« 1/19「700年後の目撃者」 | トップページ | 1/21「スパニッシュ・アパートメント」 »

2006/01/20

1/20「スケルトンキー」

『女王陛下の少年スパイ!アレックス スケルトンキー』(アンソニー・ホロヴィッツ著 集英社)を読んでしまいました。シリーズ3作目です。 うーん、でもやっぱり荒木さんのイラストにはついていけないなぁ。なるべく無視して読みました。 今回のアレックス、またもや自分で進んでではなくいやいやながらMI6に使われて、なんとCIAのお手伝いをすることに。 キューバの島に行くのだけど、いいなぁ あの辺。カリブ海に行きたいのよね~
しかし アレックスと行動を共にしたCIAのスパイはマヌケだなぁ・・・ CIAでまともに動けるのはポリファックスおばちゃまくらいじゃないの?(笑)
今回はね、なかなか山場が長引いて面白かったよ。 いつアレックスが敵の裏をかくのかと思って読んでいたけど、なかなか最後までひっぱったねー まぁ彼がスポーツ万万能ってのはちょっと「お話の世界」だけど、楽しめました。 今回、実はアレックスのシリーズ3冊借りてきているので、もう次の本に取り掛かっています。 ただ 昨日図書館からリクエストした本が届いたとの連絡が入ったから、後回しになるかもね。

スケルトンキー
アンソニー・ホロヴィッツ著 / 森嶋 マリ訳 / 荒木 飛呂彦イラストレーション

しかし 寒いね。寒いだけでなく天気が悪いってのが困りもの。 今日は銀行に振込みに行ったら口座名義を一文字抜かしてしまってて あとで訂正に行かなきゃなんなくなって雨の中をとぼとぼ歩いていきました。 その後郵便局に振込みに行ったら、2040円のところ2030円しか持って行ってなくて、10円のために1000円通帳から下ろすというかなしーことをやっちゃいました。 バカね~
明日からいいことありますように!

じゃあね。

« 1/19「700年後の目撃者」 | トップページ | 1/21「スパニッシュ・アパートメント」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/8248465

この記事へのトラックバック一覧です: 1/20「スケルトンキー」:

« 1/19「700年後の目撃者」 | トップページ | 1/21「スパニッシュ・アパートメント」 »

無料ブログはココログ