無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/31

8/31「X-MEN ファイナル ディシジョン」

試写会に行って来ました。 『X-MEN ファイナル ディシジョン』です。
なかなか面白かったですよ。 アメコミってわかって見ていたからね。 いつものように最後の最後まで座ってたのですが、最後にワンシーンあったので、これから見る人はちゃんと終わりまで座っていた方がいいと思います。仕事で大きくミスってしまい(ミスったのは数日前。今日それが判明したの)それでも頑張って早く帰ったんだけど、劇場に着いたらもう前の3列、それも端っこしか空いてなくて、(指定席になってます)2人でいったけど、並ばず前後の席なら後ろの方が空いていたのでそこにしたの。 行ってびっくり! 会社の私が好きではない人の前じゃん! いや、今日行くとは知っていたけどまさかこんな近くの席とは・・・ なので寸前に一緒に行った人をそこに座らせ、私はその前の席に座りました。

ところで映画の中身ですがーー 完全にネタバレしますので、見る予定の人はご注意下さい。
映画の試写会って
いつも抽選会が
あると思っていた
けど、映画館が
主体だと何もない
のねー

・ファイナルってやっぱ嘘だよねぇ。 まぁアメコミなので延々続くんだろうけどさ。これからいくらでも続編作ることが可能だよ。って終わり方。 通常のラストシーンでは、イアン・マッケランのマグニードが人間になってしまい、公園で寂しく一人チェスをしていたのだけど、カメラが回り込んでいって 私はてっきり同じく人間になったミスティークが来たのかと思ったの。 違った。 なんとまぁ 金属で出来たチェスのコマが手を使わずにビリビリと動いておしまい。「キュア」は永遠には効かないってことね?
・エンドロールの後のワンシーン。パトリック・スチュワートのプロフェッサーが子供たちに倫理の授業で使っていたビデオの中の病室が登場。 なんとその脳が働いていない男の中にプロフェッサーの意識が入り込んでいたの。こりゃーいつでも続編OKだよね。 でもパトリック・スチュワートが出てないなら見る価値半減。
・ジーンがすごーくもてているけど、私の好みの顔ではないのだなー 絶対ハル・ベリーのストームの方が美人だし、私の好みです!
・主人公なんだろうけど、ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンはどうも好きにはなれないなぁ。 ジャックマンが嫌いではなく役柄がね。
・サイクロップスがあんなに早くあんなにあっけなく消えてしまうとは思いませんでした。 キスして消すってなんだよーって感じ。訳わからんよ。
・プロフェッサーが消されるときの顔、年取ってたよぉ
・ジーンの最後もあっけなかったー ただ刺されて終り? そんな簡単に死ねるわけ? びっくりだよ。
・キュアの少年、そばに寄るだけだと その時だけミュータントの力を消すってこと? なんか変なのー でもあの子は可愛かったので許す(笑)
・あ、ミスティークが人間になっちゃったとき、色っぽかった~なのにあっさりと捨ててしまうマグニード、その他のミュータントたち、酷すぎ~ バカタンめー それこそキュアの力が消えたらミスティークはプロフェッサー側に付くかもね。
・エンジェル、顔はイマイチだけど、あの羽根はすっごーーーく素敵でした。 しかし彼が救ったのは誰?私は父親と思ったのだけど・・・ 父親って大統領? ただの金持ち? キュアを開発した責任者? この3人 同じ人に見えたけど、完全に勘違いなのかなぁ・・・ 誰が教えて~
・イアン・マッケラン、一度 しょうへいちゃんに見えるともうずーーーっとだよ。 ごめんねぇ ガン爺

まぁそんな感じかな?


またTSUTAYAでDVD借りてきてしまった。 今日はいーっぱいお金使ったよ~ 明日からまた地味に行こう(笑)
じゃあね

2006/08/30

8/30「ミス・マープル3」

借りてきた最後のDVD、 『ミス・マーブル[完全版]3 スリーピング・マーダラー』を見ました。
途中邪魔が入り、一時停止が完全に停止になっちゃうくらい途切れてしまったけど、今日のは話が見えやすく、面白かったです。新婚の夫婦が家を探していて、奥さんがすっごーく気に入って買った家。実は幼児の頃奥さんはそこに住んでいたことがあり、その時に「ヘレン」という金髪の女の人の絞殺死体を見た記憶があった・・・というのを劇を見ていて思い出したの。 その新婚夫婦は謎を解くべく調査開始。 夫の親戚にミス・マーブルがいて、要所要所で情報を仕入れてくるの。
今回はね、結構早い段階で真犯人が私にもわかったよ! しかし あの新婚の奥さん、よくもまぁあんな大きな家に一人で寝泊りできるもんだ! 私にはぜーーーーーーったい無理だなぁと思いました。 大きい家に住むのって家事をしてくれる人、例えばメイド、コック、庭師そして執事がいなきゃ嫌だな~ 一人で掃除とか絶対無理。あっという間におばけやしきのようなっちゃうよ、私一人だと(笑)
やっぱ身分相応にこじんまりとして部屋数が少ない家がいいな。6つも寝室があってどーするよ!

明日は試写会なので 今日みたいにダッシュで帰ってこようと思います。 その後晩御飯は外食しよーっと!楽しみ。
今朝は主食が無くてスコーンを焼いたけど、明日はばたばたしないように今夜のうちに干したカシスの入ったrコーンを焼いておきました。 作り出してから牛乳をヨーグルト作りに使い切ったことに気付きまして、卵も切れてるしハチミツもないし・・・ 結局練乳と最後は水を加えて焼きました。 どんな味になったことやら(笑)まぁ明日のお楽しみってことで。

じゃあね

2006/08/29

8/29「ミス・マーブル 2」

昨日に引き続き『ミス・マーブル[完全版]2 バートラム・ホテルにて』を見ました。

完全版の意味を履き違え、昨日は眼鏡で読みにくかったのに字幕で見ていたら、ちゃーんと吹き替え版もありました(^^;) で、今日は吹き替えで見ていたのですが、あまりに登場人物の派手なおばさんの声が聞きづらくて結局字幕版にして見ました。 今回の話は昨日の以上に何が事件なのか、いつまでもいつまでもわからぬまま進んで行ったのですが、ほーそうきたか! 黒幕は意外でした。 ホテルがあんなふうに関わっていたとは。そして あのドアマンとはそういう意味でそうだったのかー(何のことやらさっぱりですなぁ)
今回は古きよき時代の英国のホテルでのお茶のシーンが多くて、ものすごーーーく紅茶を飲みたくなりました。 ケーキも食べたいよぉぉ でも暑いし面倒なので飲んでません。 優雅に振舞うような格好もしていないし(^^;)
さ、借りてきたのはあと1枚。 これは明日の晩見ます。

やっと職場にクーラーが復活いたしました。 工事に来たのが12時前だったのですが、工事の時の音が大きいのと暑いのと何やかんやでもう少しで切れそうになりました。 あ、工事の人にではなく、職場のおばちゃんにね。
その後もプリンターの調子がよくなくて紙詰まりばっかりで もーーーんのすごくイライラ。 6時半過ぎまで残業してしまった。 上司が焼いた美味しいピザが無ければ、もー気が狂ってたかも(笑) こんな時は甘いチョコレートでもつまんでおくといいんだろうけど、あいにく手元に無かったです。 残念。

今夜は暑い気がするけど、クーラーはつけずに寝よう。

じゃあね

8/28「ミス・マーブル1」

前から見たかった『ミス・マーブル [完全版]1 復讐の女神』を見ました。

DVDには204分と書いてあったので、こりゃー気合入れて見なきゃ!3枚も借りてきたの失敗だったかなぁと思っていたのですが、実際は約50分の話が2話、「復讐の女神」の前後編でした。イギリスのテレビで放送された完全版のやつと日本で放送した奴が入っているみたい。 それを合わせと204分になるんだと思います。 あ、確認はしてないけど、多分そうでしょう。
ミス・マーブルは存在は知っていたけど見るのは初めてだったから、1話はスパイになったミス・ポリファックスみたいに普通のばあちゃんのミス・マーブルが初めて事件を解決する話かと思っていたらそうではなかったです。 既にもう賢い老婦人してました。 何が事件なのかよくわからないまま物語は進んで行ったのですが、そっかー、息子の濡れ衣と真犯人を見つけ出す話になったんだねー 結果として。
ミス・マーブルのボディーガードが意外な人物で驚きました。 でも痛快って感じでした。役者さんの名前は知らないのですが、静かに物事を見極め観察している表情・雰囲気、とってもいいです。 ミス・マーブルみたいな隣人が入ればいいのに。

じゃあね

2006/08/28

8/28「わたしたちの帽子」

図書館で借りた本、 『わたしたちの帽子』(高楼 方子著 フレーベル館)を読みました。高楼さんの本ということで借りてきたのですが、挿絵もなんかいい感じ。
でもうーん・・・ 期待が大きすぎたかな? いや、悪くはないんですが。
古いビルの中の冒険の話。 家の改築工事のため1月だけそのビルに住むことになった5年生になるサキ。 彼女は備え付け家具の中のタンスの中でみつけた葉っぱや花の模様のキルト仕立ての帽子。それを被ってビルの中を歩くと不思議なことが起こるの。 育ちゃんという女の子と出会い、不思議な扉をくぐって不思議な階段を登り屋上に出たり、モグラのおじさんがやってる劇の練習を見たり。
謎解きがあって ちょっとがっかり、でもやっぱり不思議はあったので○ ってとこかな。
ちょっぴり「マルコビッチの穴」を思い出しちゃいました。
オンライン書店ビーケーワン:わたしたちの帽子

今日までクーラー故障の一日。明日、いつごろ修理に来るのかな? 今からDVDを見るのだけど、なんと206分もある! それって3時間以上ってこと? どっぴゃ~ 見終わるの何時? 今日は帰りすんごく眠くて信号待ちのとき一瞬気を失っていたというのに・・・・・ まぁ 遅く寝たら朝まで続けて眠れるかもね。

8/27「戦国自衛隊」

そんなに興味はなかったけど、 『戦国自衛隊』を見ました。 最近のではなく、千葉真一が主役をやってる古い奴です。 以前テレビでやってたとき、薬師丸ひろこが出ているシーンだけ見たことありました。
自衛隊の小隊(?)が何故だがタイムスリップして戦国時代の真っ只中にきてしまうっていうお話です。 金星の位置がずれていると言ったとき、既にタイムスリップしていたのか、それともその後なのかちょっとわかりにくかったです。 あと、タイムパラドックスはほぼ無視してあって、うーん・・・・ まぁ多くは考えない方がいいみたい。
しかし、好き好んで戦の中に入りたがる人がいるなんて、想像できないなぁ・・・ 平和が一番だと思うのだけど。ドンパチなんてやんなくていいし、死ぬまで戦争とかにかかわりたくないと思います。でもあタイムスリップした自衛隊員の中には昭和の時代ではドンパチできなくて物足りなく思ってた人がいたみたいですね。 うーん。
しかし、平和主義は置いといて、見ていて不満だらけ。 というか、自分がもしあの主人公だとしたら、まずタイムスリップが起きて簡単に帰れないと自覚した段階で武器や燃料の在庫チェック(?)して、無駄に使わないよう厳しく制限するけどなぁ。 バンバン機関銃とか撃ちまくって、弾がもったいなーいと思っちゃいました。 それに簡単に船、沈めちゃって・・・・もっと大切にすべき。船の燃料は車や戦車、ヘリには使えないと?(何分素人なもんで よくはわかんないけど) 武田信玄との戦いが始まってからも 自分らの近代兵器にうぬぼれていたのかしれないけど、なんとまぁ なんとんくれん無駄な戦いをすることよ。 まずヘリで本陣を探し出し、いきなり武田信玄の首を掻っ切り、兵士たちのやる気をそぎ、自分らの兵力はなるべく温存しつつ、負けたほうの兵隊達を自分らに取り込んでいかなきゃあーた、天下なんてとれないよ。 と素人な私は考えたんですけど、どうでしょ? 結局弾も無く、燃料も無く、乗り物は全て放棄、仲間も死にまくっちゃったでしょ。 やれやれだよ。
しかし、見ていて思ったのは戦国時代の女のたくましいことよ! 懐かしの小野みゆきが最後の最後までついてきて、そしてじっと見つめてさいごまでしぶとく生きていたよね。夜這いにあってた後家さんだって、たくましいってことよね。 男は戦でぼろぼろになって、残された女子供もぼろぼろになるけど、でもしぶとーーーーく生き残るのもまた女なんだなぁと 思いました。
でも見ていてさ、みんな若くてびっくりだよー 特に今は鬼わたで有名な角野卓造さん? ひゃーってなくらい若かった! 真田広之もすっげー若い! JACの星だったんだろーねー って感じでした。

じゃあね

2006/08/27

8/27「X-MEN 2」

試写会に備えて『X-MEN 2』を見ました。 見始めてすぐ「ん?これ見た?」でも自信ない。 そのまま見続けて、んーどうも見た感じが・・・でもそこまで覚えていない・・・・
見終わって調べてみたら2004年の3月に借りてきて見ていました。 ひゃ~ びっくり。ただ一緒に見ていた者も覚えてなかったのでした。2年前にも一緒に見てたのにさ(笑) それくらいの映画だったのかね。
まぁ アメコミですよねー パトリック・スチュワートが好きさ。 ハル・ベリーも好き。まぁ これで話の流れを思い出すことは出来たので、ファイナルはばっちりでしょう。

じゃあね。

8/27「きみがいた時間 ぼくのいく時間」

昨日図書館で借りてきて読んだのが『きみがいた時間 ぼくのいる時間 -タイムトラベル・ロマンスの奇跡』(梶尾真治著 朝日ソノラマ)です。
朝日ソノラマっぽくない本です。あ、見た目が。 ていうか 私はソノラマ文庫のイメージしか持ってないからかな?
中はカジシンのタイムトラベル物の短編が4つと、成井豊さんとの対談とかが載ってます。短編は2つは初めて読んで、2つは以前読んだことのあるものでした。 いやーでもいいわぁやっぱり!
「きみがいた時間 ぼくのいく時間」この本のための書下ろしです。クロノス・ジョウンターの続きと言うか外伝と言うか・・・ クロノス・スパイラルという機械を使って愛した女性と生まれてくるはずのわが子を救いに行った男の話なの。よかったよぉ。すごーーくよかった。 やっぱ結末はいい方がいい!
「江里の"時"の時」黒沢という男がWH(ワームホール)固定装置というのを作り、1万年前の世界へ行き、そこで小さい岩をどかしたことにより違う未来が生まれ、その世界に江里がいて、その世界はもうすぐ消滅することになっていて、彼女を助けるため黒沢は行き、戻ってこなくて「ぼく」が探しにいって岩をどけたら 江里と黒沢が二人仲良く生きている世界だったの。 うーん、いいねぇ
「時の果の色彩」これは読んだことある。 母親が臨終を迎えるところにタイムマシンを使い訪れる話
「美亜に贈る真珠」カジシンのデビュー作。 なんでアキは美亜を捨てて航時機に乗っちゃったんだろうねぇ。
本人も言ってましたが、読み終わってハッピーな気持ちになれる本。いいですねぇ。気持いいっす! やっぱりカジシンの本、好きですだー そういえば『サラマンダー殲滅』、もう一度読み返したくて購入したのに、読み返せずにいるのは、最初に読んだときに号泣しちゃったからかなぁ・・・
オンライン書店ビーケーワン:きみがいた時間ぼくのいく時間

昨日は夜の9時半から玉名の竹乃香という家族風呂温泉に行って来ました。50分2100円と高いのですが、気持ちよかったです。十四乃湯(疋野の湯)という部屋で内湯が自然石湯、露天がくり貫き岩湯とかめ湯でした。脱衣所はたたみの部屋でクーラーと洗面所とトイレつきなんです。 至れり尽くせりだけど、私としてはそこまで尽くさなくていいから、安くして~って感じです(笑) 帰ってきたら1時でした。
朝は明るくなってからは1時間とか30分おきに目が覚めつつも9時半まで寝てました。 また夢で変なトイレに入り、思いっきり用を足したのにおねしょしてない自分にかんどーしつつ、起きました(笑)
TSUTAYAが半額(といっても旧作のみだけど)セールをしていたので借りに行ったけど、やっぱりいつも行く所と比べると高いです。 映画の種類が多いのでいつもの店に置いていないDVDを3枚借りてきました。 それと試写会が当たったXメンのために『Xメン2』を借りてきました。 帰ってきて見ていたけど、眠くなってしまい途中で止めて昼寝してたの。 続きをまた見なきゃ。

じゃあね

2006/08/26

8/26「ボーグの絆を求めて」

今週のスタートレック・ヴォイジャー第122話『ボーグの絆を求めてでした。なんだか今日からやってる日テレの24時間テレビに合わせたようなタイトルねぇ。 とは言っても私は24時間テレビは見るつもりはないの。 興味ないというか、重くて好きじゃないのさ。 むかーーーーし手塚アニメをやってた頃はすごーく見たかったけど、その頃は熊本にKKTは無かったのさ。
えっと、タイトルの通り今週の主役はセブン・オブ・ナインです。 彼女がまだドローンだった頃に起こった出来事とその時にいたドローンたちの話でした。 番号から言うと7番目だけど、惑星に不時着して生き残った中では一番リーダーしてたのはセブンだったね。 数が大きい方が偉いのか? ドローンはそんなこと関係ないんだっけ? 個になれた昔の仲間たち。よかっねぇと言いたいけど、ちょっとだけしか時間がないなんてかわいそう。 どうにかならないんだろうか? ラストシーンのナオミ・ワイルドマン。ほんといい子だよ。セブンとドクターのコンビもいいけど、セブンとナオミのコンビもいいねぇ。
艦長やその他のクルーは完全に脇役。しかし艦長の部屋というか作戦室、物置状態だったね。 笑っちゃったよ。

それから 惑星の話題が盛り上がってる今、やっぱり我慢できず朝から読んだのが 『月虹 -セレス還元-』(水樹和佳)です。この話、大好きなの。 これも25年くらい前のマンガよね? 何度も読んで、読むたびにポロポロきちゃいます。 私が持っているのはぶ~けコミックスなので前後編の奴です。あぁ そういえば水樹和佳さんのだと『イティーハーサ』を読み返さなくちゃなんなかったなぁ。 完結して一気読みしたい!と思ってて、確か1度はやった気がするけど、その後何度か手はのびたものの 読み返す勇気が無いのであった(^^;)
オンライン書店ビーケーワン:月虹

今日も暑い1日です。 背中に保冷材タオルに包んで背負ってます(笑)図書館も買い物も済ませました。 スタトレのビデオも見ました。 プールは・・・・・へへへ やっぱ今日もサボりだぁ(笑)
夜遅く温泉に行く予定。 それまでは何しましょうか? このままだとどーも昼寝して1日が終わりそうです。 ま、それもいいか!

じゃあね。

2006/08/25

8/25「アトムの子ら」

図書館に行きそびれていて読む本がなくって、蔵書の中から選ぶことに。 SFが読みたい気分だったけど、ハードな気分ではなくて・・・ で選んだのがアトムの子ら』(ウィルマー・H・シラス著 ハヤカワ文庫)です。 残念ながらbk1に画像がなかったわ。 この表紙、女の子に猫にきのこ雲、嫌いではないのになぁ。しかしこれ、なんと24年も前に買った本でした。 読むのは3回目くらい? タイトルがいいじゃない。 とってもいいよ。
ティムという少年が主人公。平凡に見える彼は実は天才。まだ14歳だけど、ペンネームを使って小説を書いたり、建築家になったり、作曲したり・・・ 両親は原子力研究所の事故で亡くなったのだけど、その事故が原因で生まれたミュータントだったの。 ミュータント物といえばこの「アトムの子ら」と「スラン」が真っ先に浮かんできます。 しかし この作品、1948年とかそのくらいのものなんだねー
その天才少年ティムの信頼を得た心理学者のウエルズとティムはきっと他にも親が事故に遭ったために生まれてきた仲間がいるはず、と思って仲間を探すことにし、そしてその仲間を集めて学校を作るの。
でも私は学校が出来てから、章で言えば3章以降より、最初の「少年の秘密」と2章の「捜索」の方が断然好きだなぁ。 ティムがこんなこともあんなこともやってるってわかるところがすごーくわくわくして好き。 2章に出てくる精神病院に入れられた女の子が実はこんなことやあんなことをしてるってわかつていくのがどきどきするよ。その点、学校に集まった子供たちからは天才の輝きがあーんまり感じられなくてワクワク感が薄れちゃうのよねー
ただ、ワクワクとかドキドキとか全然違うんだけど、学校で起こったいたずら事件のくだりはちょっと考えちゃったよ。いたずらの犯人を見つけたとき、犯人は子供たちにものすごーく糾弾されるのだけと、犯人の考えがそこまでおかしいと思わないの。 いたずら自体は(特に最初の卵の件は)ひどいなぁと思うけど、犯人だと気付いた犯人の言動というか考えには反発より同意しちゃう感じなんだなー 多分今の世の中はこの犯人のような考え方で満たされているのだと思うのね。 合理的、効率第一主義・・・・ うーん、病んでるかなぁやっぱり。 まぁ多分作者はキリスト教なんだろうなぁってのもあるんでしょうけどね。 まぁ難しいしところだ。 日経新聞に載ったエッセーについてのニュースもなんだかとてもタイムリーな話題になっちゃうな、犯人発覚のシーンを読んでると。
最後はちょっとがっかり。 まぁこれ以上広げるよりああいう終わり方のほうがいいのかもしれないけどね。
まぁとにかくこの本はなかなかのお気に入りなのでした。

さーて、今日も暑かったです。 クーラーはまだ故障中。 火曜日に修理に来るようなので、月曜まではなんとか考えないと。 保冷材は午前中しかもたなかったので、月曜は交換用の保冷材も持っていって冷凍庫に入れておきたいけどー 冷凍庫にスペースあったかなぁ? 無いような気がするんだよね。 ま、いいか。 とにかく明日からまた休みたい。 よく考えると明日からの週末はいわゆる夏休み最後の週末なんだねー 小学校の頃どこにも連れて行かなかったから、と天草の水族館につれていってもらったことを思い出します。 8月もあっちゅーまに過ぎちゃったなぁ。 暑いと言いつつも朝とか夜とかちょっぴり涼しい風もたまーに(笑)吹いたりして、あぁもうその辺まで秋がきちょっとかもーと思うと わびしくなりますだ。

あ、そうだ! とうとう惑星の数が決まったね。 12個になるのか8個になるのか、ここんところ興味深深で眺めていたのだけど、冥王星は惑星ではなくなってしまったのね。 そーか、そーか。 太陽系の惑星と言うとつい口を出てくるのが「水金地火木土天海冥、水金地火木土天海冥、太陽回る みんな仲間さっ~」ていう アニメのエンディング。 何のアニメだったのかはどーしても思い出せないのだけど(ロボット物であったのは確か)この歌も一時期は「すいきんちかもくどってんめいかい!」って歌ってた(私が)時期があったりしてさー なのにもう「冥」は入れちゃダメなのねん(笑) まぁ一番お尻の星が消えただけいいかー これが途中の星が無くなったり、途中に1コ入ったりしたらそりゃ~混乱しまくっちゃうよ!(私の中で) まぁ なくなったと言っても惑星でなくなっただけであって、星そのものはしっかり存在してるからねぇ。 あ、こんなん書いてたら水樹和佳子さんの『月虹』やジェイムズ・P・ホーガンの『星を継ぐもの』を読みたくなっちゃったよ~
じゃあね

8/18「AKIRA」(BlogPet)

大きい大友克洋などをBLOGしなかったよ
とーとーとー読んだぞ!
読んでしまった
大友克洋とか大友克洋と、大きい大友克洋
全6巻読み終わなど読んでしまった
今日、ネットで大きい大友克洋などをBLOGしたかったの♪
今日こりたちが、大友克洋とかをBLOGしたかったの♪
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「もじょか」が書きました。

2006/08/24

8/24「ファミリー・ゲーム 双子の天使」

昨日BS2で放送されていた『ファミリー・ゲーム 双子の天使』、残念ながら途中で用事が出来たので、途中からビデオにとって、今見終わりました。
原作はケストナーの『ふたりのロッテ』
がーん!!またやってしまった。ちょっと消すつもりが、何行にも渡って消えてしまったよ。 もーぐらりすっ(がっかりするわ)

気を取り直して・・・ アニメの『ふたりのロッテ』は見たの。森高千里しゃんが歌を歌っていた奴。 なかなか好きでした。多分その時原作も読んだと思う。あまり記憶は確かではないけど。 この映画は原作の映画化というより、以前映画化された映画のリメーク版みたいですね。
ロンドンからわざわざアメリカのサマー・キャンプに何で参加するの?で、キャンプに参加するのにその格好はどうよ!ワンピースにパンプス? でも気取りっ子ではなくてよかったです。それと 執事のノリで許す!(笑) 好きなのよ、私執事が。 私も欲しいの~ キャンプでのいたずらはさっすがディズニー!って感じで楽しかったです。 ただ、入れ替わって帰った後親は気付かず、それ以外の人が先に気付くってのはちと??? それから入れ替わった事による失敗と言うかドキドキってのがあんまりなくて残念。 ただ、一番気になったのは双子の計画通り夫婦は元の鞘に納まり、再婚したのはいいけど、どうよ? これからどうやって生活すると? 映画では何にも語られなかったけど、パパはカリフォルニアに広大なぶどう園を持っているのでしょ。 じゃ、動けないじゃん。 ママも単なる会社勤めならいいけど、ウエディングドレスのブティックで大成功しているんでしょ?お店も持って。 今ならネットでビジネス展開も出来るだろうけど、田舎に引っ込んで成功するとは思えない。 デザイナーとしてアメリカの田舎で作画だけする? そんなこたーぁ無理よねぇ。 どうすんだよーーーってそればかりがとても気になりました。 まぁでもそれ以外はよかったよ。 見てよかったよ、うん。

今日も事務所のクーラーは故障中。 コンプレッサーの故障で、部品がこないことには修理不可能とのこと。 いいよ、修理しなくて。新しい温度設定が出来て省エネの奴に替えてくれよ~と思います。 今日はmy扇風機(ピンクでラスカルの付いている奴)を持って行ったけど、明日は加えて保冷材とタオル持って行って首に巻いておこうと思います(笑) 客が来たときだけさっと外せばいいでしょう。 ま、寒いときに暖房無しよりいいか、私には。

あ、『Xメン』の試写会が当たっていた!ラッキー 確か第2作目は見ていないのでDVD借りてこなきゃ。1話はパトリック・スチュワート見たさに映画館行ったのだけど、やっぱりアメコミということで2作目は映画館にも行かず、DVDも借り損ねてました。

じゃあね

2006/08/23

8/23「新パズルゲーム☆はいすくーる」

今日はマンガが7冊届いた。 でもなんとその中の2冊は注文してない本だった。なのですぐ電話を入れて返品することに。ただ、間違ってきた本の1冊は興味ある本だったので読んでから返したの(^^;) それが『新パズルゲーム☆はいすくーる』4巻(野間美由紀)です。
花とゆめ連載中から好きだったし、その後もみおちゃんに借りて読んでいたけど、最近遠ざかっていたのですが、今日はラッキーっとしいことで! なんかあの生徒会長とかすっごーく懐かしく感じました。そうそう、こんな奴だったよーってね。 最近たっぷりミステリ読んだので、ちょっと謎解きとしては物足りない気もするけど、このでもマンガは好きなの。
オンライン書店ビーケーワン:新パズルゲーム☆はいすくーる 4

さーて、今日も暑かった! まぁ夕方一雨来たので今はちょっと涼しい。がーーーーっそれは外の話。 建物の中はぬっかったーーー っていうのが、なんととうとう事務所のクーラーが故障しちゃったの!で、朝の10時過ぎから多分止まってるの。 「あれ、クーラー止めてあるや。ま、いいか」と私は思っていたけど、なかなかつけないので「今日はなかなか辛抱してるなー」と思っていたら「何でクーラーつけんの?」と言われて「いやー、止めたと思ってましたよ~」と言ってクーラーを点けに行ったら・・・・・ははは、スイッチは入ってるよ! 入ってるのにいつのまにか止まってたの。 その後何してもウンともスンとも言わないの。 参ったねぇ。 なのでうるさいと思いつつ、国道側の窓も開けて団扇片手に過ごしてました。 夕方修理に来たようだけど(私はもう帰っていた)念のため明日はちっこい扇風機、持って行こうかな?

じゃあね

2006/08/22

8/22「クリスマスのぶたぶた」

弟から借りたもう1冊が『クリスマスのぶたぶた』(矢崎在美著 徳間書店)です。タイトルの通り、12月24日・12月25日のお話。 24日の朝からぶたぶたと出会った女の人達の話を時間に沿って10個、載っていました。
どれもね、読むと心がほんわか暖かくなる話です。最後の話は出血大サービス! ぶたぶたの子供の話でした。 そういえば奥さんの話は昨日読んだ『ぶたぶた』に載ってたなぁ。他のぶたぶたも読みたいな。
オンライン書店ビーケーワン:クリスマスのぶたぶた

リビングのライトがおかしくなったのでとうとう換えたのです。電球(?)ではなく本体がいかれちゃったのさ。また出費だよ。で、天井が軽天仕様なので簡単に付け替えられないため、お店の人に頼んだの(あぁこれも出費)。夕方工事に来てもらい1時間ほどでつけ終わったのですが、いやーーーー明るい !もー、眩しいくらいですよ。 思わず明るさをダウンしてます。目が痛い(笑) そうそう、そういえば夕方マジで右目が痛くて痛くて! 帰ってきてすぐコンタクトレンズ外しました。 あー、本当にダメ。 ソフトに何で変えちゃったんだろう・・・いつかは慣れるのだろうか? とにかく左右のバランスがよくないし、外すのもつけるのも未だに手間取るし、自分で望んだこととは言え、失敗したなぁ。早く来年にならないかなぁ。 またハードに戻したい。

じゃあね

2006/08/21

8/21「ジア 裸のスーパーモデル」

あまり面白そうなテレビがなかったので、借りてきたビデオを見ました。アンジェリーナ・ジョリーの『ジア 裸のスーパーモデル』です。1980年代にスーパーモデルとして活躍し、26歳の若さでエイズで死んだ実在の人物を描いた映画です。
いやー、アンジェリーナ・ジョリーが若い! 特に17歳の頃のジアを演じている時は顔もふっくらしてて、とってもよかったです。 ジアがどんなモデルだったのか知らないのだけど(目にしたことはあると思うのだけど、外人のモデルさんって区別がよーとつきません。)薬にさえ手を出さなきゃなぁ、きっと今も元気に生きていたんだろうなぁと思いました。 誰かがそばにいつもいて、愛してくれてなきゃダメだったのかなぁ? 孤独な仕事なのかもしれないけど、やっぱり薬に手を出しちゃだめだよ、と思いました。 以前見た「ジュディ・ガーランド物語」を思い出しちゃった。それから『ダンデライオン』という本も。この本、可愛い装丁に思わず手にとって借りてきたのですが、好奇心で手を出した薬のために奈落の底に落ちてく若者の話でした。 中毒ってすっごーーーく怖いなぁとマジ思わせる本でした。それと同じ。ジアも何度か薬をやめようとするけど、どんなにどんなに努力してもあっという間に元のジャンキーに戻っちゃうのよね。こわいねぇ。 せめてあのモデル会社の社長がもっと長生きしてくれたらねぇ。
それからエイズ。そうよね、初めの頃はエイズに対する知識がみんな無くて過剰に怖がってたもんね。うーん・・

8/21「ぶたぶた」

オンライン書店ビーケーワン:ぶたぶた
この前弟に借りてきた本、それが『ぶたぶた』(矢崎存美著 徳間デュアル文庫)です。おぉ これはSFじゃ~と思いました。 吾妻ひでおと新井素子を思い出しちゃった。
ピンクのぬいぐるみ、山崎ぶたぶたにまつわる話が9つ入っていました。ぬいぐるみなのに、サラリーマンしてるし、フレンチの一流シェフだし、ベビーシッターにタクシーの運転手、殺られ屋に美人の奥さん持ち。 うーん、なんて謎ななんだー、山崎ぶたぶた!
もう一冊借りてきてるので、明日はそれを読みます。

じゃあね。

2006/08/20

8/20「からくりサーカス」

『からくりサーカス』43巻(藤田和日郎)読みました。 悪いけど「やーーーーーーっと終わった!」というのが素直な感想です。 9年か・・・・とにかく長すぎましたね。 もっと短くして 逆に外伝みたいな感じで過去のこととかなんとかやっていた方がよかったかも。『うしおととら』と似たような話運びになっちゃっていたもんね。 作者の言いたいこと、一生懸命さは伝わったけどね。 まぁ終わった。よかったです。
オンライン書店ビーケーワン:からくりサーカス 43

昨日食べすぎてとってもお腹が張っていたので、コーラックを飲んで寝たの。そうしたら朝の9時過ぎから結果が出始め、でもその後もずーっと具合が悪くふらふらで、予定していた行動は出来ず寝てました。
で、3時ごろ、ふっと目が覚めるとすっごい雨!そして風!
ベランダの洗濯物も、生ゴミ処理の植木鉢もだだ濡れ。 階段の踊り場もすごっい水浸し! そして悲惨なのは畳の部屋。 吹き込んでカーペットの上に水溜りが出来てるんじゃ?と思うくらいびしょびしょ。パソコン(ソーテックのアフィーナだっけ?)も傾けると中から水が出てくるほど濡れていて、扇風機にリモコン、マウス・・・コンセントにビデオデッキ、週刊少年ジャンプとにかく窓から2mくらいはびっしょびしょでした。 もうどどーんと疲れが。バスタオル5.6枚使ったよ。悲しかった~ エアコン入れたけど乾燥してくれるかしら?
しかし、この部屋はこんな時ダメよね~ ちっとも外の音が聞こえなくて、気づかなかった。窓開けていたらもっと早く気付いたろうになぁ。エアコン入れてたから締め切っていたのよね。 まぁ全てが後の祭り。 パソコンは電源入れるのも怖くてそのまま電器店に持ち込んだけど・・・・・どうなるだろう?
お腹の調子もいまいち。辛いなぁ・・・明日は仕事? あーあ、今日は1日損した~ やっぱり私に下剤は合わないのかも。 今度の成人病検診が思いやられるよ。

じゃあね

2006/08/19

8/19「風に舞いあがるビニールシート」

直木賞をとった作品、 『風に舞いあがるビニールシート』(森絵都著 文藝春秋)を読みました。 直木賞作品とか読むのは初めてなきがします。星雲賞とか、ヒューゴ賞なんてのは結構読んでるんだけどね(^^;) でも直木賞だから読んだのではなく、森絵都さんだから。 児童文学の森さんの作品は何作か読んだことがあるのです。 『DIVE!!』はよかったです~
この本には6つの短編が入っていました。 色んな主人公が色んな環境の下一生懸命生きているのよね~
「器を探して」「犬の散歩」「守護神」「鐘の音」「ジェネレーションX」「風に舞いあがるビニールシート」です。
自分と重ねるとあまりに違う人達ばかりだけど、まぁそれが読んでいて楽しめるかな。 好きなのは「ジェネレーションX」かな。 「風に・・・」は、思わずティッシュで目頭を押えつつ、あぁ 私には出来ないことだなぁ・・・・と思いました。どの話も最後まで読むと、前向きになれる感じがとてもいいな。
オンライン書店ビーケーワン:風に舞いあがるビニールシート

朝、7時にケータイの電源が入る音で目が覚めた。 おもしろい夢見てたのになぁ。 電車に乗っていて、何人かのチームで何かを対戦している・・・ 詳しく思い出そうとすると何も思い出せない(^^;) いつものことさ。 でありがたいことにまた眠りにつけた、のに8時半前に人が訪ねてきて起こされた。 挙句カーテンまで開けていかれて、その後は眠れなかった。 残念。 その時の夢は会社で天ぷらをいっぱい揚げていて、私は食べるだけだったけど、味がちっともついてなくて、塩かけて食べていた。 揚げパンのの中にナスビが入っているのを箸で取って割って食べていたとこだった。 このままエビとかも食べていたかったのに・・・・残念(笑)

また温泉に行った。 山鹿の椛。 で、その帰り この前行ったとき味無ししょうが焼きや、店員の対応がちょ~遅遅のどーしようもなかったジョイフルにまた懲りもせず寄ってしまった。 今日は冷房が切れていた。 折角の風呂上りなのに暑くて汗がどっぱり出てしまった。 勘定の時、クーラーのスイッチを入れていた。 店に入ったときクーラーを分解して掃除もしくは修理をしていた感じだったので仕方なかったのだろうが、外に出たとたん「涼しぃ~」と感じるのはどうかと思う。 まぁあたしも仕事中はクーラー切ってやってること多く、職員から「ぬっかよー」とぶーぶー言われることは多いけど、一応客が来たら走ってクーラー入れにいくんだよ(笑) とにかく私とそこのジョイフルはとことん相性が悪いのだろうと納得。 次回もしまたその店に寄ろうとしたら、必ずどちらか止め様ね、と一緒に行った者と話したことでした。 昼ごはんが3時だったのに、6時前にはおとーさんの誕生パーティでケンタッキーと寿司(すごい組み合わせ)。 もちろんその後ケーキ。 めっちゃお腹パンパンなりました。 ホント、休みって体重増えるよね~

じゃあね

2006/08/18

8/18「ロック・ユー」

夜、テレビでやっていた『ロック・ユー』を見ました。
なかなか面白かったじゃなーい。 時代考証とか固いこと考えず、お気楽に見て、お気楽に楽しめました。ヒロインの服とか、鍛冶屋のおねーさんの服とかよかったー ヒロインのお付の少女もかわいかったー ヒーローの子供時代もかわいかったー ヒーローの最後の試合、ぶつちゃいくに見えて、敵役の方がヒーローっぽいなぁと思って見てました。でもあの悪役はホンマに悪い奴じゃったなぁ。 エドワード王子には思わず万歳三百万唱だよ!みんながハッピーで、とても気持ちのいい終わり方。 やっぱ娯楽映画はこーでなくっちゃ!

外は結構風が強いみたい。 といっても昨日から風が吹かないほうの窓は開けっ放しでOKくらいの強さです。本当になんでも吹き飛んでしまうような台風の風のときは窓なんて開けられないもんねー 家自体が軋む感じだから。
明日はどうだろう?やっぱり雨が残るのかな?
今日仕事に久しぶりに行ったので、帰宅のときは月曜気分だったのに、もうちゃっかり明日は休みモードに入っています。 何をするってわけではないけど、休みがとてもとても好きなのでした。
本当は今から本読みたいけど、はっきり言って昨晩ちょっと無理したので 肩や首、背中が軋み気味。 ゆったり寝ん転がってたほうがいいのかなぁ・・・

じゃあね

8/18「AKIRA」

とーとー読んだぞ! 読んでしまった~ 『AKIRA』(大友克洋)全6巻
読み終わって知ったけど、この本、20年前のなんだ! でも最終巻は10年前なんだ! いやー、リアルタイムで読んでいても絶対よくわかんないままだったろうな。やっぱり完結している本の一気読みはいいです。
しかし全く古さを感じさせませんね。 絵にしても、今テレビで流れているカップヌードルのアニメとちっとも変わんないよ。 アキラがもっともっと全面に出てくる話かと思っていたけど、結構早いうちに出てきた割にはいつもぼーっとしていて、どっちかというと「TATUO」って感じでしたねぇ。 ただ、ラストはあれでいいのかな? 大東京帝国って・・・あれでみんな幸せなんだろうか? やりたいことやりたいだけやって、でも人々の食とかはどうなるんだろう?って健康な不良になれない疲れた社会人は思うのでした。 もっと若いうちに読んどけばよかったなー でもまぁ若い頃から婆臭さが漂っていたから 吹っ切れた人生はやっぱり送れてなかったかな? 登場人物ではおばさんが一等好きでした(^^;)
オンライン書店ビーケーワン:Akira

台風10号。 拍子抜けするほどナンもなし。 会社もふつーに行って、雨も風もたいしたことなかったです。 喜ぶべきよね。

じゃあね

2006/08/17

8/17「異空生命体を呼ぶ者達 パート2」

結局今日もまた一日お出かけなし。 本当はゴミ袋が切れていて、明日がゴミ出しなので買ってこなきゃなんなかったのですが、面倒なので明日はゴミを出さないことにしました。
で、11時半頃から昨晩のスタートレック・ヴォイジャーのビデオを見ました。 第121話『異空生命体を呼ぶ者達 パート2です。なんてったって先週の続きですよ。早く見たかったのさ。 そうそう、今回から第6シーズンです。
今回のジェンウェイ艦長は鬼気迫るものがありましたねー 彼女は本当に強いわ! なんか意固地になってた気もしたけど、同じ艦隊の艦長が破ってはならない規則を破ることにものすごーーーく腹を立て、許せなかったんでしょうねぇ。 セブンは本当にランサムのシナプシス・スティミュレーターの中にデータを送り込んだのかなぁ? それともランサムの良心が見せたものだったのだろうか? ピンクのドレスが意外でしたが、なかなか金髪に映えて似合ってたじゃない? 最終的に良心を取り戻し、目を覚ましたランサム。よかったー、名前がなんてったってランサムなので、悪人のままでいてほしくなかったのよ。 トレスの元彼は顔が好みでなかったので、あの最後に満足。
意外だったのはイワノックスのクルーが5名もヴォイジャーのクルーとして残ったこと。 彼らはいつかジェンウェイの信頼を勝ち得、今後のドラマの表舞台に現れることがあるのかしらね?
とにかく第6シーズン。楽しみです。 次回からまた髪型とか微妙な服の着こなしとか変わるようになるのかな?あ、フェイザーって昔からああやって腰に着けてたっけ? 前回からの気がしたけど、私が気付かなかっただけなのかな?

さてさて、今日はその後昼ごはんを食べ、いつものように昼寝して、その後はぼーっと読書。 AKIRA読むのも遅すぎるかなぁとチャリ漕ぎの時読んでいた『はじめの一歩』の途中からを読み出しました。 でも 結局10冊くらい読んだので、こんなことならAKIRAに手を出しておけばよかった・・・・と後悔。
晩御飯の後、もしかしてやってくるかもしれない台風に備えて、ベランダの寒冷遮(黒い網みたいなもの)を外し、物干し竿や生ゴミ処理植木鉢、薔薇のプランターを下ろしました。来るとしたら早朝だと思うので、朝からバタバタしたくなかったの。風呂もすませて、今から何しよう・・・と思ったのですが、思い切ってAKIRAに挑戦することにしました(笑) 6冊か・・・・ 昨日は11時半ごろ寝てしまい、夜中の3時半に目が覚め5時近くまで寝れなかったので今日は逆に夜更かししようかと思ってるのです。 でも明日は会社よねー(笑) まぁ一日頑張ればまた休みだけん、どーにかなるど。

じゃあね

8/17「オリエント急行殺人事件」

前からとても見たかった『オリエント急行殺人事件』、やっと見ることができました。残念ながらDVDでなくビデオだったので何の特典も付いていなくて残念だったけどね。 この映画、初めて見たわけではないのです。以前テレビで放送があったので、その時確か見てるの。もしかしたら2回くらい。 なので、殺人の動機も犯人も知っていました。 もちろん最初に見たときはすごーくショッキングというか、すごいカラクリだぁ!と思ったですよ。 ポワロが採った結果もよかったです。 もうちょっとオリエント急行の食事とか見れたらもっとよかったなぁ。
そういえば、テレビシリーズのポワロとこの映画のポワロは違うんですよね。 まずこの映画のポワロが最初だったので、テレビシリーズのポワロは初めは違和感がすごーくあったけど、何作も見ているうちにあのポワロと、あの声(吹き替え版のね)がポワロのイメージになっちゃってました。 この映画のポワロは声がガサツで、喋りも怒鳴り散らす感じであんまりよくなかったなぁ・・・・ 灰色の脳細胞が活躍するイメージではなかったです。 TSUTAYAにはポワロのテレビシリーズ完全版のDVDもあったようなので、ぜひともいつか借りて見てみたいものだ、と思いました。 ミス・マーブルや作者は違うけど、ホームズやコロンボも見たいなぁと思いました。でもTSUTAYAには最近滅多に借りに行くことはないんだよね。 高くって(笑) まぁ5本1000円を利用すればどうにかなるかな? ただ、5本も借りても見る時間はないよねー 夏期休暇も今日で終わっちゃうし!

何の予定もなかった割には、色々と動き回って のんびりしてたのは昨日くらい。 今日も実はやることないので ぼーっとしてるつもりです。 そういえば実は夏期休暇の目標は『AKIRA』を読むことだったのに、とうとう本部屋から持って上がることすらしなかったですなぁ。 家にあるのはあの電話帳のようなAKIRA。確か2巻くらいまでは読んだはずなんだけど、一気に読まないと訳解んないや!と思って、完結したら一気に読むぞ~と心に決めて幾星霜・・・・10年以上の月日が経ってない?(笑) いつでも読めるという余裕からいつまでたっても手に取らないという困ったことになってます。 ま、いいかー いつかは読むどー

さっきまで曇り空だったのに、また青空が出てきたみたい。 蝉もやっぱり狂ったように鳴いているし、今日も暑くなるのかな? どれどれ、文鳥たちと遊んでやろうかいなー

じゃあね

2006/08/16

8/16「さあ、あなたの暮らしぶりを話して」

びー玉さんのブログを読んで面白そう!と思い図書館にリクエストして借りた本が『さあ、あなたの暮らしぶりを話して クリスティーのオリエント発掘旅行記』(アガサ・クリスティー著 早川書房)です。面白かったーーー
ミステリの女王、アガサ・クリスティーのノンフィクションものです。14歳年下の夫マックス・マローワンとのシリアへの考古学発掘の旅を書き綴ってあるのですが、発掘の様子云々と言った学術的な事ではなく、無口で人間離れした変わり者の建築技師のマック(でも馬のことになるといきなり人間味を取り戻すの!)や現地で雇った色んな特徴ある人々についてね、愛情たっぷり語っているの。 アガサ・クリスティーってなんとなく貴族然としていて、文明のないところには行きたがらないイメージだったけど、ネズミや濁った水なんてなんのその。砂や埃にまみれようと全然大丈夫。で、現地人のゆっくり流れる時間にもうまく対応し、美しい自然を見て素晴らしいと思える感性は 意外だったです。 まぁでもオリエント急行とかナイル殺人事件とか、アラブの世界を舞台にした作品も多いよね。 私は発掘現場とか憧れるけど、でも無理ね。 砂に不衛生な生活、硬い寝床に時間を守らない人々・・・耐えられないだろーなー映画で見る、本を読む分にはとってもいいんだけどねー
アガサ・クリスティーと言えばすぐ思い浮かぶのは失踪事件。でも詳細は全く知らないの。 愛の逃避行かと思っていたけど、夫婦仲はすごくよかったみたいだし・・・ 失踪事件について調べてみなきゃ。
・・・ちらっと調べてみましたが、マックスと結婚する前だったみたいね。 じゃあいいかー(何がだ!)
オンライン書店ビーケーワン:さあ、あなたの暮らしぶりを話して
私が読んだのはハードカバー。でもbk1に画像があったのは文庫の方だけでした。

今日は家から1歩も出なかったです。 何もせず、朝食に抹茶のソーメンを食べ、10時のお茶にチーズマフィンを作って食べ、昼もしっかり米を食い、3時のおやつに気分が悪くなるくらい(笑)ミスドのドーナツをたらふく食ってしまった・・・ で、やったことはアイロンかけと昼寝と読書・・・・
休みが続くので体重計の数値も確実に右肩上がりです。 プールにも行かず、チャリンコも漕がずでは当たり前の現象ですよね。あーあ(笑)
そうそう、サッカーもチラッと見たの。 まぁ一応勝ったね。 あ、でも高校野球、熊工は負けちゃったみたい。残念。

さて、今からビデオを見るのだ。 休みもいよいよ明日までだ~

じゃあね

2006/08/15

8/15「フライトプラン」

リッチな気分になろうと(?)TSUTAYAにDVDを借りに行きました。いつものレンタル屋さんには無いけど見たいDVDを借りまくろうと思ったら! なかったーーーー 悲しいわぁ。 結局昨日読み始めた本の影響でどうしても見たかった『オリエント急行殺人事件』だけだったよ、いつものレンタル屋になかくて借りれたのは。
でも今日見たのは『フライトプラン』です。ジュディ・フォスターのやつですね。映画館に行こうととても迷った奴。 この前『フォーガットン』があまりにも酷かったので、ちょっとこれも怖かったけど、ジュリアン・ムーアとジョディ・フォスターは違うね。 この映画も途中、「え?妄想落ち?」とちょっと怖かったのですが・・・・ なかなか面白かったっす。最新型エアジェットの中で425名も客が乗っているのに、娘が消えたことに誰も気付かず、娘を見たっていう人も居なくて、それでも娘を探しまくる母親がジョディ・フォスターの役でした。
しかし、あんな風に車を叩き壊したり、罪のないアラブ人に変質者、誘拐犯の疑いをかけたり・・・いいの?って感じでした。あのパニックでトラウマになっちゃった子供とか、死にかけた人とかいたんじゃなかろーか。で、ここからはネタバレですが・・・


犯人はどうするつもりだったって? お金は口座に振り込まれたよね。スイス銀行? 下ろすときに足はつかないの? ご主人がベルリンに埋葬されるって可能性はなかったの? 爆発させる気はなかったっけ? 頭に穴開けて、手には起爆リモコン? 爆発させた後、あの男が逃げ出してくるって寸法だったのかい?うーん・・・


まぁ、肩透かしでなかっただけ良しとします。 冒頭はなかなか話が動かず、不安だったんだけどねぇ。クズ映画じゃなかろーかと(笑)

今日は、午後から涼を求めてうろうろ。宇土シティにダイヤモンドシティ・バリューに行きました。うろうろするのに足がだらしくて 疲れきっちゃいました(笑)
夕立あったので、ちょっと過ごしやすいのかも、でも今冷房中です。

じゃあね

2006/08/14

8/14 福岡へ

昨夜いきなり思い立って福岡へ。 その前の晩、温泉から帰ってきた時点でヴィッツの走行距離は600kmジャスト。給油の目盛りも点滅してました。 でも、今は高速のガソリンスタンドの方が安いというので、高速に乗ってから入れよう、と思ってそのまま高速へ。 しかーーし、よく考えたらPAはいくつかあってもSAはなかなか無い!途中でヴィッツのガソリンタンクの容量を調べたら42Lと書いてありまして~ で、やっとたどり着いたスタンドで走行距離は650.5km。入ったガソリンは42.8L。笑った~ でも途中で空になって人に迷惑かけずにすんでよかったです。
着いたのは10時半ごろ? 弟の部屋はちっとも掃除していないので面白いほど埃が積もってて・・・思わず激写(笑)
Aug_021Aug_022
ちなみにテレビの上の時計と、台所の雪が積もったようなジャーとオーブントースターです。
まぁ食べもののゴミが無いこととタバコは吸わないし、換気には気をつけているということで何故か不潔感は無くて(笑)泊まることはできました。しかし煎餅布団なのでお尻が痛かったです。
今日は弟は仕事なので、8時過ぎには家を出発。マリンワールドへ行きました。朝が早いのですいていました。9時2分ごろ到着。久しぶりに来たなぁ~ 「水族館のへ~!なお仕事展」、とってもよかったです。
12時ごろマリンワールドを出て、海水魚の店に行き、ウズマキとフエヤッコを購入。そしてキャナルシティに行き、3時にYお嬢様とMちゃんと会ってパンとサラダのバイキングでお腹いっぱい食べて、だへりんぐ。Yお嬢様は今大学院で悪徳弁護士を目指し勉強中(笑)の人。Mちゃんは中学入学の時に受験したので今は中3だけど受験なし。ただ、風邪ひいて昨日は熱があったの。なのに呼び出してごめんねー
5時前にお別れ。
それから自宅へ。ただ途中玉名温泉の竹乃香へ寄りました。50分で2100円ってのは高いなぁと思いつつ、内湯に赤御影角湯、露天に焼酎かめ湯とくり貫き丸太湯と3つも浴槽があって、クーラーにトイレ、畳の間がついているので、妥当な値段ではあるわなぁ。ちなみに写真は露天の2つです。
Aug_041
お風呂はすごーく気持ちよくて、それまで頭痛がして首がこっていて、目も疲れまくってちょっときつかったけど、風呂上がりは爽快でした。 とは言え、目の疲れはまだまだ。コンタクトレンズ、お風呂の前に外したんだけどなぁ。 まだソフトに変えたばっかだからと思いたいけど、すごく疲れるの。特に右目、合ってない気がする~ 左右のバランスがとれてなくてめっちゃ疲れるの。 あと何日かすれば慣れるのかなぁ・・・ 測定の時はたしか右目の方がよく見えたのよねー。 待合室でよく見えなかったとき、やっぱりもう一度調節してもらえばよかっよ。 ダメだなぁ私。
お風呂の後はやよい軒という定食屋で晩御飯食べて帰ってきました。着いたのは9時ごろでした。 うーん、遊んだ遊んだ! しかし目が疲れたよ~

じゃあね


2006/08/13

8/13「銀の弦」

『銀の弦』(平谷美樹著 中央公論新社)を読み終わりました。
平谷さんの本は『ノルンの永い夢』以来です。といってもこれで2冊なんですが。 前の本が時間を行ったり来たりだったのに比べ、これはパラレルワールドみたいに違う世界を行ったり来たりって感じでした。ただ、それも第七章まで。 序章と第八章以降は私の頭で理解するのはひじょ~に難しい話になっちゃった。でも嫌いじゃないんだ。K統合群の世界とかは、萩尾望都さんの『銀の三角』とかを思い浮かべながら読みました。 細かくはわかんないけど、私なりに超かんたーーん単純に頭に落ち着かせました。
第一章から第七章までは、すごーく面白かった!「麻の葉模様」が出てくるたびに世界が移り変わってる感じ。岩と融合した上嶋の死体。 次第に違う世界の人物の意識が太字で出てきたりして、いやーすごく楽しめたよ。
何度か読み返すともっと面白いだろうなぁねと思いました。
オンライン書店ビーケーワン:銀の弦

今日は予想通り、朝洗濯した以外は録ってたビデオ見たり、昼寝したり。 そうそう『妖怪大戦争』見ました。
DVD借りてこず、テレビで見てよかったー なんかあーあ、って感じでした。 岡村大活躍だったんだね、結果的。

で、実は昨晩は夜の10時45分から山鹿の温泉、まで行ったのですが、今日はこれから福岡へ行きます。1時間前に行くことを決めて弟に電話して無理矢理泊まります(笑)

じゃあね

2006/08/12

8/12「ユナイテッド93」

映画に行って来ました。 『ユナイテッド93』です。劇場で予告を見たときから涙が出てきて、こりゃーもう号泣するだろーなー コンタクトレンズで行ってズレたらやばいよなぁと思い、眼鏡をかけて出かけました。
でも・・・思ったほどは泣かずにすみました。 ドキュメント風に坦々と描かれていて、無理矢理主人公を作り、ドラマ色を強く押し出した作品でなかったからかもしれません。 見ながら、これはアメリカで起こった事件だからこんなにいっぱい取り上げられて、映画やテレビ、小説など色々な物でアピールされるけど、もしこれがアメリカ以外のところで起こっていたなら「まぁ、そんな悲惨な事件があったのー」とほんのちょっとの間だけ世間を騒がす事件にすぎなかったんじゃなかろうか・・・と思っちゃって のめりこんで見れなかったからかもしれません。
アメリカが中東の国々で行ったこと、広島や長崎にやったことなんかを思うと、もちろんあの同時多発テロは何の罪もない多くの人々を奈落に突き落としたあってはならない事件だったけど、でももっと悲惨なこともこの地球上では行われているんだと思うと、なんだかやりきれなくなります。 私がいつも頭に浮かんでくるのは、結婚式の祝砲を攻撃と誤認され、幸せの絶頂であったろう結婚式の最中に爆撃された事件のこと。 テレビのニュースでちらっと耳にしただけだけど、生き残った結婚式の参加者は、どんなことをしても復讐してやるって気になるんじゃなかろうか・・・と思うのです。これがアメリカで起こった事件なら、そりゃーまぁ全米を泣かせる映画ができるでしょうよ、とついつい考えてしまうのです。
映画は、号泣こそしなかったけど、でも見てよかったです。 あの同時多発テロのとき、家でテレビを見ていてショックだったけど、実際当事者達より遠く離れた日本であの画像を見ていた私達の方が何が起こっているのか、わかっていたんじゃないかなぁと思うような、何が起こっているのか把握できてない様子とか、ペンタゴンという軍事の中枢に攻撃を受けてしまったのは何でか?なんていうのが おぼろげに判った気がしました。 戦闘機とか何十機も持っていそうなのに、実際飛ばそうとしても4機くらいしか発進出来なかったり、連絡系統が繋がっているようでもたついていたり・・・・・
役柄はおいといて、犯人の操縦士役の役者さんはなかなか好みの顔をしていたなぁと思いました。

えーと・・・・ 休み2日目です。 今日までの予定は休み前から決まっていたけど、明日からはマジなんの計画ありません。 ごーろごろして過ごすのか、うっかりお金使ってしまい、休み明けから極貧生活を送るのか(笑) どうでしょうねぇ?

じゃあね。

2006/08/11

8/11「冬至草」 読了

結局昨日はテレビ見ていて本は読みませんでした。代わりに朝から読んで、読み終わりました。
ハヤカワSFシリーズ Jコレクション『冬至草 』(石黒達昌著 早川書房)です。
オンライン書店ビーケーワン:冬至草
「目をとじるまでの短い間」は以前は大学病院にいたけど、自分の妻の治療に新薬を使い、その副作用で死なせてしまい、大学側と喧嘩して実家のすごい田舎の病院(実家)に戻ってきた医師が主人公の話。小さい娘のミオや口の悪い看護師しのぶ、そして病院にやってくる人々との日々を書き綴ってあるのだけど、治療するにも施設がなくて単に町の病院へと転院させるだけの処理や、手の施しようが無くて他の病院から回ってくる末期の患者への思い、娘とのぎこちないコミュニケーション・・・・ うーん、SFでは無いと思うけど、読みにくくはなかった。でも簡単でも無く、うーん・・・って感じ。ただ 作者は本当に医者なんだなぁ・・・・って思いました。 お医者さんってこんなこと思ってるのかな?とも。芥川賞の候補になってる作品らしいよ。
「アブサルティに関する評伝」 イノウエという留学生の目から語られたアブサルティという人物の話。 リン酸化ドミノ理論という理論だけを仮説として発表していたならノーベル賞ものだったろうというほどの理論を発表していながら、その実験のデータをどうも捏造していたらしいということで科学界の表面から去って行ったアブサルティ。彼は子どもの頃から死がまわりにまとわりつき、癌にたいしてすごく恐怖を持っていて、でも自分がどうのこうのというより 人類が生き残るためには精子や卵子に手を加えて加工した人間を作り出すことも許されるべきっていう考えを持っていたみたいねぇ。 なんとも風変わりで不気味な人物の話でした。でもすごーくリアリティあるのだけど、理論やなんかの少しは本当なのかな?それとも全くのフィクションなのかな? わかんないや。
久しぶりに読んだJコレクションでしたが、やっぱりいいなぁ。図書館に入ってなくて読んでいない本があと6冊(2冊組みを数えると8冊)あるので、リクエストしてなんとか読んでしまいたいなぁと思いました。

今日から休みなんだけど、7時半には起きなきゃいけなくて、でもこの前目覚ましが壊れてならなかったことがあったため気になっていたんでしょうねー 4時過ぎには目覚めてしまいました。 クーラーも切れていたので、窓を開け放ったけど、ちっとも涼しくないの!うとうとしながらでも熟睡は出来ず、結局7時過ぎには起き出して洗濯とかはじめたのですがーーーー いやー暑い。 多分気温はそれほど高くないの。でも湿度が異常に高かったと思います。もう何もせず座っているだけで汗がポタポタ落ちてくるの。 昼に会ったAさんも、思わず更年期障害が始まったか!と錯覚するほど、そんな暑い1日の始まりでした。
10時過ぎに出かけて、JRを使って熊本へ。 Aさんと上司のEさんと一緒にランチ。 この前「個人情報保護オフィサー」に合格したお祝いとEさんがご馳走してくださったの! ありがたい、ありがたい。ん? 何て店だったっけ?名前忘れてしまったけど、メインのプレートはこんな感じでした。ちょっと画像暗いね。
Aug_012
これにポタージュスープとデザート2品(パッションフルーツのジェルがのったパンナコッタにゆずシャーベット)とアイスコーヒーでした。1350円かな。 うわー、お昼に千円以上の品を食べるなんて、贅沢~ おまけに奢ってもらえるなんて、しあわせ~(笑)
その後、支社に寄って3時過ぎまで端末をいじっていたけど、大した成果も出せぬままお終いにして、コンタクトレンズを換えに行きました。 メルスプランを利用しているのですが、今度からマンスリーのソフトレンズに変えることにしてしたのです。人生初のソフトレンズ。左目は乱視入りです。 なんだか見え方がぎこちない気がするけど、まいいかー

JRが5.6分遅れてくれたおかげで乗ることが出来て、家に帰りついたのは6時前でした。 今夜のゴチは大好きな吉川くんが出るのでビデオとってちゃんと見なきゃ!と思っていたのに10分くらい見損ねてしまったーーー!!
本当にボケが始まりつつある私でした。 かなしー

明日は映画だ!

じゃあね

2006/08/10

8/10「異空生命体を呼ぶ者達 パート1」

昨晩の熊本のスタートレック・ヴォイジャーは第5シーズン最後の放送でした。 第120話『異空生命体を呼ぶ者達 パート1です。
いやー、よかった。 何がよかったかというと、来週続きを見ることが出来るって事。 本国だと半年くらい待たなきゃなんないんでしょ? あの状態でそんな待てないっすよ! 艦長はどーなるんだ!!
デルタ宇宙域で出会った地球人たち。それも連邦の船で、艦長の名前はランサム。いいねぇ。でもあの船に乗っていた艦長と副長は悪人面してたなぁ。 女性と坊主頭のクルーはなかなか好感が持てたのだけど・・・・ 艦長の次週も気になるけど、あっちの船に取り残されたセブンもすっごく気になるしー、ドクター! 悪人ドクターに摩り替わっちゃってるけど、セブンの師のドクターはどうなったんだろう? ヴォイジャーの医務室で起動を掛けたら転送前の状態で出てくるんだろうか? うーん・・・ とにかく来週が楽しみです。

『冬至草』はあと少しで読み終わります。 明日から休みに入るので 今日のうちに読み終えちゃおーっと!

じゃあね

8/2 帰れない・・・(BlogPet)

きょうはこりがここでひま出勤したの?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「もじょか」が書きました。

2006/08/09

8/9「冬至草」その三

今日の『冬至草』(石黒達昌著 早川書房)は「月の・・・・」と「デ・ムーア事件」を読み終えました。
「月の・・・・」の方は望遠鏡で月を見ていたらいきなり自分の右手の手の平に月が出現した男の話。 うだつのあがらない(というふうに感じられました)この男、結局これといった解決無しで終わってしまった気がするのだけど・・・ うーん、不気味なじいさんといい、私は何を読み取らなきゃならなかったんだろう? ぼーっとして読んだのでぼーっとした読後感で終わってしまいました。
「デ・ムーア事件」の方は、火の玉が見えるという主婦から始まり、その時は精神の病気、もしくはてんかんなどを疑いつつ、実はムーアという人が作った・・・・というなかなか変わった話でした。 本当にあんなものが作れるかどうかは別として、人間の体は本当に不思議だなぁと、つくづく。 脳に何かが出来ると考えられないような症状が現れるってのはよく映画とかでみるけど、本当にそうなのかしら?

今日は多分ビデオが安かった日だったと思うのだけど、対面のパチンコ屋の角に停まっていたパトカーに目を奪われていてうっかり確認するのも借りに行くのも忘れて帰ってきちゃった。 気になったのは、点字ブロックを遮るようにパトカーが停めてあったから。 まぁ だから困っていた人が実際いたわけではなかったけれど、他に場所が無いというのならともかく、工夫すればいっぱいあったのよね、停める場所。 お巡りさんも緊急を要するような動きではなかったので、ちーっと配慮してほしいなぁ と思ったのでした。

まぁいつも書くけど今日もなんさまぬっかったです。 体温はあったと思うよ(笑) 夕方局地的に夕立はあったようだけど、おうちは降ってません。 でもふと思うのね。 この暑さももうピークだろけん、これからは寒くなっていくばっかりよね、あーあ、どうしよう。って。 ちょっと脳味噌腐ってるのかも、私。

夜のサッカー。勝ったね。でも相手がちっとも輝いてなかった。んで、日本も結構動いていたけど、この前W杯の決勝トーナメント見た後のせいか ボールの扱いが上手くないなぁ・・・と思ってしまいました。まぁ これからばい。

じゃあね

2006/08/08

8/8「冬至草」そのニ

昨日に引き続き『冬至草』(石黒達昌著 早川書房)を読んでいます。昨日アップした後気付いたのですが、この作者さんは東大の医学部を出て、外科に勤めて、今はテキサス大学MDアンダーソン癌センターの助教授なんですって! だから専門的な話もすらすらと出てくるのか。今日読んだのはタイトルにもなっている「冬至草」です。 放射能を帯びた新種の植物 冬至草 の押し花が見つかり、その植物についての研究をしていた半田という孤児で片足を失くした男の一生の話。 ウランを含んだ土壌に、血液を養分として育ち、透き通るような美しい草。青白く光るんだって。 うーん、見てみたい。でもなんだか壮絶な人生だなぁと思っちゃいました。

さて、今日も暑かったですねぇ。 まぁそれしかないよね、話題はって感じ(笑)
仕事もふつ~ あと2日行くと夏期休暇だ。 楽しみ~

じゃあね

2006/08/07

8/7「冬至草」その一

ひっさしぶりにフレッシュなSF。つまり今年出たSFを読んでいます。 ハヤカワSFシリーズ Jコレクション『冬至草』(石黒達昌著 早川書房)です。図書館に久しぶりに入荷(?)していたのです。短編集になるのかな?6つの話が入っています。 まだ2つ目の途中です。
1つめ「希望のホヤ」は幼い子供がガンにかかってしまい、それを助けようと医学知識のない父親が必死で勉強し、あることに気付き・・・・っていう話でした。 ガンに罹り、それに立ち向かうためにはまずガンのことを知ることだと必死に調べる所で、去年までのツール・ド・フランスの覇者だったランス・アームストロングを思い出しました。彼も睾丸癌にかかり、頭にまで転移したけど癌の事を調べ、病気に立ち向かいそして勝ってレースに戻ってきたのよねー しかし父親の必死の取り組みを鼻で笑って取り合わなかった学者達にむかついたなぁ。
多分この人の本は初めて読むと思うのですが、とても読みやすくていい感じです。続きも楽しみ。ただ、今回2冊しか借りてきていないのであまり焦らずのんびりモードで読もうと思っています。

しかし今日はぬっかったーーーーーー!
Yahoo!天気予報でみると35度となっていますが、もっと高かった感じ。風が熱風。 ちなみに昼間のB4の外気温計は40度だったです。 走り出しても38度だよ!ひゃ~笑うしかないねぇ。事務室でも流石にクーラーを消してもちょっとしたらまた点けに走ってました。 扇風機のほんわかな風ではちとキツイ感じでした。(扇風機は上司の私物。上司の机の隣にあって、外出のたびに私の方に向けて使ってたけど、風は間接的にしか当たらないのであった。だから「ほんわか」な風) 明日はちょっと下がる? あさっては雨みたい。どーも台風の影響。ということは気温が下がることはないよなぁ。 ま、いいか。 そういえば昨日の寝るときもクーラー無しで扇風機は少し辛かった。冷凍室から保温材(?)取ってきてほおずりして寝ました(笑)
まぁそれでも寒くて肩が凝るよりいいさ。 足が冷え切って眠れないよりいいさ。
そうそう、今朝は腰痛ひどくなかったの。で、今日は姿勢に気をつけてちゃりんこ漕ぎしました。25分もたらたら漕いでいると汗がすんごーーく出ました。 そのあとのミストシャワーが気持ちよかったっす。 でも一日気にならなかった腰痛が1時間半くらい前からじわじわ。 腰痛というのとはちょっと違うけど腰が思い感じですなぁ。あ、そうそう肩が筋肉痛。私なにをした? ちょろっと泳いだあれが原因? うーん・・・やわな体じゃのぅ。

じゃあね

2006/08/06

8/6「ミドリノツキ 下」

読み終わりました。 『ミドリノツキ 下』(岩本隆雄著 ソノラマ文庫)。どんでん返しがいくつもあって最後まで面白く読めました。 イラストもとてもよかったと思うの。ピュンがかわいー ピュンのこれからも見てみたいし、尚顕とミリの今後も読んでみたいなぁ。来帆ねえちゃんの話なんか面白そうよねぇ。名前しか出てこなくても結構存在感あったと思わない? ちょっと茅田砂胡さんの『桐原家の人々』を連想させました。
岩本さんはね、とても素人臭いんだけど、好きなんだな。早く次の本が出て欲しいよ、ほんとに。
オンライン書店ビーケーワン:ミドリノツキ 下

今日は頑張ったよ。
朝からアイロン掛けして、台所のぞうきん掛けして、洗濯してふふふ、プールにも行ったばい。びっくりするほどすいてました。 ただやっぱり泳ぐのはだめねぇ、25mがやっと。50m泳いだら歩いて、また25m。で、ちょっと立って一息ついてまた25m。何百mも泳げる人が羨ましいっす。 40分くらいで上がり、帰ってきてパウンドケーキを焼きました。 タマゴを沢山貰っていたからね。 冷蔵庫に入りきれず、発泡スチロールの箱に入れてただ置いているので痛むのがちょっと心配。 バリバリ使わなきゃ。 それから文鳥と遊びながら読書して、30分くらい昼寝。
今夜も雨降るのかな?予報では21時ごろは雨って言ってたけど。

明日からまた仕事。ただし、金曜日から夏季休暇なのだ。 今年は特に予定なし。なんてったって最近大きな買い物やお出かけが続いたもんねぇ。

じゃあね

2006/08/05

8/5「ミドリノツキ 中」

『ミドリノツキ 中』(岩本隆雄著 ソノラマ文庫)を読み終わりました。といっても話は下巻をまちないと終わらないのよね。 この本では主人公の尚顕とミリセントがメインで、緑の小鳥、タワーバードのピュンの謎が解けた感じ。 それからミリセントと祖父との関係についても書いてあって、ミリセントが頑なな態度をとり続ける謎も解けました。 いやー 読んだことあるはずなのにねぇ、私。 まぁ楽しめるのでとてもいいわ。
オンライン書店ビーケーワン:ミドリノツキ 中

夜になって雷雨。今は止んでいて代わりに八代市のくま川祭りの花火の音が響いています。 雨のおかげで涼しい風が入ってきていい感じ。でも虫も入ってきそうで ちょっと不安。

今日は絶対プールに行こうと思っていたけど、なんやかんやと自分に言い訳して結局行かなかったのでした。ダメな私。 朝、起きて腰は痛いし、右肩は痛いし、右肩から首にかけての筋は痛いし・・・ボロボロ。腰はぎっくりとかそんな感じではなくて、筋肉痛? 伸ばすと痛いけど気持いいの。 ぶら下がるといい感じだろうけど、ぶら下がり健康気には服がたっくさん掛かっているし、高さが足りない(笑) 代わりにバランスボールにはいつくばって腰を伸ばすととてもいい感じ。 こんな時だからこそプールはよかったろうに・・・・ あ、明日こそは!(笑)
一応夕方近くまで行くつもりはあったので首や肩にラブを塗ったり、シップを貼るのを我慢していたのだ。風呂から上がった今なら貼れるねぇ。貼っちゃお。

買い物と図書館は今日済ませたので、明日はプール!に行かなきゃきっと家から出ることもなくごろごろして過ごすのだわ。 ま、お金使わないのでいいけどね。

じゃあね

2006/08/04

8/4「乗っ取られたドクター」

今週のスタートレック・ヴォイジャー第119話『乗っ取られたドクターでした。タイトルの通り、ドクターが人工知能に乗っ取られる話だったのですが、その人工知能とは大量破壊兵器だったの。深夜勤務で艦長の代わりに指揮を執るキムの嬉しそうなこと!上陸班のリーダーになったときも嬉しそうだったねぇ。野心のある人は違いますね。 キムは上級仕官で、下級仕官とは別なんだー エリートコースの人なんだなぁ。
ドクターが乗っ取られた途端、キリリとした悪人面(?)になるのが見事でした。さすが役者さんだなぁと思ってみてました。乗っ取った人工知能、最後はプログラムを越えて自分の考えを実行したのだけど、うーなんか可哀想。まぁあれでよかったのでしょうが・・・・・ 次回はいよいよ第5シーズンの最後の話です。いつものように前後編。こういうときはつくづくアメリカの人間でなくてよかったーと思います。だって前編見て続きを見るのに半年も空いたら絶対ストーリー忘れてるだろうし、続きが知りたくてうずうずすると思うんだー ありがたいことに第6シーズンもRKK熊本放送は放送を続けてくれるようです。 よかった、よかった!

今朝は幾分涼しかった。 クーラー、4時に切れるようにセットしていたつもりがそのまま付いていたのだけど、隣の台所に行っても同じくらい涼しかったのさ。 勿体無いなぁ~電気代。
昨日ありがたいことにヴィッツのAMラジオが聞けるようになったので、今日からまたヴィッツで出勤。なので残念なことに気温が何度だったかわかんなかったです。 日中はやっぱり35度は越えていたと思うけどね。 まぁ寒いよりいいさ。 明日は久しぶりにプールに行こうかなぁ。でも人、多いだろうなぁ。

何はともあれ、明日からまた休み。 うれしいこっですだ。
じゃあね。

2006/08/03

8/3「ミドリノツキ 上」

昨日、整体での待ち時間用に持って行った本が『ミドリノツキ 上』(岩本隆雄著 ソノラマ文庫)です。『星虫』でガツンとやられた後、岩本さんの本は全部買って読んでます。 これを読むのも2度目
だもぼちぼちしか覚えてないので、楽しいですよ。まだ途中だけどね。
岩本さんの新刊はいつ出るのだろうか? 一時出るって広告は見たのだけど、いつのまにか消えちゃったねぇ。
オンライン書店ビーケーワン:ミドリノツキ 上

そうだ、朝起きたときひっさしぶりに腰が痛くなかった! 昨日の整体が効いたんだ! 嬉しいです。その後のちゃりんこ漕ぎでちょっとばかし変になったかも。姿勢わるいもんねぇ、漕いでるときの。 ま、メインは今『はじめの一歩』なので(笑)

今日も夏してた。出勤時31度。帰宅時34度。久しぶりににわか雨が降った分、涼しかったのかも。って、34度で涼しいというのもなぁ(笑) この時期は30度切ると涼しいと感じちゃうね。でぶねこさんのあたり(青森)では考えられないだろーなー

車にETCを付けようかなぁと思ってますが、どうすればお得なんだろう? OMCのつき100円、もしくは200円の36回払いはどうだろう? うーん・・・

じゃあね

7/26「私と月につきあって」(BlogPet)

今日、こりが
昨日、こりがもう読むのは何回目かになるこの『ロケット7』(野尻抱8著富士見ファ.
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「もじょか」が書きました。

2006/08/02

8/2 帰れない・・・

いやー、今日は色々と大変だった~
まず、朝から。 出勤時既に32度。おいおい、まだ8時半だよ。
んで、会社に着いたらなんと本社から監査が入ってた!どっぴゃ~ あたしゃ今日は半日休暇わ取るのに~
結果はあんまりよくなくて あーあ、って感じ。
監査自体はなんとか12時には終わったのですが・・・・客が来たりで結局会社出たのは12時50分。
人吉に向けて1時には出かける予定が、結局2時前になってしまいました。 仕方なく高速道路を使うことに。
1150円ふぇー で、整体はいい感じに終わりました。
終わって5時。道の駅で桃と梨を買い(400円)、叔母の店、石焼亭に行きました。ところが、夜の部の始まりは6時からだったと。 叔母は買出しに行ってました。なので諦めて帰る事に。その時間に食べる予定でお腹を調整して行った連れは空腹が我慢できず、コンビニでおにぎりとパンを500円分買って食べてました。
びんぼーなので帰りは一般道にしようと219号線を走り出したのですが・・・・ 10キロ近く行ったところで通行止めの表示が! それこそ芦北周りなら大丈夫のようでしたが時間がかかりすぎると思い諦めてUターン。高速道路のインターへ向かいました。 がーーー!
なんと事故による通行止め! 入り口に立っていた係りの人に聞いたら、15台の玉突きだってーーもうがっかりだよ。 時刻は6時。こうなりゃご飯食べて帰ろうとまた石焼亭へ。 いつもの石焼定食1050円を食べてちょ~満足(笑) やっぱり食べて帰る運命だったのよねー うっかり整体の後どこにも寄らず高速で帰っていたら事故に巻き込まれていたかも、よかったよ、とポジティブに考えましょ。 おばちゃんにタウンページを貸してもらいハイウェイ情報の電話番号を調べ掛けてみると、あと2台撤去されてない車が残っていて、その後警察の検分があるのでどれくらいかかるか・・・とのこと。 仕方ないのでぼちぼち219号線を帰り始めました。それでもインターまでぎりぎり近くなったらもう一度電話しよう!と思ってました。 で、亀田くんのボクシング、どうなってるだろうとチャンネルを合わせてテレビを流していたら「ピッピッ」と速報の音。 よく映らない画面を必死に見たら、高速道路の通行止め解除の知らせじゃあーりませんか! なので高速道路で帰ってまいりました。 よかったーほんと。
家に着いたのは途中店に寄ったりもしたので9時ごろ。で、亀田選手の試合が始まったのは部屋に上がってから。 うーん・・・9時からの試合に7時半から放送とかすんなよねー まぁそんなことだろーとは思っていたけどね。
試合は・・・・ 言っちゃーなんだけど、ベネズエラでやってたら負けてたよね。 判定聞いてびっくりしちゃった。今、朝のちゃりんこ漕ぎのとき「はじめの一歩」読んでいるのでボクシング頭になってるところ(笑) 一歩はいいねぇ。今23巻くらいだけど、後50冊以上も読めるんだよー
まぁなんにせよチャンピオンになってよかったですね。おめでとーございます。 先日の34歳の人は残念だったもんね。

じゃあね

2006/08/01

8/1「童話物語 下 大きなお話の終り」

いやー、面白かった。
タイトルはやっぱどうにかならんかねぇと思いつつ、世界観も登場人物もすごくよく出来てると思う。とっても性格が悪いと思われるペチカにしたって「こんな生活環境じゃそりゃー仕方ないよね」って思わせちゃうし、そのペチカがどういう体験の下人を信じ、そして人を憎むだけでなく許すという心境に達することが出来たかってのが無理なくホント自然に描いてあると思う。またルージャンのペチカを思う心はなんであんなにも強いのか。彼こそすごーーーい!と思う。下巻は半分以上読みたい!と思わせるのは彼の存在だね。
女機関士ヤヤの言葉「誰だって、自分が思っているよりはすごい人間だよ」っての、すっごーーくいいよねぇ。
それから、何も変わらない永遠の世界より、限りのある命を生きることで「変わる」、「変れる」ってのはすごいことなんだぁと改めて思いました。 ペチカもルージャンもすごーーく変わったもんね。 まぁさらに悪く変わった守頭ってのもいたけどね。
それから、「付記」の中でこの物語は実は十巻から成る妖精の書『童話物語』の5.6巻を抜粋してわかりやすくしたもの、って書いてあるの。トールキンの指輪物語みたいだね。9巻(ペチカのその後)と8巻(ルージャンが書いたとされている書)は是非読んでみたいよ。あ、7巻(最初に地上に降りて2人の人間に分かれた妖精たちの話)もおもしろそう。
ホームページとかも色々とあるようなので調べてみようと思う。
オンライン書店ビーケーワン:童話物語 下

今朝は暑かった。4時にエアコンが切れるようにセットしていたら、4時50分には暑くて目がサ覚め、部屋の窓を開けて周り、長袖シャツも脱ぎ捨てて、そりゃーもぅぬっかったーーー
帰りはでも34度。昨日よりびみょ~に涼しかった? いや、30度以上あれば一緒。暑い。 30度切るとすごく過ごしやすく感じるのだなぁ(笑)

明日は半休取って午後はカイロに行ってきます。

じゃあね

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »