« 12/9「ミス・マープル 予告殺人」 | トップページ | 12/11「獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編」 »

2006/12/10

12/10「つるばら村のはちみつ屋さん」

なんてことでしょう! 「さぁ、今日はスタートレック見よ~っと」と思って見ていたら、タイトルが終った途端始まったのは「奥様は魔女」! がーん、何故かわかんないけど、わざわざ巻戻してスタトレに重ねて録画したみたい。 がっかりだよ~ 本当は第137話『フェア・ヘブンの反乱』だったのにー エピガイ読むとイマイチの出来だったと書いてあるので、それを信じて我慢しよう・・・・
しかし ボケてるなぁ、ほんと。 今週はバカなことしないようにしなくっちゃ。
で、読んだのが『つるばら村のはちみつ屋さん』(茂市久美子著 講談社昨日図書館で見つけて借りてきたの。 最新のかと思ったら去年の3月に出ていたのねー 知らなかった! これもつるばら村の話しだけど、主人公はパン屋のくるみさんではなく、養蜂家のナオシさんの話し。 毎月ごとに12の話が載っていました。
うーん、まぁまぁかな。 でも、一匹のミツバチが一生の間に集める蜂蜜がたったスプーン半分だってこと知ってびっくり! じゃあとろーりとろとろのハチミツを集めるには何匹の蜂たちが頑張っているんだろ! と思うと、今更ながらすごーい! 蜂たち偉いよ! そういえば今うちにはハチミツ切れていたんだった。 買ってこないとね。 安いハチミツだと水あめがたっぷりでハチミツはちょっぴりだから、今度はちーっとばっかり奮発してまともなの買うべきかしら? でもまともな物って高いんだよねー まぁ1匹スプーン半分なら高いのも仕方ないんだな。
イラストはまた柿田ゆかりさん。 うーん・・・最初に中村悦子さんの絵で刷り込まれてるから、やっぱり中村さんがいいな。 またくるみさんの話になったら中村さんか描くのかな? くるみさんとナオシさんが結婚したらどっちの方がイラスト描くのかしら?(笑)
オンライン書店ビーケーワン:つるばら村のはちみつ屋さん

今日は昨日と違っていい天気! 冷え込むような予報だった割には暖かでした。 午前中お出かけして、帰ってからちょっと布団干して・・・ おかげで夏の羽根布団と羊毛布団を押入れに仕舞うことができました。

さーて、今夜は何を食べようかなぁ・・・
じゃあね

« 12/9「ミス・マープル 予告殺人」 | トップページ | 12/11「獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/13013746

この記事へのトラックバック一覧です: 12/10「つるばら村のはちみつ屋さん」:

« 12/9「ミス・マープル 予告殺人」 | トップページ | 12/11「獣の奏者 Ⅰ 闘蛇編」 »

無料ブログはココログ