« 2/26「ぬまばあさんのうた」 | トップページ | 2/28「まだ見ぬ冬の悲しみも」その2 »

2006/02/27

2/27「まだ見ぬ冬の悲しみも」

久しぶりにSFの新刊が図書館にありまして、速攻借りてきました。 『まだ見ぬ冬の悲しみも』(山本弘著 早川文庫)です。ハヤカワSFシリーズ Jコレクションは全部読まなきゃ!と思ってるのですが、図書館に入ってないのが数冊あるみたい!今度リクエストしておかなきゃ!

この本、短編集でした。読みやすい! 6つの話が入ってまして、今日読んだのは「奥歯のスイッチを入れろ」と「バイオシップ・ハンター」の2つ。
最初のタイトル見ると思い浮かぶのは009の島村ジョーですねぇ。でも20世紀のアメリカのSF小説をヒントにしているって書いてあるの。何だ?なんと言う小説なんだろう? 読んでみたいなぁ。 話はね、切なかったです。正義って辛いなぁ・・・・ これを読んでいるときは短編集だと思わなかったので、この主人公のタクヤはこれからどうなっていくんだろーと思ったの。そしたら次の話は全然違った話で繋がりはありませんでした。 2作目はそれこそ生きた宇宙船の話。これは私には「星虫」ですねぇ。 この本のバイオシップはイ・ムロッフという爬虫類みたいな異星人が飼いならしているの。 地球の宇宙船がバイオシップに襲われ続けているので、真犯人を探すためジャーナリストがバイオシップに乗って真犯人探しに出かける話なのだけど・・・・ 人類ってホント一歩踏み出したあとに考える種族だよねー 踏み出す前に何故考えられない? 色々と考えさせられる話でした。でも読後感はよかったです。

続きを読むのが楽しみじゃ。

オリンピックが終わったですたい。 閉会式は見てないの。いい時間帯にやってないよねー まぁもういいか、とも思うけどね。いつかチャンスがあったら見ましょうぞ。

仕事はいい感じに忙しくて、夕方までインターネットを見る暇なかったです(笑) 昼休みがちょっと短くなって、本が読む時間が短くなったのだけが残念。 寒くなくて外出できたのはよかったけど、やっぱり部屋の中は冷たくて、シャッター下ろした後は手袋はめたりジャンバー羽織ったりしてました。 暖房入れるのは勿体無い気がして(^^;)

あすまで晴れそう。洗濯しなきゃなぁ。

じゃあね

« 2/26「ぬまばあさんのうた」 | トップページ | 2/28「まだ見ぬ冬の悲しみも」その2 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/8866545

この記事へのトラックバック一覧です: 2/27「まだ見ぬ冬の悲しみも」:

« 2/26「ぬまばあさんのうた」 | トップページ | 2/28「まだ見ぬ冬の悲しみも」その2 »

無料ブログはココログ