« 5/9「マージナル」 | トップページ | みずぼうそう(BlogPet) »

2006/05/10

5/10「おまかせハウスの人々」

月曜日から読み出した『おまかせハウスの人々』(菅浩江著 講談社)を読み終わりました。 短編集で6つの話が載っていました。 幼児型ロボットの里親になってAIを学習させる話、人の表情・音声により相手の本音がわかると言うのコミュニケーション・ツールの話、ナノマシンを体内に入れて治療する、もしくはナノマシンによるダイエットの話、対人関係に疲れうつ病になりかかっていて、そのため自分の周りに膜を張った様な視界になってしまってそれを治す為に友達に貰った薬が・・・っていう話、そしてタイトルの話は家が家事のほとんどをやってくれるというおうちに住むためのモニターに応募した3つのタイプの家庭とその処理係の男の話。
全て今気になる話題の題材を用いつつ、でも人間の本質ってのはいつの時代も変わらないんだなぁ・・みたいな。そんな気がしました。
オンライン書店ビーケーワン:おまかせハウスの人々
今日は雨。町内会費の残りを集めてもっていくとき止んでいた雨がまたひどく降り出してね。もーーームッカムカきました。 雨に濡れるのは嫌いなんだって! でもやっと終わった。ただ、今月もう1回市報配りがあるのよねー あー、面倒。

あ、そうそう ゲーム大神。昨日無事カグヤの穴掘りはクリアー。 んでヒミコにも会え、今日からは竜宮とかそっちの話になるみたい! がんばろーっと

じゃあね

« 5/9「マージナル」 | トップページ | みずぼうそう(BlogPet) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/10008281

この記事へのトラックバック一覧です: 5/10「おまかせハウスの人々」:

« 5/9「マージナル」 | トップページ | みずぼうそう(BlogPet) »

無料ブログはココログ