« 1/19「ヴォイジャーの神々」 | トップページ | 1/21 晩白柚と赤いスカート »

2007/01/20

1/20「マリー・アントワネット」

えー、今日はめっちゃいい天気であったかでした。 朝から掃除洗濯を済ませた後、1人で映画に行って来ました。
『マリー・アントワネット』です。私はキルスティン・ダンストって女優さんの顔がどうしても好きになれず、彼女がヒロイン役の映画を見るたび「なんでこんな顔のねーちゃんに恋心をもてるんだよー」って思っていたのですが、この映画の予告を見たとき すごーーく可愛く見えちゃったんです! なので前売り券を買って、公開日の今日行って来ました。 いやー 客の入りは寂しいもん! 多分6人くらい。 絶対10人未満でしたよ。 朝早かったからだと思いたいけど・・・・
映画はね、歴史を求めて行った人には物足りなかったと思います。 でも私はドレスやお菓子なんかを見たい~って思って行ったので大満足でした。 ドレスも綺麗、髪飾りに靴に(水色のバッシュみたいなスニーカーがちらって出てきたけど、あれって遊び心よね?)そしてお菓子に料理、ソファーやカーテン部屋の雰囲気とってもとってもよかったー 色彩が淡い感じで、特にロイヤルブルー? 水色がとても綺麗でした。 お菓子はポップな色もあったな。 そうそう、ポップといえば音楽! ヴェルサイユって感じではなくてロックみたいなのもあれば とにかく現代風。 なんだかすごく意外だったけど、でも映画には合っていたと思います。 マリー役のキルスティン、やっぱり普通に髪を下ろしていると変な顔だったけど(ファンの人、ごめん)髪を結い上げて白っぽい感じのときは可愛かったよ。 びっくりだよ。
マリー・アントワネットって言えば歴史の時間に習ったの以外では「ベルサイユのバラ」だよねー ベルバラはマンガでも読み、宝塚の舞台でも見て(田舎町にも公演に来たんだよ!)そして映画も見に行ったのさ。 あれってフランス人の俳優使って、化粧品メーカーとタイアップしてやってたよねー そうそう、話は脱線するけど同時上映が「オーメン」か「オーメン2」だったのでホラー嫌いな私には辛かった~(笑) 顔を手で覆い、指の隙間からちらちら見てたよ(笑) 田舎町なので映画は最低2本立て、酷いときは4本立てとかあってたもんねー 時期の外れたやつを。
で、話を戻すけど、ベルバラはメインの主役はオスカルだよね。 でもオスカルが死んでも話が続くのでなんで???と思ってたけど、ベルサイユに咲くもう1つのバラがマリー・アントワネットだったんたよね。 フェルゼン伯爵との恋はこの映画でも描かれていたけど、ポンパドール婦人と首飾りの事件とかはなかったなー 革命のときフェルゼン伯爵の手引きで亡命しようとしたってこともこの映画には無かったです。 漫画ではマリーの髪が一夜にして白髪になって・・・・ってシーンなかったっけ? でもね、あんなでっかい宮殿の中だけで暮らしてるとそりゃー庶民の暮らしぶりはわかんないだろーよねー 民衆が食べるものに困ってるってことで「パンがなければケーキをたべればいいじゃない」って言ったって言われてるけど、この映画の中では「私はそんなこと言ってないわ~」って言ってたよ。 映画は馬車に乗って国王と子供たちとヴェルサイユを去るシーンで終わっているのだけど、マリーが最後まで夫である王に付き添っていたのはとてもよかったです。 今でも頭にこびりついている 宝塚のベルバラで聞いた「私はフランスの女王なのだから」っていうセリフが頭の中でこだましてました。あのセリフのイントネーションが面白くてよく真似して遊んでたんだよ。
しかし、その当時の庶民にしてみれば 何を言う!だろうけど、マリー・アントワネットももうちょーっと夫に恵まれて、周りにもっと賢い助言をくれる人がいたら 違ってただろうねー ルイ16世がもっともっとしっかりしてたら、彼女も孤独を感じることなく、遊びに没頭することもオシャレにお金をかけまくることも無く、アメリカの戦争に加担することもなく、税金を上げることもなく・・・・・ まぁ歴史に「もし」を持ち込んでも無意味だけどねー
そうそう、マリーがやっと夫に愛され、子供が授かり その子供と田舎暮らしごっこをしているときってすごーく幸せそうだったね~ まぁ不倫もしてたけどさ。
そうそう、朝食はすごかったー 毎朝あんな料理だったとしたら、料理番の人達はいつから造り始めるんだろう! 毎日の献立、だれが考えていたんだろう? 今度は「ヴェルサイユの料理人」って映画を見たいよ、と思いました(笑)
Jan_046
そして 帰りには食料品の買出しをして、図書館に寄ってきたのですが、待ち望んでいた本が3冊も入っていて、大喜びで借りてきました! ついでに「天と地の守り人」の続編もリクエストしてきたのだ。 頑張って読まないと、返却日に間に合わないぞー(笑)

帰ってから遅い昼食を食べ、夕方はいつものように仮眠(笑) いいよねー 休みの日はこれが出来るから! ただしまたプールにも行かず、チャリンコ漕ぎもしてないので体重は増加中。くーいかんなぁ~
そうそう、チャリンコ漕ぎといえば昨日から こち亀は80巻に。 というのも39巻までは持ってるけど40巻から79巻までは持ってないのよね~ いつかは買い揃えようと思っているのだけど、買ったら買ったで置く場所がないよなー

じゃあね

« 1/19「ヴォイジャーの神々」 | トップページ | 1/21 晩白柚と赤いスカート »

映画」カテゴリの記事

コメント

こりさ~ん、またTB&コメントありがとうございます!

>私はキルスティン・ダンストって女優さんの顔がどうしても好きになれず、彼女がヒロイン役の映画を見るたび「なんでこんな顔のねーちゃんに恋心をもてるんだよー」って思っていたのですが、

わははは~
全く同感。スパイダーマンとかね、なんで!っておもってましたわん。
でもマリー・アントワネットはかわいかったですよね♪

お菓子の映像は、と~っても食べたくなっちゃったので、やばいのですが・・・

ベルバラのおかげで歴史的背景とかわかったですよね!

こちらからもTBさせていただいたのですが、反映されなくて何回かやっていたら2つおくられちゃいました。ごめんなさい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/13590419

この記事へのトラックバック一覧です: 1/20「マリー・アントワネット」:

» マリー・アントワネット [JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD]
これは劇場で見て、レビューを書きそびれていたもの。 マリー・アントワネット (通常版) DVDで再見しました。 nouilles-sauteesさんにはいえませんけど、劇場でマチュー・アルマリックを確認できなくて・・・#63906; いえ、そうかな~と思った人はいたけど、確信が持..... [続きを読む]

« 1/19「ヴォイジャーの神々」 | トップページ | 1/21 晩白柚と赤いスカート »

無料ブログはココログ