« 9/18「ギミック」「遮那王」 | トップページ | 9/20「ナッちゃん」「こち亀」 »

2005/09/19

9/19「ガラスのエレベーター宇宙にとびだす」

敬老の日ですね。なーんにも敬老してないよ、今年。いいのか?
一日まったりと過ごしてしまいました。 朝から洗濯と掃除とアイロン掛けはしたものの、それ以外は読書とテレビとビデオの消化。あとは寝てました(^^;) 暑い中よく寝れるものだ(笑)

読書は『ガラスのエレベーター宇宙にとびだす』(ロアルト・ダール著 評論社)です。先日『チャーリーとチョコレート工場』の映画を見た後、図書館から借りてきたやつ。映画にも出てきたガラスのエレベーター、この本は映画では既に引越しが済んでチョコレート工場内に住みだしたチャーリーの家族をチョコレート工場まで運んでくる間のお話になっています。 チャーリーのおばあちゃんの一人が口うるさくて、そのためにうっかりエレベーターが宇宙まで飛び出してしまい、アメリカが作った宇宙ホテルや、怪獣クニドに出会ったり、宇宙船を助けたりの大冒険! まぁ SF的にはおいおい、の世界ですが、ロアルド・ダールの皮肉たっぷり詩を読むとなんかうっしっしって笑いたくなっちゃいます。特に気にいったのが、アメリカの大統領が副大統領をしているナニイ(乳母)に歌ってくれと頼んで歌ってもらう歌。23歳になっても読み書きが全くダメで、両親が新聞配達の仕事さえ出来ない!と嘆き悲しむと「政治家にしなさい」って言って政治の駆け引きが歌ってあるの。 いやー最高だね(笑)舞台はイギリスとばかり思っていたけど、実はアメリカだったのかな?ホワイトハウスとか出てくるからね。
これは映画化しないほうがいいと思うなー 映像にしちゃうと陳腐かも。

それから 図書館から借りた本のことをこの前デルフィニア戦記を貸してくれた友達にメールしたの。「次はスカーレット・ウィザード読みます」って。そしたら「やめたほうがいい!」の忠告がありました。 しばらくメールでやり取りしていたけど、ついに電話が掛かってきた(笑) デルフィニアの話というか世界が繋がっているので、絶対ディルフィにアを読み終えてからのほうがいい!とのこと。 忠告をありがたーーくちょうだいして読むのをやめました。 早く続きを借りなきゃね。それまでは別の本で繋ぎましょう。

今からは『Monacoの空へ2 ALAS輝ける翼』1・2巻(野部利雄)を読みます。しかし長いタイトルだなぁ。

じゃあね。

« 9/18「ギミック」「遮那王」 | トップページ | 9/20「ナッちゃん」「こち亀」 »

コメント

こんにちは。
こりさんのペースって、ほぼ1日1冊ですよね。すごいです~。
「スカーレット・ウィザード」シリーズだけなら読んでも大丈夫だと思いますが、
両方の話に出てくる人がいるから・・・止めた方がいいかな?
「レディ・ガンナー」シリーズや、「桐原家の人々」も面白いっすよ~。

ともだちが全部持ってるから安心してて~って言ってました。だから全部読むぞ~(笑)
楽しみです。結構全てにおいて世界は1つみたいですからね。楽しみ~
じゃあね。

はじめまして!
何もできないから、「政治家にしなさい」というあたりおもしろかったですね。
わたしは、「チャーリーとチョコレート工場」の映画、見てないのだけれど、このお話は、映画化するより、本で想像している方が、楽しいでしょうね。

花さん コメントありがとー
映画も結構よかったのでチャンスがあったら見てみて下さい。でもこの「ガラスの~」は映画より想像ですよね~
これからもよろしくお願いします
じゃあね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/6017234

この記事へのトラックバック一覧です: 9/19「ガラスのエレベーター宇宙にとびだす」:

» ガラスのエレベーター宇宙にとびだす [<花>の本と映画の感想]
「ガラスのエレベーター宇宙にとびだす」 児童文学  ロアルド・ダール作  田村 隆一訳 評論社 1978年8月 「チョコレート工場の秘密」の続編。 チョコレート工場にすむことになったチャーリー一家は、大きなガラスのエレベーターに乗って引越しの真っ最中。ところが、エ... [続きを読む]

« 9/18「ギミック」「遮那王」 | トップページ | 9/20「ナッちゃん」「こち亀」 »

無料ブログはココログ