« 6/13「エンジェル・ハート」 | トップページ | 6/15「精霊の守り人」 »

2006/06/14

6/14「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々1」

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃 ライトニングボルト』(リック・リオーダン著 ぽふら出版)いやー、なかなか面白かった。
主人公の少年はすごい問題児で色々と問題を起こしては学校を退学になっちゃうの。パーシー・ジャクソン。 でも実は彼はポセイドンと人間の女性の間に生まれたハーフだったの。 この世界にギリシャ神話を持ってきて、現代とうまく融合させている所かすごくいいじゃん。オリンポス山がエンパイヤステイトビルの六百階、冥界の入り口はロスにあるDOAレコーディングスタジオ。アメリカの学生さんらしく、夏休みはサマーキャンプよろしく「ハーフ訓練所」に行く。 いいねぇ。
でも、神と人間との間に出来た子は英雄で、「冒険の旅」に出るっていうのがなんかチンケに聞こえたなぁ。 もっと違う言い回しは出来なかったのかしら? なんか白々しいというか なんか浮いた感じでした。パーシーはゼウスの盗まれた電撃を探し、アメリカ横断の旅に出かけなきゃなんないけど、仲間となったサテュロスのグローバーと、アテナを母親にもつハーフのアナベス。最初は二人とも何か秘密を持ってて怪しい感じだったのよねー
アナベス、最初はちょっとやな奴。でもなんとなくハーマイオニーって感じ。 旅するうちに信頼というか友情が深まり、いい感じになってきました。 一応完結したけど、絶対続きはあるよね。 あ、アメリカではもう2巻が発売されたのかな。20世紀フォックスで映画化もされるって。 最近はすごいねー
オンライン書店ビーケーワン:パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 〔1〕

そういえば今日は暑かったみたいねー こっちは31.9度まで上がったらしい。でも事務室はまだクーラー無しでOKでした。私だけかな?平気なのは(笑)
昨日残業した分、今日は定刻ダッシュ。 夜は「プリマダム」見て、今はサッカーです。 日本以外の試合を見るのは楽しいねぇ。 純粋にいい男探しじゃなかった、スーパープレイに酔いしれてりゃいいもんねーーー(笑)

じゃあね。

« 6/13「エンジェル・ハート」 | トップページ | 6/15「精霊の守り人」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/10525842

この記事へのトラックバック一覧です: 6/14「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々1」:

« 6/13「エンジェル・ハート」 | トップページ | 6/15「精霊の守り人」 »

無料ブログはココログ