« きょうもじょかがここへ休みも仕事したの(BlogPet) | トップページ | 11/21「つるばら村のパン屋さん」 »

2006/11/20

11/20「未来からのホットライン」

先日、「SFが読みたいじょ~」の発作に駆られ手に取ったのが 『未来からのホットライン』(ジェームズ・パトリック・ホーガン著 創元推理文庫)です。 今日読み終わりました。 2度目だけど、思ったとおり覚えていなくて(どこかの地下に機械があったってことしか覚えていなかった。めでたい人間だ)、ネタバレの心配も皆無に楽しめました(笑)
やっぱ好きだこの本も。時間物なんだけど、いわゆるタイムマシンやタイムスリップなどと違い、未来から過去へコンピューターを使ってメールを送るっていうのがとてもいいよねぇ。 タイムパラドックスもうまく処理してあると思うし、過去に伝言が伝わるたび丸ごと再構築されて、本人達は気づかない。でも私ら読者にはもちろんわかっていて、大事件を未然に防ぐって感じかな。
20年以上前の作品。でもね、作品自体はあまり古くは感じないの。ただ、2010年が舞台の話なので、危ない、危ない。もうすぐ追いついちゃうよ(笑) 今回読んで一番違和感を感じたというか、今の作品ではないなぁと感じたのは冒頭、マードックとリーが出会い、シャトルに乗り込むまでの行動。 煙草を吸ってるの! 今では公共の乗り物に煙草を吸いながら乗るなんて考えられないでしょ! でもホーガンがこれを書いた頃は 禁煙がこんなに巾を利かす世界がやってくるなんて考えられなかったんだろうなぁと、妙な所で感慨深く感じたのでした。事件を未然に防ぐってのが醍醐味のはずだけど、マードックとアンのロマンスがどうなるかの方が気になっちゃって! 再構築後の世界では彼らはどうなるんだ!ってね。いいよねぇ。とっても読ませますぜ。最近(といっても10年以上前かな?)のホーガンはだんだん政治の力や権力との戦いみたいな そっちの方に力が入ってきた感があり うーん・・だったけど(とにかく最近新しいのは読んでいないのでなんともいえんが)初期のホーガンはとっても好き! あと何冊かは持ってるから読み返そうかなぁ。 図書館からの本を読み終えたら 読んじゃおう!
オンライン書店ビーケーワン:未来からのホットライン
今日はまた会社でケーキ食べた! でも昨日は手を出さなかったティラミスだったので むふふって感じ。昨日あんなにお腹いっぱいで苦しかったのに、1日経つと平気で入るんだねぇ(笑) ただ、晩御飯も食べすぎた感じなのでお腹がパンパン! 本当はテーブルの上にあるカルビーのサッポロポテトバーベQも食べたいんだよなぁ。困ったもんだ! ここらで体重計に乗って自らを戒めなければならないのに・・・・

じゃあね

« きょうもじょかがここへ休みも仕事したの(BlogPet) | トップページ | 11/21「つるばら村のパン屋さん」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/12760858

この記事へのトラックバック一覧です: 11/20「未来からのホットライン」:

« きょうもじょかがここへ休みも仕事したの(BlogPet) | トップページ | 11/21「つるばら村のパン屋さん」 »

無料ブログはココログ