« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/31

1/31「バーティミアス プトレマイオスの門」

まだ最後まで読み終えていないのですが、待ちに待っていた『バーティミアス プトレマイオスの門』(ジョナサン・ストラウド著 理論社)を昨日から読んでいます。 図書館に入ったあと予約を要れずに読もうとしたものでなかなか借りることが出来ず、今になっちゃいました。
バーティミアスの注釈がすきなの。マンドレイクがとにかくやな奴に成り下がっていたけど、この本ではなんとかマシなやつになったねぇ。 それと バーティミアスが取っていた少年の姿にあんな秘密があったとは思いませんでした。 キティはいい子じゃ。

バーティミアス
ジョナサン・ストラウド作 / 金原 瑞人訳 / 松山 美保訳

しかし 今日は暖か。帰りは18度ありました。幸せです(笑)

じゃあね

2006/01/30

1/30「パンドラの檻」

昨夜、ちょっとだけ!と思って読み始めたけど、やっぱり途中でやめられず 読み終わってから寝てしまいました。
それが『クラッシュ・ブレイズ パンドラの檻 』(茅田砂胡著 中央公論新社)です。友達に借りたのですが、楽しみに待っていたため一気読みしちゃったのでした(^^;)
今回はリィやルウ、シェラはちょっとしか出てこず、ケリーとジャスミンがメインかな。後半ではヴァンツァーやレティシアも活躍したけどね。表紙を飾ってる二人にしては思ったほど出番は無かったです。 でもやっぱり面白い!
本にはさまっている今月の新刊案内の中にある「とてもかたよった人物紹介」もまたよかったです。
3月にはデルフィニア戦記の外伝も出るようで、それもまた楽しみですなぁ・・・・ りぃは出なくて、王様もメインキャラではないらしい。となると誰にスポットがあたるのかなぁ? 私はあのじいちゃんやばあちゃん(なんて言い方すると失礼?)に活躍してほしいけど、違うだろうから・・・・ 双子?
まぁいい楽しみに待ちましょう。

パンドラの檻
茅田 砂胡著
今日は1日だけとても暖かい日だったらしいです。 でも建物の中はいつもどおり。外も大半は雨だったのであんりありがたく無かったです。 まぁ寒いよりはいいけどね。


じゃあね

2006/01/29

1/29「オリバー・ツイスト」

今年初めて映画に行って来ました。
『オリバー・ツイスト』です。予告編を見て、絶対見にこよう!と思ってた映画でした。チャールズ・ディケンズの作品は残念ながら1つも読んだことがないのです。他の本の中で「うん、ディケンズを読んでみなきゃなぁ」と思ったことは何度かあったのですが、まだ未読状態。 なのでこの作品のあらすじとか全然知らずに見に行きました。
うーん・・・あの頃のロンドンって酷かったのねー。イギリスに限らずどこもなのかもしれないけれど、孤児院の酷さ、貧困層の人達の生活の酷さ・・・過去実際そうだったから仕方がないのかもしれませんが、なんとかなんないんだろーと思っちゃいました。 あと、オリバーを助けてくれたナンシー。いい娘だったのに・・・きっと今までも何度も助けてあげたい子がいたけど何もしてあげることが出来なくて でもオリバーだけは何とかしてあげたくて・・・そして・・・だったのかなぁ。
しかし、あのオリバー役の子! すごーくよかったです。 表情がとってもとってもよかったです。
オリバーがもし醜い顔の子供だったらあんな幸せは掴めなかったのかな?と思うと それも不条理な気がしますが、あの頃だから仕方ないのかなぁ。
「よかったねーオリバー」と素直に喜べず終わってしまった感じでした。 あのスリ仲間の子供たちはどうしたんだろうなぁ・・・・・

映画の後は友達とカプリチョーザでお食事。温野菜のサラダに生パスタ、チーズ入りライスボール、どれもおいしく頂きました。 そのあとダイヤモンド・シティ・バリューをうろうろ。もう一人の友達用のバースデープレゼントを買って帰ってきました。

さて、明日からまた仕事。そしてもう2月がすぐそこ。 早い、早すぎるよぉ~
じゃあね。

2006/01/28

1/28「かはたれ」

Titmouse さんのブログを読んで、是非読みたくなり図書館にリクエストしたのがこの『かはたれ 散在ガ池の河童猫』(朽木 祥著 福音館書店)です。
ラストはぼろぼろ泣いちゃったけど、すごーく後味よかったです。
「かはたれ」というのは夜明がたの薄明のこと。「彼は誰」からきています。
家族が急にいなくなった後、20年(人間の感覚だと2年くらいだとしても)もの間一人ぼっちで過ごしていた河童の子供の八寸が、修行のため長老河童に猫に変えてもらい人間の住むところに行くのです。そこで出会ったのがお母さんが死んで半年くらいの麻という小学生の女の子とチェスタトンという情けない顔をしたラブラドール。麻の閉じかけていた心が、すみれ色のノートやお父さんからの手紙、そして八寸とのふれあいでまた開いていくのがとてもよかったです。 すみれ色のノート、とてもいいな。
この本、「エルデスト」と同じ時に図書館に入ったと連絡があり、まず「エルデスト」を読んだのですが、昨日からこの「かはたれ」読み出したものの、昨日の頭はまだ「エルデスト」だったので読むのを止めて今日 読み始めたのです。 全然違うタイプの話ですが、こんなふんわかした感じのお話もとてもいいですね

かはたれ
朽木 祥作 / 山内 ふじ江画

今日もなかなかいい天気。洗濯物が乾いてうれしいです。
明日は映画。今年初めてです。 楽しみだ~
じゃあね。

2006/01/27

1/27「エルデスト 宿命の赤き翼 下」

昨夜読み終わった! 『エルデスト 宿命の赤き翼 下 ドラゴンライダー2』(クリストファー・パオリーニ著 ソニー・マガジンズ)いやー、よかったですよ。
タイトルの意味、書評を見て上巻だけでわかるのかと思ったけど、出てきたのは多分下巻のラストのほうです。
ここから
思いっきり
ネタバレ
になります

エルデスト 下
クリストファー・パオリーニ著 / 大嶌 双恵訳

エルデストって長男っていう意味なんだって。 で、なんとまぁ 行方不明になったマータグがドラゴンライダーになって戻ってきたの。ただ、残念なことに帝国側のね。下巻の表紙の赤いドラゴンがソーンといってマータグのドラゴンなの。そして なんとマータグはエラゴンの本当のお兄さんだったと! つまりエラゴンは裏切り者のモーザンの息子ってこと! ・・・・・この辺を読んで、あれ?もしかしたら1巻を読んでいたとき うすうす感じていたんじゃなかったっけーと思ったんですが、ほら それは鶏頭の私。すっかりきっぱり忘れてました!(^^;) まぁ逆にそれがいいこともあらーな。
でもね、日本語の副題は」「赤き翼」なのでソーンとマータグがメインみたいになってるけど、長男といえばローランもそうよね。 私はエルデストってのはローランのことも含むっていうか3分の2はローランのことを指してるんじゃないかな、と思いました。 (この本の)最後の戦いではすっごーい活躍をしたし。
まぁ とにかく思ったのは、3巻が出たら1巻から読み直してから読むぞ~ってこと(笑)やっぱり伏線とかいっぱい張ってあるだろうし、ほとんど忘れちまって読むんじゃ面白みも半減だよねー
今回だってローランがジョードに会うまで全くジョードのことは忘れていたし、ティールムって街でアンジェラと会ったことなんかもすーーーーーーっかり忘れていたもんね。 ほんにめでたい頭じゃのー
20世紀FOXでの映画化、うーんどうなるんだろうねぇ。 役者が誰なのかすっごーく気になります。
しかし・・・・3巻はいつ出るんじゃ~映画は今年の秋らしいので、それより前に読めるといいなー、ホント。

さて、明日は休み。あさっては久しぶりに映画に行くし、あー楽しみです。
休みの間は文鳥といっぱい遊んでやんなきゃなぁー 随分慣れて活発になってきました。 しかし油断するとカーディガンの毛玉を食べようとするので困っちゃいます。そんなん食べて消化不良で死んだりしたらやだかんねー
しかし、ただちゃと違って鳴き声にバラエティがないんだよなー これも変わってくるのかな? それともオスとメスの違いなのだろうか?

じゃあね。

2006/01/26

1/26「人を呼ぶ流動生命体」

本当はエルデストの続きを読みたいのだけど、ぐっと我慢してスタートレック・ヴォイジャー第92話『人を呼ぶ流動生命体を見ました。今日を逃すとなかなか見る時間が作れそうに無かったから。
えーと・・・ポリポリ あの銀色の流動体はオドーと何か関係あるのかなぁ? のちのちタイムトラベルしてオドーたちの祖先になったとか? まさかねぇ。 ニーリックスとトゥボック、ニーリックスとドクターのやり取りが面白かったです。それからやっぱりキリキリしたトゥボックは好きだなぁ。 キムがとっても楽天家に思えました。 先週のはとっても面白かったけど 今週のはどうだろう? あ、セブンの防護服姿、なんとなくセクシーでした。って思うのは私だけかしら?

今日もなかなか冷えました。 明日もさらに冷えるらしく、今からとほほな気分です。 タイミングが悪いのか、冷えすぎちゃってるのか 昨日に引き続き今日もお風呂に入ったときお湯の出が悪くて 湯船を熱いお湯で満たすのに時間ばかりかかり貴重な時間を損した気分。 早く本読みたいのに~
という訳で、今からコンタクトレンズ外したらベッドに入って読書に励もうと思っています。 多分今夜中に読み終えるのだ!

じゃあね。

1/24「最後の恋のはじめ方」(BlogPet)

きのうはこりがここでこりとビデオみたいなblogしたかも。
こりはビデオがblogしたかも。
きょうはこりが最後とかblogしたかったみたい。
こりとblogするはずだったの。
こりがblogすればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「もじょか」が書きました。

2006/01/25

1/25「エルデスト 宿命の赤き翼 上」

しまった~ 今日は「日本昔ばなし」の日だった~ 見るの忘れてたよー バカバカバカ! こんな風にして夜中のヴォイジャーを録画し忘れないように気をつけておかなくっちゃ!

えー、月曜に読み始めた『エラゴン 宿命の赤き翼 上 ドラゴンライダー2』(クリストファー・パオリーニ著 ソニー・マガジンズ)を読み終わりました。 くーーーーーーっ! 残念、とても残念。何が残念かというと、1巻の内容をうろ覚えってのがすげーーー残念です。 とにかく1巻の『エラゴン』を読んだときには最近では一番のお気に入り、ってぐらい気にいったっていう記憶はあるのですが、内容が・・・・読みながら結構思い出してはきたものの、細かい所は忘却の彼方。かといって再読するには厚過ぎる(笑) さぐりさぐり読みました。 あー、これが1巻からそのままの流れて読めていたら もっともっと面白かったろーになぁと思うと、自分の記憶力のなさが残念でたまりません。
今回はエラゴンだけでなく、従兄弟のローランも大活躍なんですけど、どーもローランって嫌な奴っていう記憶があってねー でもそれって本当だったか定かではない。 私の記憶間違いの可能性大。だから本当は元からいい奴だったのかも(^^;) とにかく、今回のローラン、やるねぇって感じです。 なんだか黒澤明の『7人の侍』を思い出しちゃいました。このドラゴンライダーもなんとなく指輪物語っぽいなぁーとおもっちゃった。
物語はまだまだ。下巻も借りてきているので、そのまま読み続けています。 「エルデスト」って表紙に描いてあるドラゴンの名前かなぁと思っていたらそうではなく、どこで出てくるのだろう?と思っていたら、実はもう出てきた? あたしゃ気付かなかったけど、bk1の書評を読んだら出てきたみたい。 え?どこよ、気付かんだった~
それから映画にもなるらしい。 だ、大丈夫なんだろうか? ちゃちい映画だと嫌だなぁ・・・誰が映画化するのかな? うーん・・・せめてロード・オブ・ザ・リングのレベルでやってもらわないと やだよー

エルデスト 上
クリストファー・パオリーニ著 / 大嶌 双恵訳

あさ、寒かった。 出社時は1度。 帰りは10度。 うーん・・・朝から10度はあってほしいなぁ。 ただ、帰るときに思いました。 日が長くなったみたい、って。 どんどんどんどん春に、夏になってくれ~

じゃあね。

2006/01/24

1/24「最後の恋のはじめ方」

ビデオになったら絶対見ようと思っていたのがこの『最後の恋のはじめ方』です。ウィル・スミスがデート・コンサルタントのヒッチって役。会計士のアルバートがセレブのアレグラとうまくいくなんてのはいくらなんでもないだろーと思いつつ、ゴシップ記者のサラと最後はうまくいくのだろーと思いつつ、なかなか面白かったです。大学時代のヒッチがデート・コンサルタントをやるほどクールになるなんてことがあるなら、私もクールになれるかも(笑)
結局プレステで見たのです。 うーん、なんでうちのデッキでは見れないのかなぁ・・・・ 古いからかな?なんてったってマルチコンポだもんねー 購入したころは田舎のこっちではDVDなんてありもしなかったもんねー ツタヤの人すら知らなかったもの(笑)

今日は仕事は暇でした。 ついつい読書に励んでしまった。えへへへへ

じゃあね。

2006/01/23

1/23「スコルピア」

結局昨日『女王陛下の少年スパイ!アレックス スコルピア』(アンソニー・ホロヴィッツ著 集英社)一気読みしちゃいました。 ラストは えーって感じ。以前読んだハヤカワ・ポケットミステリの中に同じような終り方した話があった気がするけど、どの話だったか思い出せない・・・・
とにかくアレックスのお父さんのことや、ジョウンズ夫人のことがちょっとわかりました。 トムとジェリーの兄弟もなかなかいいです。 あ、そういえば舞台の半分はベネチアだったのですが、ベネチアが舞台といえば、「鏡のなかの迷宮」や「ライオンボーイ」などあったねー いつか1度は行きたいとまたまた思ってしまいました。
もとは4巻で終わる予定だったけど、6巻まであるみたい。 続きが楽しみであります。

スコルピア
アンソニー・ホロヴィッツ著 / 森嶋 マリ訳 / 荒木 飛呂彦イラストレーション

天気、今日もよかったねー 多分外は昼間は暖かだったんじゃないかな? でも会社の中は冷え冷え。暖房入れると暑くなり、消すと足元スースー。全く困ったものだ。
夕方からだんだん頭痛が。 晩御飯にポークカレー食べた後、頭痛薬飲みました。なので今は小康状態。 このまま痛みが消えますように! でも何で痛くなったかな? こんなに天気いいのに崩れる?まさかねぇ。
そういえば今日はちょっぴり残業。家に着いたのは7時でした。明日は用があるので5時半には会社を出てこなきゃね。 戸締りしなきゃなんないので みんなにとっとと帰ってもらおう。

じゃあね

2006/01/22

1/22「イーグルストライク」

うーん、悲しい! 朝から洗濯物干し終わってどれどれDVDを見ようかな、と思ったらまたまた反応してくれなかった。あーあ、これもパソコンで見なきゃなんないの~ 困ったものだ。(ちなみに「うえきの法則」はちゃんと再生してたよー)
で、諦めて読書。昨日から読んでいた『女王陛下の少年スパイ!アレックス イーグルストライク』(アンソニー・ホロヴィッツ著 集英社)を読み終えました。 今回のアレックスはMI6の指示で無理矢理動かされるわけじゃないの。プロローグを読んで、どっちかがヤッセンというロシアの殺し屋の事だろうと思ったけど、ふーん、そうかーそうなんだー という訳で私は今とても続きが読みたいです。 借りてきててよかったーと思います。
今回の敵はイギリスでサーの称号まで貰っている世界的に有名な歌手で慈善家のクレイというおっさん。アレックスは闘牛をしたり、チャリンコでカーチェースしたり、テレビケームの中と同じような体験をし、最後はエアフォースワンの中で死闘を繰り広げるのだわさ。 ヤッセン、お気に入りだったのになー

イーグルストライク
アンソニー・ホロヴィッツ著 / 森嶋 マリ訳 / 荒木 飛呂彦イラストレーション

まぁ とにかく 今から次の巻を読み始めようと思います。

でも外はすごーーーくいい天気なのよね。 こんな日に家にじっとしてるのってもったいないなぁ・・・
あ、プールにも行かなきゃと思いつつ、なんだか行くのがかっだりーーー あぁもうこれは完全にサボり癖がついてしまったみたい。 うーん、困ったものだ。
じゃあね。

2006/01/21

1/21「スパニッシュ・アパートメント」

『スパニッシュ・アパートメント』ビデオ屋さんで見かけたときちょっと気になっていたのですが、jesterさんのブログを読んでうん、これはなかなかと思ったので借りてきました。 しかし、残念ながらDVDのデッキで見ることが出来なかったので、パソコンでとぎれとぎれに見ちゃいました。
舞台はバルセロナ。パリからスペインにエラスムス計画っていう制度(だよね?)を使って留学したちょっと冴えない大学生院生が主人公。 色んな国からやってきている学生達と一緒にアパートを借りて生活していく様子が描いてあるの。 あんなにすんなり違う国の言葉をしゃべれたらいいなぁ。 あんな生活、楽しそう。でも7人で一緒に住むっていうのも 面白そうだけど大変荘でもあるねー
主人公、パリに恋人いるのに、こっちで人妻と情事をもったりして いいのか? で、恋人に振られると落ち込んだりするってのが わかんなーい。 でも、イギリス娘がアメリカ男と浮気している現場にイギリス娘の恋人が突然やってきて、それをみんながカバーするところはすごーく面白かったです。 弟、それまでは五月蝿い奴でいいイメージじゃなかったけど、ナイスなフォローに大笑いでした。
主人公、「ルパン」の役をやっているそうで・・・・「ルパン」がDVDになったら借りてみてみましょうか。
あー、でもバルセロナ、行ってみたいなぁ・・・

図書館に行って来ました。届いていた本は3冊。うーん、こりゃぁ頑張って読まないと 間に合わないぞぉ(笑)

じゃあね。

2006/01/20

1/20「スケルトンキー」

『女王陛下の少年スパイ!アレックス スケルトンキー』(アンソニー・ホロヴィッツ著 集英社)を読んでしまいました。シリーズ3作目です。 うーん、でもやっぱり荒木さんのイラストにはついていけないなぁ。なるべく無視して読みました。 今回のアレックス、またもや自分で進んでではなくいやいやながらMI6に使われて、なんとCIAのお手伝いをすることに。 キューバの島に行くのだけど、いいなぁ あの辺。カリブ海に行きたいのよね~
しかし アレックスと行動を共にしたCIAのスパイはマヌケだなぁ・・・ CIAでまともに動けるのはポリファックスおばちゃまくらいじゃないの?(笑)
今回はね、なかなか山場が長引いて面白かったよ。 いつアレックスが敵の裏をかくのかと思って読んでいたけど、なかなか最後までひっぱったねー まぁ彼がスポーツ万万能ってのはちょっと「お話の世界」だけど、楽しめました。 今回、実はアレックスのシリーズ3冊借りてきているので、もう次の本に取り掛かっています。 ただ 昨日図書館からリクエストした本が届いたとの連絡が入ったから、後回しになるかもね。

スケルトンキー
アンソニー・ホロヴィッツ著 / 森嶋 マリ訳 / 荒木 飛呂彦イラストレーション

しかし 寒いね。寒いだけでなく天気が悪いってのが困りもの。 今日は銀行に振込みに行ったら口座名義を一文字抜かしてしまってて あとで訂正に行かなきゃなんなくなって雨の中をとぼとぼ歩いていきました。 その後郵便局に振込みに行ったら、2040円のところ2030円しか持って行ってなくて、10円のために1000円通帳から下ろすというかなしーことをやっちゃいました。 バカね~
明日からいいことありますように!

じゃあね。

2006/01/19

1/19「700年後の目撃者」

うーん、今週のよかったーーーースタートレック・ヴォイジャー第91話『700年後の目撃者』
この話は、トゥボック役のティム・ラスの初監督作品らしいけど、とってもよかった。
最初、艦長の髪型を見たとき、「え?第5シーズン? まだあと数話あったよねぇ」と思ったの。で、その後ホロデッキ? なんて思ったんだけど、なんと700年後に再現されている映像だったとは・・・・ まぁよくもあんなに残虐非道な女に描いてくれたもんよねぇ。 チャコティも顔半分イレズミ入れててさ、キムは見た目はあんまり変わらなかったけど 中身は全然。 ゴロツキもいいとこだったねー それにニーリックスが制服着てるんだもん!びっくりしたわ。
700年後に再生されたドクター。どうなるんだろ? どうやって納めるの?と思ったら・・・・ いやー いいねぇ。泣けてくるよ。あの誇らしげな写真。 ドクター、偉かったー まあ偉いといえば あの博物館の男。 最初はなにをアホンダラな事を!と思っていたけど、公平に見て、歴史を正しく知りたいって うーん、偉かったです。
セブンのボーグ姿も久々で おぉーって感じでした。トレスは話でしか登場しなかったけど、もう臨月なのかなぁ?
とにかく この作品はなかなか、お気に入りました。

さてさて・・・
出勤時の車の外温計は8度でした。でもなんだかどんどん冷えていくような気がして、帰りは9度。 1度高いはずなのにとても寒く感じるのは 何故なのかなぁ?明日はもっと寒くなるらしい。 あーあ、やっぱり春はまだまだ先なんだねぇ。
そうそう 思い出した。 本当は今日は借りてきたDVDを見るつもりだったの。 でも残念ながらDVDプレーヤーで再生できなかったのよねー たまーにあるんだよ。 古いからかなぁ? パソコンか、もしくはベッドの部屋に移したプレステ2で見るしかないなぁ。 う~ん、残念。

じゃあね。


1/18「世界Aの始末書」(BlogPet)

きょうこりの、始末したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「もじょか」が書きました。

2006/01/18

1/18「世界Aの始末書」

いつも読んでいた日記に冬樹蛉さんの「世界Aの始末書」があったの。でもずーーーーーーつととうとう1年も更新してなくて、最近覗くのも止めていたけど、久しぶりに覗いてみたら あらあらブログ版に変わってました。遡って読みながら、そうそう、こんな感じ~と。また楽しみが増えた(戻った?)です。
そういえば荻原規子さんの「アンダンテ日記」もブログに移ったんですよねー。
それからmixiとかいうやつにも首を突っ込んでみた。 ニフティのフォーラムがなくなっちゃって、なんでもありのネットの世界は怖いよなぁと思っていたけど、ここはちょっとはマシなのかな? まだよくわかんないけどね。

今日は久しぶりにビデオ屋さんによってDVDを借りてきました。 結局2枚しか借りなかったけど、久しぶりだな。あ、そういえば今年はまだ映画に行ってない! テレビの録画消化するのに時間かかって、DVDも見てないよね~こりゃいかんばい。 気合入れなきゃ(笑)

じゃあね。

2006/01/17

1/17「蒲公英草紙」

さっき帰ってきました。今日は事務研、そしてその後打ち合わせという食事会。梵我というカレー屋さん。座敷になってて色々な変わったカレーを食べました。ほうれん草とチーズ、チキン、マトン、ペッパーウォーター、冬野菜。冬野菜が一番、香辛料!してました。 煮込まれたチキンがおいしかったー ナンとかインド風揚げパンとか、ターメリックライスで食べたのですが、うーん。お腹いっぱいです。 でも私はやっぱご飯に普通にかけて食べるのが好きかも。ただ、いーい経験でした。10時前に店は出たのですが、市電で待って、熊本駅でも30分以上待って結局帰りつく頃はぷっすま始ってたよ。水着だ~

昨日から読んでいた『蒲公英草紙 常野物語』(恩田陸著 集英社)読み終わりました。

蒲公英草紙
恩田 陸著
みおちゃんが都合悪くて、一人でマックでランチだったのですが、そこで読み終わったの。 最後の方は涙出ちゃって、恥ずかしかった~
といいつつ、帰りのJRの中でも読み返して、また涙出て困っちゃったよ(^^;) だって聡子ちゃんがーーーうっく、うっく。最後がね、なんか哀しいままで終わって寂しかったー 少女時代の終わりまでは良かったんですけどね。峰子ちゃんのこれからがなんかあまり明るくなくて 哀しかったです。 だって 結局は今のこの世の中に続くとでしょ~
どこで間違ったかねぇ。

じゃあね

2006/01/16

1/16「おもしろ荘のリサベット」

『おもしろ荘のリサベット』(アストリッド・リンドグレーン著 岩波書店)を読みました。さすがに小学校2.3年生以上のやつなので あっと言う間に読めました。リンドグレーンではピッピが好きなのですが、いつかスウェーデンの自然を愛でに行ってみたいものだと思います。

おもしろ荘のリサベット
アストリッド・リンドグレーン作 / イロン・ヴィークランド絵 / 石井 登志子訳

今日から仕事で新しいシステムが導入され、朝からもーてんやわんや(笑)
スキャナーが導入されたのだけど、用紙の順番とか、スキャニングの仕方、その後の処理とかほんとに手探り状態! まぁしばらくはおっかなびっくりでの処理が続くんだろうなぁ・・・
それと社内でのネットの画面が変わって、色々な新しい機能が入ったものの、全く使いこなせていない状態。うーん・・・まぁ こっちもぼちぼち。 個人スケジュールとか管理できるようになったみたいだけど、タスクとかの意味がむかーーーーしからわかんないのねー 随分前から「タスク」っていう文字はパソコン上で見るけど、いじれば(パソコンが)壊れるっていうイメージ何故か強くてねぇ。今まで触らずしまいでした。 今日1つ入れてみたけど・・・
まぁなんでもこれから これから。

じゃあね。

2006/01/15

1/15「姿なき追跡者」

今日は頭痛が消えました。 あー、よかった。
で、まずはやっと見たスタートレック・ヴォイジャー第90話『姿なき追跡者』の感想を。
今回はチャコティ副長がメインのお話でした。 チャコティを愛した異星人が逃れてヴォイジャーに乗り込んだけど、みんなその記憶を無くされていて、愛に目覚めたチャコティだけど結局その異星人も記憶を無くされて愛したことを忘れちゃったーって話。 異星人の女の人、私好みの顔でした。 いーわーああいう顔。きれいよねー
でもやっぱチャコティよりセブンとキムの会話とかの方が面白くて記憶に残っちゃったです。 セブンあのお言葉。実もふたも無いとはこのこっじゃ! あと、ニーリックスの最後の台詞もとってもよかったなー やっぱニーリックスは好きです。

さて、今日は朝から掃除洗濯。そして昼はサンマルクまでお食事に行きました。 焼きたてのパンはやっぱ美味しいです。 ミニバケットの焼きたてが最高でした! ただ、メインの「牛ステーキ」にはがっかり。合成肉っていうか 圧縮肉でもステーキ?というか 焼いてないんだけど・・・蒸している感じ。ソースもちっとも味が無くて・・・・ メイン以外はスープもサラダもグラタンも美味しかったです。あ、デザートのバニラアイスも見た目はバニラビーンズたっぷりで美味しそうでしたが、食べたらいまいちでした。 まぁパンがおいしかったからよしとします。採点、あま~い(笑)

それからダイヤモンドシティ・クレアのJTBへ。
7/2に送ってきた、 旅行券40.000円分(エネオスのNEWヴィーゴ大好評フェアの商品)を利用すべく思い切ってディズニーシーに行くことに決め、予約までしてきました。 3/10の朝一番の飛行機で熊本をたち(熊本から立つために追加料金5200円もかかったよー)、そのままディズニーシーへ直行!その後ホテルイースト21東京に2泊して12日の最終で帰ります。 はっはっは、明日、有休届け出そ~っと!11日は鴨川シーワールドへ行きたいなぁと思ってるけど、どうなるかはこれから。 義妹にメールを入れたのであとは・・・・ はっはは他人任せにしちゃおかなぁ。 色々と会ってみたい人もいるんだけど、どーなることか。
ディズニーランドは10周年の時行ったっきり。ディズニーシーは始めてです。 えーと、東京自体が12年ぶりかも。笑っちゃうなぁ。

じゃあね。

2006/01/14

1/14「古畑任三郎第2夜」

昨夜から頭が痛くて、23時に寝たの。今朝目覚めは早かったけど、起きたのは8時半。 やっぱり頭、重くて・・・天気が悪いせいだろうけど。結局胃まで痛くなり、正午前に薬飲んでまた寝た。
3時半、仕方なく起きて胃が痛くないのを確認して、図書館と買い物へ。 化粧したくなくてリップだけ塗って、髪もぼーぼー(笑) 図書館では5冊借りて、スーパーで買い物して帰ってきて、体調はいまいちだったけど、今日見る予定だった『古畑任三郎ファイナル第2夜 フェアな殺人者』を見ました。
イチロー、うまい! どうかなーと思ってたけどねすごいや。演技じょうずー 向島さんより上手だったと思いました。
ネタバレになるけどー

もしあのカプセル、下手すればイチローが死んでしまっていた、つてこと? ひゃーそりゃすごい!


本当は続けて第3夜も見たいけど、頭痛が酷くなるといけないので、我慢します。 ヴォイジャーも見たいのだけど、我慢。 昼寝もしたけど、今日まで早く寝ちゃおう!あ、そうそう、今日のミュージックフェアーに中森明菜が出ていたけど、新曲の衣装、よかったー 上が着物で下がドレス。色といい、質感といい すごーくステキ! 歌は・・・記憶が無いの ごめんね。

じゃあね。

2006/01/13

1/13「海賊ジョリーの冒険1死霊の売人」

今日読み終わった本が、 『海賊ジョリーの冒険1死霊の売人』(カイ・マイヤー著 あすなろ書房)です。図書館の児童書新刊コーナにあったのですが、「海賊」というタイトル、佐竹美保さんの表紙、そして裏表紙のカッコいい犬の頭を持つ男の絵、そしてカイ・マイヤーというので借りてきました。 カイ・マイヤーって『鏡のなかの迷宮』ってシリーズの作者だよね。

海賊ジョリーの冒険 1
カイ・マイヤー著 / 遠山 明子訳 / 佐竹 美保画

主人公はジョリーというミズスマシと呼ばれる女の子。ミズスマシとは海の上を走ることができる不思議な力を持った子供のことなの。海賊のバノンに育てられ、ずっと海賊船<やせっぽっちのマディ号>で暮らしてきたのだけど、罠にはまり、船は沈没。海賊の仲間もクモの毒にやられてしまっちゃうの。 ジョリーはなんとか助かってムンクっていう小さな島に両親と3人で暮らしている少年と出会うのだけど、実は彼もミズスマシだったのよねー
3部作の1作目ってことで まだまだ物語りは始ったばかり。 全てが謎!って感じかな?2巻でちょっとは謎が解けると思うけど・・・・ 仲間が離れ離れになっちゃうところは「鏡のなかの迷宮」みたいだな。 ムンクがあの目を鏡にした女の子とダブってきます。
あぁ 続きが楽しみ。でもいつ出る? きっとその頃には忘れているんだろうなぁ・・・

今日は気温が上がるっていう話だったし、実際帰りの車で見た外気温は14度だったけど あんまり暖かいって感じはしなかったです。事務所は寒い。明日はどうかな? 午後から雨は止むらしいけど、お日様でたらこの部屋は暖かいと思うよ。 でも天気が崩れたせいか、頭が痛いです。明日は休みだけど、今日は早めに寝ちゃおうかな?と思ってます。明日は食料の買い物と、図書館に行く以外はビデオ見るつもり。 あぁ、プール・・・今年まだ1度も行ってないよー うーん、いかんなぁ。

じゃあね

2006/01/12

1/12「暁の円卓 希望の歳月 ⑨」

暁の円卓 9
ラルフ・イーザウ著 / 酒寄 進一訳
『暁の円卓 希望の歳月 ⑨』(ラルフ・イーザウ著 長崎出版)とうとう完結です! 朝の自転車漕ぐ間に読み終われました。うーん・・・・ あのね、ハッピーエンドが好きな私だけど、エピローグはいらなかったような気がします。 まぁエピローグがないと、トランプを送ってきた『よき友』が誰なのかわかんなかったけどね。 しかし この本は1982年から2000年にかけての話でしょ~ 完全に私の生きている時代の話よねー オオムのサリン事件が大きく取り上げられていて意外に思ったけど、なんとこの本を書くきっかけが地下鉄サリン事件の報道を見たことがきっかけというから・・・びっくりでした。 最初に手に取ったとき、まさか「暁の円卓」ってのが敵の名前だったとは思わなかったの。だってさ、やっぱ円卓と言えばアーサー王。善いイメージがない? それが悪の秘密結社の話って言うんだからさ! で、歴史に出てきた色々な事件、人物が出てくるのもすごーく興味を引きました。 今までは嫌いだった近代史なんだけど、なんとなく以前よりは興味が出てきたなぁ。 日本の皇室についても、この本を読んでから興味がわいたというか・・・昭和天皇ってそんな人だったのかなぁ・・・って。もちろんこの本はフィクションだけど、色々と興味もわいたし、今までほとんど無視していた皇室関係の報道にもついつい目が行くようになっちゃいました。

次の本は海賊の話。 これがまたなかなか面白くって!続きを読むのが楽しみです。

明日から天気は崩れるらしいけど、気温は上がるって。3月下旬? うっふっふ! でもその後とーせまた寒くなるとよねー 油断ならんばい。

そーいえば うちのブログペットのもじょか、文才はないなぁ(笑)
じゃあね。

1/10 風邪気味?(BlogPet)

きょうこりの、試供するはずだったみたい。
きのうは試供する?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「もじょか」が書きました。

2006/01/11

1/11「暁の円卓 ⑧」

『暁の円卓 憤怒の歳月 ⑧』(ラルフ・イーザウ著 長崎出版)を読み終わりました。いよいよ私も生まれた時代が舞台になってきて 主人公デービットの寿命も先が見えてきたなぁって感じです。

暁の円卓 8
ラルフ・イーザウ著 / 酒寄 進一訳

9巻でお終いなんですが、実はもうあと6分の1くらいしか残ってないの。必ず明日読み終わります。今日読んでしまわないよう、気をつけよう。既に右肩・首が痛いのだ。

今日の昼ご飯はお弁当を奢ってもらった。 美味しかったが、量が多かったーー なのに晩御飯はいつも通り食べてしまい、尚且つなーーんか食べたい。なーんか飲みたい。 実際既に胃も腹も満タンなんだが・・・
頭が狂っているんだろーなー(笑)

昼間は暖かかった。 土曜日にかけて暖かくなるみたい。つかの間の幸せかも。とはいえやっぱ私には辛い寒さです。 あー、春よ、夏よ来い!

じゃあね

2006/01/10

1/10 風邪気味?

なんだか昨日から風邪っぽい。
会社に行ってすぐ 以前もらっていたエスカップの試供品を飲み、所長がくれたパブロンを飲んでみた。ひどくはならなかったけど なーんかだらしい。えーと、だらしかーって標準語では何て言うんだった?だるいって標準語?
まぁ とにかく定刻に帰ってきて だーらだらと過ごし、早く寝たいんだけど、「ぷっすま」見なきゃいけないし(笑)

今朝は寒かった。で、職場も寒くて! 途中郵便局に行くため外出したらまぁ外の方があったかい感じ。なーんじゃそりゃ!って感じでした。

6月までに東京ディズニーランドかディズニーシーに行こうと思ってます。 どうやったら安く行けるか!いつ頃行くか色々と考えています。どーせなら2泊して、遠いけど鴨川シーワールドにも行ってみるか?と思ってます。さて、どういう方法が一番いいか? あ、ちなみにJTBの旅行券4万円分とディズニーのパスポートはあるのだ。

じゃあね。

2006/01/09

1/9「古畑任三郎第1夜」「西遊記」

成人の日でしたねー なんかやっぱりピンときません。 15日じゃないとねー

『古畑任三郎 ファイナル』第1夜「今、甦る死」を見ました。藤原君、かわいーよねー 幾つになっても十代の気がするんだなー 石坂浩司さんの今回の役ってすごーくヅラっぽかったー
でも いつ見ても面白いですね。 でも3を8に改ざんするより、13にしちゃった方が確実でよかったろーに。それとも10g増やすといくらなんでも気付く量だったのかな? わかんないけど。 残りの2話も楽しみです。今回もラストが切れていたら泣く~と思ったけど、ちゃんと録れててよかったーーー

それから生で『西遊記』見ました。月九にしては毛色の変わったドラマよね? でも 第1話はいまいち。絶対続き見たい!とは思えなかったな~ ただ、これからまた出演者たちがこなれていけば、色々と楽しくなるかも。 香取くんの台詞がおめき過ぎ(叫び過ぎ)って気がしたの。 あと どうしても昔のあの西遊記。あれがねー、良すぎたのかな? 伊藤君好きだけど、やっぱり猪八戒は西田敏行がいいなぁ。三蔵法師はよくもまぁ深津っちゃん、チャレンジしたよねー あの夏目雅子さんと比べられるのに、チャレンジャー! と思っちゃったです。 まぁ きっと全てこれからでしょ。 ウッちゃんが一番良かったです。 エンディング曲もゴダイゴ意識してるなぁ・・・と思いました。 でも ストーリー凝りすぎてる感じ。 素直に石から生まれたサルから始めていーじゃん!と思ったの。 それから悟空が自分の家に帰るのに まぁ悟空はいいよ、筋斗雲があるからいいよ。でもカッパとブタはどうやって? あんなに砂漠で苦労してたじゃん。って何か納得できんじゃったばい。

昼は隣にお呼ばれして成人式のお祝いのお食事。 おいしかったー 夜は内祝いとしてもらったケーキを食べた。これも美味しかったー

だだちゃがいなくなって あまりにスグだけど、いない空間に我慢できず、新たに文鳥を購入してしまった。今回も桜文鳥。でもいい大きさを探していたら、シナモンになってしまった。 生後1年近く経っているらしいけど(つまりずっと売れなかったみたい)しっかり慣れているの。 今度は事故に遭わせないように十分気をつけて、長生きさせたいです。nc_052

2006/01/08

1/8「里見八犬伝」

おーっほほほほっ! これが笑わずいられよか!
正月番組だった『里見八犬伝』を前編後編続けてみたのですがー いや、見る前に先に見た人から「見ないほうがいい」なんて言われていたのです。 なんでか?そんなにダメ作だったのか? ちがーう、違うのです。 ラストもラスト、クライマックスのシーン。 里見義実の元に現れた玉梓、そして浜路が父義実に対面し、そこに信乃が飛び込んできて玉梓に3回切りかかった!ところで録画が切れておりました。 そう、テープがなくなったわけではありません。 私がタイマーのセットを失敗していたのでございます。 もー、笑うしかないでしょ! っていうかもし何も聞かず見ていたら怒りまくっていたことでしょう!
しかし、なんでこんなにミスするかなー トホホだよ。
ところで番組の方ですが・・・・ やっぱり八犬伝と言えば私にとっては昔NHKでやっていた人形劇の『新八犬伝』ですねー あの「まわるまわる、回る因果は糸車~」っていう歌、「我こそはたまぁぁずさがぁおんりょぉぉぉぉう」っていうあの台詞。 見てたなぁ。 懐かしいなぁ・・・ あのジュサブロウさんの人形、今見たらあのときよりもっとすごさがわかるだろうなぁ。 で、今回の八犬伝。 玉梓、よかったー 浜路は役不足だと思った。陣内孝則さん、太った? 八房、出てこなかった!あ、犬玉アズサノスケも!(笑) それから すごーーい悪女のイメージだった船虫が哀しい女で、ついつい泣いちゃったよ。
犬塚信乃、犬坂毛野そして犬田小文吾、犬飼現八はすぐ出てきたけど、残りの名前は思い出すのに時間かかっちゃった(^^;) 犬川荘助なんていた? 犬山道節に犬江親兵衛はそうそう、いたよーって でも親兵衛があんな子供だったり最後にわかったっていうのは忘れていた。犬村大角も名前あんまり覚えていないなぁ・・・でも化け猫騒ぎはおぼろげに・・・・ まぁ新八犬伝とストーリー一緒とは限らないよね(自分の記憶の無さを棚上げ) そういえば父が出張の土産に「南総里実八犬伝」と「東海道中膝栗毛」の入った子供向けの本を買ってきてくれて、それも読んだなぁ と思い出しました。なつかしーーー あと、朝から聞いている武田鉄也の「朝の三枚卸し」というラジオ番組でこの八犬伝の事も言っていたけど、山田優の台詞以上にあの三浦・・・なんだっけ?毛野のねえちゃん役の台詞! へったくそねー と思いました。

でもホント残念、最後まできっちり見たかったね。 まぁ信乃が勝つのは間違いないさ。

じゃあね。

2006/01/07

1/7 紅白・ダイナマイト・さんタク

年末年始録り溜めたビデオの消化。
まずは 紅白歌合戦。でもじっくり見たわけではなく、どっちかというとみんなどんな衣装を着ているかのチェックかなー 歌をまともに聴いたのも4.5曲くらい。しゃべりもほぼ早送りで見ていました。生で見ていた部分もあり、結構早く見終わりました。ゴリエのフジテレビのマークにはちょっとびびつたー それと氣志團の時の応援(?)は見ていてあんまり気持ちよくなかった。特に曙もどき。って私ファンじゃないとよ、曙の。
ダイナマイトだっけ?プライドでないほうの格闘技。これも試合のみ見て残りは全て早送り。いやー所選手、よかったーーー この前の試合でもノゲイラ相手にすげーと思ったけど、今回もグレイシー相手にすごいじゃん! 彼がコンビニ弁当だけでなく、ちゃんとバランスいいまともな食事をして もっともっと体が作れてきたらどーなることか! 近所なら差し入れは無理でも(下手だし)1食位はご馳走代カンパしてやるのに!ってセコすぎる?(笑) ボビーと曙はあんまり面白くなかった。 ていうか 曙は横綱で終わっていればよかったのにとついつい思ってしまう。 それから、KIDと元気の試合は先日見たけどもう一回見た。 ほんとー二人ともいい体してるなーー
で、山本選手の子供の頭、手毬みたいやなぁ。痛くないのかなぁと思いました。
そしてさんタクだっけ?タイトルうろ覚え。これも面白かったー 車の中で生で見ている部分もあったのですが、あの「かわったいきもの」の本、読んでみたーーい! 図書館にリクエストしてみようかしら? なんか海の生き物が結構載っているらしいと本屋で立ち読みした人が言っていました。

今日は朝の11時半過ぎから4時まで車でうろうろ。熊本まで出たので疲れた~ 帰りの眠いこと、眠いこと!私にはやっぱ長い時間の運転は無理!途中テレビで駅弁大会が市内の百貨店であるので寄ってみようか・・・とも思ったけど、そこまで行く自信もなきゃ(笑)1個千円と思うと、即却下でした(笑)

朝からだだちゃは庭に埋めて お花と線香をあげました。安らかに眠ってね。

じゃあね

2006/01/06

1/6「ストリンガーの沈黙」読破

読み終わりました。 『ストリンガーの沈黙』(林 譲治著 早川書房)読む時間が取れなくて時間かかってしまったけど、とても面白く読めたです。 ただ、欲を言えばこの記憶力が衰退した私には用語辞典や人物紹介、舞台配置図がほしかったなー(笑) AADはどこにあった?火星? いや天王星?え、エージェントってなんじゃったっけ・・・ なんて ホントさみしー自分の記憶力!まぁ 新年第1冊目にしては大当たりの1冊でした。

しかし、ついさっき悲しいことが・・・・
桜文鳥のだだちゃ、事故で亡くなってしまいました。 ほぼ即死だったのでどうすることも出来ずに・・・・
短い命だったけど、ただちゃ 色々とありがとね。augs_012


じゃあね。

2006/01/05

1/5「ALAS 輝ける翼」

今朝のちゃりんこ漕ぎ時に読んだのが『Monacoの空へ2 ALAS輝ける翼』3巻(野部 利雄)でございました。 女の子の描き方が好きではないけど、まぁボクシングマンガとしてはそれなりに楽しめるからいいかーと思って読み続けています。


しかし、今日も完全に食べすぎ! 昼は職場で鉢盛を取っていたので それを食べたの。 巻き寿司2切れで十分なのに加えておにぎりも1コ。 3時前にキャベジン飲んじゃうくらいお腹いっぱいでした。 で、晩はカレーライス。人並みに食べてしまい、うーん・・・・ なのにみかんを食べ、カフェオレを飲み、気持ち悪いよ~と言いつつ、多分今から人が食べるのを見て我慢できずにたこ焼きとコーラを飲み食いするでしょう・・・・・ あー、意志の弱い、でも食欲は強い女だなぁ(笑) さっき体重計に乗ったらマジここ数年でMAXの体重だったのに・・・・ 困ったもんだ。

明日行けばまた3連休。 嬉しいなぁ。 何をしようかな? 多分年末年始に撮りだめたビデオの消化だなぁ。
昨日やっとプライドを見終り、今日K-1のKIDと元気の戦いだけ見て、カウントダウンTVを流して見たところです。そうそう、格付けはビデオに失敗。 志村けんの隣に誰が座るかを争うところ格付けローションの前で録画が切れておりました。 あーあ。
残っているビデオは紅白と、K-1そして八犬伝と古畑そしてさんタクです。 映画見る暇、無いよね~ そういえば予定では元旦の昼は愛と哀しみのボレロでも見ようかなぁと思っていたのに・・・クレアに買い物に行ったのでした(笑)

じゃあね

2006/01/04

1/4「ああっ女神さまっ」「GANTZ」

仕事始めな一日。 いつもどおり平穏に過ぎ、5時5分には帰る用意もでき、帰路につけました。 幸せじゃ。 でも帰りに銀行によって預金してこようと思っていたことをコロッと忘れるとこなんて やっぱ今年もダメじゃねー(笑)
朝も6時15分に目覚ましとテレビの音で目が覚めました。 だらだらと6時40分近くまで布団で過ごし(ファンヒーターのタイマーを正月仕様にしていたままだったので、8時15分にならないと着火しないということを思い出したので余計起きたくなかったの)お餅とカップスープで朝食を済まして、久しぶりにちゃりんこを漕ぎました。 ニューカレから帰って 疲れているだろうから今週はパスしようと思ったまま、とうとう今日までやってなかったのだ。プールもついつい行くチャンスを逃し、泳ぎ納めの意識もないままいつのまにか年を越してしまってた(^^;)
ちゃりんこもズームインで箱根駅伝を制した亜細亜大の子達が出ていたので、ずっと見ていたかったのを我慢して漕いだので、時間は21分と短めだった。 で、その時に読んだのが『ああっ女神さまっ』32巻(藤島康介)『GANTZ』18巻(奥 浩哉)でした。


ヴェルダンディってあんなに嫉妬深かったけ?まぁ人間の女性に比べれば嫉妬深いっていう範疇には入んないと思うけどね。 お話は好き。絵も好き。合宿編は読みきりで次巻に続かなかったのがよかったー だって忘れちゃうんだもん(笑) 『GANTZ』はほんともーどうなることやら・・・ 悪夢だよねー 自分があんな体験しないことを切に願うよ!

だんだーん寒くなってきています。 明日は氷点下? やだなー 早く夏よ来いっ!
じゃあね

2006/01/03

1/3 らふぃね

午前中は洗濯したり、色々と雑用をこなし、午後またダイヤモンドシティ・クレアへ。5時前までうろうろして、帰りに宇土シティへ寄り、またうろうろ。半額で1050円になったアクセサリーの福袋を買いました。グリーンがテーマのアクセ。ピアスは使えそう。ニット帽は袋が開いていた奴の方がかわいかったなぁ。ま、いいか。
すごく疲れて帰ってきて、買ってきたパンで晩御飯を済ませ、ゆめタウン八代のらふぃねへ。いとこの子供が今日と明日はジャスコ八代店ではなくゆめタウンにいるとのことだったので 行きました。電話して行ったので ちゃんとしてもらえたの。4200円のボディケア40分コース。うーん、人にもんでもらうのはすんごく気持ちいいです。毎週行きたいけど、行くのはボーナスの後だなぁ・・・ 
帰りに珍しくスタバへ寄った。ホワイトチョコレートモカを頼んだのですが、めっちゃ甘かった。おいしかったけどちと辛かった。帰ってエスプレッソをいれてプラスして飲もうと思ったけど、面倒でキーコーヒーのインスタントコーヒーを継ぎ足して飲んだ(笑)

さ、お風呂に入ったら 寝ないと。明日からとーとー仕事です。

じゃあね

2006/01/02

1/2 「ストリンガーの沈黙」

今年第1冊目の本は『ストリンガーの沈黙』(林 譲治著 早川書房)にします。 昨日4ページ弱読んだだけですが、なかなかSFしていて 読むのが楽しみ。 『ウロボロスの波動』に続くシリーズ最新長編って書いてあるけど、うーんと、どんな話だったっけなぁ・・・ 間違いなく読んだんですが、2002年か・・・ははは、今読書メモ見たけど4年近くたってるので忘れてるなぁ(笑) ま、いいか。

今日は実家へ行って来ました。 昼ごはん食べて、テレビで箱根駅伝見て、神社へ初詣に行って こたつで転寝した後帰ってきました。 土産にストッキングや基礎化粧品セットを貰ってきました。あ、みかんも! ラッキー(笑)

今夜は「ぷっ」すま! 見なきゃなぁ・・・ 大晦日に3本撮ったビデオ、まだ1本も消化されぬままどんどん増えていく~ 困ったなぁ(笑)

明日はまたうろうろと出かけようと思ってます。 明後日は仕事。 おいおい もうかよ~
あ、もじょかの背景変えてみました。 なんかなし縁起よさそー(笑)

じゃあね

2006/01/01

1/1 謹賀新年

あけましておめでとうございます。 今年も健康で平和な一年でありますように。

曇りと思っていたら、とても良い天気! 日の出から1時間くらい経っちゃったけど、おもわずお日様に手を合わせてしまいました。 う~ん、日本人!

まず、ゆめタウン八代へ。 初めての正月なので期待していたけど、なんかがっかり。 早い時間のせいか人出もまばら。 みおちゃんが好きなリッラクマの500円くじがあって、3等の腕に付ける小さいぬいぐるみの財布がかわいくて、よし、お年玉だぁ!と今年初使い。 BUT、残念ながら4等のマグカップでした。 会社が始ったら便で送るから使ってね>みおちゃん
そして、ヤマダ電機に寄ってマイクロ電池を買い、一旦帰宅。それから次にダイヤモンドシティ・クレアへ。ここでスカートを買い、福袋を買って帰ってきました。 帰りにダイヤモンドシティ・バリューにも寄って、一緒に行った人が毎年恒例の1万円の福袋を買いました。 家に帰ってミスドを食べ、1万円福袋を開くのを見学。 中身はアンゴラのコートにウールのセーター、綿のセーター、ウールのベスト。 その中から綿のセーターとウールのベストを貰ってしまった・・・ 毎年恒例で何かしらおすそ分けを貰っている私って 正月早々幸せ者でありました。nc_006

それから お風呂に入った後、隣の家にお呼ばれして、むしゃむしゃと食べ、帰ってきたのは0時前。
全く一日よく遊んだものだ。 明日は実家へご挨拶。 うーん・・・今年は車で行くので行き帰り気をつけなきゃね。

じゃあね。

無料ブログはココログ