« 3/21 「シーラス 青い馬」「シーラス セバスチャンの遺産」 | トップページ | 3/15「やさしい嘘」(BlogPet) »

2006/03/22

3/22「シーラス 旅のオオカミ」「シーラス 遺書」

シーラス旅のオオカミ
セシル・ボトカー作 / 橘 要一郎訳
シーラス遺書
セシル・ボトカー作 / 橘 要一郎訳
表紙のイラストがね、一緒なの。 厳密に言うと反転してるけどね。 で、11巻読んでね、表紙と合うシーンがなくてね、ん?ん?ん?と思っていたのですが・・・・ 12巻を読み終わり、挟んであった紙を見つけて納得。 「おことわり」と題したその紙には11巻を刊行する時デンマークのエージェントからカバー用として送ってきたのが12巻用のものだったのに、それに気づかず出してしまい、後で翻訳者に送って初めて気付いたそうな。 で、12巻用にイラストを頼もうとしたらもうそれを描いていた人が亡くなっていたんですって。 ほっほーでした。

で、昨日から今日にかけて読んだのが『シーラスシリーズ11 シーラス旅のオオカミ』『シーラスシリーズ12 シーラス遺書』(セシル・ボトカー著 評論社)です。11巻のタイトル、なんだか合わないなぁ・・・と私は思うのだけど、デンマーク語はわかんないしねぇ。英語すらよくわかってないのだから。 11巻ではちょっと昔のシーラスに戻ったけど、後半から12巻にかけては御者とかしちゃって、らしくなかった。 メリッサとの事、はっきりしてよかったけどね。 こんな流れになるとは全くもって想定外でした(笑) 13巻ではまた山の暮らしに戻って欲しいなぁ。 もしかして並行して読んでいる『ドラゴンボール』みたいに、悟空、悟飯、悟天みたいにシーラス、その子その孫の話になっていくのでは(笑)残りはあと1冊。 すぐ読みたい、とっときたい、あーどーしよー(笑)

じゃあね。

« 3/21 「シーラス 青い馬」「シーラス セバスチャンの遺産」 | トップページ | 3/15「やさしい嘘」(BlogPet) »

」カテゴリの記事

コメント

広い橘要一郎などをシーラスされたみたい…


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/9211491

この記事へのトラックバック一覧です: 3/22「シーラス 旅のオオカミ」「シーラス 遺書」:

« 3/21 「シーラス 青い馬」「シーラス セバスチャンの遺産」 | トップページ | 3/15「やさしい嘘」(BlogPet) »

無料ブログはココログ