« 2/3 竹乃香と大明天 | トップページ | 2/5 食欲が止まらない・・・ »

2007/02/04

2/4「時の眼」

先週図書館で見かけ、嬉々揚揚として借りてきた本、 『時の眼 <タイム・オディッセイ>』(アーサー・C・クラーク & スティーヴン・バクスター著 早川書房)を読み終わりました。 じっくりじっくり読みたかったけど、やっぱり面白くってこれ以上ゆっくり読みは無理だった(^^;)
bk1の内容解説には「近未来の地球で、恐るべき天変地異「断絶」が発生。それに巻き込まれた人々が、過去へと時空を超え…。英国SF界の新旧ふたりの巨匠が、「宇宙の旅」シリーズを新たな角度から描く「タイム・オデッセイ」シリーズ第1弾。」と書いてありました。

いやーよかった! これぞクラーク!って感じ。
共作だとラーマとかみたいにすごくドラマチックというか、人間ドラマっぽいちょっと俗っぽいイメージがあったのですが(それも嫌いではないけど)今回はクラークっぽかったー
あとがきを読むと、今回の共作者スティーブン・バクスターも英国人だからだって。今度「タイム・シップ」読んでみなきゃ。
物語は2037年、国連平和維持軍に所属するインド系イギリス人ビセサという女性とアフガニスタン国民のアブディカディルそしてアメリカ人のケイシーという2人の男性とともに断絶に巻き込まれ、ヘリコプターでの任務中いきなり1885年の大英帝国領のインドのジャムルド砦に不時着するの。そして彼女らはアレキサンドロス大王の軍と会い、バビロンへ。また、同じ2037年、ビセサたちの頭上に居た国際宇宙ステーションから帰還中のソユーズ宇宙船に乗っていたアメリカ人セーブルという女性とロシア人男性ムーサとコーリャも断絶に巻き込まれてしまったの。地球は色々な時代から切り取られてつぎはぎになっててね。 ここですぐ宇宙船は降りず、何周も地球を回ることにより今、地球がどうなっているのかがなんとなくわかるのよね。 で、ケイシーたちと無線がつながり会話もし、バビロンで落ち合うことになったの。完全に自分たちがどんな所にいるのかがわからないよりも ある程度情報を与えるってところがまたより一層物語りに深みが出た気がします。ソユーズはモンゴルに不時着し、チンギス・ハンたちと合流。すごいよね、アレキサンダーにチンギス・ハンだよ。
チンギス・ハーンは「天馬の血族」、っていうマンガで私にはおなじみ。耶律とかも出てきたし、クリルタイという言葉もね。そて 騎馬民族といえば氷と炎の歌のダニーの夫、ドロゴも思い出したよ。そしてアレキサンドロスは映画「アレキサンダー」を見ていたし・・・よかったーと思いました。1885年の人物ではキプリング。「ジャングル・ブック」の作者ってくらいの知識はあったよ。
ラストの2行が不気味。確か『宇宙のランデヴー』のラスト3行にも不気味だったよね~ ラーマのその後は共作になって1とは随分感じが違ったけど、2以降のシリーズを読んだあと、しばらく他のSF読めないぐらいショックというかぐわーんって感じでしたもんねー
「そしてロンドンの屋根の上に、悪意に満ちた太陽が昇ろうとしていた。」だってーーー
そう、このタイム・オディッセイには二部があるの。「太陽の嵐」かな?これは近未来の話でビセサが続けて出てくるらしい。楽しみ~
でも 久しぶりに落ち着いて読んだの。アセアセして先を急ぐのではなくじっくりと。 単なるSFというのではなく、歴史小説の面白さもあって本当に面白かった。やっぱよかばい。
二部でもミールは出てくるとだろうか? その時は「つかまるもの」がなんか重要な役割を果たしそうだけど、違うのかな? あのミールに残された人々はちゃんと生き残れるのかなぁ? 違うもっと平和的な新しい地球、ミールにできるのだろうか? 人間ってどうしても本能的に戦いを楽しむという残虐的な本能が備わっているんだろうねぇ。それから 眼を使ってつぎはぎの地球を作り、人類の最初のサンプルから2037年の人間までをサンプリングした超生物の魁種属、どんなやつらなんだろう? うーん、スペース・オデッセイの直角篇、楽しみ~
027314380000
ん?なんでbk1でリンクできないんだろう?

朝はね、薔薇の手入れをしてみたと。 5月にもらって2回ほど危機的状況を乗り切ったうちの薔薇、ネットで調べたら刈り込んで葉を取ってしまうってあったんで思い切って!
Feb_012これがFeb_014
どう? がんばっていい花咲かせてくれよ! で、その後肥料をやらなきゃなんなかったらしいのですが、生ゴミ処理で出来た土を使おうと思っていたら、いつの間にか使われてました。 いやー、あるつもりだったので共ホームセンターに行ったのに買ってこなかったのだ、肥料。 明日 時間があれば買ってきたほうがいいかな?

で、明日で閉店になる家具屋にまた行ってきたの。この前行ったとき大して安くなってなくて、でもまぁウォーターベッドの防腐剤、ネットで見ても同じ値段だったからいいか、買っちゃえ!ってね。 そしたら防腐剤は売り切れ。代わりに補修キット付きのやつが50%オフになってたので、それを買いました。2625円。 それから、カーテン。もうこの部屋のカーテン、開け閉めの部分がスダレ状態になってたのよ(笑) セシールで調べたら46000円くらい掛かるのね。 ベッドをこっちに持ってきたからできれば遮光のカーテンにしたくて。 そしたらちょっとサイズは違うけど(丈が長すぎ)10%オフで全部で2万円からちーっと釣りが来ました。 よかったー ついでに9800円の掛布団カバーを80%オフ1960円で買っちゃった! ラッキーだよ。 支払いはカードだけど(^^;)
13年ぶりに新しいカーテンを掛けたら別の部屋みたい。 黒っぽいカーテンにしたので ふっとしたとき「あ、カーテン開いてる」なんてバカな勘違い、既に2回しちゃったよ。

さーて、今日は天気良くてだんだんあったかになりそう。今週18度くらいなる日もあるらしいね。 地球温暖化は問題だけど、個人レベルでは暖冬大歓迎だな。

じゃあね

« 2/3 竹乃香と大明天 | トップページ | 2/5 食欲が止まらない・・・ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/13788643

この記事へのトラックバック一覧です: 2/4「時の眼」:

« 2/3 竹乃香と大明天 | トップページ | 2/5 食欲が止まらない・・・ »

無料ブログはココログ