« 11/21「つるばら村のパン屋さん」 | トップページ | 11/22「セントラル・ステーション」 »

2006/11/22

11/22「つばき、時跳び」

カジシンのエッセーで読んですぐ図書館に予約を入れていた本、 『つばき、時跳び』(梶尾真治著 平凡社)を読み終わりました。 すごく優しい文章で、とっても読みやすく、本当は1日で読みきりたかったのですが、それももったいなく2日かけて読みました。
やっぱりカジシンはいいです。 好きだなぁ~ 戸にこの本は私の好きな時間物。そしてご当地SF(舞台が熊本市なの)! 好きにならない理由がみつかんないよ。 ラストも素敵だったしねぇ。好みの終わり方。
花岡山、長いこと行っていないけど久しぶりに行ってみたくなりました。 いきなり団子(「だご」と是非発音してくれー)も食べたくなったよ。 この本は図書館から借りた本だけど、文庫落ちしたら購入して手元に置いておきたい本ですね。それから、中に出てきた松本喜三郎。 そうそう、熊本現代美術館で展覧会あったよ。 2年位前。その時は生き人形があまりにリアルで気持ち悪くて、見に行こうなんて考えなかったの。ちっ、すごーく残念なことしちったぜ! 現代美術館の広告は見たのになぁ。 もし行っていたらつばきに会うこと出来たのかな?
この本の舞台になっている百椿庵はカジシンの家だったところだって。そっかー
オンライン書店ビーケーワン:つばき、時跳び

さー、明日は休み。得した気分。 八代ではお祭ですが、私は行きません。多分家でDVD見てのんびり過ごすはず。 今日はレンタル半額の日だったので何枚か借りてきたのよね。天気も悪いし(既に夕方前から雨です)最近うろついてばかりだったので、家も綺麗にしなきゃね~(DVD見てだらだらして終りそうだけど)

じゃあね

« 11/21「つるばら村のパン屋さん」 | トップページ | 11/22「セントラル・ステーション」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/12784150

この記事へのトラックバック一覧です: 11/22「つばき、時跳び」:

« 11/21「つるばら村のパン屋さん」 | トップページ | 11/22「セントラル・ステーション」 »

無料ブログはココログ