« 6/7 光化学スモック | トップページ | 6/9「スパイダーウィック家の謎 2 魔法の石をさがせ」 »

2006/06/08

6/8「目の誕生」

うー、読み終えました! 『目の誕生 カンブリア紀大進化の謎を解く』(アンドリュー・パーカー著 草思社)。いつも読んでいるブログ、森下一仁さんの「惑星ダルの日常」と荻原規子さんの「アンダンテ日記」の2つでこの本が取り上げられていたのですごーく興味があって図書館にリクエストして読みました。単なる小説ではなく科学書なんです。でも面白く読めました。以前『利己的な遺伝子』を読んだときは残念ながら途中で挫折してしまったのですが、これは大丈夫でした。
タイトル見るだけで結論はわかっちゃうのですが、カンブリア大爆発って言われるあの多様な動物が登場したのは、それまで無かった「眼」を獲得したからだっていう新説。 それをとても丁寧に、でも結構色んなエピソードを混ぜて私のようなド素人にも飽きさせず、興味深く読ませてくれました。 この前「竜とわれわれの時代」を読んだばっかりだったのですが、化石とかの話に繋がってる感じで余計読むのに勢いがついたのかな? でもね、研究対象の化石や生き物の小ささってのはびっくりですね。絶対私には無理だなぁ。学者さんは偉いなぁと本気で思っちゃいました。 でもこの「光スイッチ説」めっちゃ説得力がある気がするんですけど!
その筋ではかなり有名らしい『ワンダフル・ライフ バージェス頁岩と生物進化の物語』(スティーヴン・ジェイ・グールド著)をまだ読んだこと無い私。これも借りてきて読んだほうがいいかなぁ・・・・・と今思っています。
あ、でもね 私は実は新井素子さんの『ネプチューン』の中のカンブリア大爆発の秘密のほうが個人的にはびっくりして目からウロコのお気に入りですけどね! (もちろんこれは学説ではないです)
オンライン書店ビーケーワン:眼の誕生表紙の写真もいいよねー

そういえば今朝、いきなり4時に目が覚めてしまいました。 「ブラジル戦の予行練習か!」と思わず一人ツッコミ(笑) その後なかなか寝付けず、諦めて1枚だけ残っていたDVD見ようとパソコンを立ち上げたのだけど・・・ メディア再生のソフトがイマイチ調子よくなくて、再生されるまで10分くらいかかり、尚且つ見出したDVDも9分何秒で画面が固まり、うんともスンとも、にっちもさっちも行かなくなってしまったのでした。 DVDは香取新吾くんの『忍者ハットリくん・ザ・ムービー』 実は土曜日借りてきてすぐプレーヤーで見ようとしたら全然動かなくって、パソコンならなんとか見れてたはずなんだけど・・・ 結局私には見るなってことね!と諦めて寝てしまいました。 パソコンも結局電源落としてね。(まともに消すことも出来なかったの) 残念だけど、明日返しに行こうと思ってます。

明日行くとまた休みだよ。 うちの上司は今日から東京。いいなぁ・・・・ 今頃はみおちゃんも交えて飲み方やってんだろーなー

じゃあね

« 6/7 光化学スモック | トップページ | 6/9「スパイダーウィック家の謎 2 魔法の石をさがせ」 »

」カテゴリの記事

コメント

 TBありがとうございました。
『眼の誕生』おもしろいですね~。ウミホタルの仲間の話から、カンブリア紀の生物まで話がつながるところが、作者の、科学者として偉いところだと思いました。
 グールドの『ワンダフル・ライフ』は名著ですが、もうデータが古くなっていることは否めませんね。そこを頭に入れて読めば、また新たな意味が出てくるかもしれませんが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/10441246

この記事へのトラックバック一覧です: 6/8「目の誕生」:

« 6/7 光化学スモック | トップページ | 6/9「スパイダーウィック家の謎 2 魔法の石をさがせ」 »

無料ブログはココログ