« こりはここでいたずらしなかったー(BlogPet) | トップページ | 5/17「騎士の系譜」 »

2007/05/17

5/17「孤狼と月」

昨日から今朝にかけて読んだのが『孤狼と月 フェンネル大陸 偽王伝』(高里椎奈著 講談社)です。とうとう手を出してしまったよ、フェンネル大陸 偽王伝!すごく読みやすかった。 薬屋探偵妖奇談シリーズよりも読みやすさはあった。主人公のフェンベルクが まだわかりやすいな。
最初の方と途中からのフェンの置かれた立場、なんと違うことよ!
でもフェンはいい奴だよ。がんばれーー!
ただ、13歳の女の子って割には子ども扱いされすぎだし、強すぎるし・・・そのへんの感覚はやっぱり高里椎奈さんと私の感性と合わないな、と思っちゃいました。13歳でも女の子だと・・・ ねぇ、どうよ?
とにかく続きが楽しみ。
bk1の内容説明は「ストライフ王国で幼くして指揮官に就いたフェンベルクは、グールを従える獣兵師団を率いて外敵を打ち払い、順調に戦果を上げていた。しかし不意に舞い込んだ凶報が、次第に彼女を奈落の底へと導いていく…。 」となってます。
オンライン書店ビーケーワン:孤狼と月

じゃあね

« こりはここでいたずらしなかったー(BlogPet) | トップページ | 5/17「騎士の系譜」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/15108786

この記事へのトラックバック一覧です: 5/17「孤狼と月」:

« こりはここでいたずらしなかったー(BlogPet) | トップページ | 5/17「騎士の系譜」 »

無料ブログはココログ