« 12/10「つるばら村のはちみつ屋さん」 | トップページ | を見たのですが(BlogPet) »

2006/12/11

12/11「獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編」

昨晩1章だけ読み、今日は残りを全部読んでしまいました。それが『獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編』(上橋菜穂子著 講談社)です。
bk1の内容説明には「獣ノ医術師の母と暮らす少女・エリン。ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母は処刑されてしまう。孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられ暮らすうちに、天を翔ける王獣と出合い…。」と書いてありました。
よい! なんだかバルサの世界、勾玉の世界、風神秘抄を思いださせた。この巻ではエリンが母親をなくすシーンなどはとても酷なシーンですが、その後のジョウンとの蜂飼いの暮らしはとても幸せな時間。 ただ合間に出てきた真王、大公の関係などが2巻はどろどろしそうだなぁ・・・・と思わせます。 幸せな結末ならいいなぁ。
しかし昨日読んだナオシさんも養蜂家。 この本も養蜂がとても重要な位置を占めていて なんだか「おぉ」と思ってしまいました。 今、私の中で養蜂はブームが来てるの? 明日蜂蜜を買いに行く予定だけど、身分不相応な高価なものを買わぬよう気をつけなきゃ(笑)
オンライン書店ビーケーワン:獣の奏者 1
今日は仕事が終わった後会社の人達3人で食事に行ったの。 ホテルのお食事券を貰っていたから。 でも・・・2.3人前と言っていた割にサラダ以外は一人分としか思えない量。結局追加で頼んだのですが、パスタ、ひどかったー 麺は軟くてのびてる感じ。 最後に頼んだフルーツとアイスのグラタンは甘かったけど美味しかったかな?ただ、中に入っているフルーツでオレンジ(?)はだめだろう、と思いました。 味が合わなかったよ~
とにくかお腹は膨れたけど、味はイマイチ。 もう行かないだろうな。

明日から一応チャージ休暇と言うことで三連休です。 特に旅行に行く予定はないのだけど、のんびりしちゃうつもりです。

じゃあね

« 12/10「つるばら村のはちみつ屋さん」 | トップページ | を見たのですが(BlogPet) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/13034432

この記事へのトラックバック一覧です: 12/11「獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編」:

« 12/10「つるばら村のはちみつ屋さん」 | トップページ | を見たのですが(BlogPet) »

無料ブログはココログ