« 12/12「ミス・マープル 書斎の死体」 | トップページ | 12/13「007 カジノ・ロワイアル」 »

2006/12/12

12/12「獣の奏者 Ⅱ王獣編」

読んでしまいました。 『獣の奏者 Ⅱ 王獣編』(上橋菜穂子著 講談社)
bk1の内容説明には『王獣の子、リランを救いたい一心で、王獣を操る術を見つけてしまったエリンに、学舎の人々は驚愕する。しかし、王獣は「けっして馴らしてはいけない獣」であった。その理由をエリンはやがて、身をもって知ることになる…。 』とあります。
ラスト10ページくらいは涙がボロボロこぼれてきて、本当にもう! でも最後は悲惨ではなかったのでよかったです。 『孤笛のかなた』をちょっと思い出しちゃいました。 政治が絡んでくるとなんでこんな暗い話になっていくのかなぁ。 人間はなんで権力とか見栄とかとかそんなくだらないものにこだわるんだろうねぇ。 エリンとリランだけなら、ずっとカザルム学舎だけで過ごせたならねぇ。 イアルとの絡みはよかったな。 物語の後、エリンとイアルが一緒に暮らせたらいいのに、なんてつい思っちゃいました。 そうなったら茅田砂胡の世界なんだけどなぁ。
とにかく、このお話もよかったです。 上橋さんの本にはハズレが無いなぁ。好みにすごーく合っています。 『天と地の守り人』も早く読みたいな。
オンライン書店ビーケーワン:獣の奏者 2
じゃあね

« 12/12「ミス・マープル 書斎の死体」 | トップページ | 12/13「007 カジノ・ロワイアル」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/13042195

この記事へのトラックバック一覧です: 12/12「獣の奏者 Ⅱ王獣編」:

« 12/12「ミス・マープル 書斎の死体」 | トップページ | 12/13「007 カジノ・ロワイアル」 »

無料ブログはココログ