« 6/10「つるばら村の理容師さん」 | トップページ | 6/12「黒ばらさんと魔法の旅だち」 »

2007/06/11

6/11「黒ばらさんの七つの魔法」

うー、眠い!
ここのところいつも眠い。 今朝はまた具合が悪くなるくらいトイレを我慢して目が覚めました(笑)4時過ぎかなぁ。
またまたトイレの夢を見ていまして、探しても探してもまともなトイレが無くてねぇ。目が覚めてトイレへ走りました(笑) その後30分くらい毎に目が覚めてさ、 まったくもってもったいないよね~

ところで今日は『黒ばらさんの七つの魔法』(末吉暁子著 偕成社)を読みました。
実は先に読み始めたのはこの次の巻の『黒ばらさんの魔法の旅だち』だったの。
まさか末吉さんのこの黒ばらさんを未読だとは思わなかったので。そしたら読んでないことに気づき、改めて借りてきてこの本から読みました。
短編集って訳ではないけど、1話完結で黒ばらさんの話がのっているの。 黒ばらさんは本当の魔女。ちゃんと魔法が使えるの。でも二級魔法使いだから使える魔法は変身術と飛行術だけ。それでもちゃんと魔法学校に行って卒業したから135歳なのに40歳くらいに見えるのよ。
団地に一人ですんで別の部屋を借りて悩み相談なんかして生計を立てているの。人間くさいよね~
黒猫が迷い込んできた話(ここで13番目の魔女と顔見知りになるのね)、魔法学校の時の同級生が離婚する~って言ってベニスであって人魚の変身を解いてくれ!って言われてベニスに行ってたいぎゃな魅力的な吸血鬼に出会う話、ひでくんと初めて出会った話、ひでくんのお母さんが病気で死んでしまう話、カンボランダという魔法の植物の話(花粉症がひどいのさ、この木の花は)、サンフランシスコで旧友と会い露天風呂パーティわしたけど、実は火事になっちゃってたって話、白ばらっていうインチキ魔女とお母さんからもらった鏡の話。この回でひでくんは魔法学校入学を決意するの。
なかなか面白かったよ。現代の魔法使いの設定に無理がなくってね。
これで安心して次の巻が読めるよ!

黒ばらさんの七つの魔法
末吉 暁子作 / 牧野 鈴子絵
偕成社 (1991.10)
通常2-3日以内に発送します。

今日もいい天気だったけど、夕方になってすごーくどんより。そして湿気が~~ 雨でも降るのかね? 天気予報では雨って言ってなかったけどね。

じゃあね

« 6/10「つるばら村の理容師さん」 | トップページ | 6/12「黒ばらさんと魔法の旅だち」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/15397804

この記事へのトラックバック一覧です: 6/11「黒ばらさんの七つの魔法」:

« 6/10「つるばら村の理容師さん」 | トップページ | 6/12「黒ばらさんと魔法の旅だち」 »

無料ブログはココログ