« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005/12/31

12/31 今年のベスト

いよいよ2005年もお終いです。
今年は念願の海外旅行、ニューカレドニアに行けたのが最高の出来事でした! マレには行き損ねたけど、その分また目標が出来ました。 また、大阪へも車で出かけて、その後何ヶ所もうろうろと観光できて、それもまた良い思い出でした。

さて、映画・ビデオの今年のベストを選んでみようと思い立ち、考えてみたけど・・・・ これ!絶対にこれ!っていうのは無かったのかなぁ あんまりぴんときませんでした。
そんな中で選んだ奴を発表します!
【映画】
チャーリーとチョコレート工場
スターウォーズ Ⅲ シスの復讐
ハリーポッターと炎のゴブレット
Mr.&Mrsスミス
ブラザーズ・グリム

【ビデオ・DVD】
バグダッドカフェ
小説家を見つけたら
エイプリルの七面鳥
ウォルター少年と夏の休日
キューティ・ハニィ

おー、こうして見ると 映画は話題の奴、シリーズ物が印象に残ってるけど ビデオ・DVDは結構地味だなぁ(笑)
「バグダッドカフェ」なんて美男美女なんて一人も出ていなくて、へーーんな映画だったのに なんかすごーく印象に残っていてね~ また見たいって感じ。 あのテーマの曲がまためっちゃ気にいってしまいまして・・・・

【本】
デルフィニア戦記 スカーレット・ウィザード クラッシュ・ブレイズ
第六大陸
黒と茶の幻想
蒼路の旅人
風神秘抄
夏のロケット

「デルフィニア・・・」は別格。なんかもう本当に久しぶりにぶっ壊れるの覚悟で一気読みしたです。 読みたい内容と作者が書きたい内容がばっちり合ったんだよねー うんうん。
残りの本、ファンタジーのシリーズ物をよく読んだけどちとそれは外して選びました。

ではみなさん、2005年どうもありがとうございました。
2006年もどーぞよろしくお願いいたします。
じゃあね

12/31 「戦慄!オメガ破壊指令」

予定通り昼寝をしたあと(爆)、スタートレック・ヴォイジャー第89話『戦慄!オメガ破壊指令』を見ました。 お気に入りのセブン・ナインそして艦長がメインの話でした。 艦長、髪形変えたら若く見えるなぁ。でもやっぱ私は昔の髪型が好き。 あと キムってほんとに・・・・ぷりちーな奴だなぁと思いました。 そういえばオメガ指令を説明する時、ドクターやキムはいたけど、ベラナがいなかったよね?なんでかな?もう出産?
オメガ分子が落ち着いたところを見ていたセブンの表情がとってもよかったです。 来週はお休み。次回の放送は1/11だそーな。忘れずに予約しなきゃね。

お節を取ってきました。今年もまた食べられるのがいっぱいで よさげです。 見栄えばっかりよくて食べるものが無いという奴もある中で、ここのお節は残るものがないので とても気にいって 今年で3回目。 明日、食べるのが楽しみです(^^)
ラップをかけたままの映像なのでちと見えにくいかな?nc_048

じゃあね。

12/31「イブの眠り」

今 書き終ろうとしたところで ぜーんぶ消えてしまった・・・・ 朝からこんなんだとショックだよねー

今朝は6時40分に目が覚めて、首が痛いので暖めるシップを貼り、お腹が張るのでガスぴたんを飲んだ。何度時計を見ても6時40分なのに、あまりに暗いのでまた寝た。 結局7時半ごろ薄暗い中起きてきた。 天気が悪いのかと思ったが、いい天気である。 よかったー でも夜から崩れるらしいね。
で、この前bk1から届いていた『イブの眠り』5巻(吉田秋生)を読んだ。 表紙のアリサのがアイコラみたいで変だったけど(なんか顔と体がアンバランス~)中身はよかった。 涙ぼろぼろこぼしながらも、最後はよかったよー まさしくイブの眠りっていうタイトル通りだった。 バナナフィッシュから続いたこの一連の物語も、やっと浮上して終われたようでほっとした。 ずっとずっと暗かったもんねー やっぱ主人公を女にしたのがよかったのか? とにかく満足。

イヴの眠り 5
吉田 秋生

さて もう少ししたらダイヤモンドシティ・バリューに出かけるつもり。といっても何の目標も無いんだけどね。帰ってきたらヴォイジャーを見るつもりです。 見たらまた書き込も~っと。

じゃあね

2005/12/30

12/30 中掃除

天気がよく、寒さもそんなに厳しくなかった。 なのにちっとも気が乗らず、大掃除の予定が もう今年は中掃除ぐらいでいいや~っと早々に諦めました。
なので 朝から洗濯して、朝食としてりんごとサツマイモのヨーグルトとプティング焼いて、車を洗いにお出かけ。カローラは100円洗車機でお終い。でもB4は300円洗車機にかけた後、ワックスまでかけました。うーん・・・超久しぶり(笑) もうキズもたっぷり入ったし、新車でなくなったのでほったらかしだったもんねー というか、昔の車(MR2)やセリカリフトバック)はそーとーまめにワックス掛けまでしてたけど、この車は最初から汚れが目立たないシルバーにした時点でこうなることは目に見えていたのさ(笑)
それから買い物して、帰ってきたら支社から電話が入ってました。 昨日の最後の書類が不備だったみたい。私はチェックしてなかったもんでねー まぁ新年になってからリカバーできそうなので いいさ。
そいで昼飯食べてやっと掃除。 でも疲れたので、この部屋のみ。 台所は・・・・ いいや、もう。いつも綺麗にしている(笑)ってことで。換気扇は夏の大掃除まで取っておこう。 トイレも普通の掃除と同じレベルでの掃除でおしまい。 なのに、疲れた~ 肩、こりまくりです。
夜は餅つき。と言っても機械ですので ただ丸めるのを手伝っただけ。 これで正月を待つばかり。 明日は何する?夕方おせち料理を取りに行かなきゃ。 そう、お節も作らず お店に頼んでいるのです(^^;)

じゃあね。

2005/12/29

12/29「ポイズン 下」

へへ、読んでしまっちゃった。 『ポイズン 下』(クリス・ウッディング著 東京創元社)
なんかね、胡蝶の夢みたいな感じになって、自分が本当に生きているのではなく、誰かの創作の中で筋書き通りに演じているだけではないんだろうか?なんて考えるっての すごーーく好きなんだよね。ポイズンって名前の少女のこの話。うん、とってもよかった。 ただ、後書きにもあったけど、アザレアやブラムのこの後がどうなったか、とても気になっちゃう。 勝手に話を想像しなきゃなんないのかな? ファンタジーだけど、私の中ではSFそして哲学? なかなか気にいりました。 よかったよかった。昼休みは12時半から外に出たのだけど、銀行に持って行って、待ち時間にたっぷり読めたため、今日読み終わることが出来ました。

ポイズン 下
クリス・ウッディング著 / 渡辺 庸子訳

さーて、仕事納めでした! 終わった、終わった! なんか 年末って感じですごく気ぜわしい一日でした。 結局5時半過ぎまでいました。 もー最後の最後までイライラさせる人がいて、まぁどーでもいいっちゃーいいんだけど・・・・ あ、昼はね、えび天うどん食べた! 前から気になっていた店だったのだけど、なかなか行く勇気がなくてね~ 美味しかったのでまたいつかチャンスがあれば行きたいです。出汁は私の好みでした。ちゃんと「ネギ抜き!」って言えたしね(^^) ちなみに値段は600円。 高いのか?普通なのか? まぁ お腹いっぱいなって 満足でございました。
部屋、とても散らかっている。でも片付けるのとても面倒・・・テレビも色々あるし、明日1日頑張ることにして、今日までのんびりしちゃおーかなぁ~

じゃあね。

2005/12/28

12/28「ポイズン 上」

『ポイズン 上』(クリス・ウッディング著 東京創元社)を読み終わりました。 読み終わったといっても、下巻もあるので、まだまだ話は途中です。
図書館の児童書新刊コーナーにあったの。 表紙のイラスト、色彩そして 東京創元社という出版社の名前に惹かれて借りてきたの。 読み出したら、妖精の取り替え子が出てきたり、妖精王が出てきたりですごくファンタジーなんだけど、どうしてもSFな気がして・・・ ポイズンというのは主人公の女の子の名前なの。で、沼の上の落ちぶれた集落に住んでいるのだけど、妹を取り替えられてしまったため、取り戻すために村を出て、妖精王のところを目指すのね。 でもその落ちぶれた人間の様子ってのが、最終戦争の後の未来の地球っていう気がしてねー 妖精と思しきものも、実は生物が何かの影響で変わって進化したのではないか・・・とか 次元のひずみが他の世界に繋がっているとか・・・ 出版社のせいかしら(笑)勝手な思い込みです、私の。
ポイズンって近くにいたら嫌な子かもしんないけど、この本で読む限りでは好き。 同行しているブラムもいい奴だなぁ。 下巻を読むのが楽しみです。 今から読み始めますけど。

ポイズン 上
クリス・ウッディング著 / 渡辺 庸子訳

今朝も寒くて、夕方にかけてまたどんどん冷えていく感じ。 やだなぁ、寒いって。
でも明日行けば休み。 なんとか頑張ろう。 今月営業所の成績がよかったのと、そばを打つのが面倒ということで明日の昼はうどん・そばの店にみんなで食べに行きます。私は所長と交代で行くらしいけど、出前でいいんだけどねぇ。出かけるのが面倒。あ、明日昼休み読書できないじゃん! げ、それはやだなぁ・・・
ま、いいか。どーにかなるさ。
じゃあね。

2005/12/27

12/27「なんと孫六」「はじめの一歩」他

先日bk1で送られてきたマンガをまとめ読み。
『なんと孫六』62巻(さだやす圭)

なんと孫六 62
さだやす 圭
はやっぱ面白いや! 孫六はどこまで行くんだろう・・・ ところでこいつは今何歳? 20年前から年をとってない感じがするねー。カツオやワカメとどっちが年を取るのが遅いんだろ(笑)
それから『はじめの一歩』74巻(森川ジョージ)
はじめの一歩 74
森川 ジョージ著
さすがに沢村と間柴の試合の時は別だけど、後半は笑った~ なんか鷹村ってスポーツなんでも出来そうだけど、そうじゃないんだ~ 一歩はそういえばどんくさかったんだよね!チャンピオンになったから忘れていたよ(笑) あ、今気づいたけど、最後にはじめの一歩全巻ダイジェストが付いてる~ すげーーー!
そして『からくりサーカス』40巻(藤田和日郎)、コロンビーヌのくだりでは泣いてしまったよ~いい娘だねぇ、コロンビーヌは。 しかしいつになったらナルミはしろがねに気づくんだ? 早く幸せになってくれよ!もー次の巻こそ終わりでいいんだけどなぁ・・・・まだ伸びるのかなぁ?あとは『犬夜叉』43巻(高橋留美子)。殺生丸や奈落の考えてることがわかんないなぁ・・・・ だから早く次を読ませて!って感じです。(笑)
犬夜叉 43
高橋 留美子著

今朝、出勤時車の外気温度計を見たら0度じゃった。 ひゃ~ ファンヒーターをタイマー掛けて寝ているので、朝起きて寒い!って感じないのは幸せなことだったんだねー その上着込みまくってから洗濯物干したので、ベランダでもそこまで凍えなかったので、逆に気温見てびっくりしました。 明日はマイナスまでいくらしいので、ファンヒーターのタイマーを絶対セットし忘れないよう気をつけよう! 旅行から帰ってきてずっと朝のチャリンコ漕ぎはサボり中。だから朝は時間がゆったり。 でもついつい起きる時間もおそくなっちゃってねー 今朝は6時45分ごろまで布団から出ませんでした。 明日はどうだろ?
仕事はなんやかんやと忙しかった~ まぁ 時間が経つのが早いから、忙しいのは嫌いじゃない。でもキィーッ!てくる事もちょくちょくあって、心をゆったりとーと思っていた。 あと2日で休みに入るたい。 がんばろ。あ、門末に向けて新聞止めておかなきゃなんなかった! 明日、覚えているかな~ とにかく頭は既に休暇モードというか、実は今が何月で何曜日かよくわかってない なんて時もあって(ほんとーにボケ始めているのかも!) 気を引き締めなきゃなぁー
帰りの車の中でいつものように教育テレビを聞いていたら、懐かしいブルグミュラーの貴婦人の乗馬が流れてきた。 何故か小学5年生の時の教室にはオルガンではなくピアノが置いてあって、女子の間でブルグミュラーがすごーく流行っていたの! あたしも貴婦人の乗馬が特にお気に入りでお稽古したさー(笑) もちろん片手のみの演奏で、みんな自己流(笑) それでもこの曲は好きだった~ 私は実はピアノ習いに行ったことがあるのです。といっても幼稚園に入る前! 幼稚園に入ったら幼稚園が忙しくて辞めました(笑) で、小学校に入ってヤマハオルガン教室にもちーっとばっか通ったけど、結局家でもちーーっとも練習せず、両手が動く前に辞めました。 たはは(^^;な人生ですなぁ~ そういえば習い事は色々とやったみたい。 身についているのはないみたいだけどね。 あー、もったいなーい!習字もずーっと習っていたのに、字はすっごーーーく下手だしねぇ。英会話もダメダメ。 もっともどれも小学校の頃だけどね。 今、語学に行ったらちょっとは・・・・と思いつつも、月謝の事や時間を考えると 無理だなぁー というか 脳味噌が老化しすぎていて どっちにしても無理かいな。 はっきり言って外国語よりもっと日本語覚えろよ!のレベルだもんねー(笑)

じゃあね。

2005/12/26

12/26「ファーガス・クレインと空飛ぶ鉄の馬」

今日は『ファニー・アドベンチャー ファーガス・クレインと空飛ぶ轍の馬』(ポール・スチュワート作・クリス・リデル絵 ポプラ社)を読みました。 あの『崖の国』の二人組みの最新作です。 いやー面白かった。気にいっちゃった!崖の国よりもうちょっと簡単な話。でも登場人物がなんだか楽しいし、主人公ファーガスのお母さんが作るお菓子がめっちゃ美味しそう! クリス・リデルの絵がまた好みでね~ 字だけでなく絵もじっくり見て読んで、楽しかったです。 地図のある本、物語はいいよねー 続きがあるみたいなので それもまた楽しみです。

ファーガス・クレインと空飛ぶ鉄の馬
ポール・スチュワート作 / クリス・リデル絵 / 唐沢 則幸訳

今日はなかなか忙しかったです。 7時近くまで会社にいました。 でも なんだかな~ どうしても私の中で今年は既に終了しているんだよな~ 明日休みの気がしてなりませんでした。 おいおい、まだ月曜たよー!! ぼーっとしてミスしたり、怪我したりしないよう 気をつけなきゃなんないなー。
あ、ボケの元になっているニューカレ旅行。全ての日々をアップし終わりました。 興味がある方はどうぞ。

じゃあね

2005/12/25

12/25「人体を渡り歩く異星人」

今朝は結構早起き。 2度寝もせずもうすぐ11:30amです。
12/21深夜に録画したスタートレック・ヴォイジャー弟88話『人体を渡り歩く異星人』 を見ました。タイトルから判るように、体を乗っ取っていく異星人の話です。 がー オリジナルはどんな異星人なのかはわかんなかったです。 それくらいどんどん変わっていくの。 艦長にまで変わったのはうっかりわかんなかったー私。 ぼんやりやさんだよ、いつもながら(笑)
パリスが主人公だったけど、実際彼がイライラしていたのは何が原因だったのかい? ヴォイジャーの勤務にうんざりしていたけど、異星人に乗っ取られて、自分の今までの生活がいい生活だったって気付いた、ってこと? んー、よくわかんないけど、いいか。 私って本当に物を深く考えられん人じゃのー
あ、そうそう。あの異星人が乗っ取った女性の異星人は綺麗だったなぁ。 変わった耳をしていたし、これからも出てきて欲しいと思っちゃいました。

さて、今日は午後からジャスコ八代へ行ってマッサージを受けてくるつもりです。 従姉妹の子供が勤めているらしいので、そこに行ってみるの。 何せびんぼーなんでいつも行くことは出来ないけど、せめてボーナスが出たら1回くらいは!ときばって行ってまいります。 しかしお腹すいた。 何か食べなきゃ。

えーと、もう22時になります。 結局 マッサージに行ったけど、お目当ての人は接客中で2時間待ちだったのでせずに帰ってきました。戻って昼寝。 極楽じゃ~
夜はM-1を録画しながらスケートを見ました。 そっかー 代表はすぐりちゃんと荒川ちゃん、そしてミキティだったんだー。 あたしゃ恩田ちゃん好きだけど、ま仕方ない。今日の演技はよかったです! 中野ちゃんもノーミスでいいのに どうしても点がのびないねー なんかかわいそう。 でもこれから! オリンピックはダメだったけどこれから頑張って欲しいです。 男子は採点ミスとかかわいそうねー

じゃあね。

2005/12/24

12/24「ボクを包む月の光」

なんとまぁぽかぽかしたいい天気なのでしょう。 この部屋はファンヒーターも消していて、それでも大丈夫です。
朝、うっかり10時半まで寝ていたのですが、もったいないことしたなぁ~ 洗濯2回したけど、乾ききるかは微妙です。 その後、郵便局でお金を下ろし(年賀状、持って行くの忘れた~ 出したかったのに!)図書館に寄って6冊ほど借りてきました。 年末の休み、それと来週会社で読むつもりです。なので、まずは昨日届いたbk1からのを読みました。 『ボクを包む月の光 -ぼく地球 次世代編-』(日渡早紀)です。

ちょっと蓮くんがパープー過ぎる気がするけど、まーよろしいんじゃないでしょうか? やっぱりまたぼく地球を読み返したいなぁ。そしてこれを読みたいなぁ。 この次世代編が完結した暁には、一気に読み通すことにしましょう!
そういえば今日はクリスマス・イブでしたね。 なんかニューカレで今年の全てが終わったような気分なので、今年はちっともクリスマスに身が入りません。 ケーキも昨日とっとと食べちゃったし、今晩はすし屋に食べに行くつもりだけど、やっぱりクリスマスに寿司屋ってのもちょっと変。 あ、 何も考えず今夜行くことにしたけど、今夜スケートテレビでやるんだったね。 まぁまた民放なので、ビデオにとって早送りしながら見て丁度いいかもねー

じゃあね。
あ、16日の分、アップし終わりました。

2005/12/23

12/23「グランプリファイナル」

弟が録っていてくれたフィギィアスケートのグランプリファイナルのショートプログラムだけ見た。 うーん、、、、民放がやるとこうなるのね。 松岡修造さんは嫌いではないんだけど、やっぱり私はNHKの地味な放送が好きだなぁ~
男子は日本人2人だけしか放送なくて、えーって感じ! 私のジェフを何故映さない!(笑) いやー、2001年のNHK杯が熊本であった際見に行って、ジェフリー・バトルくんの密かなファンになっていたのだよ。 笑顔が可愛くて!まだ見ていないフリーの方ではちゃんと放送されていますように! あと、あの個人に付いている「ミラクルなんたら」とか、「イケメンなんたら」とかあーいうの。やめて欲しいなー なんか見ていて小ッ恥ずかしくなっちまいません? それから、解説も佐野さんははしゃぎすぎるし、伊藤さんは・・・ やっぱり五十嵐さんがいいーー 女性の解説も佐藤さんのほうが好きー と 個人の演技よりそっちに気が行っちゃってました。 あ、でもスルツカヤさん、大人の女性になったよね~ 彼女はほっぺたがまっかっかの確かお下げ髪(記憶違い出なければ)の頃から好きなので、うーん、綺麗になったぁと感じます。
DVDに録ってくれていたけど、チャプターとかどうなってるのかな? パソコンとプレステでは見れたけど、マルチコンポでは見れなかったんだ。 あれってなんでなんだろね? まぁ きっと技術的なことなんで 説明されてもふーん、なんだろうけど。 続きはいつ見れるか、わかりません。時間見つけて早めに見なくっちゃ。 もう全日本選手権も始っちゃったよね。 トリノに誰が行っても構わないと思っているので 誰が勝ってもいいんだー。

今日は珍しく8時まで目が覚めずに眠れました。 昨日夕食後眩暈がして、11時過ぎには寝たの。やっぱり疲れが溜まってたのかな? それから昨日買ってきたケーキをみんなで食べ、食料品と灯油を買ってきて、弁当で昼食を済ませ、2時半からお出かけ。 ダイヤモンドシティ・バリューで、制服代わりのセーター買ったの。あ、これは300円とか500円じゃなくて1500円もしたとよー と言っても500円のダイヤモンドシティお買い物券と、そこの店が出した500円割引券使ったので実際出金したのは500円だったけれども・・・・(^^;)
そして 6時前に温泉へ。迷ったけど結局山鹿まで行きました。 結構混んだので着いたのは8時前でした。あ、途中古本屋によって、ついついアーサー・C・クラークの『イルカの島』を250円で買ったんだったよ。1300円の石風呂に入り、のーーーんびりできました。 あー、極楽極楽(笑)
で、うどんを食べて帰ってきました。あ、そうそう 熊本では一番ではないかと思う再春館のクリスマスイルミネーションを見て、写真撮ったりして、帰り着いたのは11時過ぎ。nc_012
結構疲れて眠かったのですぐ寝るつもりかもう0時過ぎているのにまだ起きてます。 ニューカレの旅行記も書かなきゃと思いつつ、まだ16日の昼の分までしか書けてないよ。 明日は大掃除の予定(早いでしょ) 進まないなぁ・・・・ 忘れそうで怖いです(笑)
じゃあね。

2005/12/22

12/22 雪?

なんだか日本列島、凄いことになっていますね。 爆弾低気圧? ほんとーーーに先週でなくてよかった、と思います。 もしニューカレに飛行機が飛んでいなければ どうなっていたでしょう!

しかし、昨日の晩から降り出した雪なのですが、家の周りは大したこと無かったです。 流石に屋根や路上に停めてある車の屋根には積んでいました。 道は、家の前の私道は白かったけど、車が通る道は端っこがちょっと白い程度。 でも会社のそばになるにつれて車がだんだん混みだして、最後の数百メートルは渋滞となっていたので遠回りして行きました。 着いたのはいつもよりちょーっと遅かった程度かな?
でも熊本市内とかは結構ひどかったみたいですね。 いつもが積もらないのでちょーっと積もると交通は麻痺です。高速道路が多分通行止めなのでしょう。 会社の前の国道は下り車線が大渋滞!大変だなーみんな。
ただ、私はトラックの好意ですんなり出られて、ケーキを取りに店に寄り、その後もすんなり帰ってきました。ありがたいことです。 あ、でもケーキは車の後部座席に置きっぱなしだよ! 寒いから悪くなることはないでしょうが、後で忘れず取りに行かなければ・・・

じゃあね。

2005/12/21

12/21 COMPLEX

タイトルにしたのは 今BGMにしているから。 なつかしいなぁ吉川が布袋さんと組んでいたあのCOMPLEXです。あたしは吉川晃司のファンなので(笑)COMPLEXのコンサートも確か2回くらい行った様な気がします。 熊本と鹿児島。多分ね。もう記憶が定かではないけど(笑) 吉川のコンサートも何回か行きました。最初は特に好きでもなく、友達に連れられて行ったんですが、レイラだっけ?(タイトルうろ覚え) ピアノの弾き語りにくらくら来ちゃって それから熊本もしくは鹿児島であるときは必ず行っていました。女3人(たまに4人)で。 楽しかったな~ 一時期ファンクラブにも入っていたのだ(^^;) 吉川くん、歌が上手ってはあんまり思わないけど、声が好きなのさ。あと ファンになった当時は胸囲も好きだった(笑)
でも近頃はコンサート行ってないなー またはじけたいけど、多分そーするとその後1週間ゾンビ状態になっちゃいそうなので自粛(笑)

ところで、今日は冷えた~ ずんずん寒くなって 帰宅の頃は雨だったけど、20時には雪でした。 今はどうだ? カーテン開けるのもやだよ。 とはいえ 灯油が切れ掛かっているため今ファンヒーターは切ってます。まだ指は動くからいいでしょ。
さっき15日の分をアップしたの。 今から16日の分に取り掛かります。 とはいえ今日は珍しく仕事があって(笑)お客も多く、それも契約者死亡の名義変更とか、受取人死亡の給付金とか・・・相続人からの請求は書類が煩雑なんで苦手なんだよなー めーいっぱい働いたのでまぁー肩が凝る凝る。 帰って即行マッサージチェアーに直行でした。加えて寒さが肩こりのもう1つの原因なんだろうな~

明日も寒いだろうなー でも銀行や郵便局に行かなきゃなんないんだよなー チャリンコで。 やだなー でもそれで給料貰っているんだ、がんばろー それに明日行けばまた三連休じゃないか!

じゃあね。

2005/12/20

12/20「史上最大の殺戮ゲーム PART2」「アイランド」

体が痒い! いつもの「冬になるとかいかい痒い~」なのか、日焼けによる痒さなのか本人にもわからずにいたのですが、さっきすっごーくぬるいお風呂に入ったらぴりぴり痛かったので日焼けによる痒さのようです。 あーりゃりゃ(笑)
仕事はね、たっぷり書類あったものの 休みの間に来ていただいていた方と所長のおかげでスムーズに進み、5時半には終わることが出来ました。 よかった、よかった。 明日は溜まった通知文読んだり、お知らせ・ニュースをチェックして、今日届いていたスキャナのインストールとかそんなのをやろうと思っています。 今年は年賀状の挨拶文、手書きにしちゃったので 昼休みに何枚か完成させました。 残りも明日、明後日の昼休みに書こうと思っています。 字が汚いのでここ数年は挨拶文も一枚一枚パソコンで書いては印刷、書いては印刷ってしていたのですが、パソコンに向かう時間は旅行記を書きたいので今年は手書きにすることに朝決めました(笑)

さて、だいたい定刻に帰ってきて 夜には先週のスタートレック・ヴォイジャー第87話『史上最大の殺戮ゲーム PART2』を見ました。 前・後編の後編です。
艦長はやっぱりかっこいいなぁ。女の鑑だよ(笑) しかし ナチス恐るべし!何世紀も後の人類以外の種族にまで影響を与えるなんてねー あの殺された司令官が副官に殺されなかったらヒロージェンの未来は明るかったろうにねぇ。 ただ、もともと殺戮を好む本能があるようなので、それをホログラムだけで解消するのは難しかったとは思いますけどね。 まぁ 最後にはちゃんとホロデッキのテクノロジーを渡してやったので もっしかしたらあっちこっちに動き回る生活から抜け出し、文明を築くことが出来るかもしれませんね。 しかし、クリンゴンも役に立ってくれたものです。 面白かったなぁ この話も。 来週がまた楽しみっていうか 明日の深夜だ! わーなんか儲けた感じ~(^^)v

で、 『アイランド』なんですがー 映画館で見ようかどうかちょっと迷っているうちに えーい、もうDVDが出てからでいいや!と思っていたのですが、ニューカレドニアへの行き帰りの飛行機の中で上映していました。 ラッキー 日本語吹き替え版でみちゃいました。
汚染された世界から隔離された清潔な都市空間で生活していたリンカーン(ユアン・マクレガー)達が抱く共通の夢は地上に残された最後の楽園、「アイランド」に行くこと。日々行われる抽選でいつかは自分も!って期待しているの。でも そんな生活に次第に疑問を抱き始めるリンカーン。 そして本当は彼らはただ単に臓器移植のために作られた金持ちたちのクローンだったってのに気付くの! 金持ちたちは植物のようになんの自我も持たずクローンを育てられるので 良心を痛める必要はないという企業の説明を鵜呑みにしているため、クローンたちが実は自我どころか全く普通の人間と同じように感情を持って生活しているってこと、知らないのよねー
なっかなか面白かったです。
あの ジェットバイク(?)、かっこよかったー あたしも乗りたーい! ただ、乗ってスロットルを回したとたんに振り落とされるか、壁に激突するかのどちらかであることは目に見えてるけどね(^^;) ただ、あのボートはいけてなかった。ちっともかっこよくなかったわぁ。 あと、リンカーンとジョーダンはいいとして、残りのクローンたちはこれからどうすんのだろ? それを考えると夜も眠れないわぁ(ウソです)
そうそう、クローンたちの世界でリンカーンの友達の一人のおっさん、どーーーっかで見た覚えがあったの。なんか演技のひとつひとつが最近なんかで見たぞーって。この動きたい、うーん、うーん・・・・ 考えて、考えて思い出した! スタートレック・ヴォイジャーに出てくるニーリックスじゃん! さっき確認したけど間違いなかった。 いやーニーリックスのときは特殊メイクで顔は随分隠れているけど、わかるんだねー 自分がすごいと思いました(笑)

どれ、今から14日の分 書き足そうかね~
じゃあね。

2005/12/19

12/19 帰ってきたばーい

無事、家に帰ってきました!
関空に着いたのは朝だったのですが、福岡に飛び、海水魚屋さんに寄って、温泉入ってきたので 家には夕方5時0分に着きました。
荷物を分別、洗濯(第1弾)し おぉ もう7時過ぎてるよ~
なんさま 大ショック2つを乗り越えて、しっかり ちゃんと ばっちり たっぷり 楽しんできました。
ぼちぼち 書き込んでいく予定です。 興味がある方は お楽しみに。

一応 じゃあね。

12/19 とうとう機上の人となる 帰国編

あー、もうあっという間のニューカレドニア。 到着してストの話を聞いたときはお先真っ暗!どーなることかと思いましたが、現地旅行会社のアルファー・インターナショナルさんのおかげで、ちゃんと離島に行けて、海を満喫できたのでもう大満足! 行く前に「とにかくあっちに着いてからのトラブルは楽しむのだ~だから無事出国できますよーに」と思っていたのがホントになっちゃったけど、よかった、よかった。
飛行機に乗り込んだら席に毛布が無かったので搭乗員のおねーさんに言って2枚貰いました。 隣のカップルはあったかそーなコートとか取り出しています。 ぎゃー やっぱ冬用の防寒具まで持って旅行しとっとだねー 荷物になっどにー そういえば出国審査を待つ間、隣にいた日本人カップルが雪下ろしの話をしていて、この真夏から豪雪地帯へ帰るのはつらかろーなーと思いました。 落ち着いたのは1時35分ごろ。飛行機は天井からなんと冷気が噴出していて(白い霧みたいに吹き出ていたの)まー寒さ寒さ! このままなら凍え死ぬ~と思っちゃいました。 途中で止んだのでよかったよー
今度は寝て行こう!と思っていたので映画は見なかっです。 目が疲れていてね~ 飛行場で待つ間コンタクトレンズを外して眼鏡に替えていました。 日本時間で2時半に食事。寝むかったのにしっかり起きて食べました(笑)nc_296
玉ねぎが苦手な私にはちと辛い。でもチーズ以外完食。チーズは持ってかえってきたのだ(^^;)
2時間熟睡。その後は1時間おきに目覚めました。7時に朝食のアナウンス。 人より早めにトイレに行って顔洗ったりして席で待ってました(笑)あ、写真ピンボケだー残念。 nc_298
パンは漂ってきた匂いからするとあったかを想像していたのですが、やっぱり冷えていました。 右下のはクリームコロッケの中身が入ったパンケーキかな? 奥はフルーツポンチ。ジャムにバター。ヨーグルトはプレーンだったので、フルーツを入れて食べました。もちろんぜーーんぶ食べました。
8時45分に到着。 最後のほうはちょっと揺れましたが、着陸自体は上手だったと思います。 大阪は5度、福岡は2度とか言ってました。 ひゃ~冬に戻ってきたよ~
10時5分のANAに乗って福岡へ。 チャイ、おいしかったーー 下を見ていたけど、九州に入ると雪が見えるのはなんじゃいな! 11時25分、福岡到着。荷物を待ちながら会社へ電話。監査は入って無かったです。 車を預けていたパーキングの場所がまたわかんなくなり、うろうろ。早く車に乗らないと寒いっす。 まぁ無事車に乗って福岡空港を後にしました。その頃は4度だったです。気温。
それから 海水魚屋さんに行って お魚を4匹購入。 ハタタテダイ、フエヤッコ、カクレクマノミ2匹。 そして弟の職場へ行き土産を渡し、その時グランプリファイナルを録画したDVDを貰いました。やったーうれぴー
お腹すいたので食事。何にしようかと迷いつつ、こんな時は!と食い放題の店へ。 うどん、ラーメン、カレーに寿司。焼き肉にデザートとチープな日本の味を満喫(笑) やっぱ食い物は日本ばい。
高速道路に乗り南関ICで下車。久しぶりに三加和温泉へ。nc_301
700円で50分の家族風呂へ。 ところが! 熱くて入れないの! そう、体が日焼けしててぴりぴり! うーん、最後の日に日焼け止めが切れなければ・・・残念でありました。それからなんと虫刺されを多数発見。 その時はピッシンヌ・ナチュレルでのアブみたいなやつだろうと思っていたのですが、刺された場所とか考えると どうもホテルのベッドみたい。ダニ?それとも噂に聞く南京虫?とにかく痒くって! 虫除けのべープマット(みたいなの)とか虫除けシートとか持って行ってたけど、ベッドの中とは・・・油断したなぁ。
4時過ぎに温泉を出て(とってもぬるくしてしまった。まぁ掛け流しでお湯はどんどん入っていたから次の人が入るまでには元に戻っているでしょう)また高速道路を使い、自宅へ。5時20分無事到着しました。
あー、よかった。 楽しかった! また行きた~い!!

じゃあね

2005/12/18

12/18 ヌメア in ニューカレドニア シトロン湾編

イル・デ・パンから乗った飛行機はなんと席は早い者勝ち(笑)一応、子連れや妊婦、障害者などが先に入れるようにはなっていたけどね。切符も黄色くてなんかインチキ臭~いの(笑)私らは右の後ろから2番目の席。5時5分ごろ出発で5時半に着きました。 空港、そうそうちゃんと空港が開いていました。出発したときは空港の建物の反対側からセスナに乗ったんだなー。空港からはアルファーの迎えのマイクロバスでホテルまで。カサ・デル・ソルにまたこの前のように受付の後ろの部屋に勝手に荷物冒して貰い、6時10分ごろシトロン湾ショッピングセンターへ。 スーパーに行って干乾びた(笑)サンドイッチとクロワッサン、缶コーヒーわ買って軽く腹に入れ、AQUAさんでお土産を買いました。もともと私らはあんまりお土産買わない人達なんですが、流石に今回はまともお土産買いまして、カードで支払い。 (ちゃんと支払えるの?不安(笑))それから教えてもらったステーキ屋 LA BOUCHERIE & CIEで晩御飯。 2本串のセットを注文。3550CFPかな。 本当はチキンとビーフにしたかったけど、チキンがなくてビーフ2本。一人1本ずつ食べました。付け合せは色々あったけど結局またフライドポテト。よくポテトを食ったたびでした。焼き方はレアがよかったけど、ミディアムかウェルダンかしかなく、ミディアムにしたのですが、思ったとおり焼きすぎ。これでミディアムならウェルダンって炭?って感じでした。でもソースとか美味しくて、パンはほとんど手をつけなくてもお腹いっぱいなりました。nc_282
それから最後のイベント、カジノへGO! 歩いていける距離で、カジノ・ロワイヤルという今はスト真っ最中というかもう倒産確実となったノボテル・サーフ・ヌメアというホテルの中にあるカジノへ。ホテルが倒産と聞いて、カジノにいけないのでは?と不安でしたが、カジノだけは営業していました。 nc_285
名前がいいよねー!といってもスタートレックのファンにだけかな?受けるのは。 ホテル・ロイヤルというTNGの中の話にカジノが出てくるのがあってね。それを思い出して、一人にやにやしていました。入ったらブースにおばちゃんが座っていて、そこでパスポートを見せ、ホテル名を聞かれ、そして中に。 ドリンクチケットをアルファーさんから貰っていたので、コカコーラを頼んでいる間、同行人は現金をチップに交換。 3000CFP、お札で残っているので その分だけ変えました。 いいの、儲けるつもりはなくて雰囲気を味わいたいだけだったから! カードのテーブルとかは難しそうなので行かず、ルーレットのテーブルへ。2つあったけど、綺麗なおねーさんが仕切っているところでしばらく眺め、それから賭け始めました。 ただ、私はギャンブルの才能0の人なんで見てただけ。 この前読んだ『マルドゥック・スクランブル』を思い出しつつ、確率、数学よね~なんて思って見てました。 本人曰く、「たいぎゃなみみっちぃ、そして面白みの無い掛け方」で続けて当てて、3000が15000まで増えたので、チップ2枚もらって(1枚500)私も掛けてみたけど思ったとおり全くダメ(笑) 「もういい」と言った後、4000外してルーレットはお終い。それでも10,000CFPになったので 私は嬉しかったぞ!(笑) で、部屋を替えてスロットをしに。 コインを2000CFP分替えてしたけど、あの想像していたレバーをガチャン!と下げるタイプのスロットマシーンではなく、パチンコ屋にあるような奴。 というか同行者曰く、パチンコ屋のはまだ目撃ちとか(って言うんだったっけ?)できるのにボタン押したら機械任せなので面白くなーーい!って。 うーん、1000CFPだけにしとけばよかったー。 コインを使い切ってカジノを後にしました。 時間にしてどれくらいいたかな? とにかくシトロン湾ショッピングセンターに戻ってきた時には9時近くだったので開いている店がほとんどなくて・・・・ 結局AQUAの隣のインドネシアの民芸品店(だったということは帰ってきて知った)で無理して稼いだお金を使いました。 怪しい店だったけど、7700CFP分買い物。案の定590CFPくらいしたコップを3つ買ったんですが、使う前に洗おうとしたら絵がぱりぱり取れちゃった(笑) ま、いいかー で、またまたスーパーに行って(店のおじちゃんも呆れた事だろう)370CFP使ってお菓子買いました(笑)残りは5CFP。
集合はカサ・デル・ソルのロビーに10時15分だったのですが、9時10分頃にはもうホテルへ戻ってました。 また一声だけ掛けて荷物を隣の部屋から勝手に持ち出し、ロビーのソファーに座って荷物の整理。 買ったお土産や、行った浜からちょっとだけ持ってきた砂などの整理とかね。結局荷物が増えたので赤いでっかいスポーツバッグに、アディダスのスポーツバックそして機内持ち込み用の黒いリュックと3つになりました。 日本に戻った時用にスパッツに靴下履いて、ズック靴だったのでさすがに暑かったです。 まぁ両替で目減りした(ように感じた)分カジノで取り戻したって感じで 満足。
10時30分ごろ アルファーの係りのおにーちゃんがやってきまして、大型のバスに乗り込んでトントゥータ国際空港へ。チェックインして荷物を預け、0時過ぎた頃出国検査を受けました。なんだか妙にピーピーなるゲートで、沢山の人が裸足にさせられてました。 変なの~ 中に入ったら免税店がそんな深夜にも関わらず営業中。 免税店とかなんか高級のしか置いていないイメージがあって、現地のお金をショッピングセンターで使い果たしてきたけど、ここでウミヘビTシャツ買えばよかったーと後悔しました。1枚3900CFPくらいだったと思います。 日本だったらウミヘビハンドタオルとかもあって土産にちょうどいいだろうになぁと残念な思いでした。あ、ウミヘビをマスコット化して今ニューカレは売り出し中みたいなのよ。なのでウミヘビといってもキャラクター物です。実際のウミヘビの写真が載ってる訳じゃーありません。 結局ここでカードを使って 全然ニューカレとは関係ないチョコレートとかを土産として追加で購入。 その後に私の財布に1000CFP札が入っていたのを思い出し、それも使いました。 それが無きゃ5CFPだけ残るはずだったのに、最終的に25CFP、あっちの硬貨が残りました。 まぁ上手に使いきれたんじゃないかな? その後が長かった~ 待合室で座って待っていたけど、0時50分になってやっと搭乗がはじまりました。待合室で同じ椅子の並びに2つ空けて女の子が1人座っていたけど、そのこ なんと一人旅だったと。 判っていたらもっとお喋り(は出来ないか)とかしてたのになー ただ同行者がやってたゲームボーイを眺めにきてたと思ってました。 しかし偉い! どこまでいくのやろか?日本?それとも乗り換えてフランス?nc_295

今度の飛行機の席は真ん中。 EとF。 窓際の方がよかったなぁ~ チェックインの時 言えばよかったんだよね?うっかりしてたよ。
という訳で 続きはまた
じゃあね。

12/18 イル・デ・パン in ニューカレドニア ピッシンヌ・ナチュレル編

さーて、とうとうニューカレ最後の日です! えー本当?もう終りなん? 信じられないよ~
7時に起きるつもりが1時過ぎに目が覚め、その後又寝て4時に目が覚めた後6時まで寝れず、最終的に起きたのは7時。そして大ショックなことが! なんと、なんと日焼け止めクリームが無くなっちゃったよ! ガンガン使っていたの。 それは間違いない。 同行者には「なくなるぞ」と言われていたけど、今まで使っていた日焼け止めって3年かかっても無くならなくて、(そんな古くなったの使うなよ~)使いきるなんて想像できなかったんだよー (;_:)シクシク 一応、顔は間に合った。 足と腹にも少しは塗れた。背中も少しは塗れた。 でもやっぱり最終的に足のふくらはぎあたりは少し焼けて、風呂に入ると少しぴりぴりするのが23日ごろまで続くことに。あと 手の甲が真っ黒なっちゃったよ。腕の先もね。あーあ。 なんてったって いい天気だったですもん。
8時半にバスが出るのでその前に昨日買っていたヨーグルト(パン屋でこれも買ったのだった)とかTimTamで朝食。あ、そうそう グリーンティってゲロマズだった! なんかすごーく青臭いの。 セロリっぽくてあたしゃダメ(笑)nc_203
8時過ぎにチェックアウト。食事代やバス代などで24,040CFP、カードで支払いました。 いつ請求が来るのかな?いくらでくるんでしょう? 払えるのかしら(笑)チェックアウトの後、荷物は別の小部屋に置かせてもらい、貴重品は受付の人達に預け、昨日と同じにデジカメと財布はウエストポーチ。 朝のバスはあの日本人カップルと2組だけでした。 運転手はあのダイ・ハードのポリスマンと違ってました。運転、おとなしかったー シェ・レジというレストランの駐車場で下ろされた私たち。 その隣の川を渡って行きなさいと身振り手振りで教えられ、水は膝までだ、と言われて入って行ったのですが、おいおい、股まであるたーい(笑) 外人サイズの膝かい?なんて笑いながら渡りました。なんか看板があるところから上がって、森の中を歩いていかなきゃなんないらしくね最初はもう一組のカップルと一緒だったけど 私らずんずん進んでいったらいつの間にか見えなくなっちゃった。 倒れ掛かった看板をみつけ上陸。 なんとなく道が出来ていたのでそこをずんずん歩いていきます。結構歩いたよー 付いたら先客は2人だけ! おー、すごいじゃん!結構奥の方に場所をとり、昨日買ったパレオを敷いて、リュックを下ろし、シュノーケルの準備を整え さぁ海へ! 最初はねなんか物足りなくて、昨日の方がよかったなぁと思ったけど、クマノミとかでっかいのがいっぱいいたり、デバの群れやとにかくいっぱいの魚がよってくるの。 nc_234
外海の方へ行くともっと種類が色々といて、潮溜まりみたいになっているところではなんとウミヘビを見ました! 写真撮らなかったのが今唯一の後悔です。 このウミヘビ、毒は強いらしいのですが、口が小さいため今まで噛まれたって事件は犬が一匹だけらしい、という知識はあったので慌てることは無かったけど、無駄な危険は冒したくなかったので 同じ潮溜まりには入らず、上から眺めいていました。 それから ウズマキ(タテジマキンチャクダイの幼魚)も2匹も見ちゃった! サザナミの幼魚もいたよ! ハタタテダイも旗がすっごーーく長くて! いやー よかった!nc_204
これは来てすぐの風景。実はどんどん潮が引いて行って水、無くなっちゃうのよね! あの股まであった川の水かさは足首ぐらいまでなってました。11時過ぎにレストランへ行って、クロックムッシュを頼んで食べました。900CFP。高いけど、美味しかったー 水を頼んだつもりが炭酸水。 ぐぇー 朝も間違って雑貨屋で炭酸水を買ってきたのよねー(間違うというかペットボトルの色が緑で綺麗だったからよく見もせず買ったのさ)炭酸水は慣れていないので舌がぴりぴり。 水がよかったよー(笑) このレストランは本当はブーニャというニューカレ伝統的な料理が売りのシェ・レジっていうところなの。 お店のおばちゃんはたいぎゃな無愛想でした。 ま、いいけどね。バスが出る前にコカコーラ買ったら300CFPもしたよ。 ぼったくりだなぁ~
食べてまたてくてくジャングルの中を歩き、海へ。 いや~潮が引いてる引いてる! 人も大分増えていました。また海に入って魚を見て、外海のそばまで行ってみたり・・・・nc_260
海の色、違うのよね~ びっくりる波も荒いの! ただこんな風に繋がっているからいろーんな魚が入ってくるんでしょうね!とにかくシュノーケリングを満喫しました。 おかげで背面は焼けちゃったけどね。 同行者はTシャツが白と黒のメッシュのしましまだったので、背中が縞々に日焼け。笑っちゃいました!
そうそう、私の靴がね、壊れちゃった!ビニールテープとかは持って行っていたので、なんとか修理してジャングルと川は履いてきたの。でも、もう5年くらい使っていたので 感謝しつつレストランのゴミ箱に捨ててきました。nc_266
代えの靴は帰宅準備としてリュックに入れていたのでラッキーでした。 3時にバスと待ち合わせ。行きは2組だったけど、帰りは満員です。私らの前の席に座った外人カップル、美男美女だったーーーおねーちゃんの肌(背中)はそばかすだらけだったけど、 おにーちゃんの肌、すっげーきれい!食べてるアイスクリームがめっちゃ美味そうでした!なのになかなか発車しない! どーも遅れてるグループがあるらしい。 あまりに待ち長くて一旦発車。 どこに行くのかと思ったら、5つ星ホテルのル・メリディアン・イル・デ・パンを見せに(笑) またもとの場所に戻り、やっと来た人達はあのにぎやかなおばちゃん達じゃん! 10分の遅刻だよ~ あたしら、ホテル4時出発なんだよ~ とにかく戻ってシャワールームに直行! 髪だけ洗い、服を着替えて、同行者にバトンタッチ。 そしたらまぁ係りのおねーさんが「出発が10分早くなりました」だって! おばちゃーん、あんたらが遅れたけんたいぎゃな時間無くなったたーい! おかげで私ャ100CFP落っことしてきちゃったよ(^^;
焦りまくってバスへ。みんな、待たせてごめんよー ピッシンヌ・ナチュレルに行った人の中にはシャワーも浴びれず水着のままの人もいました。かわいそーに。(シャワーが2つずつしかなかったと)
今度はまともな空港へ。ちゃんと空港が開いていたので、正面玄関から入り、待合室でのんびり。 時間、あるたーい。(多分、バスを回転させるため時間が押していたのでしょう)待っている間、フランス人の家族がいて、赤ちゃんがかわいーの! あと、10歳未満のおにーちゃんと10歳ちょいのおねーちゃんの子供3人。 ふ、と思ってメモ帳を切り取って折り紙で鶴を折って渡しました。 一緒に写真撮りたかったけど、なんか今(日本では)子供相手の犯罪とか多いから、写真とか撮られると嫌がられるかも~と何故か思ってしまい声掛けなかったのでした。そういえば今回は景色の写真は沢山撮ったけど、あっちの人と一緒に写った写真って セスナの人と、イル・デ・パンのアルファーの係りのおねーちゃんとだけ! フランス語は出来なくても英語なり手振りでなり意志は通じたと思うんだけど、今回はとにかく景色に心奪われてたからなー 今思うと、ちょっち残念。
今度は予定通りエアカレドニアに乗ってヌメアへ帰ってきました。 続く。

じゃあね。

2005/12/17

12/17 イル・デ・パン in ニューカレドニア クト・カヌメラ編

朝、6時半にトイレに行きたくて目が覚める。カーテンから外を覗くとそりゃーいい天気! クーラーは寝る前に消し、長袖のTシャツに薄地のイージーパンツの格好で丁度いい気温。 足は裸足なのに冷たくないってのはなんて幸せなこと!もう一度ベッドに戻り、実際起き出したのは8時過ぎ。 う、空に雲がいっぱいじゃん! あんないい天気だったのにーー 昨晩のレストランの料理が頭にあったので、朝は部屋でポテチとかを食べました。あのバーベキュー味に見かけが似ていたスナック菓子、まずーーい! すごく粉っぽいです。 まぁそれも愛嬌か?
クト・カヌメラ湾に行くバスは9時半に出ます。帰りは5時に拾ってもらうことに。 往復で一人1200CFP。20分もかからない道のりだから高い気がするけど、観光地なので仕方ないんだろうなぁ。バスのおっちゃんはダイ・ハードに出てきたパトカーの運ちゃんにそっくりでした。 島の人全員と知り合い?って程、すれ逢う車の人達に挨拶してたようです。 途中、スピードを少し落とし何か叫んでます。 あ、日本語も言ってくれた「刑務所」「パン屋」左手に刑務所跡、右手の奥まったとこにあるのはどうやらパン屋らしいです。後で聞いた話だとあのパン屋がホテルとかにもパンを仕入れているそーな。 バスはほぼ満員。 若いおねーちゃんたちのグループが2つか3つ。 いい匂いが十万していました(笑) ココナッツミルクの香りがすごく南国してました。 これも後で係りのおねーさんに聞いた話なんですが、フランス人って肌を焼くことに命掛けてて、しみにならないためわざわざサプリメントを飲みながら小麦色の肌を目指すんですって! 同行者一押しのおねーちゃんは肌、きれいだったよ、ほんと。中にはマジで男が女かわかんないような人もいました。 多分体つきは女なんだけど、顔にはヒゲが生えているのよね~ 不思議。 もっと不思議なのはあのグループはどういう関係の人達なんだろう?どこからやってきたのだろう? 聞けばいいんだろうけど、フランス語はわかんないし、勝手に想像していました。私の想像では、ヌメアから来た職場の仲間でのグループ旅行。どうだ? 現地に着いてバスの運ちゃんから「ここに5時に」と身振り手振り&英語で念を押され ばいばーい
右手はクトビーチ、左手だとカヌメラ湾になります。まずはクトビーチへ降りてみました。 うわーーーーーーきっれーーーーーい!!今までテレビや写真で見てきたとおりの美しい南の島のビーチそのものが目の前に! とにかく言葉にならないほどの美しさ! 来てよかったーーー 離島に渡れてよかったーーー また砂かいい! パウダーサンドってのはこういうのを言うのね。 乾いている所は本当に粉! メリケン粉?シッカロール?そんな感じ。 水に濡れている所はしっかり硬くて セメントの粉みたいなの。で、もちろん真っ白よ。 水の中には小さな魚が泳いでまして、色は白っぽいからそんなに綺麗ではないけど、でも感動! あ、そういえばこのクトでは全く泳がなかったなぁ(笑) 見ていただけで満足してたよ。nc_105

それから昼飯を確保しようとすぐそばのホテルへサンドイッチを買いに。ホテルはホテル・ク・ブニーという名前(今知ったよ(^^;))入って行って、掲示板のようなところに日本語つきのメニューが貼ってあって、見てみるとサンドイッチが390CFP。これを頼むことに。他にもロブスターとかあって 晩御飯はここで4時ごろ食べておこうかーということになったんですが、残念ながらランチの時間、ディナーの時間って決まってて、その時間帯はレストランやって無かったです。残念。 レストランの前にはプールがあり、奥にはバー、2階にはブテック。(と本には書いてあるけど 売店って感じ)バーで現地人のおねーさんを捕まえてサンドイッチをオーダー。 なんやらわからぬままチキンを注文。 1つで足りるか?とふと不安になり(朝市のクロックムッシュが頭をよぎったの)もう1つ、ハムのサンドイッチを注文。 なかなか出来てこず、本当に通じていたか心配。 と言いながらもブティックに人がいるのを見つけて上がっていき、パレオを1枚、1700CFPで買いました。出来上がったサンドイッチのでっかいこと!笑っちゃったよ~ フランスパンほぼ1本? 中にはキャベツの千切りドレッシングまみれにチキンやハムがどっさり入ってるの。 これで390CFPは安い!と思いました。nc_111 とりあえずまたクトのビーチに戻り 海を見ながら食事。 しかしさすがに同じ味に飽きてきて、近づいてくる鳥に分け与えてあげました。 1羽、仕切ってる鳥がいておかしかったーーーnc_114
腹も満腹になったことだし、じゃあ今度はカヌメラの方にいってみよか、ということに。 徒歩で2分?とにかく道をわたり日本でいう所の松林(もちろん松ではなかった)を抜けるとそこにはまた違う表情の海が。ここではシュノーケリングが楽しめるということなので、ホテルから持ってきたバスタオルをしいてその上にリュックをおろし、マスクとシュノーケルをセットして海へ。荷物はたいした物が入ってないので置きっぱなし。 ただ、デジカメと財布はフリーザーパックに密閉し、ジップロックの袋に二重、三重に入れてウエストポーチへいれ、そのまま身に付け海の中へ。これは成功でした。 完全に水をシャットアウトしていたし、結局水面に浮かぶので岩にぶつけることもなかったです。 でも、でもやっぱ頑張ってお金出して水中カメラに早変わりするまともなカバーを買っとけばよかったーーーとスグ後に思うのでした。 というのも・・・・
最初に水面に顔を浸けた途端、目に飛び込んできたのは でっかいトゲチョウ!(トゲチョウチョウウオ)まぁー いつもショップや水族館、図鑑では見たことあるけど生で泳いでいるなんてー それもこんなにでっかい! もー 水飲み込んじゃうぐらい驚いちゃいました! 泳ぎがそんなに得意でないので、ちょっと不安だったけど、さすが海! 浮力が違うぜ! とにかく息は出来るのだから、焦ってパニくらない限りずーっと浮いて眺めていられました。 一瞬、海で遭難してもぼーっと浮いていたら助かるんじゃないかい?なんて思ったけど、後ですごーーく寒くなったから この考えはすぐ却下しましたけど。nc_158

でもほんと、魚はすごかった! 小島の周りを半周近くしたのですが、とにかくチョウチョウウオの多さに、ベラのカラフルさにうっとり。 水の中に耳を浸けているので カチカチカチというベラがサンゴを噛みくだいている音が聞こえていて いやー すごかった! (髪の毛にワックス塗っていっていたので、海水と化学反応おこすぞーなんて脅されていたので 最初その音かと思った私ってバカ~) せめて撮りきりカメラの水中用の奴でも買って持ってくるんだったです。 だって日本での私ってたいがな渋ちん。 ケチケチ太郎だったんだもん(笑) それに15年前オーストラリアに行ったとき持って行ったらちっとも綺麗に取れてなかったんだもーん。 でも多分今回はすごく浅いところでも沢山魚がいたので 結構よく撮れていたかもねー それに15年の間に技術も進んでいるだろーし。デジカメは持って行ったけど、やっぱり一回一回袋から出すのも面倒なら、塩水の付いた手で触るのも怖くてね。 風景撮るのが精一杯でした。12時になって一旦海から上がったけど、その頃には雲も無くなっていい天気。 ただ、風が結構強くて塗れた体には寒い寒い! しばらく体を乾かし、またホテルへ行ってトイレを借り、その間同行者は自動販売機でコーラを買ったのだけど、こっちに来て初めてギンギンに冷えた飲み物を飲めたと感動しておりました(笑)200CFPしたけどね。 クトのビーチに戻り 体温めていた所にアルファーの係りのおねえさんがやってきて 少しお喋り。彼女は今日は日帰りツアーの人達の世話なんですって。 それからまたホテルの売店に行ってお菓子を買い込み、カヌメラのほうへ行って景色を眺めながらおやつタイム。 それからカヌメラ湾の先の方までビーチを散歩。 こっちは白い砂の下は灰色の砂なの。 なんでだろね? 二枚貝がいっぱいいて、砂に潜る様子がとっても面白かったです。ホテル・ウロ・ロッジとかジット・ナタイワッチとかあったみたいね。 海辺から建物が見えていました。
帰りのバスもまた満員。朝と違うメンバーも多かったので、昼から来た人達だろうねー 面白いオバちゃん達のグループもいました。途中あのパン屋に停めてくれ~っておばちゃん達が言い出し、同行者も一緒に降りて買い物してきました。 雑貨屋をかねていたらしく、パンはバケットと食パンだけしかなかったけど、なんと ネスカフェのアイスコーヒーが缶で売ってあったって! 何種類かあってそのうち2種類を買ってきました。 帰り着いてホテルのカウンターで晩御飯の予約。思い切って5800CFPのオマールのグリルを注文!そしてブテック(だから売店じゃ?)を眺め、その前にあったホテルのプールにさっきのバスの中で一緒だったおばちゃんたちが飛び込んで行ったので、同行者もつられて飛び込みました。 飛び込んで あっ、コンタクトレンズ! まぁ外れることは無かったのでよかったです。 で、そのプールの深いこと! 万歳して肘から上くらいしか出ない深さ! びっくりだわさ。それから部屋に戻りました。 シャワーを浴びたんだけど、めーいっぱい日焼け止めクリーム塗って行った私はほとんど焼けてなかったです。ただ、水着の上から白いメッシュのTシャツ着ていたけどやっぱり水着の形は残ってました。同行者は人の忠告を無視して首筋しか塗っていなかったので、ふくらはぎの裏側が照り焼きチキンかグリル焼きか?というくらいこんがり焼けてました(笑) 6時半に閉まる雑貨屋に滑り込みで入り、180CFPでリプトンアイスティのピーチとグリーンを購入。 グリーンは緑茶なんで間違いないだろうと思ってね。それから海岸を部屋まで散歩。写真とか撮りました。nc_184 そうそう、夕日が沈む瞬間を撮らなきゃと思っていたのに ぼーっとして気付いたら既に海の下でした(^^;) アホやな~ 昨日が早く行きすぎたので、今日はのんびりと7時10分過ぎにレストランへ。 行くときに星空を見つめて気付きました。 オリオン座が反対だ~ 最初から南十字星を見つけるのは諦めていたのですが、オリオン座を見つけて「えー、冬の星座なのになんで夏にあると~」というおバカな感想を持っていたのですが(本気でバカだなぁと 反省)でもあの三ツ星の下にあるチョンの星が、下ではなく上にチョンってあるのを見つけて 感動しました! 南半球だぁ~
さて、晩御飯ですが、やっぱり待たされた~ 7時40分にまだパンしか来てないよ。そしてさらに腹立たしいことに今夜のビュッフェは美味しそう! サラダにもエビが散らしてあるし、カレーのいい香り! 魚がカレーの味付けだったみたいね。そして肉も骨付き肉。デザートにスイカをくり貫いた器にフルーツポンチとかあってさー くー これならビュッフェでよかったのにー ぶーぶー(笑) やっと来た料理は・・・・・ まずエビ。これがさいこーに美味しかった!! よかったよぉ 美味しくて。nc_199
次がメイン。おぉーでっかいぞぉ! 確か600gと書いてあったぞ。 2匹、微妙~に違う種類のオマールを半身ずつ一人分。付け合わせがライスとサラダ。nc_200
うーん、よかったー ばってん、やっぱ焼きすぎ もったいなーーい!と思いました。でも あんなにいっぱい食べれて満足~(^^)v ぷりぷりしていたしね。 デザートは昨日食べたムースみたいな奴のチョコレート版をチョイス。 これも甘かったけど美味しかったです。 それとフルーツポンチを少し。 とにかくお腹いっぱいになりました!8時40分ごろ部屋に戻ってきました。 直射日光の見すぎかちょっと頭痛信号だったので、ロキソニンを飲みまして、明日の準備。 なんてったって明日はオロ湾に行った後帰ってきてすぐに空港に行かなきゃなんないの。つまり朝、チェックアウト済ませてなきゃなんないのね。 なので荷造りし、明日着る服の準備して就寝は10時半ごろかな? 出国カードも書きました。
明日はどんな海?楽しみ~
じゃあね。

2005/12/16

12/16イル・デ・パン in ニューカレドニア 移動編

2時40分ごろ、アルファの係りのおねえさんと、現地人の運転手がホテルにやってきました。 受付の後ろの部屋から勝手に(一声は掛けたけど)荷物を取り出し、車に乗って空港へ。マジェンタ空港ってのが国内線の空港らしいです。連れて行かれたのはガレージのような建物が並ぶ一番端っこ。エア・アリゼって会社かな? ドアを開けて中に入るとがらーんとした空間に、不似合いの立派なソファー。机があって現地人のおばちゃんが1人いました。 係りの人とはそこでお別れ。 なんとなくソファーに腰を下ろし ぼけーっと待っていました。 あ、トイレに行きたくておばちゃんに声を掛けて連れて行ってもらったのですが、すぐ隣の飛行機の格納庫を通り、外に出て入ったまた部屋はホワイトボードとかあってなんかセスナに乗るためのライセンスを取るための講習とかやってる感じでした。3時過ぎにイル・デ・パンから帰ってきたカップルが到着。こっちきて係の人以外で初めて喋った日本人。彼女達もストのあおりでセスナをチャーターしてやっとの思いで帰ってきたそうです。 そう、小さい飛行機って言われていたけど、やっぱ乗るのはセスナだったんだー なんかすっごく得した気分!だってヘリとかの遊覧飛行とか乗りたくてもすっごく料金高くて高値の花だったんだもーん。ヘリとセスナは違うだろうけど、あたしにはどっちも一緒(笑) うれしかったーーー 来たセスナがそのままとんぼ返りするらしく、ちょっと時間置いてだいたい3時20分ごろ出発でした。nc_075 いやー気持ちよかった! 私は操縦のおじちゃんの後ろの席に、同行者は前の隣の席に乗ったの。実は後ろで正解。というのが、締め切って飛ぶんだけど、私のところにはクーラーの涼しい風が届いて気持ちよかったのに比べ、同行者の席はクーラーの送風口がどこにあるのかわからず(説明も無かったし、あってもフランス語だったらわからんさ)気付いたのは着陸後。飛んでる最中は色々いじるのこわいしねー おまけに直射日光で汗、だらだらでした(笑) でもそんなことがどーでもいいくらいいい景色を堪能できました! 窓は広いし、そーーーんなに高い所を飛ばないのでよく見えるし! 大して揺れなかったしる 本当にいい思いをしちゃった!nc_065写真はガラス越しであまりうまく写っていないけど、本当はもっと綺麗でした。海の青さ、それからグランドテール島(ヌメアのある一番大きな島)はニッケルの採れるところなんで地面が赤いなんてのがよーくわかりました。 着陸もとってもスムーズ。何にも無いがらーんとした所に滑走路が1つだけあって まぁまぁって感じのところでした。 着陸した後は島に住んでいる日本人のアルファの係りのおねえさんがお出迎え。 何故か島の新聞記者のおっちゃんが写真撮らせてくれと言うので、セスナの前で操縦者のおっちゃんと私ら3人で写真を撮ってもらいました。 何の記事にするんだ? まぁ載るかどうかも不明ですけどね。 一応もし載ったら新聞記事を送ってくださいるよう、おねえさんに頼んできました。(そうなんです。 なんと最後まで係りのおねーさんの名前、聞き損ねてしまいました。 失礼な奴だなぁ、私って)建物の中は通らず柵の間から外に出て、ホテルのバス(というかミニバン?)に乗ってホテルへ。手配してもらったホテルはホテル・コジューという所らしいです。 ほら、下調べしてないから、島のどの辺にあるのか、どんな所なのか そりゃー知らないって(笑) 後で見たらちゃんと地球の歩き方にも二つ星で載っていたから、いいんじゃないとでしょーか。5時過ぎにホテルに着いたのかな? 食事とか、あと島で何が楽しめるのかとかの基本的な説明をしてもらいました。 ホントは部屋に入ってじっくり計画を練りたかったのですが、実は係りのおねーさん、今日は本当は休みの日。休日出勤させてて、なおかつ残業させるなんてあんまりなんでホテルの受付のところで話を聞きながら 今夜の食事の予約とそれから明日・明後日のことを決定。 ツアーもいくつかあったけど、のんびりシュノーケリングをしようということで、明日はクト・カヌメラ湾へ行き、明後日はオロ湾のピッシンフ・ナチュレルってところに行くことにしました。 島にはタクシーが1台しかなく、レンタサイクルとかも坂があったりしてやめた方がいいというのでホテルの送迎を頼むことに。 食事は今晩は高いシーフード料理の他はビュッフェ しかないとのことなのでビュッフェを頼みました。
ホテルにある雑貨屋さんは地元の人も買いに来るらしい。つまり他にこのへんには店がないとのこと。 狭い店内にお菓子や飲み物、色んな雑貨など。でもお店の人、愛想なかったー ここでコーラと水とお菓子を買いました。お菓子はポテチとぱっと見カルビーのサッポロポテトバーベキュー味みたいなやつ。そして部屋へ。nc_085

うっ、まるで海の家みたい・・・ あ、でもちゃんとクーラーは付いているんだー よかったー テレビとベッドもダブルとシングル。シャワーに洗面台、トイレが一並びに。 ベッドの部屋とはカーテン1つで仕切ってあるだけです。でもまぁ 清潔感はあっていいかな? 押入れのような扉を開けるといつ使ったのかわかんないような毛布みたいな布団1つと鍵の無いセーフティボックス。 鍵を聞きに行ったら、まだあるファーの人がいらっしゃって、開かなくなると困るので貴重品はロビーの係りの人に預けて下さいとのことでした。 ひゃあ!
すぐそばにビーチがあり少し歩いてみるが うーん・・・たいした物じゃない感じ。ただ、夕日が水平線に沈むというので、それを見逃さないようにしよう!と思った。 流石に2日続けてあんまり寝ていないので、ちょっと仮眠を取る。7時からレストランはやってるってことなので行ってみたけど まだ全然準備できてなかった。 テーブルに部屋番号の札が置いてあるはずだけど無くて 勝手に置かせてもらった。 訳もわからず、オレンジジュースとリンゴジュースを頼み、ビュッフェの準備が整うのを待ちました。 サラダは4種類、ヤギのチーズを乗せた奴、クスクス、なんかホルモンっぽいやつ、野菜の千切り、それからメインは魚の上にトマトの薄切りを乗せて蒸した奴、ラム肉のピーマンや豆わ炒めてある奴、キュウリとナスの炒め物、ライスでした。 サラダをまず取ってきて ドレッシング掛けて一口。 ぐっ・・・これ、ねまってない? あ、ねまっているというのは腐っているって言う意味。 とにかく食えたもんじゃない! なのにたっぷり掛けてきてしまって・・・・ 掛けてない部分はクスクスだけ。 もーなんか悲しかったー 魚も肉もどーでもいい味。キュウリと奈須のはガーリックが強すぎてパス。パンも大して美味しくなくて あーあ。食事はホントだめでした。 少し離れたテーブルに日本人のカップルがいて、その人達に一応ドレッシングの話をしたの。 ほら、空港で知らずに通れない入国審査に並んでて時間のロスしたことがあったじゃなーい。でも彼女達は大丈夫そうでした。 やっぱ掛けすぎたのがダメだった? 彼女達は明日は体験ダイブするんだって。 このホテルの隣にはクニエ・スクーバー・センターというこの島唯一のダイビングサービスがあるんだそーな。彼女らはエスカルゴを食べていたみたいだけど、私らは同行人が絶対嫌!というのでイル・デ・パンなのにエスカルゴはなし。 明日は高いけどいっちょイセエビのグリル焼きを頼むことにしようかねーと思いました。 しかし味はどうだろう? ちなみにビュッフェは2900CFPでした。あ、デザートはリンゴのタルトとクリームブリュレとなんだろ?バニラムース?アイスクリーム?ホイップクリーム?とにかくグラスに入ったクリーム色のやつを食べました。 どれも美味しかったけど、全て あまっ! まぁ外国のスイーツは甘いのが当たり前らしいので 覚悟の上。 だからOKでした。
部屋に戻って絵葉書を数枚書きまして、サンタの切手を貼りました。シャワーを浴びてちゃんとお湯が出るのに安心(笑)ただ、ノズル部分がちょっと壊れてて あっちゃこっちゃに水が飛んでいくので、洗面台の前のほうまでびちょびちょなっちゃった。 朝になったら乾いていたけどね。 明日の下調べを手元にあるパンフなどでちらっとして、準備を済ませて、10時半ごろには眠りに付きました。 明日、いい日でありますよーに

じゃあね。


12/16 ヌメア in ニューカレドニア ランチ編

2人の外人観光客の対応をしているおばちゃんの他に新しいおねーさんが登場。 コーヒーをセットしたりしてたけどやっと私らに気付いてくれ(一応入ってきたとき挨拶はしたんだよ、ボンジュールって)隣に日本人の係りの人を呼びに行ってくれました。 係りの方が来て、「今イル・デ・パンに渡るため、飛行機を手配しているんですが、電話が繋がらないんです。もうしばらく待ってください」とのこと。 待ちましょう。だってそれしか他に方法無いのだもの。
そして とうとう今後の私らの行く末が決まりました。 一人当たり追加10.000CFPで、イル・デ・パンに同等の宿を押さえ、とても小さい飛行機ですが、16時出発でチャーターしたので 3時半ごろカサ・デル・ソルのホテルのロビーに迎えに来ますとのこと。 何はともあれ 異国の地で野宿にならなくて ほっ。 楽しみにしていたシュノーケリングも諦めずにすんだようです。 あー、よかった! 島の事は何も知らないけど、まぁ明日からのことは今夜にでも考えることにして、ヌメアを楽しむことにしました。
まずは11時までにホテルへ戻りチェックアウトをしなければなりません。時間があったので散歩がてら歩いてカサ・デル・ソルまで。チェックアウトといっても「チェックアウト」と言って鍵を返すだけ(笑)しかも、荷物はカウンター後ろの部屋に置いていていいらしく、名前札も何もつけず勝手に部屋に置かせてもらいました。大丈夫かいな?と多少の不安はあったものの、まぁ貴重品は持って行くから いいかー と。なんともおおらかですなー
そしてホテルの隣のシトロン湾ショッピングセンター内のAQUAという日本人夫婦が経営しているお土産やさんへ。ここのホームページはすっごーーーく役に立って、日本を出かける前に色々と情報を仕入れさせてもらいました。 合言葉を言うと安くしてくれるので最後に最新の合言葉を調べておこう!と思っていたのに、気付いたのは店に入ったとき。 あーあ、合言葉わかんないよー 残念! ここでまずウベアの石鹸を買って、旅行会社の冒険の島さんから頂いた券でTシャツを1枚頂きました。 立派な売り物のTシャツをただでいただけるなんて、バチが当たりそう。 帰国前にまた寄って買い物するからねー

それからまたバスに乗ってヌメア市内に。ランチはアルファーさんに予約の電話を入れてもらったLa Chaumiereっていうレストラン。 ここはディナーとランチ同じ料理でランチは1000CFP近く安いという 冒険の島さんおすすめのお店。
11時半からなのでバスを降りた後、適当に店を覗きながら時間調整して行きました。 ランチは1950CFPでした。地球の歩き方に載っている値段よりちょっと上がっていました。 そうそう、バス代もこの本には150CFPと載っていたから、とにかく全てに値上がりしているのかもね。 いくつも種類のある前菜・メイン・デザートから1つずつ選んでいくのですが、しっかり日本語の目にユーもあって 注文は楽でした。 私が牛肉のカルパッチョ、エビの炒め物ラタトゥイユ添え、そしてデザートは2種類のチョコレートムース。同行者はプリマ生ハム、420CFP追加してステーキ フライドポテト添え、ヌガーキャラメルアイスでした。その後240CFPでコーヒーまで。 最後コーヒーは来たのに同行者のデザートがなかなか出てこなくって(その頃は店の中は大繁盛!)ちょっとやきもぎしましたが、ちゃんと出てきて一安心。 でも そのアイスクリーム、ちっとも冷たくないの。めーーーいっぱい脂肪分が多いからかなぁ? いつも安いアイスしか食べていないので なんか油食べてる感じでした。 ムースの方は美味しかったです。
写真、撮ったの。撮ったけどいつも1口食べてから気付くという・・・ 狙ったように1口食べた後の写真です。 一挙公開!nc_031
nc_032
nc_033
nc_034
nc_035
nc_036
後は特に目標も無く ヌメアの市内をうろうろ。 面白そうなお店に入り、本屋で日本のコミックを見つけその値段にびっくりし、(確か1400とか1200とかそんな値段だった)、お土産のカレンダー(頼まれていた)や、現地から出すための絵葉書を数枚購入。ココティエ広場でミルクセーキとペットボトルのリプトンのアイスティー レッドを買いました。 アイスティーレッドは・・・何の味じゃ?よくわかんなかったです。 ミルクセーキはぬるくて・・・・ この国、パンは冷たく、飲み物やデザートは生ぬるいってのがすごく印象に残りました。 あと、全てにおいて火を通しすぎ。焼きすぎだよー 食べ物はやっぱ日本がいいなぁ。 ハガキを出すために郵便局を探し(朝市のすぐそばだったよ)丁度売り出していたクリスマスバージョンのサンタの切手を買いました。はがきだと110CFPだって。 うーん、本の情報だと100CFPだったぞー(笑)
ポストは黄色くて、国鳥のカグーが郵便局のマークになっています。日本では赤なのに、黄色ってやっぱりなんか変。まぁこれでこそ外国に来たって感じかな(笑)
2時頃バス停へ。 来た1番のバスに乗り、また200CFP払い、今度はホテルの1つ前のバス停で下車。そこから海辺に下りて、ビーチに寝転んで読書する人、泳ぐ子供づれの家族なんかを眺めながらホテルまで。 ビーチで読書って目に悪くないのかなぁ? サングラス掛けているから平気なの? 目が疲れて頭痛がしそ~と思っちゃいました。 残念ながらトップレスの美女にはお目にかかれませんでしたわ(笑)

じゃあね。

12/16ヌメア in ニューカレドニア 朝市うろうろ編

6時半に携帯が鳴り、一人目覚めた私。リビングのカーテンを空け外を見ると雲はあるけどなかなかのいい天気。 海岸沿いをジョギングしている人達もいて、昨日のあの雪は何?って感じ。 おー、南国だぜ! とにかく日差しがきついので、日焼けには細心の注意を!という忠告に従い 腕、足などに夏の終わりに買っていた「絶対焼かない!」の日焼け止めを塗りまくりました!服も着替えて、顔を塗る(化粧する)前に現地のテレビでも見てみよーかいのぅ、とテレビのスイッチを入れました。 ん?何このテレビの右下に見える5:55の数字は?・・・・ げーーーっ!今朝の5時55分たい! ちくしょー 同行者、1時間携帯の時間合わせミスっとるねー というわけでまたもや睡眠時間がめちゃ少な! 参ったなぁ・・・・ 45分後にアラームが鳴る様にセットしてまたベッドにもぐりこんだものの 寝れるわけも無く なんだかなぁ(笑) しかし、外を走っていた人、すごいよねー
改めて7時15分にホテルを出発。 すぐ前にバス停があるので バスに乗って街中まで出ることに。目指すは有名な朝市です。 バスを待つ間、日陰が恋しいことに感動。だって日本だったら寒くて少しでも日が当たるところに行きたがってたもんなー。7時半前にバスが来たので乗り込みました。乗り込むときに運転手さんに200CFP払うとカードをくれるので、それを機械に読み込ませて席に座るの。 一回一回カードを読み込ませるのって なんか面倒よねー まぁ どうでもいいけどさ。 事前に「マクドナルドが見えたらその次で降りるといい」という情報を地球の歩き方で仕入れていたので、無事降りることができました。nc_047
朝市はいくつかの建物があり、その中で野菜・果物・魚貝・おみやげ物を売ってるの。(写真は昼に撮っているので 市が終り閑散としているところです) そしてカフェがあってね、そこで朝食。 クロックムッシュとクロックマダムという名のホットサンドを食べたかったので何とか注文したものの、出てきたのが小さくてちょっとびっくりしました。 もっとでっかいのを想像していたので。 nc_021
それとカフェオレを頼んだのですが、同行者には事前に説明してなかったのでアイスコーヒーを頼もうとしてちょっと焦ってしまったよ(^^;) こっちはコーヒーを冷たくして飲むっていう感覚が無いってこと、説明してなかったのよ。 だから説明してもわかんないんだって。 緑茶に砂糖とミルク入れてのような感覚なのかねぇ? わかんないけどさ。 それで 本当はカフェオレとエスプレッソにしたかったのに 「ドゥカフェオレ」というのが精一杯でした。 っていうかー 行く前にあんなに頑張っていた(?))フランス語、結局メルシーとボンジュール、ボンソワール以外なんも使わなかったよー ウィさえ「はい」とか「OK」とか(笑) だって相手はフランス語しか喋らんぞ、って所長に言われまくってたのに、英語や日本語で話しかけてくるんで、頭がぼっ!となって全て吹っ飛んじゃった(笑) ま、いいかー 意思の疎通はなんとなく出来てたから。それに カフェで働いていたおねーさん、スタイルよくてきびきび働いていて、それを見ているだけで満足じゃったです。 親父か、私ゃ。
色々と見て回って、お土産にバレオを買おうとしたら、そこの綺麗なおねーさんも英語。 で、1600CFPなのに10000CFP札しかなくて、お釣りがないといわれ、崩すべくまたうろうろ。200CFPのおいしそーなチョコレートを見つけ それを1つ買ったの。 そたらお釣り、9700CFPしかくれなくて、説明するけどわかんなくて・・・ でもね、ここで活躍したのがダイソーCDで学ぶ会話シリーズ そのまま使えるフランス語会話100円のこの本に、「お釣りが違いますよ」っていうのがあったので そこを開いて見せたら間違いに気付き、恥ずかしそうに100CFPくれました。 かわいーおねえさんだったので 問題なし(笑) しかしいいぞー百均本! 役に立つじゃないかー
チョコレートは早速食べたけど おいしかったよー めっちゃ甘かったけどね。
同行者は赤いジュースを買いました。ざくろっぽい絵が描いてあるペットボトルだったのだけど、ただの砂糖水のごたーって言ってました。 飲んだけど、うん、不味かった。 おまけにあとで街中の雑貨屋で見たら120CFPくらいで売ってました。朝市のカフェでは確か210CFP。 朝市だから安いと思ったら大間違い。 やっぱり観光客目当てなのかなぁ 高かったです、色々と。もちろんそれに気付いたのはうろうろした後なのですけどね。果物とか綺麗ではありました。 ただ、リンゴとか買ってもなぁ・・・スイカも量が多そうだったし、生のライチも見かけたけど、もともとライチ嫌いだし(笑)、ココナッツも生がビニールに入って売っていたけど 持って帰るのは無理だろうし・・・とパレオ以外は買い物は無し。思ったよりスペースが狭かったので8時半にはバス停へ。 待っていたけどなかなか来ないので ロータリーより先に行って待とうとフラフラと歩いて行きまして、雑貨屋に入り「わーここのサンドイッチの方が大きくて安いじゃん!」「あ、さっきのジュース、半額近いじゃーん」なんて言いながら、変なキャンデーとアイスを購入。キャンデーは袋にはスターフルーツとかマンゴーみたいなトロピカルな雰囲気だったけど、帰国して食べたらゲロマズ!そういえば袋の縁取りは中華だよー これって八角の香り? とにかく食べれたものではなかったため、みんなに配りました。 なんちゅー奴>私ら まぁあの不味さは隣のねーちゃんにやるとき「テスト前にライバルに食べさせな」なんて言っちゃいたくなる不味さでした(笑) まぁ話の種には・・・なんない?
そんなこんなで何軒かうろうろしていたら乗らなきゃなんない1番のバスが来たので慌てて乗り込みました。朝乗ったバス停の2つ先まで乗って、アルファーインターナショナルのお客さまサロンへ着いたのは9時半すぎ。約束より早かったため フランス人のおばちゃんが客の相手をしていたけど こちらには見向きもしないので 仕方なくその辺のソファーに座って待ってました。
さぁ あたしらの今後の運命は! 今夜泊まる場所はあるのか!

じゃあね。

12/16 ヌメア inニューカレドニア 夜中編

さてさて、ショッキングな出来事はあったものの、とにかくニューカレにはいるのです。 これが日本を出る前に「ストなんで飛行機飛ばないよ~ 残念じゃったね」だったらどーしようもないけど、とにかく来ちゃったのです。 まぁ 旅先のアクシデントは楽しまな損!とめーいっぱい前向きに考えて 朝からの行動を・・・・うぇーん、立てられんたい、計画なんてさぁ!
とにかく ホテルの部屋はね、よかったよー 長期滞在型コンドミニアムなんですが、私らは1泊のみ。部屋は508です。でも日本でいう所の1階は0階なんで、(最初ロビーに行こうと1階を押したらいわゆる2階にエレベーターが止まったのであわてちゃった)6階になりますね、日本では。
部屋のドアを開けると まー綺麗! そして広~い!nc_007
ベッドルームにリビングそれにランドリールームに洗面・お風呂トイレ。 滞在型なので電子レンジにオーブンに家にも無い食器洗浄器は付いているし、冷蔵庫にトースター、コーヒーメーカー、乾燥機付きドラム式洗濯機、アイロン、アイロン台・・・・なんでもあるたい。 でもなーんも使わんだったけどね。 あ、冷蔵庫だけは水、入れたね。「でもシンクが狭いよねー」と悔し紛れ(?)に言ってみたけど「食器は機械で洗うけん 広くなくてもよかろうもん」と言われ あーそうよねーって感じ(笑)nc_008
そうそう、ベランダにもテーブル、椅子、デッキチェアー?なんかあって すごかったー 格安旅行なのでホテルとかは期待していなかった分、大満足でした。 折角なのでちょっと外に出てみようと荷物を置いて貴重品だけ持って出てみたのですが、すぐ隣のシトロン湾ショッピングセンターは飲むところしか開いていなくて(当たり前か)戻ってホテルの自動販売機でポテチとチョコとコーラを買って部屋へ戻りました。 なんだかシャワー浴びる気にもならず、かといって明日の計画も・・・ねぇ。 イル・デ・パンに行けるとして、知識としては昔、資生堂のCMに使われたらしい(所長が言ってた)、所長が新婚旅行だっけ?で行ってとっても綺麗なところだった、日本人観光客が多い・・・それくらいかなぁ? 離島でもマレ島以外は全く調べていなかったのよねー
予定では、朝6時過ぎに起きて、ヌメアの朝市に行き、朝食をそこでとって、夕方までヌメア市内をうろうろと歩き回るつもりだったの。 でもとにかく1回 こっちに戻ってこなきゃなんないみたいねー
考えても無駄なので、とにかく6時半に起きるよう、携帯のタイマーをセットして 就寝。 何時だったかな?2時かもうちょっと遅かった気がします。
じゃあね。

2005/12/15

12/15福岡から関空へ そして機内の人となる

朝、外を見て真っ白だったらどーしよーと思っていましたが、ちょっと屋根が白くなっている程度でした。よかったー
7時過ぎに弟の部屋を出ました。 彼は今日は夕方からの勤務。 また寝てね~と言って出てきたのに、予約していた駐車場の地図が見つからず、弟に電話してネットで場所を調べてもらい、ナビを見ながら駐車場へ。起こしてすまんかったのー
着いてみると予約のリストに載ってなくてちょっと焦りました。でも印刷していたインターネットの割引クーポンがあり(実はそれは地図だった。 あれ?さっき見つからなかったはずなのに(笑))予定通り1日800円ので5日間、預かってもらえました。 4000円。うーん・・・しゃーないか。
飛行機は8時30分の全日空1702便。 ほら、めったに飛行機なんて乗り物に乗らない人じゃない、私って。旅行会社から送ってきたチケットを自動チェックイン機に通そうとしたりチンプンカンなことをしたけど、無事受付できて、2階のロビーへ。 手荷物検査でペットボトルとか調べられるのにはびっくりしました。このペットボトルも弟の部屋にあったものです。ゴミ捨てるのが面倒なんでペットボトル飲むのが嫌なんだと言ってくれたのでした。そうそう、あのゲートをくぐる時に「フリーダム!」(byインパルス)と叫びたくてうずうずしました(笑)
朝ごはんにおにぎりを買って食べました。 ここで、ちょっとショックなことがあり、一瞬ブルーな気持に・・・・・ まぁ寝耳に水ほどではなく少しは覚悟していたことだったので、諦めて気持を前向きに切り替えました。
飛行機に乗るのはいつぶり? 多分2003年の3月に沖縄に行ったときぶりです。 席は20のDとE。私は通路側のDに座り、同行者がEに。その隣には金髪の綺麗なおねーさんが乗っていて、なかなか幸先いい感じでした(何賀だ?) 機内では飲み物のサービスがあったのですが、チャイを頼んでおいしかったです。 シナモン入っていなくてよかったーーー関空には予定通り9時半に到着しました。 荷物を取って国際線カウンターへ。 荷物っていってもでっかめのスポーツバックが1つだけ。あとは手荷物として1000円で昔買ったリュックかな。 それでもシュノーケリング用品が入っているので私らにとっては大荷物でした。チェックインの時、窓側を希望したら取れたのでラッキー その後 保安検査のため行列に並びました。 普段、田舎に住んでいると滅多に並ぶなんて事ないので、行列にうんざり。まぁ多分平日な分、短い行列だったんでしょうけどね。 待っている間に会社に電話。私の代わりに事務に来てくださってる方にご挨拶。監査は入っていませんでした。
関空は初めてなんですが、シャトルに乗って搭乗口のある建物に移動するなんて ひゃ~でした。 で、寒い日本から暑い国に行くのに冬服は邪魔だよなーと、捨てる予定だった古いトレーナー、300円で買ったジャージ素材のワンピース、飛行場で脱ぎ捨てる予定だったのですが、捨てたのはトレーナーだけ。結局ワンピースの方はそのまま着て行き、帰りも関空から着て帰りました。 しばらくは普段着として着ちゃおうと思ってます(笑)
11時10分過ぎに飛行機に乗り込みました。席は36のAB。でも乗り込んで飛び立つまで40分くらいかかるんですねー 飛行機って時間かかるんだー まぁ移動する距離を考えると、車や電車で行こうとしたら・・・ 比べ物にならないほど早いですけどね。 もちろんエコノミーなので前の座席の後ろに付いているモニターで早速映画を見ました。やっていたのはいくつもあったのですが、私がわかる範囲では、 「アイランド」「Mr.&Mrs.スミス」「マダガスカル」「わんわん物語」「電車男」かな? スミスはこの前映画館で見たので、 『アイランド』を見ることに。 コーラとあられ(和風なお菓子だなぁ)をもらって飲み食いしながら見ました。途中食事になったりして見逃したシーンもあったものの、日本語吹き替え版だったので十分堪能できました。(感想は12/20にアップ)
楽しみにしていた機内食。 チキンorフィッシュ?と聞かれるかと思ったけど、結構日本語だったし、乗務員のおねえさんも日本人がいたので 何の苦労もなし。 というよりメニューがはさんであったのでした。ちなみに「七面鳥と野菜のパストラミール・豚肉のストロガノフソース添え、ライスorスズキのおろし身、トマトソース、バジリコとフェトチーネ・チーズ・チョコレートケーキ・コーヒー、紅茶、ハーブティ」でした。豚肉と紅茶をチョイス。 周りの人もみんな豚だったので、スズキはどんなのかわかんなかったです。nc_004
食べ終わって、映画も見終わったらすこーし頭が痛くなってきたので、持参していたロキソニンを飲みました。色々と薬も持っていたったけど、結局飲んだのはロキソニン2錠とキャベジン2錠のみ。 よかった、よかった。本も 読んだ先で捨ててこようとわざわざ100円で古本買ったものの、映画見たりしてたらほとんど読まなかったためそれも持ち帰ってしまいました。 ゲームとかもあって、次回もし海外旅行に行くとしても本は必要ないなぁと思いました。
同行者の腕時計を2時間進めて、私のは手動で時間を合わせるのは面倒なので(というかやり方、わかんない。説明書読んでないしー)そのまま。2時間足せばいいだけなので いいかな、とね。
現地時間の22時15分、とうとうニューカレドニアのトントゥータ国際空港へ到着です!わーい、わーい!やってきたぞ~
飛行機を降りてみるとやっぱり暖かいです。 でも服はそのまま。暑い分は結構我慢できるのさ。
入国審査のため並ばなければならなかったのですが、しっかり漢字で「居住者」「非居住者」と書いてあったので自信を持って短い列の所に並んでいたのですが・・・・・ なんか前の日本人の数人が列を移っていきました。 ん?なんだろ? 同じツアーの人達? とか思ってたけど そのまま気にせず進んでいって、やっと順番が回ってきて係りのおにーちゃんにパスポートを見せたら・・・・「ソーリー、ソーリー」と言いながら手でバッテンを作っているじゃ~あーりませんか。 なんじゃそりゃ? 何処にもここのカウンターは日本人ダメって書いてないじゃん! 「居住者」が2つ、残り6つくらいは「非居住者」となっていたのに 結局また別の列に並びなおしました。 まぁ 無事ニューカレに着いたから いいかー と思いながらね。 今度の係りのおねーちゃんは「お元気ですか?」なんて日本語で話しかけてくれて、スムーズに通過しちゃいました。 おー、フランス語しかダメかと思っていたけど、日本語通じるじゃん(笑)
それから 同行者は両替に、私は荷物が出てくるのを待ってました。 3万円両替したのですが、換算レートが0.800641。それがいいのか悪いのかもわかんない算数苦手の私ですが、それに手数料を520XPF取られて、手元に来たのは23499XPF(フレンチ・パシフィック・フラン)でございました。 なーんかすっごく損した気分(笑)ま、大抵はクレジットカードを使うつもりだったので いいか、これで、とたいぎゃないい加減な私らでありました。
荷物を受け取り、空港の建物を出ると 日本人の女の人がいて、現地旅行会社のアルファーインターナショナルの場所を教えてもらい その年末大売出しの抽選場のような所へ行きました。
そこに最大のショックが私らを待ち構えていたのです!!!!!

係りのおねーさんに「冒険の島(旅行会社の名前)のこりです」と告げると 日程の確認書を取り出したおねーさん、なんか変なこと言ってます。「実はパイロットのストでマレ島に飛行機が飛ばないのです。明日もあさっても無理みたいで・・・・・」 えーと、この人は何を言っているのかな?ってのが最初に浮かんだこと。 へ? ん? スト? 飛ばない? ええええええええーーーーーーーーっ!あたしゃこの数ヶ月、ずっとずっとマレ島のこと調べて、準備万端にしてきたのに~ なんちこっだい! おだましらーん! でした。手元の「日程の確認書」と書かれた紙にも宿泊施設の「ネンゴネビラージュホテル バンガロールーム 12月16日~12月18日」の欄は力強い線で削除してあるよ・・・・・ 頭は真っ白、力は抜けまくりでした。
「じゃあ 私らはどこへ?」 「ヌメアがよいですが?それともイル・デ・パンならなんとかなるかもしれないのですが・・・」とのことだったので、「是非イル・デ・パンでお願いします」と言って渡されたミネラルウォーター2本握り締め指示されたバスに乗り込みました。
ホテルに運ばれていく旅行者達が揃って バスは発車したものの、バスのマイクもいきなり壊れたらしく、係りのおねーさんが声を張り上げ色々と説明しています。 でもあたしゃ次第に泣きそうな気分になってきて 話もよーと聞いとらんだったです。23時半ごろ空港を出て、ヌメアのホテルカサ・デル・ソル着いたのは16日の0時25分ごろでした。ただ 「明日の9時過ぎにこれからの事をホテルに連絡します」ってことだったけど、そうなると朝市に行ってまたすぐ帰ってとあわただしくなるので、明日の10時ごろアルファーの事務所を訪ねますと伝えて、ホテルにチェックイン。
ということで 15日はおしまい。
じゃあね

2005/12/14

12/14まずは福岡へ

晩御飯、そしてお風呂を済ませ、夜の10時50分にお家をカローラ2で出発。松橋ICから高速に乗り、太宰府ICで降り、弟のアパートに着いたのは大体0時40分。あ、もう15日か(笑) 車はすぐ近くのダイエーの24時間パーキングへ。 その頃は雪が舞っていました! 寒いよ~
弟の部屋は思っていたより広く、ぺっちゃんこの煎餅布団に、大丈夫だろうか?と思うような枕、そして家から持参した羽根布団で寝ました。 エアコンが効いていたので寒くはなかったです。 さっさと寝るつもりがBSでこの前見損ねたNHK杯の男子シングルとかやっていて、ついつい見ちゃったり、新しいDVDやらハードやらに録れるデッキに入ったアニメやらを見たりしていたら あーらもう3時たーい って感じでした。
会社の飲み会の景品で貰ったというゲームキューブの阪神タイガーズ2003年優勝記念限定モデル(ユニフォーム付き)となんかのソフトを貰ってしまいました。 欲しかったわけではないけど ラッキー(笑)
なんさま寝らんば、明日は6時半起きばい、という訳で3時過ぎに多分就寝。

続く・・・

12/14いよいよ明日は・・・

いよいよ明日からニューカレドニアだぁ!
しっかし 今日も寒かったです。 明日も寒いようなので、今夜から出かけます。 福岡空港のそばに住む弟の所に前泊させてもらうのだー あ、羽根布団、袋に詰めて持っていかなくっちゃ! あと コンタクトにサングラスに・・・と最後の荷物を詰めなきゃな。
という訳で19日に帰国するまでここの更新はできません。 無事に行って、帰ってこれますように!でもなんだか天気があんまりよくなさそう・・・・ お願い、いい天気になって!

じゃあね。

2005/12/13

12/13「六番目の小夜子」

『六番目の小夜子』(恩田陸著 新潮文庫)を読み終わりました。今度の旅行に持っていく本を探していて、100円で古本で出ていたので買ってきたのです。 恩田さんのデビュー作でもあり、以前読んだ『図書館の海』という話がこの本の番外編になるらしく、是非本編をと思っていたのです。面白かったけど、薄気味悪くてちょっとブルブルって感じでした。 結局サヨコは誰と誰とそして誰? いや その答えはあったけど、加藤は何におびえたの?あの学園祭の出来事は本当に自然現象? あぁ でもなんだか受験勉強すらも懐かしい感じでした。 そうだね、学校ってすごーく特殊な所だよね。 閉鎖的な空間。でも恩田さんの学園物を読んでいると、もう一度学生になってもいいかなぁなんて気がしてきます。 単に私が年取ったせいなのかな?

さて、今日は事務研で熊本市内に行きました。 昼ごはんははなまるうどんでごぼううどん。200円なり。それにおにぎりでした。 でも夜は とく一というところで忘年会。 飲まない分出てくる品を片っ端から片付けていくため、私のテーブルの前はいつもすっきり(笑) としかし左隣は支社長、右隣は業務課長・・・・まぁ 気にしないでエンタの神様やら、アーチェリーの話やらで楽しく過ごせました。 ビンゴ大会があり、今回の商品はお菓子! 一番はゴディバのチョコレート。 私はなっかなかビンゴにならなくてねーー みおちゃんは結構早く当たり(3番目?4番目?)ジェラール・ミュロのデコレーションケーキ。 苺がたっぷりで、ホワイトチョコが美味しくて・・・・ってその場で開けさせて、みんなで食い荒らしいしまったのです! 本当に幸せな気分満喫。 きっときっとみおちゃんにはいーーーいことがあるよ、こんなにみんなを幸せにしたんだからさ! 私はやっぱりジェラール・ミュロのパレとかいうパウンドケーキ。augs_108
しっかり家に持って帰ってきちゃったよ。 そうそう、業務課長の賞品だったメリーのチョコレートまで頂いちゃった。 らっきー
今日も冷え込みがきつく、帰りは大丈夫か心配でしたが、なんとか無事に(笑)帰ってきました。 明日も寒そう・・・・
じゃあね

2005/12/12

12/12「エンジェル・ハート」

先日届いたbk1の中から朝のちゃりんこ漕ぎ時に読んだのが『エンジェル・ハート』17巻(北条司)でした。 運命を変えるって話もよかったけど、それ以上にファルコンとミキちゃんの話がええわぁ。 次巻もとっても楽しみです。


またまた寒くなりました。 今日は営業所の忘年会があり、支社からも人が来ていたのですが、その人が「九州は冬でもコートが要らないと思っていた」と言って震えておりました。 多分今日は最高気温10度切ったのではないかな? あー、やだやだ! ちなみに出勤時の車の外温計は5度でした。 そーそー、本当はカローラで行きたかったのにちょっとタイミングがずれてB4で行ったら、忘年会の帰り、後ろをぶつけてしまいました。 バックしていたら ぐわっしゃーというひどい音! もーぐらりしたばい。(がっかりしたよ) コンクリートで出来た円柱にぶつけたのさ。途中のコンビニで車を停め、おそるおそる見てみたら思ったほどへこんでなくてほっとしました。 あー もう本当にがっかり。 あ、でも言っておきますが アルコールはまーーーーったく口にしておりません。 なんてったって乾杯はジンジャーエール、その後はお茶をすすりつつ、ひたすら食べる人でしたので。 もともとお酒が飲めないので 宴会時は元を取るべく食に走る人なのです(笑) あ、もうちょっとしたらガスぴたんば飲んどこーっと(笑)
明日は支社の忘年会。 また食べるぞー でも帰りのホームは寒いだろうなー 考えると憂鬱です。まぁそれ以外は楽しみなんだけどね。 電車だと本も読めるし。 昼はみおちゃんとランチできればいいなぁ。 彼女は忙しいと言っていたから ちょっと心配なのであった。

じゃあね

2005/12/11

12/11「グロコス」

前から読みたかった『グロコス』1~4巻(たなか亜紀夫)、4巻まで買い揃える事が出来たので一気に読みました。 うーん、よかったけど、シセがフリー・ダイビングからノー・リミッツに移ってしまったのが残念。最後までマスター・クロードの元であの光に届いてほしかったです。 でもラストのもって行き方は、なかなかよかったですね。 本屋で1巻を手にして立ち読みした時は久しぶりに「迷走王ボーダー」を読み返した後だったので、「おー、たなか亜紀夫だーー」と感動したのです。久しぶりにこの人の本見た気がして。
この本、表紙がブルーで綺麗。んで、タイトルが銀色で、最後の「S」っていう字がカッコいいです。

今日は化粧したくなかったので、外に出たくなかった。けど、図書館に本だけ返しに行きました。で、夜は凝りもせずジョイフルへ(笑) たいして混んでいなかったのに、20分も料理が出てくるのにかかったのには参ったなぁ。 まぁ安いんだから、ゴミが出ないんだから(弁当を買って帰るとゴミが出るでしょ)と 自分を納得させまして 帰ってまいりました。

明日から仕事、とはいえ明日は営業所の忘年会、明後日は支社の忘年会・・・・ねぇ どう思う?(笑)

じゃあね

2005/12/10

12/10「シルヴィ・ギエム『最後のボレロ』」

見てきた!見てきた! シルヴィ・ギエム「最後の『ボレロ』」たーーーーいぎゃなよかったです!
東京バレエ団との全国縦断公演と一緒だったのです。で、まず東京バレエ団のギリシャの踊り。上半身裸の男性のダンサーと、レオタード姿の女性がいーっぱい出てきて踊ってました。 席がね、前から18列目で、左の端っこの方だったのですが、斜め前で丁度ステージの中央に視線が行く所の席のおねーさんの頭が邪魔で邪魔で! 1つずれていたら小さな子供だったので(バレエを習っているような小学生ぐらいの子も多かった)よく見えたのにーーー残念! 座席、もうちょっと斜面に作ってあったらなぁ。 ライブとかならどーせ立つのでどうでもいいけど、座って見る分には困った物です。 いつも行ってるダイヤモンドシティの東宝8(映画館)の座席がすごーーーくいいんだなぁと改めて思いました。で、15分の休憩の後、Twoという5分くらいの短い踊りをシルヴィ・ギエムが。 いやーーーーーびっくり! 違うの! すっごーーーく綺麗で、なめらかで 艶かしくて・・・・ ほとんど手と腕だけでその場から動かない感じだったのですが、すごーくよかったです。 ほぉ~となっちゃいました。 で、その次がドン・ジョヴァンニ東京バレエ団の女性がたっぷり出てきました。 それから15分の休憩。 電気がついた途端、そっこートイレへ! 我慢していたわけではないの、ただね 混むと思って。 すんなりトイレに入って出てみたら ずらーーっと、それこそトイレからロビー横切って階段まで行列が出来ていました。うわーっと思いながら歩いていたらもう少しで男子トイレに入って行くとこだったよ(^^;) 恥ずかしかったー(笑) で、最後の演目がシルヴィ・ギエムと東京バレエ団による「ボレロ」
静かに音楽が流れ出し、シルヴィの手にスポットが当たり・・・・・始ったの。 こ、これよぉ~私が見たかったボレロは! あの、 「愛と哀しみのボレロ」の冒頭とラストの ジョルジュ・ドンのボレロだぁーーー あの舞台だぁ~ 勿論全部同じではなかったし、男と女だし、それよりなにより私がそんなバレエについて語れるほど知識もなんも持ってないのだけど、でも見ていて涙が出てくるほど感動しちゃいました! 高い金出して見に行ってよかったーーー 幸せだよ、あたしゃ。 そうそう、席もね、実はとうとう左側には誰も来なかったの。 で1席空いていたのね。 その隣は高校生のカップル。 学ラン姿のおにーちゃんだったのだ。 ボレロが始っても人が来なければ席を移っちゃうかなぁ なんて思っていたのですが、おにーちゃんに怪しいおねーさん(^◇^;)☆\バキッと思われるのもなんなんで、席に乗り出して見るにとどめました(^^;) 私の後ろの席の人、頭動かしてばっかりいて ゴメンなさい。
終わった後は何度も何度もカーテンコール。 沢山の人が立って拍手していました。 あたしも立ちました。
あー、よかった。 いい一日でした。

いい一日といえば へへ、腕時計買っちゃった。 私の一番は「手荒でも壊れないこと!」なので最初からGショック狙いです。 今使っているのはベビーGなのですが、すっごーく汚れまくってます。薄汚ねぇって感じ。買ったのはG-msです。 ネットで買ったの。はめてみたら重かったです。でも綺麗。えへへです。 一応シュノーケリングならはめっぱなしでもOKぐらいの防水です。 あ、そうそう、太陽電池に電波時計。頑張ったじゃんって
augs_001

じゃあね。

2005/12/09

12/9「天空聖龍」「魁!クロマティ高校」「JIN」

朝のちゃりんこ漕ぎ時読んだのが『天空聖龍~イノセント・ドラゴン~』1巻(山口美由紀)『魁!クロマティ高校危機一髪編』15巻(野中英次)です。 山口さんのマンガは花とゆめを買っていた頃から割と好きだったの。彼女の絵と舞台が好き。花ゆめを買わなくなって随分たちますが、たまにはいいもんだなぁ。 まだ1巻だけど、話自体はなんとなく1話完結っぽくて 朝にはぴったりです。2つの話が入っていた感じでしたので。 それからクロマティの方は随分前に家に届いていたのに最初の2ページくらいで読むのが止まっちゃってたので 今日改めて一気に読みました。 ってうそーーー 今気づいた! まだ半分じゃん、読み終わってるの! 私もほんとマジで危ない気がする。 朝の事を完全に忘れているんだ・・・・ 自分で情なくなるよトホホ
まぁ気を取り直して、今から続きを読もう! で、読み終わったら『JINー仁ー』5巻(村上もとか)も読みます。 これ、面白いけどなかなか続きが出なくてさぁ。 あ、前の話を覚えているんだろうか? 私の頭は・・・・・

天空聖竜 1
山口 美由紀
JIN 第5巻
村上 もとか著 / 酒井 シヅ監修 / 富田 泰彦監修 / 大庭 邦彦監修

明日は待ちに待っていたシルヴィ・ギエム「最後のボレロ」を見に行きます。 チケットをいつ買ったかわかんないくらい待ってたよ。本当に見に行く時が来たのがウソのようです(笑)ちょっと前まで、「バレエを見に行くときはあのスカートとそれからあのコートを着て行きたいけど、(暖かい格好すぎて)バカみたいじゃないかしら?」と心配していたのに、ここんところの冷え込みでバカでも何でもなくなったです。 嬉しい気持もあるものの、やっぱり寒いのは嫌だなぁ・・・・ まぁ とにかくじっくり見てきます。

じゃあね

2005/12/08

12/8「史上最大の殺戮ゲーム 前編」

つい先日見た気がしますが、今日もまた スタートレック・ヴォイジャーを見ました。今日未明に放送された分です。 こんなにすぐ見るのは初めてじゃない?
今週は第86話『史上最大の殺戮ゲーム 前編でした。
後編ってのは つらいなぁ・・・続きが気になっちゃうから! 特に今回は来週旅行に行くので、見られるのはサ清秋になっちゃう! きゃー 覚えていられるかしら?このトリ頭で!
でも話は面白かったです。 スタトレお得意のホロデッキもの。 というか、私が好きなホロデッキ物ですね。 でも今回のはそのホロデッキを仕切っているのがあのピロージェン達ってのが まぁびっくり! 冒頭のシーンでクリンゴンが争っているのを見て、「お、ホロデッキだ!」とは思ったものの、名前が出てくるまでクリンゴンの女が艦長だとは気付きませんでした(^^;) ベラナじゃないのはわかったけどね。 おもわず巻き戻して 「おぉ!艦長だー」って感じでした。 注意力の無い私ねぇ。 あと、第2ホロデッキのドイツ軍占領下のパリ(付近?)、時代的には好きではないのだけど、いつものメンバーのコスプレは楽しかったです。 セブンが髪を下ろして歌姫やってるシーンなんて、ホロデッキじゃないと見れないでしょ! ベラナの妊婦姿もしっかり拝めました。 あ、でも歌姫のセブンよりソックス姿のセブンの方がより珍しい感じがしました。 しかし、ヴォイジャーが占領されてるなんて、悲しいわぁ。 キム、ドクター 頑張ってくれ~~ ですね。 続きがホント楽しみです。

今朝は洗濯したり、文鳥のの世話をしていたらチャリンコ漕ぐ時間がなくなってしまい、サボっちゃいました。 明日は頑張らねば! bk1から何冊か届いたので、明日はその本を読みながらにしようかなー
そうそう、届いたといえばニューカレドニア行きの航空券も届きました。 うーん、本当に行くんだぁ。 わくわくですよ、ホント。でも 気になるのは日本での温度。あっちは30度前後あるのに、福岡の最低気温の予想は0度! 泣きそうです。 やっぱり弟の部屋に泊めてもらうしかないなー あーあ、彼のアパートが松山時代の広さがあればなぁ。 福岡のアパートはめっちゃ狭いんだよねー いざとなったら流しの前とかとにかくあいてる所に横にならせて貰おう(笑)

じゃあね。

2005/12/07

12/7「ねじの回転」

月曜から『ねじの時間』(恩田陸著 集英社)を読んでいまして、今日読み終わりました。
時間物のSF。私の好きな分野なのに今まで手が出なかったのは時代が2.26事件だったから。でも読み出したら大丈夫だった。 この前の「空の境界」みたいにあっちこっち行ったり、語りが色々と変わっていくのにちっとも不快に思わなかった。 現金なものだよねー(笑)
最後の章なんてニマッてしたねー 結局マツモトが過去に残るって事も正しい歴史だったんだね、って感じでね。 でもどれが正しい歴史ってのはホント確定なんて出来ないと思うんだ。 それこそ何度もやり直しをする歴史ってのはついこの前読んだアシモフの「永遠の終り」だよねー 歴史に手を加えるのはやっぱり無しがいいと思うな。不確定な歴史は怖いと思う。 後悔しようが、やっぱり この瞬間はただ一瞬って思って生きていかないとダメなんじゃないかな?逆上がりのシーンや鳩のシーンが何処に繋がんのか???のまま読み進んだけど、まさか逆上がりが出来なかったために歴史が狂いそうになり、できる様になるため自信が過去に戻ったり・・・ん?本人が本人に会ってもよかったっけ? まぁ時間のパラドックスっちゅーもんは実証出来ないんだから 色々なパターンがあってもいいたいね。
しかし、2.26事件か・・・ 「暁の円卓」を読んだせいでただ、歴史の時間に習ったときよりもまだちょっと興味があるかな? 陛下はどんな風にとらえたんだろう?とかね。

うん、恩田陸はやっぱ好き。まだまだよんでいない本が図書館にあるので これからも楽しみです。 新刊コーナーにも1冊あったけど、上巻だったので手を出すのをとめたの。 下巻が出てから借りるつもりです。

ねじの回転
恩田 陸著

しかし、寒い! 寒さゆえに肩の凝りが酷くて、酷くて! さっきマッサージ器に座ってきたけど またすでに凝ってます。今度はアンメルツのホットパックを肩に乗っけているのだ。 気持い~
9時過ぎたら風呂に入って とっとと寝ちゃおうかなぁ。 起きてると灯油や電気、消費するばっかりだもんねー。
じゃあね。

2005/12/06

12/6「空想動物ものがたり」

まだ読みかけなのですが、 『空想動物ものがたり』(マーグリット・メイヨー再話 岩波書店)を図書館から借りてきて読んでいます。絵本みたいなサイズで、ペガサスやキマイラ、人魚にユニコーン、サンダーバードなどの伝説上の動物をギリシア神話やイングランドでのかたり、ヨーロッパにつたわるものがたり、そして北アメリカ先住民の話 などとして載っているの。 知っているようで知らないそんな話です。

空想動物ものがたり
マーグリット・メイヨー再話 / ジェイン・レイ絵 / 百々 佑利子訳

今日もまた寒かったです。 今、ちょっぴり喉が痛い感じ。 やだなぁ。とにかく10日後に迫った旅行から帰るまで元気で、そしてアクシデント無く過ごしたい!と切望しています。すごーく眠いけどお風呂の準備しなくっちゃ。いつもする係りの人が今日は病気で寝込んでます。おかげでいつもやんないご飯炊きに洗濯物たたみ、風呂の準備と仕事が増えちゃったよ(笑) まぁ会社が暇だったから家でくらい働こうかー

じゃあね。

2005/12/05

12/5「呼び起こされた記憶の悲劇」

先週末映画に行ったりした為、先週のスタートレックを見る暇が無くて、やっと今日見ました。 第85話『呼び起こされた記憶の悲劇』です。 今回の主役はセブンオブナイン、そしてドクター。 冒頭の部分でセブンがコーヴィンを殴り倒したシーンの後、今回のタイトルを見て、ぶつけどころが悪くてコーヴィンの記憶のどこかが壊れてしまい、ソレが武器のなんたらかんたらかなぁ?と一瞬で想像したのですが、まーーーーったく違っていました(^^;)
うーん、ドクターが先走りすぎましたね。 もちろん双方にそういう気は無かったと思うけど、うまーくセブンが都合の言いようにドクターに誘導尋問されちゃったって感じでした。 私も最後までコーヴィンが悪いって思ってましたから。
そう考えるとやっぱトゥボックは偉い! ラストシーンでドクターが自分をリセットしてほしいみたいなことを艦長に申し出て、艦長は却下するのですが、それがなんか「あたしら嫌な思い出持ち続けて、あんたばっかに楽はさせないわよ!」っていう感じもちらっとして、ちょっぴり意地悪ばーさんに見えてしまいました。 そういえばジェンウェンもだんだん年取ってきたよね、なんてね。 ゆっとぼちぼち新しい髪形に慣れてきたかな? 私的には昔のポンパドゥール風の髪型が結構好きだったのよね。
なんとなく後味の悪いエピソードでした。

うーーーー!寒くなったっす! 出勤時遠くの山を眺めると雪が! うー、ぶるぶる。ちらーっと平地でも雪が舞った気もします。 やだなーーー 会社の事務室もとうとう暖房を入れました。 今までは足元のヒーターだけで我慢していたんですけどね。もう限界。 自転車でお出かけするのにも皮のコートに手袋、帽子(笑) あーあ、早く春が、夏が来ないかなぁ(笑)
で、一番の心配は来週福岡空港に行くとき高速が使えなかったらどーしよう!ってこと。今日、熊本-八代間は朝通行止めだったそうで・・・・・ こ、こわーーい。 もし高速使えなかったら、何時間かかる? 朝から行って間に合う? すっげー困ったなぁ。 弟に泊まらせてもらえないか交渉してみなくっちゃ! 布団持参するけんさ。

じゃあね

2005/12/04

12/4「Mr.&Mrs.スミス」

朝一番(10:25)の上映で『Mr.&Mrs.スミス』を見てきました。 期待通り、面白かったです。
ブラピとアンジェリーナ・ジョリーが凄腕の暗殺者であることをお互いに隠して結婚生活を送っているっていう設定、なかなかいいじゃん。 ただ、ラストがね、なんであれでいいんだろ? それが不満といえば不満。 でもこのまま行くと末はスパイ・キッズみたいな一家になるのかしらね? 楽しみ。
しかし、アンジェリーナの唇はすごいなー きっと他の人より口紅の減りが早いよなぁ なんてくだらないことを思いながら見ていました(^^;) 彼女の一番の部下のおねーちゃん、綺麗だったなぁと思いました。 それに引き換えブラピのマザコンの友達のほうはちょっとたよりなーい感じ。まぁ そういう設定なんだろうけどね。 しかしどーしても最後が納得できないなぁ・・・・ まぁ 深く考えなきゃいいんだろうけどね。 折角なので第2弾、3弾も出来ればいいかもね。DVDが出たら買ってもいいなぁと思いました。

その後は北新地 鳥屋でお昼。なかなか美味しかったです。 で、一旦家に戻り、久しぶりにゆめタウン光の森へ。出来た頃はよく行ったけど、その後色々なモールが出来たので久しぶりに行きました。 が、あんまりぱっとしなかったなぁ。 もうしばーらくは行かなくていいかも。 やっぱクレアかバリューが無難かなぁと思いました。 で、軽食を取った後、また家族風呂温泉へ。 きしゃぽっぽってところに行ったの。 2回目です、ここを利用するのは。50分で1100円。 洗い場がめちゃくちゃ広くて、着替える所もめちゃ広くストーブも置いてあるけど 寒いんだよなぁ。まぁ お湯は気持ちよくて 満足です。augs
帰りに今度はダイヤモンドシティ・バリューにちらっと寄って、帰り着いたのは 9時半ごろ? 勘でNHK杯の予約を入れて行っていたらまーーったく放送時間が違っていて男子シングルスは見ることが出来ませんでした。とほほだよ。 エキシビジョンが見れただけましかな? 11日に総集編があるんだっけ? 見逃さないよう気をつけなくっちゃ!

明日から仕事。寒くなったので嫌だなぁ・・・
じゃあね。

12/3「ザ・インタープリター」

3日の夜に借りていたDVD『ザ・インタープリター』を見ました。 ニコール・キットマンとショーン・ペンが出ている奴です。 国連で通訳をしているシルヴィア(ニコール・キットマン)が偶然アフリカの国の大統領暗殺事件予告を聞いてしまい、シークレットサービスのショーン・ペンらが絡んで物語りは進んでいくの。
しかし、全体を通して声が小さくて、話もなかなか複雑でというか、人物を見分けられないアホな私だったので余計わかりにくかったのかな? 途中まで最初に出てきたカメラマンとショーン・ペンが同じ人だと思ってた、全然違うのにさ。 ささやき声というかぼそぼそ喋りばっかりに思えたのは、最後の方で本に書いてあったあの文章のためかなぁ?なんても思っちゃいました。
とはいえ 見終わった後はなかなか満足。 DVD特典でもう1つのラストシーンがあったけど、私はそっちの方が好きかもしれません。
しかし、ニコール・キットマンは綺麗だなぁ・・・・ うっとりしちゃうよ。ショーン・ペンも嫌いではないので、なかなか。国連本部の庭?それとも近くの公園? 綺麗だったなぁ。行って見たいと思いました。 語学ダメダメな私には同時通訳とかできる人ってホントに憧れちゃいますなぁ。 私にかろうじてできるのは 多分なまり亭のお国言葉を標準語に・・・くらい? いやそれも多分イントネーションで先生にチンチン鳴らされまくるのでしょうね(笑)

じゃあね。

12/3「NHK杯」と「銀のロマンチック・・・わはは」

今年もやってきました、NHK杯国際フィギュアスケート !ホントは昨日からだったんだけどね(^^;)最近はグランプリシリーズのひとつになったため以前のようにオリンピック並に出場選手が揃うことはなくなったのがちと寂しいけど、でも好きなんだなぁ、みるの。今年は女子のシングルの優勝は中野友加里選手でしたね。肌がとっても綺麗で、笑顔がよかったです。 村主章枝選手も2位になって凄いです! 安藤美姫選手は残念だったけど、グランプリファイナルに出れるからいいよねー すげー 今年のグランプリファイナルは3人も日本人の女子が出るってことで、楽しみです。 3位のウクライナのエレーナ・リアシェンコ選手。この人はほんと長く活躍してますねー なかなか好きな選手の一人なのだ。
で、NKH杯といえばこれ『銀のロマンティック・・・わはは』(川原 泉)。これを読まなきゃねぇ。
という訳で読み返したのですが、もちろんラストを知っているので読み始めた途端涙ぐんでしまい、読み終わって目が腫れるほど泣いちゃった(^^;) かといって読み終わって悲惨な気持ちになるわけではないのでいいんだよなー
幸せ~な気持ちになれるところが 何回も読み直したくなるんだよ。 しかしこのマンガが描かれた頃とルール(と国採点方法)とかすごーく変わっているよね! なのに変わらないことが1つ。 やっぱり日本にペアがいなーーーい!今年のNKH杯にも出ていなかったねぇ。残念。ただ、アイスダンス、頑張ってるじゃん。2組でて、1組は5位になってたね。 夕方の放送も真面目に見ればよかった! ついついさんまの番組見ていて 気付いた時は最後の1組になってました。 残念。 アイスダンスといえば最近はあの派手なカップルだけど(うわーん、名前忘れた。えっとフランス?)私的には昔6.0を連発していたイギリスかどっかのペアがよかったなー
明日、男子とエキシビジョン、見れたらいいなぁ。
じゃあね。

2005/12/03

12/3「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

珍しく前売り券を買って待っていた『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を一人で見に行って来ました。最初の賢者の石の時に前から2番目の端っこという最悪の席で見たときの記憶が強くて 今日は10時開始なのに40分くらい前に着いてチケット売り場に(前売り券を座席指定券に換えるの)行ったのですが、拍子抜けするように少なくて、よゆーーーーでいい席取れました。 結局スカスカのまま始ったので、後30分遅く家出てよかったなぁと思いました。
原作を読んだのは3年前の夏。 頭いい私はおぼろげにしか覚えていなかったので(笑)楽しめました。 ハーマイオニーは綺麗になっていくなぁ。私は彼女好きなのさ。 ただ、もーちょっとグラマーならいいのに。 パーティのドレス姿もうーん、もうちょっとだったなぁ。 違うデザインのドレスのほうがよかったと思いました。 ロンはいつ見てもほーーーんとに貧乏面してるなぁ。感心します。ただ、体は貧弱じゃなくて びっくりです(笑)双子の兄のジョージとフレッドはなかなかよかったです。 彼らはこれからもっと活躍の場が出てくるの思うので 次の映画が楽しみ(おいおい、見終わってすぐ次の話かよ~) あとセドリックもいい感じでした。ハンサムだったしねぇ。ただどーーしても許せなかったのはチョウ・チャン。 ほんとに5000人の中から選ばれたの? もーちっとオリエンタルな綺麗な子はいなかったのだろうか? 演技どうこうではなく、顔が私の想像とか好みと違いすぎていて がっかりです。 顔が丸すぎるなぁ。 もっとすっきりした感じがよかったよ。ハリーの好みを疑うよ(笑)そうそう、私の好きなゲーリー・オールドマン、今回も出ていた、出ていたけどあれじゃーなー CGでもいいじゃん。私がしたってあのメイク(?)じゃわかんないと思うよ(笑) でもしっかりエンディングロールには名前が出ていたので本人が演じたんだろうなぁ。
ストーリーは書かないけど、映像とかには満足でした。 特に水の中のシーンかな? あ、でも水の中でも眼鏡ってのは、ちと笑いました。 あと ハリーが戦うシーン、あぁ そうだったなぁと思い出し、ここのシーンも映像的にはOKでした。あ、そうそう、金の卵が 金のナスビに見えませんでした? 私はどーしてもナスビにしか見えなかったよ(笑) 全体的によかったと思います、この映画。確か原作でもこの巻は好きだったもんね。 ただ、次の巻ではハリーがうじうじしててイライラした気がする(記憶違いでなければ)。まぁ ゲーリー・オールドマンはいっぱい見られるだろうから それを楽しみにすることにします。

映画から帰って昼ごはん食べた後プールに良く予定だったけど、頭痛信号がしたので薬飲んで寝ていたら、起きたの5時でした。 行こうと思えば行けた時間だったけど、とーとーサボり癖が出てしまい プール行かなかったです。 あーあ、私のバカ。 オマケに食べてすぐ寝たので消化不良で気持わり~ 吐きそうなのに、でもミカンが目に入ると食べたくなる衝動が! 自分の食い意地にはホント、呆れます。

じゃあね。

2005/12/02

12/2「いたずら魔女のノシーとマーム 1 秘密の呪文」

ずっと夕方まで雨だった。昼過ぎれば上がるだろうと思っていたのだが・・・まぁ 帰る頃には止んでいたけどね。
今日読んだ本は『いたずら魔女のノシーとマーム 1 秘密の呪文』(ケイト・ソーンダズ著 小峰書店)という子供向けの本。赤タイツ組のノシーとマームが魔女の女王のアバークロンビーを怒らせたため、魔女の島から追放されちゃうの。 そしてやってきた人間の町の教会の塔の上に住んで、牧師見習いのババーコーンと友達になり、彼や町の人々を救うって話。
魔女の階級が黄色タイツ組、赤タイツ組、緑タイツ組そして紫タイツ組とタイツの色で分けられているってのがとっても愉快! 人間の町ではミーンリーという牧師館の家政婦が横暴なんだけど、なんでみんな言うことをきいているんだろう? 魔女島でアバークロンビーが暴君をやってるってのは 魔法があって呪文があるからわかるけど、ミーンリーなんてただのごうつくばばーじゃんか。 まぁ終り良ければ全てよしだけどね。
でもムキムキマンのババーコーンってのはあんまりタイプじゃないな、と思いました。
シリーズ物のようなので 続きが楽しみだな。

いたずら魔女のノシーとマーム 1
ケイト・ソーンダズ作 / トニー・ロス絵 / 相良 倫子共訳 / 陶浪 亜希共訳

来年用の年賀状、もうほとんど出来てます。 あとは言葉を入れるだけ。表も宛名も印刷済み。ただ残りもやりだせば早いと思うんだけど、なかなかとっかかる暇がない。ノリが足りないです。 こんなに早く準備出来ていて結局大晦日に投函・・・なんてことにならないようにがんばろーっと!

じゃあね。

2005/12/01

12/1「ポイントブランク」

えっと『女王陛下の少年スパイ!アレックス ポイントブランク』(アンソニー・ホロヴィッツ著 集英社)を読み終わりました。 今回のアレックスは麻薬の売人をひっつかまえたあと、不良少年の役でスイスの狂った学校に潜入し、そこの謎を探るって話でした。
まぁ 挿絵はおいといてー・・・・ウルフ、出てきました。 それから今回のMI6は結構おどっぱすだったー(意地悪だったー)まぁ スパイはあんな扱いなんだろうけど、アレックスは一応好き好んでスパイになったわけではないからねぇ。

ポイントブランク
アンソニー・ホロヴィッツ著 / 竜村 風也訳 / 荒木 飛呂彦イラストレーション

昨日の晩の食事が今朝どころか今の今でも効いている。 腹パンパン! くるしー 痛いよぉって感じです。でもしっかり朝も昼も晩も食事しちゃいました。 ったく私ったら! 夕方にかけて右の首筋が痛くなってねぇ。 辛いよぉ。
明日1日行けば休みだ。 がんばろーっと。

じゃあね。

無料ブログはココログ