« 12/27「なんと孫六」「はじめの一歩」他 | トップページ | 12/29「ポイズン 下」 »

2005/12/28

12/28「ポイズン 上」

『ポイズン 上』(クリス・ウッディング著 東京創元社)を読み終わりました。 読み終わったといっても、下巻もあるので、まだまだ話は途中です。
図書館の児童書新刊コーナーにあったの。 表紙のイラスト、色彩そして 東京創元社という出版社の名前に惹かれて借りてきたの。 読み出したら、妖精の取り替え子が出てきたり、妖精王が出てきたりですごくファンタジーなんだけど、どうしてもSFな気がして・・・ ポイズンというのは主人公の女の子の名前なの。で、沼の上の落ちぶれた集落に住んでいるのだけど、妹を取り替えられてしまったため、取り戻すために村を出て、妖精王のところを目指すのね。 でもその落ちぶれた人間の様子ってのが、最終戦争の後の未来の地球っていう気がしてねー 妖精と思しきものも、実は生物が何かの影響で変わって進化したのではないか・・・とか 次元のひずみが他の世界に繋がっているとか・・・ 出版社のせいかしら(笑)勝手な思い込みです、私の。
ポイズンって近くにいたら嫌な子かもしんないけど、この本で読む限りでは好き。 同行しているブラムもいい奴だなぁ。 下巻を読むのが楽しみです。 今から読み始めますけど。

ポイズン 上
クリス・ウッディング著 / 渡辺 庸子訳

今朝も寒くて、夕方にかけてまたどんどん冷えていく感じ。 やだなぁ、寒いって。
でも明日行けば休み。 なんとか頑張ろう。 今月営業所の成績がよかったのと、そばを打つのが面倒ということで明日の昼はうどん・そばの店にみんなで食べに行きます。私は所長と交代で行くらしいけど、出前でいいんだけどねぇ。出かけるのが面倒。あ、明日昼休み読書できないじゃん! げ、それはやだなぁ・・・
ま、いいか。どーにかなるさ。
じゃあね。

« 12/27「なんと孫六」「はじめの一歩」他 | トップページ | 12/29「ポイズン 下」 »

」カテゴリの記事

コメント

クリスとかをポイズンすればよかった?


もじょか~、薬をポイズンしたら死んじゃうよー
おバカな子だなぁ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/7877788

この記事へのトラックバック一覧です: 12/28「ポイズン 上」:

« 12/27「なんと孫六」「はじめの一歩」他 | トップページ | 12/29「ポイズン 下」 »

無料ブログはココログ