« 3/5 夏の後は冬 | トップページ | 3/7「しゃにむに GO」 »

2007/03/06

3/6「夏星の子」

もう少し時間かけて読むつもりが帰ってからも一気に読んでしまいました。 タイトルは超ネタバレやなぁ。
『ファイアブリンガ3 夏星の子』(メレディス・アン・ピアス著 東京創元社)です
狂ったコーアが何を秘密にしていて、何故狂って凶暴になったのか。まぁそれは考えていたとおりでしたね。その後もう一ひねりしてて、まぁ読んでいるとすぐ気づくけど、それでつまらなくはならなかったよ。
聖なる谷を取り戻すというのが第一の目的だったのだけど、ファイアブリンガと言われたジャンがもたらした炎とは「火」の事だけでなく、自分ら以外はみんな忌むべき物、さげすむ物、敵って思っていたユニコーンをはじめ色々な生物達に平和的に仲間になることが出来るって教えだったみたいね。最初はすごくやな奴だったけど、なかなか面白かったねぇ。読んでよかったよ。
bk1の内容説明は「聖なる丘を取りもどすため、ワイヴァーンとの戦いに向かうユニコーン一族。一方父王を追うジャンは…。父王が抱える秘密の正体、一族の運命を決める最後の戦いの行方は? 幻獣の世界を舞台にしたファンタジー3部作完結編。」でした。
オンライン書店ビーケーワン:夏星の子

しかし、今日も寒かったよ~ 風が冷たくて泣きそうでした。 寒の戻りなんて嫌いじゃ~ でも三寒四温って言うよね。また暖かくなっても まだ寒くなるって言うことよね? 花冷えって言葉もあるよね。やだなーーー

じゃあね

« 3/5 夏の後は冬 | トップページ | 3/7「しゃにむに GO」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/14162819

この記事へのトラックバック一覧です: 3/6「夏星の子」:

« 3/5 夏の後は冬 | トップページ | 3/7「しゃにむに GO」 »

無料ブログはココログ