« 1/27「エルデスト 宿命の赤き翼 下」 | トップページ | 1/29「オリバー・ツイスト」 »

2006/01/28

1/28「かはたれ」

Titmouse さんのブログを読んで、是非読みたくなり図書館にリクエストしたのがこの『かはたれ 散在ガ池の河童猫』(朽木 祥著 福音館書店)です。
ラストはぼろぼろ泣いちゃったけど、すごーく後味よかったです。
「かはたれ」というのは夜明がたの薄明のこと。「彼は誰」からきています。
家族が急にいなくなった後、20年(人間の感覚だと2年くらいだとしても)もの間一人ぼっちで過ごしていた河童の子供の八寸が、修行のため長老河童に猫に変えてもらい人間の住むところに行くのです。そこで出会ったのがお母さんが死んで半年くらいの麻という小学生の女の子とチェスタトンという情けない顔をしたラブラドール。麻の閉じかけていた心が、すみれ色のノートやお父さんからの手紙、そして八寸とのふれあいでまた開いていくのがとてもよかったです。 すみれ色のノート、とてもいいな。
この本、「エルデスト」と同じ時に図書館に入ったと連絡があり、まず「エルデスト」を読んだのですが、昨日からこの「かはたれ」読み出したものの、昨日の頭はまだ「エルデスト」だったので読むのを止めて今日 読み始めたのです。 全然違うタイプの話ですが、こんなふんわかした感じのお話もとてもいいですね

かはたれ
朽木 祥作 / 山内 ふじ江画

今日もなかなかいい天気。洗濯物が乾いてうれしいです。
明日は映画。今年初めてです。 楽しみだ~
じゃあね。

« 1/27「エルデスト 宿命の赤き翼 下」 | トップページ | 1/29「オリバー・ツイスト」 »

」カテゴリの記事

コメント

やっぱりぼろぼろ泣いちゃいますよね~。
こちらからもトラックバックさせていただきます。

それにしても、こりさんの本を読むスピードはすごく速いですね。1日1冊ペースでしょうか?

スピードが速い分、片っ端から忘れていってる気がします。
しょ~もないなぁ(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/8384210

この記事へのトラックバック一覧です: 1/28「かはたれ」:

» 『かはたれ』 [Sea Songs]
『かはたれ ― 散在が池の河童猫』 朽木祥、福音館書店 「誰そ彼=たそかれ=黄昏 [続きを読む]

« 1/27「エルデスト 宿命の赤き翼 下」 | トップページ | 1/29「オリバー・ツイスト」 »

無料ブログはココログ