« 8/18「AKIRA」(BlogPet) | トップページ | 8/26「ボーグの絆を求めて」 »

2006/08/25

8/25「アトムの子ら」

図書館に行きそびれていて読む本がなくって、蔵書の中から選ぶことに。 SFが読みたい気分だったけど、ハードな気分ではなくて・・・ で選んだのがアトムの子ら』(ウィルマー・H・シラス著 ハヤカワ文庫)です。 残念ながらbk1に画像がなかったわ。 この表紙、女の子に猫にきのこ雲、嫌いではないのになぁ。しかしこれ、なんと24年も前に買った本でした。 読むのは3回目くらい? タイトルがいいじゃない。 とってもいいよ。
ティムという少年が主人公。平凡に見える彼は実は天才。まだ14歳だけど、ペンネームを使って小説を書いたり、建築家になったり、作曲したり・・・ 両親は原子力研究所の事故で亡くなったのだけど、その事故が原因で生まれたミュータントだったの。 ミュータント物といえばこの「アトムの子ら」と「スラン」が真っ先に浮かんできます。 しかし この作品、1948年とかそのくらいのものなんだねー
その天才少年ティムの信頼を得た心理学者のウエルズとティムはきっと他にも親が事故に遭ったために生まれてきた仲間がいるはず、と思って仲間を探すことにし、そしてその仲間を集めて学校を作るの。
でも私は学校が出来てから、章で言えば3章以降より、最初の「少年の秘密」と2章の「捜索」の方が断然好きだなぁ。 ティムがこんなこともあんなこともやってるってわかるところがすごーくわくわくして好き。 2章に出てくる精神病院に入れられた女の子が実はこんなことやあんなことをしてるってわかつていくのがどきどきするよ。その点、学校に集まった子供たちからは天才の輝きがあーんまり感じられなくてワクワク感が薄れちゃうのよねー
ただ、ワクワクとかドキドキとか全然違うんだけど、学校で起こったいたずら事件のくだりはちょっと考えちゃったよ。いたずらの犯人を見つけたとき、犯人は子供たちにものすごーく糾弾されるのだけと、犯人の考えがそこまでおかしいと思わないの。 いたずら自体は(特に最初の卵の件は)ひどいなぁと思うけど、犯人だと気付いた犯人の言動というか考えには反発より同意しちゃう感じなんだなー 多分今の世の中はこの犯人のような考え方で満たされているのだと思うのね。 合理的、効率第一主義・・・・ うーん、病んでるかなぁやっぱり。 まぁ多分作者はキリスト教なんだろうなぁってのもあるんでしょうけどね。 まぁ難しいしところだ。 日経新聞に載ったエッセーについてのニュースもなんだかとてもタイムリーな話題になっちゃうな、犯人発覚のシーンを読んでると。
最後はちょっとがっかり。 まぁこれ以上広げるよりああいう終わり方のほうがいいのかもしれないけどね。
まぁとにかくこの本はなかなかのお気に入りなのでした。

さーて、今日も暑かったです。 クーラーはまだ故障中。 火曜日に修理に来るようなので、月曜まではなんとか考えないと。 保冷材は午前中しかもたなかったので、月曜は交換用の保冷材も持っていって冷凍庫に入れておきたいけどー 冷凍庫にスペースあったかなぁ? 無いような気がするんだよね。 ま、いいか。 とにかく明日からまた休みたい。 よく考えると明日からの週末はいわゆる夏休み最後の週末なんだねー 小学校の頃どこにも連れて行かなかったから、と天草の水族館につれていってもらったことを思い出します。 8月もあっちゅーまに過ぎちゃったなぁ。 暑いと言いつつも朝とか夜とかちょっぴり涼しい風もたまーに(笑)吹いたりして、あぁもうその辺まで秋がきちょっとかもーと思うと わびしくなりますだ。

あ、そうだ! とうとう惑星の数が決まったね。 12個になるのか8個になるのか、ここんところ興味深深で眺めていたのだけど、冥王星は惑星ではなくなってしまったのね。 そーか、そーか。 太陽系の惑星と言うとつい口を出てくるのが「水金地火木土天海冥、水金地火木土天海冥、太陽回る みんな仲間さっ~」ていう アニメのエンディング。 何のアニメだったのかはどーしても思い出せないのだけど(ロボット物であったのは確か)この歌も一時期は「すいきんちかもくどってんめいかい!」って歌ってた(私が)時期があったりしてさー なのにもう「冥」は入れちゃダメなのねん(笑) まぁ一番お尻の星が消えただけいいかー これが途中の星が無くなったり、途中に1コ入ったりしたらそりゃ~混乱しまくっちゃうよ!(私の中で) まぁ なくなったと言っても惑星でなくなっただけであって、星そのものはしっかり存在してるからねぇ。 あ、こんなん書いてたら水樹和佳子さんの『月虹』やジェイムズ・P・ホーガンの『星を継ぐもの』を読みたくなっちゃったよ~
じゃあね

« 8/18「AKIRA」(BlogPet) | トップページ | 8/26「ボーグの絆を求めて」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/11602334

この記事へのトラックバック一覧です: 8/25「アトムの子ら」:

« 8/18「AKIRA」(BlogPet) | トップページ | 8/26「ボーグの絆を求めて」 »

無料ブログはココログ