« 12/1「ポイントブランク」 | トップページ | 12/3「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 »

2005/12/02

12/2「いたずら魔女のノシーとマーム 1 秘密の呪文」

ずっと夕方まで雨だった。昼過ぎれば上がるだろうと思っていたのだが・・・まぁ 帰る頃には止んでいたけどね。
今日読んだ本は『いたずら魔女のノシーとマーム 1 秘密の呪文』(ケイト・ソーンダズ著 小峰書店)という子供向けの本。赤タイツ組のノシーとマームが魔女の女王のアバークロンビーを怒らせたため、魔女の島から追放されちゃうの。 そしてやってきた人間の町の教会の塔の上に住んで、牧師見習いのババーコーンと友達になり、彼や町の人々を救うって話。
魔女の階級が黄色タイツ組、赤タイツ組、緑タイツ組そして紫タイツ組とタイツの色で分けられているってのがとっても愉快! 人間の町ではミーンリーという牧師館の家政婦が横暴なんだけど、なんでみんな言うことをきいているんだろう? 魔女島でアバークロンビーが暴君をやってるってのは 魔法があって呪文があるからわかるけど、ミーンリーなんてただのごうつくばばーじゃんか。 まぁ終り良ければ全てよしだけどね。
でもムキムキマンのババーコーンってのはあんまりタイプじゃないな、と思いました。
シリーズ物のようなので 続きが楽しみだな。

いたずら魔女のノシーとマーム 1
ケイト・ソーンダズ作 / トニー・ロス絵 / 相良 倫子共訳 / 陶浪 亜希共訳

来年用の年賀状、もうほとんど出来てます。 あとは言葉を入れるだけ。表も宛名も印刷済み。ただ残りもやりだせば早いと思うんだけど、なかなかとっかかる暇がない。ノリが足りないです。 こんなに早く準備出来ていて結局大晦日に投函・・・なんてことにならないようにがんばろーっと!

じゃあね。

« 12/1「ポイントブランク」 | トップページ | 12/3「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/7431492

この記事へのトラックバック一覧です: 12/2「いたずら魔女のノシーとマーム 1 秘密の呪文」:

« 12/1「ポイントブランク」 | トップページ | 12/3「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 »

無料ブログはココログ