはなんだかなー と思ってしまいました。 コンスタント・ガーデナーでよさげな・・・
実は最近「ハムナプトラが見たい~」と思っていたので、レイチェル・ワイズに会えて嬉しかったです。でも太った?お化粧のせい?なんだか感じが違ってました。舞台はアフリカで横行する薬物実験、官僚と大手製薬会社の癒着、それを告発しようとするNGO。情熱的で6歳から革命家(と夫に言われていた)だった妻テッサと、イギリスの外交官で秩序正しくガーデニングを愛する夫ジャスティン、この夫婦が妻が死んだ後妻の深い人間愛に触れ、生きてる時は愛してはいても今ひとつ彼女の深い部分までは踏み込んでいなかったジャスティンが亡き妻と真実の恋に落ちるという話でした。323841view013

ネタバレになりますがー

最後、ジャスティンが死んでしまったのは残念。 でも死んで彼女の元に行くという気持ちはわかるな。彼の葬儀の時、真実の一部が公表されきっとこれから先マスコミとかの攻撃で不正が暴かれていくんだろうなぁとは思ったけどさ、なんでサンディはあの手紙を後生大事に取っていたんだ? 焼きすてりゃいいじゃん。 テッサと寝るためのネタにするため?まさかねぇ。 あと、テッサとジャスティンって出会って即効ベッドインだったと? そんな彼女と結婚してアフリカに行ったら今度は彼女はアフリカ人の男性医師とずっと行動をともにしていたでしょ? なんかよく焼きもち焼かないものだなぁと・・・ 信頼しているって言えばそうなんだろうけど、うーん、私にはぜーーーーったい無理ね。 まぁ 医師はゲイだったってことが死んだ後わかってまぁ一安心だったとは言え、うーん。 それからテッサ、妊婦なのにうろうろするのもびっくりだけど、死産だったのにあまりショックに思っていないように感じてね、テッサもジャスティンも。 ジャスティンが「だけんイギリスで産めばよかったったい!」とかなんとか言って暴れたとしても私は納得するけどなぁ、逆に。 まぁそういう風に気になる部分はあったものの、いい映画ではありました。 ラストは涙がボロボロだったもんねぇ。

じゃあね

7/14「終焉の星」

今週のスタートレック・ヴォイジャー第167話『終焉の星でした。 人類が未知の生物に向けて飛ばしたメッセージがあんなことになるなんて・・・・ と目からうろこでした。 でもありえるよね、うーん。
頭カチカチのリーダーを持つこと悲惨だなぁと思いました。 見知らぬクルーが上陸班に入っていたので ん?死にキャラ?と思っていたら ヴォイジャーに戻される役だったので、あぁよかったーと思ったら・・・やっぱりでした。 哀しいねぇ。

さて、今日はハリ・ポタの先行上映を見に行く予定でしたが、やはり台風4号接近のため友達が出てくるのを断念したので計画は中止です。 今のところあまり風もなくただ雨が細々と降っているだけですが、これからどんどん風と雨がやってくることでしょう。 一番接近するのは夕方から夜にかけてらしいけど、となると結構長い時間雨風にさらされることになるのかな? 風がひどくなったらパソコンも落としておかないと急に停電になったりしたらまたおかしくなりそうよ、このパソコンは軟弱だけん(笑) 停電用にまた発電機は準備しているものの、もし利用しても水槽と冷蔵庫くらいだもんなー電化製品で生かすのは。 まぁ 停電にならないことを祈ります。
10時になったら図書館とスーパーに出かけて、その後は借りてきたDVDの消化につとめましょう。
Jun_002


じゃあね

2007/07/13

7/13「人魚の島で」

図書館から借りてきた薄い本だけど、なかなかしっとりとしたいい話の本を読みました。 『人魚の島で』(シンシア・ライラント著 偕成社)です。訳が竹下文子さんだったので借りてみたのです。 カナダの西部の島に祖父と二人で住んでいる孤独な少年が人魚に会い、鍵をもらい その鍵によって 「島の人間」になっていく様子を描いてありました。 大人になった少年が子供の頃を思い出して書いているという形式ですが、映画にして見てみたい気がしました。とても素敵な話でした。
bk1の内容説明では「ぼくが人魚に会ったのは子どものときだ。浜べでひろった人魚のくしを手に持っていると、人魚は近づいてきて、ぼくの名を呼んだ…。島に暮らす孤独な少年は、人魚からもらった小さな鍵に守られて、大人になっていく。 」となっていました。

いよいよ三連休の幕開けなのですが、気になるのは台風の進路! 7月のくせにー 4号のくせにー なに頑張ってんだよ!というくらい大きくて勢力のある台風のようですね。 予報の進路図を見る限りでは宮崎方面に曲がっていくので あまりひどくはないかなぁ?と思いつつ、会社から戻ってきてベランダの寒冷斜(幕だね)を外し、物干し竿を下ろし、植木鉢を下に下ろして 生ごみ処理の植木鉢にビニールをかけました。 後はヒビの入っているガラスに板をはっつける仕事が残っているけど まぁまだいいかー 一番ひどくなるのは明日の夕方頃かな?
まぁとにかく台風情報はこまめにチェックだね。 うーん、明日のハリ・ポタは無理かなぁ・・・遠方の友達と一緒に行く約束だったから、私一人なら大丈夫でも、友達が危ないだろうからね。

じゃあね。

2007/07/12

7/12「狐笛のかなた」

図書館から借りている本、あと1冊残っているもののあまりに薄いので昼休みもたないだろうとなぁ思って今日はおうちにある本を持っていきました。 結局よんでしまったのですが、その本は『狐笛のかなた』(上橋菜穂子著 理論社)です。 読むのは2回目。でもやっぱりラストはむせび泣いてしまいました。 ただ 私はこの話はハッピーエンドだと思います。 小夜という少女と野火という霊狐の話です。つまらないことで憎みあっている人間たちの争いに巻き込まれてしまった哀しい話。 すごく美しい風景がたくさん出てきたと思います。日本の美しい風景が。 梅に桜に・・・
まぁ またいつか読み直すことでしょう。
ちなみにbk1の内容説明は「【野間児童文芸賞(第42回)】ひとの思いが聞こえる「聞き耳」の才を持つ少女・小夜が幼い日に助けた子狐は、恐ろしい呪者に命を握られ「使い魔」にされた霊狐だった。森陰屋敷に閉じ込められた少年・小春丸、そして小夜と霊狐・野火。彼らの運命は?」となっていました。

今日は天気予報では曇りのち晴れ。なのに朝から雨。 数センチしか開けずに行ったら昼間はいい天気! 部屋暑かったろうなぁ。 文鳥、生きててよかったよ(笑) 夕方もいっぱい水浴びてたよ。

台風はどこにいくのかなぁ・・・・

じゃあね

7/11「ラッキーナンバー7」

映画館で見た後、またDVD出たら見よう!と思っていた『ラッキーナンバー7』を見ました。
いやーやっぱりよかった。私は好きだなぁ、この映画。 完全にネタが解っていたのですが、それはそれでしっかり見直すことが出来ましたよ。 やっぱりルーシー・リューが不細工なのにかわいく見えたよ! あと、グッドキャットの20年前の姿にはもー爆笑物だったよ。 髪は長いしひげは生えているし! 「ジャッカルの日」を思い出してしまいました。

じゃあね

2007/07/11

7/11「ファンタージエン 夜の魂」

『ファンタージエン 夜の魂』(ウルリケ・シュヴァイケルト著 ソフトバンククリエイティブ)を読みました。 あの「はてしない物語」の世界を色々な作者が書くシリーズ第4弾です。 今回の作者の本は多分1冊も読んだことはなかったと思います。 ただ、訳者の酒寄進一さんは変わらないので 読みにくさはなかったです。
今回の主人公は青い髪を持つ少女タハーマ。そして黒山の狩人の若者セレダス。そして行動を共にする賢いでもちょっと頑固者の地霊小人のヴルグルック。 時は「はてしない物語」と同じ頃。幼こごろの君が病気になってアトレーユにファンタージエンの未来が託されたのと同じ頃です。虚無が押し寄せ村が消えてしまうのを恐れて村を捨てたタハーマのみんなを探しに行ったのがタハーマ。
しかし、うーん・・・・ セレダスがああなるとは予測したものの、その後の出来事はちょっと予想外でした。

さて、 今からDVD見よう。今日は近くのレンタル屋さんが半額の日だったのだ!

じゃあね

2007/07/10

7/10 故障続出・・・・

天気が悪いだけでもうんざりなのに、会社にがっかりな電話が・・・「故障が続出です」と。
まず 衣類乾燥機が動かなくなったとのこと。 その後一応動くものの、温風が出なくなったとのこと。その後あまりの湿気にクーラーを入れようとしたら リモコンが反応無し。 もちろん電池は一番に換えてみたけどダメ。 そして 極めつけ、またパソコンがだめになった! ですって。
なんかブレーカーが一瞬落ちたらしく、それでもうスイッチが入らなくなったんですと。 がっくし・・・・

ただ、今回はリモコンもってベスト電器に行ってみたら 一応電波(?)は出しているらしいとのことなので もう一回持ち帰って様子を見ようということに。 湿気にやられたのではないか?とのことです。 パソコンも湿気のせい?  パソコンはこの前の事を思い出し、日記を読み返し(字が汚くて一部解読不明であったが(笑))いったんモニターなどの接続を全て外し、本体だけでスイッチ入れて、リセットしてみました。 すると う、動いてる! ハードのランプが点いてるよ! で、またモニターつけーの、プリンターつけーの マウス付けーの・・で、復活!と思ったら キーボードが効かない! なので再起動かけてみました。 うーん、予想通りまたうんともすんとも言いません。なんでまた全部外して、リセット! するとあーら不思議!ハードが動き出しました。一つ一つくっつけていくと今度はキーボードで変な感じ! バイオのキーボードをあきらめて マウスコンピューターの標準キーボードを繋ぎ直したけどやっぱダメ。で、一旦電源を切ってスイッチ。今度はスムーズにあがってくれました。そしてキーボートーも使えます。 うーん、バイオと合わないのかなぁ・・・・ 今まではよかったのにねぇ。
とにかくでも もううんざり。早くビスタがまともになってくれよー

雨も止みそうになく(日付が変わる頃からまた大雨ですと)部屋干しでまた湿気だらけ。 うんざりだよーーーー

じゃあね。

2007/07/09

7/9「カーテンの陰の悪魔」

金曜日に読み始めて、家に帰ってから続きを読もう!と思ったのに バカな私は会社に置いてきちゃったのよね。でやっと今日読むことが出来て読み終わったのが『イングリッドの謎解き大冒険 カーテンの陰の悪魔』(ピーター・エイブラハムズ著 ソフトバンククリエイティブ)です。
もともとすごく面白くて一気に読もうと思ので、今日残りを一気読み。今回の演劇は「オズの魔法使い」タイトルもやっぱり少し関係あったよ。オズがカーテンの陰に隠れてみんなの望みを聞くみたいなシーンがあったらしい。 今回でも劇はそこまで出てこなかった。 ただ、あとがきで読んで初めて気付いたけど、活発なステイシーが臆病ライオン、脳みその無いカカシ役を頭のいいミアが、ハートを持たないブリキの木こりをジョーイがやってるんだって。ふーん。
事件のほうはどーも筋肉増強剤ステロイドをおにいちゃんが使っているみたい?それに加えてなんとイングリッドが誘拐されてしまう!なーんていう感じ。相変わらずイングリッドは冴えてるのかボケてるのかイマイチわかんないとこはあるけど、ストレイド署長の理解もあり二つの事件を解決するのね、結果的には。 今回もなんとなく犯人は見えていたけど、まぁそれなりに楽しめました。 ただイングリッドのお父さんはイマイチ好きになれないなぁ。
bk1の内容説明は「イングリッドの生活に心配な出来事が起きた。彼女は家族に知られないよう問題解決に奔走するが…。名探偵ホームズを愛する少女探偵イングリッドが、家族を救うべく、推理と勇気で事件に立ち向かうシリーズ第2弾。」となっていました。 で、残念ながらもうbk1にはリンクが張れないので 今回からアマゾンを利用します。

週明け第1日目。仕事はぼちぼち。 雨はひどかったり降らなかったりで やっぱ梅雨ばいねー って感じです。早く梅雨が明けてほしいな。 がんがんの夏空になって干した洗濯物があっという間に乾く天気になって欲しいよ~

じゃあね

2007/07/08

7/8「シュレック3」

午後から『シュレック3』を見に行ってきました。いつもは字幕版で見るのが好きなのですが、このシュレックだけは1からずっと吹き替え版見ています。 浜ちゃんのシュレックがさ、はまり役だと思うのね。
今回も期待を裏切らないいい出来でした。 吹き替え版だとガキんちょが多いのが玉に瑕。とはいえ、まぁ覚悟の上で見たので気にはならなかったです。というか、子供たちが笑うシーンがはまってて 逆に楽しめました。 後ろの列にいた家族もまぁ食べ物の音はうるさかったものの、ちゃんと映画が終わるまでは子供たちも質問とかせずおとなしく見ていたしー プリンセスたちが最初はちょとお高くとまってやな感じだったけど、パワー全開になってからはよかったよー(笑) アーサーの今時さもなかなか。 映画館で見てもちっとも損した気分にならないいい映画でした、はい。
次の映画はハリ・ポタかな?

しかし、見終わった後は首の後ろがこってだんだん頭も痛くなって、ちと辛い状況。左目は朝から痛かったしなぁ。
お風呂に入ったから大分ましになったけど。 明日からまた仕事。 今日は早く寝るべきだよね、きっと。

じゃあね

7/7「アンドロイドのめざめ」

『精霊の守り人』は砂嵐のまま見続けていたら15分過ぎから音声と画質は悪いけど映像が戻ってきました。 もしかして放送局がおかしかったの? でもビデオデッキの時計が進んでいたため(最近ビデオを使わなくなったためきちんと時刻合わせしていなかったの)20分過ぎたところで録画はぶちきれていました。 かなしーー でもデジタルのほうはいくつも分割して録画されているものの、全最後の5分くらい以外は(これを私は見たみたい)真っ黒なだけ。 ホント悲しいわぁ。

夜遅くなってなんとなく今だ!と思い 中断していたTNG、新スタートレックのDVDを見ました。第3シーズンで 第64話『アンドロイドのめざめです。スタートレックの中でもものすごく気に入っている話です。 ビデオでも何度か見直し、英語の教材として売ってあったのを小遣いためて買って(笑) なのにDVD買ってからずいぶん経つのにDVDで見るのはこれが初めてです。 でもやっぱり泣いちゃったよ。 データが切なくて、ラルが可哀想で、提督がアンポンタンで・・・ あ、もうDVD片付けてしまったけど、もう一回今度は英語版で英語字幕で見ようかなぁ? 今回も見たのは吹き替え版でなんです。TNGは吹き替え版がお気に入りなので。

しかし 今日出かけるまでは断水が続いていてなかなか不自由でした。 ついトイレの掃除をして 何も考えず水を流した後「あ゛あ゛あ゛あ゛あ!」 まぁ地下水をポリタンクに汲んできてトイレの水タンクに入れて使ったので事なきを得たのですが。 それから昼も何も考えず「ソーメン食べよう!」とソーメンを手にした後 「あ゛!」結局冷凍していた食パンにチーズ乗せて焼いて食べたのでした。 まぁ出かけた後3時ごろ戻ってきたら水が出るようになったいたのでほっと一息。 電気が無いのも困るけど、水が無いのも困るねー きっとガスが無いのも困るんだろうなー まぁプロパンガスなんで都市ガスと違いストップするってのはあんまり考えられないけどね。
あ、でも水はまだ濁り気味。 お風呂がちょと濁ってました。入れ替えるのはもったいないのでバスクリンを通常よりちょっと多めに入れて入りました(笑)
明日はどんな天気であろうと(予報は曇り)洗濯するつもりですが、水、濁ってなきゃいいなぁ。

じゃあね

2007/07/07

7/7 守り人が・・・・

朝からちょっと出かける用があってさ、念のためビデオもセットして出かけ、帰ってきて『精霊の守り人』を見ようと思ったの! 2週間くらい前から新しいデジタルで予約したBSは画像がチラチラと欠けたりその時の音声も消えたりしていたので、今日は普通のビデオもセットしていったというのに、なんと巻き戻してみようとすると 画像が乱れまくり!というか 砂の嵐。で音声が入ってないの~ えぇぇぇぇと思いつつ今度はデジタルの方の録画をチェックしたら画面の98%くらいは真っ白! たまに85%くらい色は付くけど絵にならないし、音も無し!!
くー、この強風でアンテナがズレまくったのか? でもその時生で放送していたキートンはチラチラしながらもしっかり見えていたのに~ どーいうこと?
あーあ 悲しいなぁ。欠かさず見ていたのに・・・・ まさかこんなところで被害にあうとは!
そうそう、朝からめっちゃ水の出が悪いと思っていたらどーも断水らしい。 これもまた困ったばい。まぁ地下水も出るのでどーにでもなるけど、面倒じゃーー
雨はそんなに降ってません。 川の水はやっぱり多いけど、川によっては砂利が見えるほど水量が少ない川もあったの(引き潮の影響?) しかし セット忘れ出なく録画の失敗というのは 悲しいなぁ。

じゃあね

2007/07/06

7/6「夢みるホログラム」

今週のスタートレック・ヴォイジャー第166話『夢みるホログラムでした。一日に11分という制約はあるといえ、とうとう地球と生で通信できるようになったの! いやー、ヴォイジャーも近づいてきたんだねー うーん、ということは最終回も近いってことよね? 寂しいなぁ・・・
で、今回のストーリーはドクターがホログラムで作品を作るのだけど、ヴォイジャーににた船でクルーに似た登場人物が出てきて、でもその登場人物がとてもよくないの。 残忍、横暴、エロじじい(笑) で、そこから最後はドクターの人権問題になっちゃった。 見ていてデータを思い出してしまいました。 TNGの「人間の条件」とかね。
そうそう、クルーの通信ではキムのマザコンぶりというか おぼっちゃまぶりにあきれて、最後セブン・オブ・ナインの通信にはじーんときちゃいました。 ヴォイジャーもあと6話しかないのよねー やだなぁ。

ところで今日の午前中はけーーーっこう雨降りました! 午前2時過ぎに出た大雨洪水警報がなかなか消えなかったため午後は小雨になったものの早く帰りなさいとのことで3時50分ごろには帰路につきました。 「雨も止んだのにもーしわけないわぁ、でもラッキー」なんて思いながら帰ってたんですが、ふっといつもは橋と意識もしないような小さな川を渡るときギョッ!としました。 もー黄土色の水が凄い高さまで上がってきていて(まるで目の高さって感じ)川の水が溢れんばかり! でその先の田んぼは湖のようになっているし、その田んぼの道隣の木工所はあとちょっとで溢れた水に捕まりそうだったのよ。 やっぱり早く帰ってきてよかったよー
今は雨は止んでいるようだけど、風は強くてねー これで雨がまた降り出したらやばいよなー まぁ私の家自体は全く心配の無い場所にあるのだけどね。明日か明後日は映画に行こうと思っていたけど、天気があんまり悪いとうろうろするのは顰蹙だよなー うーん・・・

じゃあね

とか書いてた(BlogPet)

こりは
昨日から読み出した本『イングリッドの7解き大冒険 不思議の穴に落ちて』(ピーター.
とか書いてた?

*このエントリは、ブログペットの「もじょか」が書きました。

2007/07/05

7/5「不思議の穴に落ちて」

昨日から読み出した本『イングリッドの謎解き大冒険 不思議の穴に落ちて』(ピーター・エイブラハムズ著 ソフトバンククリエイティブ)を読み終わりました。
表紙の絵は好みではないのだけど、借りてよかった。面白かったよ。
タイトルの「不思議な穴・・」ってのは「不思議の国のアリス」にかけてあるようだね。あまりうまい訳には思えないな。 まぁ私が訳したらもーーっとセンス無しだろうから言う資格は全くないんだけどね。
8年生のイングリッドが主人公。数学が苦手でたまにぼーっとしてて、演劇が好きで、サッカーもやってる。まーまーのお金持ちの家で、両親は共働き、タイという高校生のアメフトやってる兄ちゃんがいて、農場を持ってる父方のおじいちゃんは頑固者で変わり者。 
そんなイングリッドが殺人事件に巻き込まれ(といっても巻き込まれたと知ってるのはイングリッドだけ)結局自分で謎を解こうと奮戦するの。 そうそう、イングリッドはホームズのファンなのよ。
警察署長の息子ジョーイといい仲になるんだな。 そいで町の劇団で「不思議の国のアリス」の劇をすることになるのだけど、タイトルはそこから来ているみたい。まぁ ミステリなので詳しい内容は読んでからのお楽しみ。3部作らしく、2巻まで借りてきました。3巻はいつ出る?
bk1の内容説明は「迷子になったイングリッドを救ってくれた女性ケイト。翌日彼女が自宅で他殺体となって発見されたというニュースが流れて…。名探偵ホームズばりの鋭い観察力と果敢な行動力で事件の真相を追う、少女探偵イングリッド登場!」となっていました。
オンライン書店ビーケーワン:不思議の穴に落ちて

今日は梅雨の中休みでした。 雨が降らないと逆に蒸し暑いのでは・・・・と危惧していましたが、なかなかすごしやすかったです。予報ではまた明日から雨かな? まぁ梅雨だからねぇ。 明日行けばまた休みだしさ。

今から続きを読んじゃおうかなー

じゃあね

2007/07/04

7/4 悲しかったこと

朝、弁当にささみのチーズはさみを作った。 作るといってもささみを開いて、塩コショウしチーズをはさみラップでくるんでチンするだけ。簡単だけど美味しくて好きなのだ。 何分チンするか迷った挙句 3分ちょいとしたところ・・・チーズが全て流れ出て、ささみのチーズ風味竹輪仕様になってしまった。 チーズが、チーズが・・・ 悲しか~

じゃあね

2007/07/03

7/3「マハラジャのルビー」

昨日から読み始めた『サリー・ロックハートの冒険1 マハラジャのルビー』(フィリップ・プルマン著 東京創元社)を読み終わっちゃいました。
今度映画が公開される(来年の3月だ)ライラの冒険シリーズが書かれる前にこのサリーシリーズは書かれていたそうです。4部作らしいです。 私はライラよりこっちの方が好きかも。 ヴィクトリア朝のロンドンが舞台なんだけど、サリーという16歳の少女が父親の死にまつわる謎を解こうとするの。 その時代のレディには珍しく数字に強く、ピストルも扱えて、経済に明るいの。 いいねぇ。 最初に「七つの祝福」の言葉を発した後起こったことに 「ん?オカルト?」と思ってしまったので、その後手に入れた紙切れに書かれていた暗号のような文章を呪文風に考えてしまって謎解きしようと思わなかったのが残念でした。 あと、「暁の円卓」を思い出しちゃったなぁ。
サリーが写真屋の商売に対してアイデアがバンバン出てくるところなんてすごーくわくわくしちゃったよ! ルビーの秘密も、サリーのことも、そして父親の死に関しても全てすつきりわかったので 読後感もよかったです。 そうそう、一番の悪党は生死がわかんなくて いつかまた出てくるだろうなぁなんてほのかな期待(笑)もあるのさ。
2巻はいつでるのでしょうねぇ。 めっちゃ楽しみです。
bk1の内容説明は「ヴィクトリア朝のロンドンを舞台に、天涯孤独の身になった少女サリーが、もちまえの機転と勇気でマハラジャのルビーをめぐって大冒険。サリーは父親の死にまつわる謎を解くことができるのか?」です。
オンライン書店ビーケーワン:マハラジャのルビー

今日も梅雨じゃったですなぁ。 ひどく降ったり、一時止んだり、まぁ 梅雨だね。
洗濯物も部屋の中に干していたので湿気がひどくてとうとうクーラーかけちゃいました。

じゃあね

2007/07/02

7/2「断絶するQ」

先週のスタートレック・ヴォイジャー第165話『断絶するQでした。 うーん、この日本語のタイトルはどうでしょう? いけてないよねぇ。 久しぶりのQ物です。 Qが出てくる話は好きだなぁ。 今回は前回生まれたQの赤ちゃんが大きくなって少年となって出てくるの。 まぁQによく似てること!と思ったら本当の息子みたいですねぇ。 ヴォイジャーに預けられた少年Qと艦長。キャシーおばさんとの話なんだけど、やつ゜りQ物は面白い! 好きですねぇ。 Qからのお礼で数年地球への帰還が早まったんだけど、ホントせこいこと言わずどーんと太陽系まで送り返してくれればいいのにねぇ。 まぁそうなると話は終わっちゃうので絶対そんなことありえないでしょうけどね。

しかし今日は天気わるかったー! 朝だけは青空もちらっと見えていたのだけど、8時過ぎにめっちゃ雨が降って、その後も急に止んだかと思えばまたバリバリ降り出したり・・・・ まぁ梅雨って奴ですね。ただ風がすごく強くてねぇ。 明日もこうだったらやだなぁ。

じゃあね

2007/07/01

7/1「ゾディアック」

今日は映画の日! 1000円の日です。映画の日と日曜日が重なったのに見ない手はないだろうと一人で映画に行って来ました。 見たのは『ゾディアック』です。
暗号文の解読がメインの話なのかと思ったのですが、そうでは無かったです。 むしろ暗号文が占める割合は少なめ。実際にアメリカで起こった事件らしく、事実に基づいた映画って結構私の好みに合うのが多いのですが、この映画は残念なことに正解が無くて ちょっと残念。 まぁ『ブラックダリア』よりは随分ましでしたが。 途中ふっ~と意識が遠のくことはあったけど(^^; まぁ面白かったです。 この事件を、この謎をなんとかして解きたいと思った男たちが次第にのめりこみ、キャリアや家庭や健康を壊していく様子を淡々と描いてあってね、それで犯人が確定できて捕まったのであればすごくスカッとするんだろうけど、多分こいつだろうってところまでしかいっていないのが事実であり、まぁ仕方が無いのよね。 無理に「犯人はこいつです!」って断言して終わるのは嘘になっちゃうだろうしね。 メインの登場人物もまだ生きているのよね、現実には。 この映画の原作者になっているのかな? 
しかし、最初のほうでの殺害のシーンは凄かったねぇ。 あんなに簡単に撃ち殺したり、あんなに人を滅多突きにしたり・・・ でも捕まっていないんだよね、犯人はさ。 主人公の新聞社でイラスト描いていたグレイスミスが地下室の中に男と入っていったシーンは怖かった~ なんで付いて行くんだよー バカーって一人で思っていました。
まぁでも 結構長い映画だったけどしっかり楽しめましたJun
そうそう、観客は20人弱でした。 一応防寒としてカーディガンや車運転中の日焼けを防ぐ長手袋、ひざ掛けは持っていっていたけど、久しぶりに映画見て寒さを感じました。 これから夏本番になるとより一層の防寒用具が必要だねぇ(笑) あ、金曜の夜に見た『ダイハード4』も観客は同じぐらいだったんだよ。公開初日だったのにさ。 多分今日、映画の日に見よう!って思った人がいっぱいいたんだろうね。

しかし、今日は暑かった! 天気予報では雨や曇りだったのに晴れていて車の中でも暑いよ、ほんと。風があったからまだましだったけどね。まぁ 7月だよ。
明日は雨かなぁ・・・ 

じゃあね

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »