« 5/23「銀河のワールドカップ」 | トップページ | 5/25「すばらしき父さん狐」 »

2006/05/24

5/24「ユージニア」

2日くらいかけて読む予定だったのに、つい1日で読んでしまいました。それが『ユージニア』(恩田 陸著 角川書店)です。先日新聞で何かミステリの賞をとったという記事を見ました。 何の賞だったかなあ・・・
読み始めてすぐ思い出したのは、私が恩田さんにはまるきっかけとなった本、『Q&A』でした。 あのホント同じように1つの事件に関して色々な人が思い出して語るって形式で話は進んでいくの。 誰が話し手なのかすぐわかるものもあれば、なかなか誰が誰の事を話しているのかわかんない章もあったり、でも後から 「あぁさっきのあれはこのことかー」となったり・・ それから この前読んだ『蒲公英草紙』のイメージもあった。 あの話にも村人が慕い敬う家があり、その中には聡明な子供たちがいて、綺麗な娘がいるのよね。 それから 他の人を真似するってとこでついこの前読んだ『チョコレートコスモス』も思い出したなぁ。
でも最後の章がよくわかんないんだなー 満喜子の立場が、満喜子が言わんとすることがどーもよくわかんないんだなー バカだなぁ私。しっり理解できない自分が悲しいです。とほほ。
あ、そうそう 途中とっても気になって いつかはその謎が解けるかな、と思いつつ読んでいたけどわかんなかったのです。第三章の「遠くて深い国からの使者」ってのは満喜子が語る話ではないの? でも緋紗子が久代になってるし、青澤さんが相澤さんになってる。(これは今見直して気が付いた) うーん、うーん、似て別な話?
あそれから読み出してすぐすごーい違和感があって、で思わず定規を取り出して確認してしまったけど、間違いなくこの本の字は斜めに印刷されているよね。 全部じゃないんだ。ちゃんと垂直に印刷されている所もあるから。なんでかねー
まぁとにかくよくわかんないながらも読み応えのある話でした。
オンライン書店ビーケーワン:ユージニア

そうそう ゲーム『大神』一応無事に終わりました! 最後から1つ前の敵のときとーとー死んで胃袋を使ったけど、なんとか。 最後なんて体力は1つしか残ってなかったんだよ(笑) まぁ総合評価は全てと覚悟をしていたら、凡は1つだけでした。 神も1つあったし、あとは松に竹でした。
まぁこれからやろうと思えばミニゲームというかサブイベントがいっぱいあるし、置物やはぐれ玉とかも穴だらけなので色々と楽しめると思うけど、体がついていかないというか、とにかく疲れが溜りまくって取れないのでしばらくは熱中することはないだろーなー しかしよれよれになりながらも 最後までたどり着いた自分に拍手です!
あ、でも今日はゲームのために「プリマダム」を2~3分見損ねてしまったのは失敗じゃねー 野球で始まりが遅れると読んでいたけど時間通りだったよ。あ、そういえば 今夜はスタートレックじゃ。 前後編の前編なので録画しそこないようにしなきゃね。

じゃあね

« 5/23「銀河のワールドカップ」 | トップページ | 5/25「すばらしき父さん狐」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/10228110

この記事へのトラックバック一覧です: 5/24「ユージニア」:

« 5/23「銀河のワールドカップ」 | トップページ | 5/25「すばらしき父さん狐」 »

無料ブログはココログ